プレゼントを手渡し

不倫相手である既婚男性にプレゼントを贈るとき、気をつけてアイテムを選ばなければ、奥さんに不倫がバレるきっかけになるかもしれません。

それでもプレゼントは贈りたいのであれば、せめて不倫がバレないようなアイテムやプレゼント選びをすることをおすすめします。

この記事では奥さんやまわりにバレにくいプレゼントの選び方や渡し方を紹介します。

不倫関係がバレないようにするためにも、プレゼント選びや渡し方は慎重に行った方がいいですよ。

不倫相手の既婚者にプレゼントを考える記念日はどんな日がある?

付き合ってから〇日目記念日

抱き合うカップル
不倫相手にプレゼントを渡すきっかけ作りには、二人だけの記念日を作ることもおすすめです。

恋愛では定番な方法ですが、「付き合ってから〇ヶ月目記念日」を作ることで、二人だけの特別な日を楽しむことができるでしょう。

不倫関係を二人がどう思っているかは別にして、できれば不倫は何ヶ月も続けたくはないものですし、早く結婚したいと願っているかもしれません。

しかし、二人が一緒になることを願ったとしても、すぐには離婚して結婚することは難しいでしょう。

そこでおすすめするのは「〇ヶ月記念」ではなく、「〇日記念日」を作ることです。

1ヶ月単位だと期間が長いですが、日数で考えた方がたくさんの記念日を作ることもできますよ。

「付き合ってから100日記念日」「200日記念日」など、二人だけの特別な記念日を作ることで、不倫していてもプレゼントを渡すきっかけを多く作ることができます。

相手が既婚者だとイベントの日にプレゼントは渡しにくいので、イベント自体祝うのをためらってしまうこともあるでしょう。

それではせっかくのイベントが勿体ないですし、お互いのプレゼントのやり取りも楽しみのひとつです。

不倫しているからこそイベントをしっかり楽しむことで、二人の絆も深まっていくため、できるだけたくさんのイベントを作りたいと思うはず。

しかも世間とは違った二人だけの特別な記念日だからこそ、特別な時間を過ごす二人にとっても大切なイベントにすることがえきるのです。

「付き合ってから〇日目記念日」は二人だけの特別な日になるので、既婚者へのプレゼントを渡すきっかけにもおすすめできます。

初めて〇〇した記念

海辺で肩を抱き合うカップル
不倫しているときは人の目が気になるので、あえて何か特別なことをしようとは思わなくなってくるものです。

しかし二人の関係が長くなるにつれて、一緒に行動したり初めての体験をすることも増えてくるのも事実。

イベントを楽しみたい気持ちがあっても、不倫バレを気にしてしまえば、純粋にイベントを楽しむことはできません。

そこで二人だけの記念日を作ってプレゼントを渡すきっかけととして、「初めて〇〇した記念日」を作ることです。

不倫関係をオープンにできないからこそ、何か行動したことが二人の記念日にすることができます。

「初めてホテルに行った記念日」「初めて食事をした記念日」「初めて昼間デートをした記念日」など、何でも二人だけの特別な記念日を作ることができます。

普通のカップルではごく当たり前なことでも、不倫カップルにとってはすべてが大変なことです。

できるだけ目立たないように行動し、絶対に不倫がバレないようにしなければいけないため、二人で出歩くことさえためらってしまうのが一般的です。

だからこそ二人で何かしたことは大袈裟ではなく、二人の関係にとって大変な進歩だといえるでしょう。

不倫関係の二人にとって世間のイベントは純粋に楽しめないことが多いため、二人だけの特別な日を記念日にすることをおすすめします。

これならば既婚男性へのプレゼントを渡す口実にもなりますし、記念日作りが二人の絆をさらに強く結び付けてくれるはずです。

すべてのイベントの日をズラして特別記念日を作る

アゴクイする男性
既婚者と不倫をしている場合、世間と同じイベントや記念日にプレゼントを渡すと、不都合なことがたくさんあります。

大好きな人にプレゼントを渡したいという気持ちはごく自然なことですが、プレゼントを渡すならイベントの日を避けるようにしましょう。

例えばクリスマスはプレゼントを渡す定番のイベントですが、既婚者は当然ながら家族とイベントを楽しむはずです。

既婚者の立場上、家族優先でイベントを楽しのは仕方ありませんが、その日に他の人からプレゼントをもらえば、当然奥さんに怪しまれてしまいます。

そもそもクリスマスには会えない人も多いですし、誰かが決めたイベント日に無理やり自分たちの予定を合わせる必要性もありません。

二人の大切な日を記念日にすればいいので、世間一般の記念日と合わせることはしなくてもいいですし、大切なことはプレゼントをあげたいという気持ちでしょう。

不倫はオープンな付き合いができないため、イベントを堂々と楽しむこともできないのは初めからわかっていたはずです。

それでも二人の記念日を祝ってプレゼントを渡したいと思うなら、世間のイベント日から数日ズラしてプレゼントを渡しましょう。

クリスマスなら26日~30日の空いてる日を、二人だけのクリスマスにすることで、プレゼントも渡しやすくなるはず。

イベントや記念日はたくさんありますが、すべてのイベント日をズラすだけで、二人だけのイベントを楽しむことができます。

世間とは違って二人だけしかわからない特別な日を過ごせるので、不倫関係の二人にはピッタリですね。

日にちを少しズラすだけなので忘れることもないですし、不倫していても恋愛しているようにイベントを楽しめますよ。

不倫相手への贈り物はどのようなものを選ぶと良い?プレゼント選びのポイント

形に残らないもの

色気のある女性
不倫相手に贈り物をしたければ、「形に残らないもの」がおすすめです。

不倫がバレる要因のひとつは、贈り物がきっかけとなる場合は多く、奥さんに怪しまれることで簡単に浮気がバレてしまいます。

「不倫相手とお揃いのアイテム」「プレゼントを不用意に使う」など、安易な行動によってあっさり不倫がバレることもあるでしょう。

既婚者にとってパートナーがどんなアイテムを持っているのか、意識しなくてもある程度把握しているもの。

そのためプレゼントされた物が奥さんの観たことのない物であれば、それだけで不倫を疑われるきっかけにもなります。

女はちょっとした変化でもすぐに怪しいと見抜く力が凄いので、一発で不倫がバレてしまう可能性大です。

それでも既婚男性にプレゼントを贈りたいのであれば、形に残らない物の方が不倫バレのリスクも抑えることができます。

プレゼントを贈りたい気持ちには、自分と一緒にいないときに持っていてもらいたいという想いもあるでしょう。

気持ちはわかりますが、純粋な恋愛関係ではなく不倫関係なので、自分の存在をアピールすることは避けた方が無難です。

「これくらい大丈夫だろう」と思ってプレゼントを渡した結果、浮気がバレて大事になることも珍しくありません。

なぜなら「女の勘と観察力はハンパない」からです。

夫が普段見慣れない物を持っていれば、さりげなくチェックするのは当然でしょう。

さらに夫の態度や反応を見れば、自分で買ったものなのか、あるいはプレゼントされた物かまでわかってしまいます。

女の観察力を見誤ってしまうと取り返しのつかない展開になるため、プレゼントを渡すときはとにかく慎重になるべきです。

形にこだわらなければいろいろな物をプレゼントにできるので、何を贈るか考えるのも楽しくなりますよ。

二人の思い出に深く残るプレゼント

色気のある女性
不倫相手への贈り物としておすすめなのは、二人の思い出に残ることをプレゼントするのもいいでしょう。

不倫関係は対等な関係性でもあるため、どちらか一方がプレゼントするよりも、二人で一緒に楽しめることをする方が嬉しいものです。

一緒にいる時間が限られているため、少しでもいろいろな体験をしたいという気持ちがあります。

何かプレゼントされるもの嬉しいですが、限られた時間だけしか会えないからこそ、二人の時間を有意義に過ごしたいと思っているカップルは多いはず。

そこで二人の記憶に残る体験をプレゼントすることで、贈り物では味わえない特別な時間を過ごすことができます。

特別な体験というのは大袈裟なモノではなく、ちょっとしたことでも二人にとっては大切な記憶と思い出になるはず。

カップルにとっては初めて一緒にすることは、何でも楽しい二人の体験になるものです。

自分は何度も行ったことのあるデートスポットに遊びに行ったとしても、不倫相手とは初めてなので特別な思い出にできます。

二人で何かしたことがすべて特別な思い出になるのは、会える時間が限られている不倫関係のメリットかもしれませんね。

不倫は二人の関係がオープンにできないからこそ、何でも記念日にすることができます。

そのため思い出に残るような体験をプレゼントすることで、二人の絆を強くすることもできますよ。

その場で消耗できるプレゼント

ダンスを楽しむカップル
不倫相手に贈る物でおすすめなのは、一緒にその場で消費できるもの
ですね。

バレンタインデーならチョコレートを贈れば、その場で一緒に食べることもできるので、奥さんにバレることもないでしょう。

不倫相手へのプレゼントは関係がバレるきっかけにもなるので、その場で消費できる物の方が、相手の男性も嬉しいはずです。

家に持ち帰らなければいけない物をプレゼントされてしまえば、嬉しい気持ちよりも相手に対する不信感を抱くきっかけにもなりかねません。

不倫がバレたらどうなるのか、危機管理ができない相手とは不倫はできないと思うのは当然です。

ちょっとした気の緩みやきっかけによって、不倫がバレたら二人の人生にも大きく影響することになるでしょう。

相手からのプレゼントにはほとんどの人は期待していませんし、プレゼントしてくれる行為自体が嬉しいと感じています。

そのため高価な贈り物などは逆に困ってしまうので、いくら経済的に余裕があってもおすすめできません。

「その場で消費できるプレゼント」はいくつかありますが、食べ物や日常生活を忘れられる体験などいろいろ考えらえます。

不倫の証拠となる贈り物が残らなければ、既婚男性も素直に喜んでくれるはずです。

男性は手作り料理に弱い人は多いので、料理が得意であればちょっとした手料理を振舞うのもいいかもしれませんね。

料理好きをアピールできますし、将来一緒になったときのことも想像しやすいので、既婚者へのプレゼントとしてもおすすめです。

既婚者が趣味で使うアイテム

スマホをいじる
既婚者に贈るプレゼント選びのポイントとして、趣味で使えるアイテムを贈るのもおすすめです。

男性の趣味で活用できるプレゼントであれば、奥さんにバレる可能性は限りなく低くなります。

趣味に関しては奥さんもすべてを把握することはできませんし、新しい物を買っても自分で購入したといえばバレることもないでしょう。

既婚者にとって不倫がバレるきっかけは、何か新しい物が増えたときですが、趣味関連の物であれば新しいアイテムが増えても、浮気を疑うことは限りなく低いといえます。

さすがに趣味にまで奥さんも目を光らせることはできないので、不倫バレのリスクも低くなるはずです。

また趣味関連のプレゼントであれば、家に持ち帰ったとしても怪しまれることがありません。

これは既婚男性に贈るプレゼントとしても安全な部類ですし、何より趣味関連のアイテムをプレゼントされるのは、誰でも嬉しいものです。

まさか家に不倫相手からのプレゼントを置いておくなど、勘が鋭い奥さんでもなかなか気づくのは難しいはず。

趣味のモノはいつ自分で買っても怪しまれることはないので、不倫相手へのプレゼントとしては最適だといえるかもしれませんね。

会社で使えるプレゼント

電話するだ根氏
不倫している相手へのプレゼントとしては、会社で使えるアイテムもおすすめできます。

贈ったプレゼントはできるだけ使ってもらいたいですが、不倫相手からの贈り物だとバレてしまえば一発アウトです。

家にプレゼントを持ち込むことはできないため、会社で使えるアイテムを贈ることで不倫がバレるリスクを軽減できます。

会社で使うアイテムなら奥さんにバレる心配はないので、プレゼントする側としても安心できるはず。

また既婚者の男性は会社で使うアイテムに関して、それほどお金をかけられない事情もあるでしょう。

既婚者にとって高価な買い物は手が出にくいですし、あえて新しいアイテムを買う必要性はありません。

しかし会社で毎日使うモノであれば、社会人としての身だしなみやプライドもあるため、キレイな物を身につけたいものです。

会社のアイテムは自腹で購入するものばかりなので、独身ならまだしも既婚者にとってはなかなか買い替えることはできません。

そこで会社で使えるようなアイテムをプレゼントしてもらえれば、既婚者にとっても嬉しいはずですし、喜んで毎日使ってくれるはずです。

プレゼントする側にとっても会社で頻繁に使ってもらえるのは、プレゼントした甲斐があるので嬉しいものです。

会社で使えるアイテムをプレゼントすれば、お互いがWinWinになれる贈り物だといえるでしょう。

実際に既婚男性がもらって喜んでくれる、奥さんにバレないプレゼントの具体例

レストランを予約して食事

何気ない生活を過ごすカップル
既婚男性がもらって喜ぶ贈り物は、レストランの食事をプレゼントされるのも嬉しいものですよ。

デートコースで利用するようなオシャレなレストランは、事前に予約をしなければ入れないお店もたくさんあります。

夜景の見えるタワーレストラン、三ツ星レストラン、1日数組限定のレストランなど、行きたくてもなかなか行けないお店は憧れでしょう。

もしもこんなレストランに行くことができたら、テンションも上がって嬉しくなるはずです。

二人だけの記念日に会う約束をして、普段いけないようなレストランで食事ができれば、これ以上嬉しいサプライズはないでしょう。

プレゼントをもらうのはどんな物でも嬉しいですが、奥さんにバレないプレゼントならば心から喜んでもらえるはずです。

事前に予約をしなければいけないのもポイントで、自分のために前々から準備してくれていたことがわかれば、相手の気持ちのこもったプレゼントを心から喜べるでしょう。

人気のレストランは数ヶ月前から予約することは当たり前で、ヘタをすれば1年待ちすらあります。

さすがに不倫関係の二人が1年待ちで予約することは、何があるかわからないので難しいですが、数ヶ月前からの予約ならば可能でしょう。

二人の記念日に合わせて予約できれば、二人の特別な時間をより有意義に過ごすことができるはずです。

ブランド財布

赤い財布
既婚男性の奥さんにプレゼントしたことがバレないようにするには、物ではなく食事などをプレゼントする方法が一般的です。

プレゼントした物が浮気した証拠品となるため、万が一にも見つかってしまえば言い逃れすることができません。

そのため不倫している間は証拠が残らない物を贈った方がいいですが、あえて物をプレゼントすることで浮気もバレにくくなるケースもあります。

灯台下暗しといいますが、既婚男性が毎日身につけるアイテムをプレゼントすることで、逆に不倫相手からプレゼントされた物だとは気づかれにくくさせることもできます。

おすすめはブランド物の財布で、毎日必ず持ち歩く物なので、プレゼントされるよりも自分で財布を買いたいという人も多いでしょう。

財布は数年間は使い続けるものなので、ある程度使いこんでいれば買い替えるのも自然です。

しかし先ほども言ったように、財布は自分で選びたいという人が多いので、ヘタにプレゼントしても悦びは半減してしまいます。

そこでまずは根回しをすることも必要で、彼がどんな財布を使っているのか、次はどんな財布が良いと思っているかなど、さりげなく聞き出しましょう。

相手の好みを聞くにはまずは自分から話した方がいいので、さりげなく財布の話題を出して好みを聞き出します。

ポイントは彼が好んで使っているブランドを知ることが重要で、後は財布の形状や色などの好みを聞きだしていきましょう。

多くの人はブランド、形状、色がある程度好みであれば、プレゼントされても喜んで使ってくれるはず。

好きなブランド物の財布であれば彼も喜んで使ってくれるはずですし、毎日使うアイテムなので、奥さんに聞かれても「自分で買った」と言い切ることができるのでおすすめですよ。

普段使いできる文房具

文房具類
プレゼントといえば高価な物や食事をイメージしますが、あえて毎日使う安いアイテムを贈るのもおすすめですよ。

仕事によっては毎日会社で使うアイテムがあるはずで、文房具はあると便利なグッズがたくさん揃っています。

男性はわざわざ文房具を買いに行くこともないですし、小物系は女性の方が情報が早いので、得意分野といえるでしょう。

会社の文房具であれば奥さんにバレることはまずありませんし、仕事がはかどるのであれば彼も喜んでくれるはずです。

昔に比べて文房具は進化しており、ちょっとした違いでも便利に使えるアイテムはたくさんあります。

「芯のいらないホッチキス」「四角いノリスティック」「シュレッダー代わりになるハサミ」など、便利グッズはたくさんあるので、全部が使いたくなる商品ばかり。

どれか1つをプレゼントするよりも、「最新グッズ」や「人気商品」をまとめて数個プレゼントした方が、いろいろ楽しみながら使えるのでおすすめです。

文房具などの便利グッズは比較的安価な商品が多いため、まとめて買ってもそれほど高額になることはありません。

プレゼントすれば同じだけプレゼントされることもあるため、できるだけ安いプレゼントに抑えた方が相手も嬉しいはず。

既婚男性にとってあまりプレゼントにお金をかけられない現状があるため、高価すぎるプレゼントだと気が引けてしまう可能性は高いです。

だからこそあえて職場で使える便利グッズを贈ることで、奥さんにバレずに仕事がはかどるアイテムは、不倫バレするリスクもなくておすすめです。

仕事で使えるタイピンやカフスボタン

ネクタイとカフスボタン
奥さんにバレないプレゼントで彼に喜んでもらえるアイテムは、タイピンやカフスボタンもおすすめですよ。

社会人として会社でスーツを着用するなら、大人のマナーとして身につけておきたいタイピンとカフスボタン。

意外とカフスボタンはマイナーなアイテムとして、知らない男性も増えているようですが、まだまだビジネスシーンでは身につけておきたいアイテムのひとつです。

スーツで仕事をする人は毎日同じスタイルで作業するため、少しはオシャレをしたいと思うこともあります。

ネクタイ、タイピン、カフスボタン、時計など、社会人として身につけておくべきアイテムは、いろいろな種類を使うことをおすすめします。

高いアイテムを1つ使うよりも、安いアイテムを毎日使いまわした方が、オシャレ度もアップして好感度も上がります。

身だしなみに気をつけているからこそ、毎日違ったアイテムを着用できると思われるからです。

そこで会社で使えるアイテムをプレゼントすることがおすすめになりますが、注意点もあります。

ネクタイは必ず毎日取り換えた方がいいですし、同僚に同じネクタイをし続けていると、すぐに勘づかれてしまうでしょう。

それだけネクタイはその人の印象にも大きく影響するアイテムなので、ネクタイは避けた方がいいかもしれませんね。

あまり主張はしなくても重要なアイテムであるネクタイぴやカフスボタンは、安くても数が多い方がいいアイテムです。

タイピンとカフスボタンは長年使い続けられるアイテムなので、一度プレゼントすればずっと使い続けてくれる可能性もあります。

自分がプレゼントしたアイテムを使い続けてもらえるのは嬉しいので、女目線でカッコいいと思えるアイテムをプレゼントしてみましょう。

不倫相手に記念日に贈ると奥さんや周りに2人の関係がばれてしまうプレゼント

香水やシャンプーなどの匂い系プレゼント

洗面台
不倫相手に渡す記念日プレゼントで避けたいのは、香水やシャンプーなどの匂い系のアイテムです。

匂いの好みは人によって大きく分かれますますが、いつも同じ匂いを好んでつける人は多いでしょう。

香水をつける人は匂いにこだわりますし、普段使うシャンプーも匂いや成分にこだわる人は多々います。。

普段匂いにはそれほど敏感ではない夫がいきなり匂いの好みを変えれば、何かあったと疑問に思うのは自然なことです。

女性は匂いに敏感な人は多く、自分の夫がいつもとは違う匂いをつけていれば、不倫を疑われるのは必然といえるかもしれませんね。

香水をつけること自体、奥さん以外にも気になる相手がいることを公言しているものです。

夫が嫁シャンを使っていなければ、自分で男性用のシャンプーを買うこともありますが、普段から買い物をしない旦那は、シャンプーを買ってきた時点でプレゼントだと疑われてしまうでしょう。

夫が見た目や匂いを気にし始めたら、奥さん以外に異性を気にしている人がいると思って間違いありません。

いつもと違う行動をとれば浮気してると疑い、確証が出るまで泳がされるのがオチです。

それだけ女の勘は鋭いですし、ちょっとした匂いの違いにさえ気づくことができるため、匂い系のプレゼントはやめておきましょう。

スマホのカバーやキーホルダー

スマホチェックする男性
普段から一緒にいる機会が少ないため、プレゼントするならいつも自分のことを思い出してもらえるアイテムがいいと思うでしょう。

しかし、身近なアイテムをプレゼントしたい気持ちはわかりますが、不倫バレするリスクが高くなるのでやめておいた方が無難です。

特にスマホケースは今や必需品の代表格なので、自分の身体から手放せないという人も多いでしょう。

だからこそ不倫してる側としては、自分を思い出して欲しいという願いを込めて、スマホ関連のアイテムをプレゼントしたいと思います。

奥さんにとって夫のスマホは見慣れたアイテムなので、スマホカバーが変われば気づくはず。

スマホケースをいつどこで買ったのかをストレートに聞かず、夫を誘導するように問いただすのは上手いものですよ。

しかし大抵の奥さんは夫にすぐに問いただすのではなく、確実な証拠を集めたりや自白させる誘導尋問によって聞き出そうとするでしょう。

スマホケースはそれだけ目立つアイテムですし、奥さんにとっては「不倫相手が買った物を、妻の前によく出せるな」という怒りの気持ちがこみ上げてくるはず。

相当な怒りを溜め込んでから一気に爆発させるので、二人の関係は壊滅的になることでしょう。

できれば大事にはしたくないので、身近な物をプレゼントすること自体やめた方がいいかもしれませんね。

そのためキーホルダーなどの記念品も、二人にとっては不倫がバレるきっかけにもなるため、プレゼントとして渡すのはやめましょう。

アクセサリー系のプレゼント

プレゼントを渡す
女性にとって身近なアイテムとして、アクセサリーを身につける人は多いでしょう。

男性もアクセサリーをつける人はいますが、女性のようにキレイに魅せるというよりは、カッコよく思われるためのアイテムがほとんどです。

自分の好きなブランドのアイテムを身につけたり、高価なアクセサリーをつけることで、自分のステータスを自慢しているのでしょう。

そんな夫の趣味・趣向を理解しているのが奥さんであり、見慣れないアクセサリーをつければ一発で気づかれてしまいます。

女性は自分の好きなアクセサリーを身につけることが多いですが、かわいいと思ったらブランドや値段は関係なく身につけたいと思うでしょう。

男性はまったく思考が逆なので、安いよりも高価なアイテムを身につけたという人はまだまだ多いです。

二人の記念日だからといってアクセサリーをプレゼントすれば、ほぼ奥さんに気づかれて問いただされてしまうはず。

不倫バレの原因としても多いのが、同じアクセサリーを身につけていたり、奥さんに見慣れぬアクセサリーについて事細かく聞かれることです。

アクセサリーは女性の方が得意分野なので、奥さんにはバレないと調子に乗っていれば、あっさりの見抜かれてしまうので気をつけましょう。

不倫相手へのプレゼントを渡すシチュエーションも考えて彼にサプライズ

ダミーと本命のに分けて2回プレゼントを渡す

花束を渡す男性と照れる女性
不倫相手にプレゼントを渡すには、ちょっとしたシチュエーションも考えて渡しましょう。

不倫中は奥さんにバレてはいけないため、プレゼント自体にお金をかけられない可能性が高いです。

普段から頻繁に会えない関係性なので、特別な日はサプライズを仕掛けるなど、思い出に残る渡し方を考えましょう。

いろいろなサプライズ方法がありますが、あえてダミーと本命の2つのプレゼントを用意するのもいいですよ。

いつも通りに待ち合わせをしているときに、サプライズとしてダミーのプレゼントを渡します。

プレゼントの中身はダミー用なので、ウケ狙いの物の方がいいかもしれませんね。

「ゾウさんのパンツ」「変態仮面のパンツ」など、下ネタパンツは次に会う時に使ってくれるかもしれませんよ。

既婚男性にとってはウケ狙いのプレゼントでも、十分喜んでくれるはずです。

プレゼントの話題で盛り上がることもできますし、既婚男性もプレゼントがもらえたので、気分よく楽しい時間を過ごせることでしょう。

楽しい時間を過ごした後が本番なので、本命のプレゼントは別れる間際に渡すのがポイントです。

流れとしてはいつも通りに別れるときに、さっと本命プレゼントを彼に手渡します。

既婚者は一度プレゼントをもらっているので、二度目のプレゼントにきっと驚いてくれるはず。

できるだけ本命プレゼントを渡すときは、「バイバイ」する間際にした方が効果的ですよ。

二回目のプレゼントをもらってビックリしているときに、何も言わずに別れてしまえば、よりプレゼントのインパクトも大きくなります。

彼女が去ってからプレゼントを開けたとき、本命のプレゼントにきっと喜んでくれるはず。

ダミーのプレゼントがウケ狙いの方が、本命を渡したときの印象も良くりますよ。

まさにサプライズプレゼントにピッタリな渡し方ができるので、プレゼントを二回渡すのもおすすめですよ。

コインロッカーのキーだけを渡す

大好きな彼とベンチに座る女性
不倫相手にサプライズプレゼントするには、コインロッカーを利用する方法もあります。

不倫関係中はなかなか会うこともできないため、何日も会えない日が続くこともあるでしょう。

せっかくプレゼントを渡したくても会えなければ意味がないので、せめてプレゼントだけでも渡したいはず。

始めから会うことができないとわかっているのであば、コインロッカーを活用してサプライズプレゼントにしましょう。

コインロッカーのカギさえあれば、都合のいいときに取りに行くことができます。

既婚男性は奥さんにバレずに時間を作ることは大変なので、都合よく会うことができないのは仕方のないこと。

会えないからこそサプライズにすることで、より相手に喜んでもらうことができるはずです。

コインロッカーを活用すれば確実にプレゼントを渡せるので、お互い忙しくてイベント時に会えなくても、プレゼントだけは渡すことができます。

プレゼントはイベント直前に渡したいところですが、会えないことがわかっていれば、イベントの1~2日前にコインロッカーのカギを渡しましょう。

プレゼントがもらえる喜びと、その場でプレゼントをもらえないことによるドキドキ感の両方が楽しめます。

既婚男性が良く使っている液のコインロッカーであれば、相手に負担をかけることもありません。

プレゼントを受け取るまでの時間も楽しめるので、イベント当時に会えないことがわかっていれば、事前にカギだけ渡してドキドキさせてやりましょう。

お店に協力してもらってプレゼントを渡してもらう

電話する清楚な女性
プレゼントを渡すシチュエーションとして、お店に協力してもらうのもおすすめですよ。

不倫相手と一緒に行くお店はある程度決まっているので、お店の人も協力してくれるはずです。

お店の人には「プレゼントを渡したいのでお願いします」と伝えるだけで、ある程度状況は把握してくれるでしょう。

サプライズプレゼントをするには、大きなプレゼントよりも小さい方がしやすいですし、物でなくても料理や特別メニューだけでも嬉しいものです。

誕生日であれば花火などの演出もおすすめですが、不倫関係の二人にとっては当日に一緒にいることは難しいでしょう。

あまり凝った演出やプレゼントにすると、相手の方が恐縮してしまうので、ささやかなサプライズプレゼントになるように気をつけたいですね。

一緒にお店に行くのであれば、事前にプレゼントの内容や渡すタイミングを話し合っておきます。

お店側もある程度サプライズプレゼントには慣れているはずなので、きっちりと段取り通りにしてくれるはず。

あとはいつも通りに食事を楽しんだ後、スタッフにきっかけを出してサプライズ演出をスタートさせるだけです。

細かい段取りはお店の人が提案してくれることが多いので、二人だけの特別な時間をゆっくり楽しみましょう。

不倫相手へのプレゼントを贈るのはのは難しい!タブーを侵さずバレにくいものを選んで

風船を持ったかわいい女性と見つめる男性
不倫相手にプレゼントするには思っている以上に大変で、ちょっとしたきっかけで不倫がバレるきっかけになることもあります。

定番の贈り物では奥さんにバレやすいので、物ではなく一緒に経験や体験することをプレゼントするのもありですよ。

プレゼントに気持ちを込めて贈るのもいいですが、二人の関係がバレないことが大切です。

不倫相手に贈るプレゼント選びは大変ですが、二人の関係がバレないように気をつけましょう。

おすすめの記事