抱き合うカップル

彼が結婚していることを知りながら、好きな気持ちを抑えきれずに不倫関係を続けるしかない現実。

いつかは彼の気持ちを振り向かせたいと思っていたのに、「もしかしたらセフレ扱いされている?」と感じるようになれば、彼との将来は不安しかありません。

既婚男性の彼を振り向かせるのは大変なのは覚悟しているので、セフレ止まりではなく本気に相手になれるように努力したいです。

こちらでは不倫相手に対する心理や態度の特徴だけでなく、セフレから本気になるための方法を紹介します。

セフレチェックで今現在の状況を把握し、彼を本気にさせるためにはどうすればいいか参考にしてください。

既婚男性が不倫相手を本気の相手にしたい時の態度とは

連絡頻度が多くなって積極的に誘うようになる

キスするカップル
不倫男の心の中で浮気している彼女の存在大きくなってくると、一緒にいる時間を増やしてずっと抱きしめていたいという気持ちが大きくなっていきます。

不倫している彼女に本気になるほど、自然と積極的になって彼から連絡する回数が増えていくでしょう。

好きになった相手を「今すぐ抱きしめたい」と思う気持ちを抑えられないのは、自分が結婚していようがいまいが関係ありません。

左薬指の指輪の存在や自分の立場を忘れていなくても、本気で好きになれば自分から誘って会おうとします。

妻以外に好きになった女性には、恋愛しているときと同じ気持ちや感覚で誘ってしまうのでしょう。

彼にとっては恋愛が結婚の延長にあるのではなく、結婚と恋愛は別物だと考えているのかもしれません。

結婚はただの紙切れの契約だといわれることもありますが、彼にとっての結婚はまさに、「結婚を宣言しただけ」なのかもしれませんね。

生涯をかけて妻のことを守っていく覚悟など、初めから持ち合わせてはいなかったのでしょう。

そのため簡単に不倫をしてしまいますし、妻のことなど忘れて秘密の関係を密かに育んでいったのです。

しかも、心の中で浮気している彼女の存在が大きくなるほど、抱きしめたい衝動を抑えられなくなるはず。

好きな人と離れているときは不安になり、会いたい気持ちでいても立ってもいられなくなってしまいます。

浮気相手とのバレてはいけない秘密の恋状態は、二人の絆も確実に強くしてくことでしょう。

不倫関係を長く続けるには連絡回数を少なくしたり、会う頻度を抑えるほどバレる可能性も低くなります。

既婚男性の方が女性よりも不倫バレのダメージが大きいですし、計り知れないほどの経済的ダメージや仕事への影響があります。

そのため男性の方が慎重になって行動しますが、あくまでも不倫相手のことを割り切った相手だと思っているからこそできる行動です。

本気で彼女を好きになれば割り切ることなど到底不可能ですし、今現在、一番好きなのは妻ではなく不倫相手の彼女なので、家を飛び出したい気持ちさえあるかもしれません。

不倫関係を始めた当初よりも彼からの連絡があきらかに多くなれば、彼女との関係を本気になって考えていると判断できるはずです。

彼女の好みの男になろうと努力する

男性を虜にする女性
浮気している彼女を心底惚れこんでしまえば、彼女好みの男になろうと努力するようになります。

「結婚しているとわかりながら付き合っている女性」という認識しかなかった相手が、「妻以上に惚れてしまった存在」になったのです。

どちらかといえば当初は「バレないように付き合ってあげる」という上から目線で不倫していたはず。

「結婚はできないけどセフレならいいよ」という認識で関係を続けており、彼女も納得で不倫していたことでしょう。

しかし、この関係はもろくも崩れ去りやすい状態であり、彼女が新しい男ができたり結婚願望が芽生えれば、簡単に関係は解消されてしまうでしょう。

不倫しているうちに彼の気持ちに変化が生じ、彼女のことがLIKEからLOVEに変わっていくと、二人の関係性に不安を感じるようになります。

いわば追いかけられる立場から追う立場に変わることで、彼女の気持ちを繋ぎ止めようと必死になるのです。

こうなれば結婚していることなど関係なく、恋愛と同じように相手に好かれようとできることを何でもしようとするはず。

今まではリードする立場でしたが、逆に彼女好みの男になって気を引こうとするようになります。

本気で好きになった相手だからこそ、自分の立場やプライドを捨ててまで、彼女の気持ちを掴もうとするのです。

浮気相手のために自分が変わる必要はないですし、まして割り切った関係だけならいつ不倫関係を解消してもいいと思っているはず。

男は本気になった女を自分のモノにしようと思えば、優しくなったりプレゼントで気をひこうとするものです。

お互い割り切った関係だからこそ彼女の気をひこうと思い、彼女好みの男になろうと努力するのです。

彼女の行動を把握しようとする

スマホをいじる
不倫している相手のことを本気になるほど、独占欲が強くなるので彼女の行動を把握しようとする行動が多くなります。

今までは割り切った関係を続けるため、お互いが暗黙のルールで相手のプライバシーには干渉しないようにしていたことでしょう。

一転して彼女への恋愛感情が芽生えてしまうと、一緒にいないときの行動が気になるのは、大人の恋愛でも同じです。

普段は極力連絡を控えたり会わないようにして、確実にバレないように会うことしか考えていません。

しかし、本気になるほど彼女の行動を把握したくなるので、会ったときに何をしていたか聞かれることも多くなるでしょう。

不倫という割り切った大人の関係だったのに、彼がプライベートな話を聞いてくるようになれば戸惑うかもしれません。

相手のことを今以上に知りたくなるのは恋愛ではごく自然なことなので、あまり深く考えなくてもいいでしょう。

男は単純でわかりやすい行動ばかりとるので、心に変化があればすぐに気づくことができます。

浮気相手から本気の相手に格上げされた瞬間、プライベートな話をひたすら聞きたくなるはず。

いきなり根掘り葉掘り聞きだそうとすれば怪しまれるので、まずは自分の話をしようとするかもしれません。

「自分も話したからそっちも話してよ」という単純発想でわかりやすいので、かわいらしく思えるでしょう。

不倫相手を本気の相手にしたくなる男性心理とは

一緒にいると居心地に良さを感じる

見つめ合う男女
不倫している時点で彼女への好感度は高いですが、一緒にいる時間が長くなるほど本気で口説きたいと思うようになるのが男性心理です。

なぜなら一緒にいるほど好感度も上がりやすいので、割り切り関係の相手から気になる存在へと変わる可能性もあります。

今までは奥さんと一緒にいるときに居心地の良さを感じていたのが、彼女と一緒にいる時間に居心地の良さを感じるようになると、気持ちまで変化していきます。

男性は癒しを求める人が多いので、自分が落ち着ける環境を作ってくれる女性と結婚したいと思うことが多いものです。

奥さんと一緒にいるときの居心地の良さよりも、不倫相手の彼女と一緒にいるときの居心地の良さの方が良いと感じれば、本気で惚れてしまうのは自然な流れかもしれません。

居心地の良さはどんな女性にも感じるワケではなく、自分と相性に良い相手にしか感じることはないでしょう。

だからこそ不倫関係が成立しているといえますが、関係が長くなったことでさらに居心地の良さを感じやすくなったのかもしれませんね。

彼と一緒にいるのが楽しいと感じていれば、居心地の良い空間を作る努力をしようとするはず。

密会場所が自分の部屋なら彼がいつ来てもくつろげるように、内装の雰囲気を変えたりおもてなしに気を遣うようになるでしょう。

彼女と会えば落ち着いた空間でゆったりと過ごしたり、至れり尽くせりな時間を過ごせると思えば、何時間でもずっと一緒にいたいと思うのは当然です。

「こんな結婚生活だったら幸せだろうな」と彼に思わせることができれば、彼も本気で彼女との将来を考えるきっかけになるかもしれません。

彼が何より安らぎを重視している人であるほど、居心地の良い空間を作ってくれる彼女は、本気で心を揺さぶられる存在になるはずです。

妻よりも自分のことをわかってくれる

話が盛り上がるカップル
居心地の良い空間を作ってくれる女性との生活は、いつまでも一緒にいたいと思わせる独特な魅力があります。

しかも自分の考えを理解してくれ、気遣ってくれる女性とは相性も良く、最高にいい女だと思うでしょう。

妻よりも不倫相手の彼女の方が自分のことをわかってくれている思えば、気持ちを鷲掴みされるのも時間の問題です。

一緒に過ごしている時間が長くなるほどお互いの考えや行動を把握しやすいですが、それは相手に対する愛情があるからこそ成り立ちます。

いくら同棲生活が長くなっても相手に興味がなくなってくれば、相手のことを知ろうとすらしません。

それでも成立してしまうのが夫婦関係であり、愛情よりも家族という絆で繋がることも多いものです。

自分のことを妻より理解してくれる女性がいれば、好感を抱くのは自然なことでしょう。

そして好感が愛情に変わり、やがて本気で好きになっていきます。

妻がいても自分を一番理解してくれるのが不倫相手なら、妻と別れて一緒になりたいという気持ちが芽生えてもおかしくはありません。

むしろ彼女のことを好きになるのは必然ですし、お互いにとっては最高のパートナーとして理解し合おうとするでしょう。

不倫相手には本気になれないのではなく、妻の方が自分のことをわかってくれる相手だから、最終的に妻を選ぶ男性が多いだけ。

妻よりも彼女の方が自分のことをわかってくれる相手なら、不倫相手に本気になるのは男性心理として自然なことです。

結婚して忘れていた恋愛感情が芽生えてきた

スマホを使ってキス
不倫相手に本気になる心理としては、結婚以来忘れていた恋愛感情を思い出させてくれたことが要因かもしれません。

結婚するとどうしても恋愛感情よりも生活のことを重視しがちなので、奥さんに対する恋愛感情が変化していきます。

付き合い始めはドキドキ感を感じ、慣れてくると居心地の良さを感じながら過ごし、結婚すると安心感を感じるようになります。

これは恋愛感情が変化しており、結婚後は家族という安心感や絆によって、恋愛感情とは違った愛情を感じるようになるからです。

愛情は無償の愛でもあり相手のために尽くせる気持ちなので、恋愛していた頃のドキドキ感を感じることはなくなるでしょう。

しかし、忘れていたときめきを思い出せてくれるような女性が目の前に現れたら、一気に恋愛モードに突入してしまうこともあります。

誰もが経験した初恋のドキドキ感やときめいた気持ちは、衝撃的な記憶として残っているはず。

人を好きになったときはまわりが見えなくなるものですが、結婚していても本気で好きになれば、妻の存在を忘れてアタックしたくなるものです。

それだけ恋のドキドキ感は人の気持ちを高揚させるので、彼女にドキドキした気持ちを抱けば、恋愛したいと思う気持ちが強くなっていきます。

不倫している彼女にドキドキするようになると、割り切った関係では物足りなくなり、さらに関係を深めようと考えます。

こうなれば次第に彼女への興味が本気になっていきますが、きっかけとなるのが恋愛感情が芽生えたことです。

男女の恋愛はいつ、どんなタイミングで相手のことを「好き」だと気づくかわかりませんが、彼女への恋心が大きくなるほど本気の恋愛をしたくなるのです。

もしかして私はセフレ?セフレチェックリスト

会ってから帰るまで毎回同じパターン

テンションが低いままデート
不倫関係とセフレの違いは、気持ちがあるかないかで考えることもできます。

あなたが「不倫相手ではなくセフレかもしれない」と感じたときは、会ってから別れるまでのパターンをチェックすれば一目瞭然。

不倫は誰にもバレないように必要最低限の連絡に留めることも多いですが、会う場所も重要なポイントです。

居心地の良い場所を作ってくれる不倫相手なら、男性は彼女の部屋に通って過ごしたいと思うでしょう。

セフレの部屋に行くことを望みますが、あくまでもバレにくい方法を選択しているからであり、毎回同じパターンでは飽きてきます。

愛し合っている者同士がマンネリ関係になれば、あっさり別れてしまうこともあるので、不倫関係を長続きさせるには、できるだけマンネリにならないように工夫することも必要でしょう。

たまにはホテルに行って環境を変えたり、旅行に行ってハメを外したいと思うのが不倫相手の彼女です。

一方、セフレの部屋ならホテル代もかからないですし、セックスした後はいつでも帰ることができるので、旅行やホテルに行くこともありません。

身体の関係はいつかは飽きてしまうことが多いので、飽きるまでセフレ関係が続けばいいと思っています。

彼女から「どこか行きたい」と言われても、毎回同じパターンでセックスだけしていれば、セフレの可能性大といえるでしょう。

連絡は必要最低限のみ

電話する女性
セフレには恋愛感情を抱くどころか、プライベートなことを一切話すつもりもありません。

身体目的なのでプライベートを話す必要性を感じていませんし、別れた後のことを考えれば余計なことを話さない方がトラブルになりにくいです。

そのため、セックス目的以外で会うこともないですし、気分転換にどこか出掛けることもないでしょう。

女性をセフレにしたいと思うきっかけは、「いい女だから」「抱き心地が良さそうだから」という身体目的しかありません。

そのため多少ブサイクでも抜群のプロポーションなら抱きたいと思いますし、性格が悪くてもセックスできれば問題ないと思っていることでしょう。

そんな身体目当ての彼女との連絡は、必要最低限しかしたくありません。

なぜなら、自分のプライベートな時間を身体目当ての彼女との雑談で潰したくないから。

会う約束さえできればいいと思っているので、彼から連絡があったときに、毎回必要最低限だけの連絡ならセフレの可能性が高いでしょう。

もちろん不倫相手の彼女との連絡も、できるだけ必要最低限にしている男性はいます。

浮気がバレる原因の多くは奥さんにスマホをチェックされることですし、メールや会話の内容は不倫しているという証拠能力も高いです。

できるだけ必要最低限の連絡だけして、バレないようにすぐに履歴を消すなど偽装工作をしていることでしょう。

連絡さえとれれば会ったときにゆっくり楽しめるので、連絡はあまりしたくないという男性もいます。

しかし、やはり不倫相手の彼女とは長く関係を続けたいですし、電話でしか話すチャンスがないこともあるでしょう。

旅行の計画やいつもとは違った場所で会う約束をするなど、連絡する頻度も増えていきます。

不倫相手とは必然的に連絡する回数も増えていく一方で、セフレとは最低限の連絡事項のみというケースは多いですね。

女性側とすれば必要最低限の連絡は冷たい印象を受けるので、セフレ扱いをされていることにピンとくるはずです。

即セックスで終了することが多い

ベッドの上で横になる女性
セフレは身体の関係だけなので、そもそもムード作りをしたり会話を楽しもうとする気もないでしょう。

不倫相手と会うのは時間の制約もあるんで、できるだけ早く事を済ませて帰らなければなりません。

彼女もセックス目的で会いに来ているので、セフレとセックスするのにムードを作っても、あまり意味がないと思っています。

男性はセフレに対して優しさを見せることは少なく、セックスでイカせれば満足する女だと思っていることでしょう。

そのためムード作りをしたり場を盛り上げて会話を楽しむことなく、会ったら即セックスをして、終わったらすぐに帰ることもあります。

もしも即セックスパターンが多くなれば、彼がセフレの女だと思っている可能性が高いですね。

不倫相手には身体だけではなく、居心地の良さや癒しを求める人も少なくありません。

奥さんのことは一時忘れて、彼女との時間を満喫するために相手の部屋に通うことも多いのが不倫パターンです。

セックスだけでなくひと時の安らぎを求めに行くので、会話を楽しむことはもちろん、ムード作りもしますし、ときにはセックスなしで話だけして帰ることもあります。

セフレと不倫相手には求めるモノが違うため、即セックスパターンが続けば限りなくセフレだと思われているはずです。

いろいろなプレイを試すことが多い

お姫様抱っこする男性
男性がセフレに求めるのは身体の関係なので、自分のフェチ心を満たすためのプレイをすることも多いです。

なぜなら自分のフェチを相手に告白したときに、大切な女性に拒否されたら関係が終わってしまうと考えているから。

セックスでいろいろなプレイを楽しむカップルも多いですが、基本的には相手が受け入れて同意してくれなければ楽しむことはできません。

もしもそこで相手に拒否をされてしまえれば、自分のフェチ願望を叶えることもできませんし、微妙な空気になってセックスもやりにくくなってしまうでしょう。

そのため男性は奥さんや好きな彼女には、ノーマルセックスだけで楽しむことが多く、相手の希望があれば一緒にプレイを楽しむスタイルが多くなります。

女性はノーマルセックス以外のプレイは、何をされるのか不安でしかありません。

自分が興味があるプレイなら積極的に楽しむこともできますが、ノーマルプレイ以外をすれば男性の歯止めが利かなくなるかもしれないという不安もあります。

女性が「やめて」と言っても続けるでしょうし、途中で本気でやめたいと思っても、結局は満足するまでやり続けることになるでしょう。

男性も無理やり自分の性欲を満たすためのプレイを強要することはしたくないので、奥さんや好きな彼女には変態チックなプレイをすることはありません。

だからこそセフレ関係になった女性とは、ここぞとばかりにいろいろなプレイをしようとします。

自分のフィチ心を満たすためのプレイはもちろん、セフレが嫌がったりしても恋愛感情もない相手なので、フェチ心を満たすために思いきり楽しもうとするはず。

やりたいプレイができないならセフレの意味がないとさえ思っているので、彼女に気を遣うことなくいろいろなプレイを試そうとするのです。

不倫相手の彼女でも奥さんとはできないプレイを楽しめますが、あくまでも不倫相手がセックス好きでなければいろいろなプレイを楽しむことはできません。

セックスよりも癒しや居心地の良さを感じるために不倫していることも多いため、セックスに重きを置いていないのです。

もしもいろいろなプレイを強要されると感じるようになったら、セフレだと思われている可能性が高いといえるかもしれませんね。

セフレから本気の相手になるためのテクニック

自立した女性としての魅力を出し惜しみしない

見つめてくる美女
彼からセフレにされていると感じたとき、本気の相手にされるためには自立した女性としての魅力を惜しげもなく見せつけるよう意識しましょう。

男性がセフレにしたい女性の特徴として、「いい女」「エロい身体つき」「セックスまでのハードルが低い」などの要因があります。

要は中身を見ないで外見だけで判断してセフレになるケースが多いのです。

もしかしたら既婚者だとわかって身体の関係を持っているので、よほどセックス好きだと思われているかもしれませんね。

そんな彼の気持ちを変えるためには、奥さん以上にいい女だということを見せつけることが大切です。

自立した女性は何でも自分でできることが多いですし、男性の気持ちを理解するのも得意です。

彼が自宅に会いに来たときには、居心地の良い空間を作り、仕事やプライベートが充実している様子もさりげなく見せていきましょう。

セフレのプライベートなどあまり興味がなくても、居心地の良さを感じるようになれば、次第に彼女にも興味を持ち始めるはずです。

自立した女性はそれだけで魅力であり、男性にとっても手放したくないと思える存在になります。

「よく考えたら、いい女だな」と気づかせるためにも、プライベートが充実している様子をできるだけ見せていきましょう。

女子力を磨いて高嶺の花の存在感を見せつける

セクシーな女性
男性は「高嶺の花」だと感じるような女性に弱い人は多いものですし、自分とは釣り合わないようないい女だと感じるほど、緊張することもあります。

自分と同等あるいは下に見ているような女性なら、一緒にいても気軽に話をすることもできるでしょう。

しかし、普段接する機会のないような女性と出会ったときには、緊張して話もできないのは、自立している大人の男性でも同じです。

男性が緊張する女性のタイプとしては、女子力が高く魅力的な女性に弱い傾向があります。

自分磨きをして充実したプライベートを過ごしている女性、料理が上手な女性、優雅なしぐさや落ち着きのある女性など、女子力の高そうな女性には一目置きます。

セフレの女性が実は女子力が高いと感じれば、次第に見方も変わっていくはずです。

なぜなら女子力が高い女性は男性からも人気が高いので、セフレだと思っていた女性にフラれてしまうという危機感を持つからです。

セフレ関係はいつ解消してもいいと思っている人もいますが、やはり他に男ができて自分がフラれるのは嫌なものですよ。

彼にフラれてしまうかもしれないと思わせるほど危機感も強くなるので、魅力的な姿を出し惜しみなく見せつけてやりましょう。

実際に彼から高嶺の花だと思われることは難しくても、自分磨きや女子力アップの効果は確実に彼のハートを揺さぶるはずです。

気遣える女性として居心地の良い環境を作る

楽しそうに話をする男女
男性が本気の相手に求めるモノは、身体の相性ではなく居心地の良い関係性です。

一緒にいて落ち着きを感じたり、癒されると感じる女性ほど本気になりやすいといえます。

セフレにされているのは居心地の良い環境を作ることよりも、彼に気に入られようと尽くすことしかしていないのかもしれません。

彼のために尽くすことは大切ですが、セックスで尽くしたり彼の言いなりになるだけが尽くすことではありません。

彼がいつ会いに来てもいいように、居心地の良い環境を作ってあげることや、一緒にいるときに安らげるように気遣いをすることも尽くすことのひとつです。

好かれたいと思うあまり間違った方法で尽くしているので、彼からはセフレとしか思われていないのかもしれませんね。

彼のために尽くすなら少しポイントをズラして、気遣いができる女性になることを目指しましょう。

男性は気遣いができる女性に好感を持ちやすしですし、一緒になるなら気遣える女性でないと嫌だと思っている人は多いですよ。

彼のために尽くすなら気遣うことを意識すれば、居心地の良い環境を作って彼の気持ちを揺さぶることができるかもしれません。

何度か誘いを断って簡単には会わない

見つめる美女
セフレ関係から脱却するには、彼から追いかけられるような存在になることを目指しましょう。

今のセフレ関係では、あなたの方が彼を追いかけている状態なので、彼はセフレ関係をやめようとはしません。

自分が追いかけられる存在なら、あえて今の関係性を崩す必要はないので、この関係性を崩そうとはしないでしょう。

そこで関係性を変えるためのテクニックとして、彼の誘いを何度か断ってみることをおすすめします。

今までは彼に好かれようとして彼の誘いをすぐにOKしていたはずですが、これからは何度か誘いを断るようにしてみましょう。

そんなことしたら彼に嫌われてしまうかもしれないと不安になるかもしれませんが、そもそも不安な態度を見せるので、余計に彼の立場が強くなってしまうのです。

誘いを断る理由としては「仕事が忙しくてなかなか会えない」「予定があるからその日は会えない」など、どんな理由でも構いません。

他に男がいることを匂わせることで、彼に焦りを感じさせることが目的です。

自分がセフレだと思っている女性が、他の男が狙うようないい女だとわかれば、彼女への見方も変わってくるはずです。

ライバルが増えることで彼の独占欲に火をつけ、彼女が他の男のところに行かないように、気をひこうと努力するようになります。

するとセフレだと思っていた彼女の魅力に気づくことができ、今までとは違った関係性になれるはず。

彼女への見方が変われば少しずつでも彼の気持ちを揺さぶることがでるので、いずれは本気の相手になれるチャンスも出てきますよ。

彼の誘いを断るのは不安ですが、勇気を持って行動すれば彼の気持ちを動かすきっかけになるはずです。

セフレから本気の相手になれないと分かったときには

女子力アップで自分磨きをさらに頑張る

電話する清楚な女性
セフレ関係からどうしても抜け出すことができないときは、深く考えずに自分磨きに没頭するのもひとつの方法です。

いくら彼との関係を改善しようと頑張っても、彼の気持ちが変わらなければセフレから本気の相手に昇格することはありません。

どうしてもセフレ関係から抜け出せないとわかったときは、自分ができることはないと開き直ることも大切です。

ただし、開き直ることと諦めることは違うので、自分ができることを見つけて努力し続けることは必要ですよ。

彼の気持ちを動かすには、今以上に魅力的な女性になることは有効な手段のひとつです。

今まではあなたの魅力に気づくことができなかったので、どんなに頑張ってもセフレ止まりだったのかもしれません。

または、あんたの自分磨きや女子力アップの努力が足りないので、彼に魅力が伝わらなかった可能性もあります。

いずれにしてもセフレから本気の相手になるのは簡単なことではないので、今まで以上に努力することは必要不可欠ですよ。

女子力アップのための自分磨きはやって損はないので、日々怠ることなく努力し続けましょう。

いずれあなたの魅力に気づいて、本気になって口説いてくるかもしれません。

それまでは開き直って何もしないより、自分磨きを頑張り続けることをおすすめします。

交友関係を広げて他の男性と接する機会を増やす

見つめ合うカップル
セフレから本気の相手になりたいと思ってどんなに望んでも、彼の気持ちが変わらなければどうすることもできません。

彼の気をひくためにいろいろやってはみたものの、セフレ止まりであれば思いきって他の男性と会う機会を増やしてみましょう。

これには2つの狙いがあるので、簡単に彼のことを諦めるワケではありません。

1つ目の狙いは彼の嫉妬心を煽る効果を狙っています。

交友関係を広げることで他の男性と接する機会が増えれば、彼の嫉妬心を刺激することができます。

独占欲に火が点けばあなたのことを手放したくないと思い、セフレではなく大切に扱ってくれる存在になれるかもしれません。

セフレから気になる存在になれば、本気の相手になれる可能性も残っているので期待することもできるでしょう。

2つ目の狙いはダメだったときの保険をかけておくことで、彼と望む関係になれなくても次の相手を見つけることができるはずです。

セフレから本気の相手になるのは大変なことも多く、彼の気持ちを動かすのは何かきっかけがなければ難しいでしょう。

「自分から離れてしまう」という危機感があれば、セフレ関係を見直すきっかけになるかもしれません。

いずれにしても交友関係を広げることは悪いことではないので、積極的に広げていってもいいでしょう。

彼の嫉妬心に火が点けば本気の相手になれる可能性もあるので、やってみる価値はありますよ。

きっぱりセフレ関係を解消したいと伝える

不機嫌そうな女性
彼との関係がセフレ止まりで納得できなければ、思い切ってセフレ関係を解消したいと伝えましょう。

自分の気持ちをハッキリ伝えることは大切ですし、都合のいい女のままでいたくなければ伝えるべきです。

彼が本当にセフレ関係しか望んでいなければ、あっさりとセフレ関係を解消し、二度と会うこともなくなるでしょう。

会えなくなるのは辛いですが、もしかしたら関係を見直してくれるきっかけになるかもしれません。

恋愛でも別れてから相手の大切さに気付いてヨリを戻すことも多いため、彼もあなたの大切さに気付くことを願いましょう。

結果的に関係が終わってしまったとしても、本気の相手になれなければあなたが辛い思いをするだけ。

セフレ関係は長くは続けられないですし、何よりあなたにとって大切なことは大事に想える相手を見つけることです。

彼がその大事な相手だと思っていたかもしれませんが、振り向いてくれなければ意味がありません。

いつまでも彼にとっての都合のいい女のままでいれば、あなたの幸せを見つけるチャンスも少なくなってしまいます。

そのためにもセフレから本気の相手になれないとわかったときは、思い切って彼に本当の気持ちを伝えましょう。

本気の相手になれるか、セフレのままか、会わなくなるか、いずれにしても将来的にはあなたにとって悔いのないように行動しましょう。

セフレから本気の相手になるのは難しい?テクニックで本気の相手になれる

色っぽい女性
セフレから本気の相手になるためには、自分の努力だけでは難しいこともたくさんあります。

彼の気持ちを振り向かせるために頑張っても、既婚者という大きなハードルと彼の気持ちを揺り動かすことは並大抵なことではありません。

本気で彼のことことが好きで振り向かせるには、テクニックを駆使して気持ちを揺さぶることがポイントです。

好きな気持ちを抑えきれないからこそセフレ止まりは嫌なので、心の声に従って素直に行動してみましょう。

既婚者の彼とのセフレ関係から本気の相手になるためにも、強い気持ちで行動して彼のハートをゲットしましょう。

おすすめの記事