テンションが低いままデート

不倫関係は継続させることは難しいですが、不倫が長引くほど別れたくても不倫関係をやめられなくなってしまうものです。

一度不倫関係が始まるとずるずると付き合い続けてしまい、いつまで不倫関係のままでいるのか不安にもなるでしょう。

ここでは不倫の平均的な期間やリスクの紹介と、上手な不倫の終わらせ方を紹介します。

不倫をやめたいと思っている人は、ぜひ参考にしてください。

目次

不倫の平均期間はどのくらい?独身女性とダブル不倫では期間が違う?

不倫期間の平均は半年から1年未満が多い

振り向くカップル
不倫をしている人にとって気になるのが、不倫関係は平均どのくらい続くのかということでしょう。

不倫のきっかけはお互い好意があれば簡単に始めることができますが、不倫に何を求めているかによっても期間は変わってくるようです。

二人だけの秘密の関係を続けることで、非日常的なドキドキ感を味わいたい人は、できるだけバレないように会うことも楽しみのひとつとなるでしょう。

しかし、純粋に相手にときめいたりキュンキュンしたい人にとっては、時間の経過と共にテンションも下がってくるものです。

不倫関係が始まった時は誰にもバレないように、の注意を払って会うことで、普通の恋愛とは違った高揚感を味わうことができます。

それでも不倫関係が半年も続けば、二人の関係も落ち着いてくるので、ときめきやドキドキ感も薄れてくるでしょう。

不倫がバレる要因で多いのは、ちょっとした気の緩みから不倫バレをしてしまうことです。

半年も関係が続いて何度も会っていれば、二人の関係に気づく人が出てきても不思議ではありません。

不倫の平均的な期間が半年から1年未満が多い理由は、この期間になると気の緩みが生じてくるので、バレないように対策することを怠ってしまうからです。

何度も会ってバレなければ、今回も大丈夫だろうという気の緩みが、思わぬ不倫バレに繋がってしまいます。

そのため不倫バレで関係が終わってしまったり、あるいはドキドキ感を感じなくなったことで、気持ちに変化が生じて別れるケースもあるでしょう。

男女の恋愛はどんなに好き同士でも、いきなり別れてしまうことはよくあることなので、不倫関係も然りです。

不倫は初めの3ヶ月間が期間の分かれ目

手をつなぐカップル
不倫関係の継続期間は半年から1年くらいが多くなりますが、それだけ続けばある程度充実した関係を築いたといえるでしょう。

逆に1ヶ月も経たずに別れてしまうケースもあれば、2年以上不倫関係を続けているという強者もいます。

恋愛と違って不倫関係は先の見えない付き合い方なので、付き合ったはいいが急に不倫をしていることが不安に思えてくることもあります。

「不倫がバレたら・・・」「この関係はいつまで続くの・・・」など、不倫がすぐ終わってしまう時には心の準備ができていないケースが多いようですね。

いくら好きでも不倫はダメだということは誰でも知っていることですし、まさか自分が不倫関係になるとは思っていなかったはずです。

恋愛も同じですが、初めの3ヶ月くらい関係が続けばお互いを知ることができるので、もう少し長く不倫関係を続けることもできるでしょう。

不倫を始めるときは不安がつきものですが、3ヶ月以上関係が続くようになれば、半年から1年くらいはそのまま不倫が続くことが多くなるのです。

3ヶ月というのは季節の変わり目でもあるため、季節と共に少し自分の気持ちにも変化が生じてきます。

夏はワンナイトラブやアバンチュールを楽しむ人が増えますが、秋になるとめっきり少なくなるのと同じですね。

人の気持ちは状況や一時的な変化によって流されやすいため、つい不倫関係になってしまうこともあります。

その不倫も3ヶ月続けば当たり前の関係になるため、1年弱はそのままの関係を保つこともできるはずです。

ダブル不倫は1年以上関係が続くことも珍しくない

浜辺で見つめ合う二人
ダブル不倫関係となれば、簡単に不倫関係になることも別れることもできなくなることが多いでしょう。

お互いパートナーがいるにもかかわらず、不倫相手をしてしまうのには理由があることは理解できます。

しかし、二人とも好き同士だからダブル不倫関係になるというのは、あまりにも軽率な関係だといえるでしょう。

お互いパートナーがいるので、当然ながら不倫はしてはいけないとわかっているはず。

それでも不倫に足を踏み入れるのには、好き以外にもパートナーへの不満や関係性の悪化が関係あるのかもしれませんね。

人によっては二人の関係は良好だけど、身体の相性が悪くて夜の営みで不満を持っているケースもあります。

ダブル不倫になるにはお互いが相当な覚悟をしなければならないため、付き合い始めるのにも勇気がいるものです。

そのため一度関係が始まってしまえば、簡単には別れることなく続くことは多いですよ。

パートナーへの不満を解消する相手として、お互いの利害が一致しているといえるのかもしれませんね。

さらにダブル不倫の関係は1年以上続くことも珍しくありません。

上記の通りお互いの利害が一致しているので、長く関係を続けられるのも要因のひとつでしょう。

それ以外の理由としては、お互いの弱みを握っていることが挙げられます。

二人とも不倫をしていることがバレれば、社会的にも大きなダメージを受けることになるのは必死です。

バレた時のダメージの大きさをお互いが理解しているからこそ、自分勝手に別れを切り出すこともできませんし、相手を逃さないようにプレッシャーをかけているともいえます。

二人の関係性が良好ならば問題ないのですが、長く関係が続くほどストレスに感じることも出てきますし、どちらが関係を終わらせるか切り出すのを待っているかもしれませんね。

弱みを握られているからこそ簡単には別れることができないため、ダブル不倫はバレなければいつまでも不倫関係が継続することも珍しくありません。

恋愛ホルモンが出るのは3か月!不倫が長続きする理由とは?

新鮮な関係性が退屈な日常に刺激を与えてくれる

寄り添うカップル
不倫関係が長続きする理由には、少なくとも女性の恋愛ホルモンが影響を与えていることは間違いありません。

恋愛ホルモンとは「エストロゲン」「フェニルエチルアミン」「オキシトシン」「ドーパミン」の4つがあります。

別名幸せホルモンと呼ばれている恋愛ホルモンですが、女性が恋をするとキレイになるというのもこの恋愛ホルモンの影響が関わっているのです。

相手を好きになると恋愛ホルモンを分泌しますが、エストロゲンが増えると女性らしさをより際立たせてくれるようになります。

フェニルエチルアミンは代謝を良くし、オキシトシンは母性ホルモンと呼ばれ、愛情深くなるので魅力的に感じるようになるでしょう。

居心地の良さを感じるほどドーパミンが分泌され、もっと一緒にいたいという気持ちが強くなり、より相手のことが好きになりやすくなります。

恋愛ホルモンの影響は3ヶ月ほどといわれていますが、この時期にドキドキ感やキュンキュンすることが多くなるのです。

恋愛し始めの頃はときめきを感じやすいのも、この恋愛ホルモンの影響が大きいことは否めません。

不倫関係も同じで初めは相手のことが良く見えるのも、恋愛ホルモンが関係しているといえるでしょう。

不倫は恋愛とは違っていつでも気軽に会ったり連絡がとれるワケではないため、久しぶりに会うと新鮮な気持ちになることができます。

この新鮮さが恋愛ホルモンをさらに分泌させる要素となるため、会うことが困難なほど会った時の喜びも大きくなって刺激も強くなるのです。

新鮮な気持ちで相手に会うほど関係も長く続きやすいため、不倫も長続きしやすくなるといえます。

頻繁に会わないことが長続きの秘訣

スマホを見る女性
不倫関係が長続きする理由として、頻繁に会えない環境が長続きの秘訣になることもあります。

これも恋愛ホルモンが影響しており、好きになるほど、会いたいと思うほど、恋愛ホルモンが大量に分泌されやすくなるからです。

女性が恋をするとキラキラするのも恋愛ホルモンの影響ですが、幸せを感じるほどよりキレイに美しくなることができます。

逆になかなか会えない不倫関係では、相手を想う気持ちが強くなるため、恋愛ホルモンの影響も受けやすいといえるでしょう。

会いたくても会えないというもどかしい不倫関係ですが、逆に会えないからこそお互い会った時に、精いっぱい楽しい時間を過ごそうと努力するはず。

毎回新鮮な気持ちで会うことができるため、恋愛ホルモンもそのたびに分泌するのかもしれませんね。

相手に会うのが待ち遠しくなり、想う気持ちが強くなるほど不倫も長続きすることになります。

二人の特別な関係性が絆を強くする

キスするカップル
不倫という関係は二人だけの秘密であり、誰にもバレてはいけない関係性です。

恋愛ホルモンによる幸せを感じている時ほど、お互いの信頼関係や絆も強くなります。

お互いが惹かれ合っているだけでなく、バレてはいけないという二人だけの秘密が、より絆を強くする効果を発揮してくれるのです。

恋愛ホルモンは3ヶ月間だといわれていますが、信頼や絆が深まれば恋愛ホルモンの効果が薄れたとしても、二人の関係が揺らぐことはないでしょう。

日常とは違った刺激的な時間を過ごすことになるため、この新鮮な関係性が二人に影響していることも要因かもしれませんね。

いずれにしても恋愛ホルモンが出ている時に強い絆を結ぶことができれば、不倫関係も長続きさせることができるはずです。

不倫が長続きするとリスクが高くなる?不倫をするときに気を付けること

二人の気持ちの変化やズレに気をつける

橋を見つめるカップル
不倫関係が長続きすることは、二人にとって良いことかもしれませんが、同時にリスクも高まっていくので注意が必要です。

惹かれ合うこともあれば、急に愛が冷めることもあるのが恋愛ですが、付き合いが長くなるほどお互いの気持ちにズレが生じることがあります。

不倫を始めた当初はフラットな関係で、火遊びのつもりで不倫したかもしれませんが、いつの間にか相手のことが好きになり過ぎてしまい、自分のモノにしたいと思う気持ちが芽生えることもあるでしょう。

付き合い始めた当初の気持ちに変化が生じることで、二人の関係にも大きく影響することは多々あります。

恋愛感情などなくパートナーに不満があるから不倫をしているのに、不倫相手から本気になられてしまえば困ることになるでしょう。

遊びの関係でもいいと了承していたのにもかかわらず、不倫が長続きしたことで好きになることはよくあります。

そのため長く付き合うほど二人の利害関係も変わってくるため、付き合った当初とは気持ちに変化が生じるのは当然でしょう。

不倫をするときに気をつけなければいけないことは、気持ちの変化による二人の関係性です。

たまに会うだけでよかったものが、急に頻繁に会いたいといわれても困りますし、もっとオープンな関係になりたいとわがままを言われるかもしれません。

それだけ二人の距離感が近くて気持ちが通じ合っているともいえますが、逆に不倫がバレるリスクが高くなっているともいえます。

気持ちの変化は仕方ないものの、気持ちの変化によって二人の関係性まで影響すると困ることも起こってくるので気をつけたいですね。

相手の家庭を壊さないで関係を続けることを優先する

スマホをいじる赤い服の女性
不倫関係を継続させるには、相手の家庭を壊さないことが前提となります。

お互いの惹かれ合ったり利害が一致して不倫を続けていますが、社会的に見れば二人の気持ちや考えを優先するのは自己中心的な行動だと非難されるでしょう。

結婚しているということは、パートナーと一生を添い遂げる誓約をしているので、気軽に他の人と恋愛や火遊びをすることは許されません。

不倫という大きな代償を伴う行為は、あくまでも家庭が安泰でなければ続けることは難しいものです。

いくら彼が奥さんと関係が悪いといっても、それは彼の一方的な意見であり、奥さんはどんなことがあっても別れたくないと思っているかもしれません。

不倫相手が登場すれば相手の家庭を壊すことになり、必然的に人の人生を狂わせることになるでしょう。

それほどの覚悟を持って不倫をしていたとしても、不倫の行為自体が認められるものではないということは自覚するべきです。

不倫関係が長く続くと彼の気持ちは自分のモノだという自信や欲が出てきます。

家庭を崩壊させれば彼を奪えるという考えになるかもしれませんが、あくまでも不倫は家庭があってできることです。

二人が一緒になりたいという気持ちが強くなれば、自然な流れで離婚して一緒になることができるでしょう。

しかし、不倫が続くことで奥さんへのライバル心が芽生えてくると、負けたくないという想いから彼を奪いたくなる気持ちが出てくるかもしれません。

もちろん結果的に略奪婚を成就させられるかもしれませんが、不倫バレによって社会的・経済的なダメージを受ける可能性は大があることも考えるべきです。

彼と一緒にいる時間が長くなるほど信頼関係や絆が強くなりますが、愛情も芽生えてくると関係性が崩れてしまうことになります。

不倫がいくら長続きしても、奥さんと対等な立場になることはないので、不倫相手という自覚を持って行動することが大切です。

不倫関係は常にバレたら終わりだという危機感を持つ

スマホを見る女性
不倫が長続きすることによるリスクは、お互いの危機管理意識が薄くなってくることです。

するとバレたことがないという経験がスキを生じさせ、ちょっとしたことで不倫がバレてしまうかもしれません。

不倫はどれだけ長続きしたとしても、常に一発バレたらアウトだという意識を高く持つべきです。

連絡する方法、場所、タイミング、会う時間など、初めはバレないように綿密に考えながら行動していたはず。

しかし、いつの間にかルーズになってしまい、連絡する方法を変えてしまったり、もっと会いたいからいつもより長めに会うことで、不倫を疑われるきっかけになることもあります。

不倫をしているのが確定してバレることは、二人が一緒にいるところを目撃されることだけです。

それ以外は憶測でしかないため、バレないだろうという安易な気持ちによって、だんだんとルーズになってしまうのが人間心理だといえます。

よくあるケースでは、不倫相手からの連絡に奥さんが気づくというパターンです。

不倫当初は連絡時間を細かく決めたり、彼からの一方通行の連絡しかしないなど、いろいろと偽装工作をしていたはず。

いつしか長く不倫関係が続くことで、バレないという自信があるのか、不倫相手から頻繁に連絡がかかってきたり、履歴を消し忘れるというミスが多くなってくるものです。

不倫が長続きすることにリスクとして、マンネリ関係や危機的意識の欠如があります。

不倫をするときには常にバレたら終わりだという意識を持って行動しないと、後で後悔することになるでしょう。

ちょっとしたわがままや怠慢がバレるきっかけになりやすい

キスするカップル
不倫を続けていくうちに、たまにはいつもと違った行動をとりたくなることがあります。

いつもバレないように彼女の部屋だけで会っていたのに、たまにはディナーを楽しんだりデートしに行きたくなることもあるでしょう。

同じ事ばかり繰り返すことで飽きてきますが、不倫に求めているモノには刺激があります。

どんなに好きな相手でも、毎回同じ行動ばかりとっていると飽きてしまいますし、相手に対する興味も薄れてしまうでしょう。

リスクを冒して不倫を続けているのに、退屈な状況になってしまえば続ける意味を見出せなくなってしまいます。

すると会う頻度を増やしたり、会う場所を変えるなど、新たな刺激を求めて行動してしまう可能性もあるはず。

しかしこの行動が不倫がバレるリスクを限りなく高くしてしまう行動なので、本来ならば控えなければなりません。

不倫関係がバレたらアウトだとわかっていても、長く関係が続くことでリスクを軽く考えてしまうのです。

「少しくらい会う頻度を増やしても大丈夫だろう」「今連絡しても奥さんにはバレないだろう」という気の緩みが、不倫バレに繋がってしまいます。

これは不倫をしている人にとっての気の緩みや怠慢であり、たとえバレてもなんとかなるだろうという安易な気持ちがそうさせるのです。

自分が思っている以上に不倫がバレるリスクは大きいもので、バレてからやめておけばよかったと後悔することになるでしょう。

不倫しているときは二人が燃え上がっているときなので、お互いしか見えていないため、まわりのことなど関係ないと思っているのです。

これが二人に強い絆と信頼関係を生ませる要因となりますが、恋愛ならば問題ないものの、不倫関係だと面倒なことも多くなってきます。

お互いしか見えない状況では冷静に不倫関係を続けることは難しいため、ちょっとくらいのリスクを冒すことも平気になっていくはず。

結果的に不倫がバレるのは自己責任ですが、ちょっとしたわがままから不倫バレするので、どれだけ長く付き合っていてもリスクは考えておくべきです。

不倫関係が終わるきっかけ3つ

長く続けてきたことに罪悪感を感じ始めた

眠そうな女性
長く続いた不倫関係も、いつかは終わりをむかえる時がくるものです。

不倫が終わりになる原因のひとつとして、不倫に対しての罪悪感を感じ始めることがきっかけになるケースもあります。

始めから不倫はいけないことだとわかっていますが、それでも二人の気持ちが燃え上がっているので、止めることができないのです。

障害や困難が多いほど二人の絆や信頼が強くなりやすいため、不倫をしている時ほど充実した生活を送っていると思えるでしょう。

しかし、ある不倫はいつまでも新鮮な気持ちで相手とあることもないですし、いずれは気持ちも落ち着いてくるものです。

一般的に不倫はいけないことだとわっているのは、客観的に判断できるからでしょう。

本人たちにとっては自分たちの不倫を客観視できないので、感情のままに行動してしまうのです。

長く不倫が続いて二人の関係性が落ち着いてくると、自分たちの状況を客観視することができるようになります。

すると急に不安や罪悪感を感じるようになり、何で不倫をしてしまったのかと後悔することも出てくるかもしれません。

不倫はどんな理由があれ、本人たち以外には受け入れられないものです。

自分たちの不倫を客観視できるようになれば、奥さんへ気持ちを察することができますし、この状況がバレたときの自分の立場を考えると不安が頭をよぎるはず。

不倫しているときの熱から目が覚めたといえば聞こえはいいですが、不倫への罪悪感を感じれば一生心に残ってしまうでしょう。

不倫をした方もされた方も心に傷を負うことになります。

相手に立場になることができるようになれば、不倫をしていることの罪悪感を感じるようになり、すぐにでも不倫をやめたいと思うようになるはずです。

不倫への罪悪感はいつ、どんなきっかけで感じるかわかりませんが、どちらかが罪悪感を感じるようになると不倫は終わりを迎えることになります。

彼が奥さんとの関係が良好になり始めた

女性の横顔
彼が不倫をするきっかけとなるのは、奥さんとの関係が悪いことが要因です。

結婚すればお互いに不満を抱くようになりますが、それでも二人で支え合って生きていくことが結婚生活だといえるでしょう。

しかしどうしても我慢できないこともありますし、身体の相性、性格の不一致、気遣いの無さなど、結婚生活が長くなるほど問題も増えていくものです。

男性は家庭に癒しや居心地の良さを求める人が多いため、夫婦仲が悪くなると奥さんがいる家に戻りたくないという心理も働きます。

仕事で疲れているのに家でもストレスを感じるようになれば、外に逃げ場を探すのは当然でしょう。

男性にとって癒しを与えてくれる女性がいれば、一緒にいたいと思う気持ちが芽生えても仕方ありません。

不倫関係が始まると奥さんよりも不倫相手に気持ちがいってしまうため、奥さんへの愛情も薄れてくるものです。

それでもこれから長い結婚生活のことを考えると、どうにか関係を修復しようとするのが夫婦です。

奥さんが夫への配慮に欠けていたから夫婦仲が悪化したと考えれば、関係修復のために努力をするはず。

そうすれば家庭も居心地の良い環境となるので、夫も外に居場所を求める必要性がなくなってきますよね。

奥さんは夫の不倫を疑わなくても、家にいたくないという気持ちを察することはできます。

二人の関係がこのまま続けば離婚だという危機感があれば、関係修復をしようと考えるのはごく自然なことでしょう。

不倫相手に癒しを求めなくても奥さんがいる家が居心地が良くなれば、不倫を続ける必要がなくなるため、いきなり不倫を解消しようと思うかもしれません。

そもそも不倫を始めたきっかけが夫婦関係の悪化なので、夫婦の仲が良くなれば元サヤに戻るのは当然です。

奥さんも夫婦関係の修復には相当な努力を必要としますが、元々愛し合っていた二人なので、ちょっとしたきっかけで良好な関係に戻ることはたやすいことでしょう。

彼は不倫相手の前では奥さんの悪口を言うものですが、実際の夫婦関係は二人にしかわかりません。

いくら不倫相手のことが好きであっても、彼が奥さんとの関係が良好になれば、あっさりと不倫関係が終わりを迎えることは必然です。

本気で不倫相手のことを好きになってしまった

激しいキスをするカップル
不倫を続ける上でも約束事はいくつかありますが、家庭壊さないことやバレないように最善を尽くすことは当たり前でしょう。

しかし、わかっていても抑えきれないのが気持ちの問題です。

不倫関係を続けるにはお互いを好きな気持ちを確かめながら、現状の関係に満足することが求められます。

この「好き」という気持ちが「愛してる」に変わると、今の関係に満足できなくなるかもしれません。

彼のことを本気で好きになれば、奥さんから彼を奪って自分のモノにしたいという気持ちが芽生えてもおかしくはないでしょう。

彼に対する気持ちが強くなるほど、もっと会いたい、もっと一緒にいたい、もっと繋がっていたいという気持ちが強くなり、二人の関係に隔たりが生じます。

不倫がバレないように気を遣っているのに、頻繁に連絡したり、会う回数を増やそうとするかもしれませんね。

彼が綿密な計画を立てて不倫を続けているのに、彼女の気持ちが高まってくれば、上手くコントロールすることは難しいでしょう。

自分の気持ちを抑えることができない不倫相手とは、関係を続けることで不倫バレのリスクを高めることに繋がります。

彼に対する気持ちが強くなるほど、彼が遠ざかっていくという悪循環に陥ってしまうため、結果的に彼の方から不倫をやめようと言われてしまうでしょう。

恋愛とは違って不倫はお互いの気持ちに従って行動すれば、それだけで関係が解消してしまうリスクもあります。

割り切った関係を求められているのに彼にのめり込んでしまえば、気持ちとは裏腹に彼と離れなければいけなくなることがあるのが不倫です。

不倫が終わるきっかけには二人の関係が悪化したからではなく、相手を好き過ぎることが別れの原因となることもあります。

不倫関係をトラブルなく上手に終わらせる方法とは

会う頻度を少なくしてそっけない態度をとる

頭を抱える女性
不倫関係が長くなるほど別れることも難しく、きっかけを作るのも大変になります。

お互いの相性が良いから関係が続いていることには間違いないので、不倫をやめたくても決心できないという気持ちもあるでしょう。

それでも意を決して不倫をやめたいと思ったのであれば、不倫をトラブルなく終わらせる方法をとりたいですよね。

不倫関係を終わらせるのに王道な方法ですが、会う頻度を減らしてそっけない態度をとることをおすすめします。

不倫関係はお互いが強い絆と信頼関係で結ばれているだけでなく、好きという気持ちがあるから続いているのです。

しかし相手からそっけない態度をとられるようになれば、自分の興味がなくなってきたと察することができるでしょう。

恋愛ならば関係修復のために話し合うこともありますが、不倫関係になると相手の気持ちを自分だけに向けさせることは難しくなります。

なぜなら彼は奥さんがいながら二股をかけている状態なので、彼女が他の男と関係を持っても文句を言う資格がないからです。

お互いの利害が一致しているからこそ不倫を続けているため、会いたいと思うモチベーションが低くなれば無理をして会う必要もなくなります。

彼にとっては会う頻度や態度が自分への愛情表現だと思っているため、会う回数が減ったりそっけない態度をとられれば、不倫関係も終わりだと気づくことができるでしょう。

逆に彼を本気にさえるときも、会う頻度を減らすなど同じ手法を使うことができますが、そっけない態度をとられれば気持ちが離れていることはわかります。

逆上してケンカになれば関係が悪化して別れることもできますが、ほとんど彼は冷静に判断してトラブルなく別れることができるはずです。

なぜならケンカして感情的になれば、彼女の行動次第によっては不倫バレするリスクが高くなることをわかっているから。

彼女がその気になればすぐに奥さんや職場に不倫していることをバラせることを、彼も理解しているので冷静にならざるを得ません。

トラブルなく上手に不倫を終わらせる方法として、そっけない態度をとることで彼に察してもらう方法はおすすめです。

結婚したい意思をはっきりと伝えて別れる

夕暮れに見つめ合うカップル
不倫を長く続けていても、最終的には一緒になれずに別れることになるでしょう。

二人とも初めから結果もわかっていながら不倫を続けているため、途中で心変わりしてしまうと辛い思いをすることになります。

彼にとって不倫はどんなに長く続いても、離婚しなければいつまでも浮気のままであり、彼女の存在は不倫相手としか思っていません。

奥さんと離婚してまで一緒になりたければ、不倫などせず離婚してから結婚することを選択するはずです。

彼が離婚しない以上、どれだけ不倫関係が長続きしても彼女の存在は二番手であり、奥さんに勝つことはできません。

これは不倫を続けていくうえで変えることができない事実であり、彼の気持ちが変わらなければどうすることもできないことです。

誰も不倫をしたくてしている人はいませんし、できれば彼と一緒になりたい気持ちはあるはず。

たまたま相性が良く好きになった相手が既婚者だったというだけなので、本来ならば恋愛して結婚したかったことでしょう。

この不倫関係がいつまで続くのかという不安が募るほど、結婚への憧れも強くなっていくものです。

女性にとって結婚は単に男性と一緒に暮らすだけではなく、子供の問題も関わってくるでしょう。

いつまでも不倫関係のままでいれば結婚できませんし、子供を産みたい女性にとっては無駄な時間を過ごしていることになります。

結婚したい気持ちが強くなってきたら、はっきりと彼に結婚したい意思を伝えてみるのもいいかもしれませんね。

既婚者に結婚したいと伝えれば困惑するのは当然ですし、これ以上関係を続けていれば思わぬトラブル発展するかもしれないと警戒するはずです。

彼にとっての最悪なシナリオは、不倫相手の彼女が略奪婚を狙ってトラブルを起こし、自分の家庭を崩壊させようとすることでしょう。

いくら不倫関係を続けたいと思っても、彼女の気持ち次第では不倫を続けるどころか、家庭を壊されてしまう危険性があります。

「結婚したい」という一言だけでも、彼に大きな影響とプレッシャーを与えることになるでしょう。

既婚男性にとって結婚願望がある不倫相手ほど厄介な存在はいないので、彼の方からすんなり別れを切り出してくる流れになるはずです。

普通の恋愛がしたいとストレートに話す

ベンチに座るカップル
不倫をしている間はどんなにラブラブな時間を過ごしても、恋愛とは違った関係性です。

魅力的な男性と恋愛したい気持ちから不倫をしてしまうこともありますが、不倫を疑似恋愛だと考えている女性も多いでしょう。

不倫をすることのリスクを考えるよりも、ただ恋愛を楽しみたい気持ちが強くなることもあります。

既婚者にとっては都合のいい女になりやすいですが、いくら不倫を続けて良好な関係になっても、普通の恋愛をすることはできません。

不倫相手の女性にとって恋愛、結婚、不倫はほとんど同じだと考えているのかもしれませんね。

しかし実際に不倫をしてわかったことは、普通の恋愛をすることができないということに気づくはずです。

気軽に会ったり連悪することもできませんし、オープンな関係になれないことがストレスになります。

不倫関係を終わらせたいと思う理由として、普通の恋愛がしたいというストレートな気持ちをぶつけることで、彼もすんなり受け入れてくれることでしょう。

不倫を続けるのはお互いの利害関係が一致していなければならないため、気持ちにズレが生じてくれば別れるのは必然といえます。

彼女に癒しや身体の関係を求める男性と、純粋に好きな男性と恋愛したいという女性が、上手く関係を続けられるはずがありません。

不倫を終わらせたいと思ったときは、自分の気持ちをストレートに伝えることが大切です。

はっきりと恋愛がしたいと伝えることで、彼も気持ちを察してすんなり別れてくれることでしょう。

不倫関係はリスクも多い!潮時になったら上手に清算すべし

歩いているカップル
不倫関係を長く続けることは、それだけ二人の絆や信頼を強くすることに繋がります。

不倫が長続きするほど別れも辛くなりますし、不倫関係を続けるほどバレるリスクも高くなるものです。

不倫関係が長続きすればそれだけ気持ちにも変化が生じるため、どこかのタイミングで関係を断ち切る決断も必要でしょう。

不倫をやめたいと思ったときには、潮時を考えて別れを決断することをおすすめします。

トラブルのない別れ方を実践すれば、不倫したことがバレずに終わらせることができるはずです。

おすすめの記事