見つめてくる美女

不倫はいつかはやめなければいけないとわかっていても、ダラダラと関係が続いてしまうことはよくあります。

いくら彼のことが好きでも不倫を続けることで失うものも多く、後で後悔するようなことにはなりたくないはず。

そこで不倫関係をやめたいと思っている人へ、彼と上手に別れる方法を紹介します。

不倫関係を清算することは人生においても大切なことなので、不倫をやめたいと悩んでいる人は参考にしてください。

目次

もう潮時かも…別れを決意する瞬間

会う頻度が少なくなってきた

窓際で悩む女性
不倫関係の潮時を考えるきっかけとして、会う頻度が少なくなってきたことがきっかけになることも少なくありません。

彼のことが好きで不倫関係を続けてきたけど、会う頻度があきらかに少なくなってくると不安になります。

不倫をしているのは自分だけでなく、お互い好き同士だからこそ不倫関係になっていると思っているはず。

彼と出会ったときに既に既婚者だったというだけで、彼が今好きなのは奥さんではなく私だという自負があるのでしょう。

好きな気持ちがあれば会いたいと思うのは当然なので、必然的に会う頻度も多くなります。

不倫当初は少し無理をしてでも会いに来てくれたのに、次第に会う頻度が少なくなってくると不安になるものです。

不倫バレを警戒して会う頻度が少なくなることはあっても、彼の態度からどれだけ会いたいかは伝わります。

彼の態度から愛情を感じなくなってくると、いくら彼のことが好きでも不倫をしていることがバカらしく思えてくるでしょう。

不倫は恋愛とは違って関係がバレたときのリスクも多いため、リスク覚悟で不倫を続けています。

不倫を続ける原動力は、リスクを冒してでもお互いが好き同士だという気持ちです。

しかし彼からの愛情が冷めてきたと感じるほど、リスクを冒してまで関係を続ける意味がないと思ってしまいます。

このまま不倫を続けていても、彼と一緒になれるかはわかりませんし、むしろ時間の無駄に終わってしまう可能性の方が高いでしょう。

そこまでして彼との関係を続けていたいと思わなくなったのは、すべて彼からの愛情が冷めたと感じたからです。

「愛しているならたくさん会いたいと思うはず」という恋愛心が薄れたと感じたとき、彼への気持ちも一気に冷めます。

二人の関係がそろそろ潮時だと感じるのは、彼の愛情が冷めてきたと感じたときです。

好きなら無理をしてでも会いに来るはずだという気持ちは、恋愛をしたい女性の気持ちの表れかもしれませんね。

そのためリスクを冒してでも彼が会いに来てくれたら、今以上に彼に惚れてしまうことでしょう。

たとえ彼の気持ちが冷めていなくても、会う頻度が少なくなったことで彼の気持ちに不満を抱くことで、二人の関係に潮時を感じるようになりのです。

ワンパターンな会い方しかしなくなった

キスしようとする男性
不倫関係を続けていると、どうしても不倫バレを恐れてワンパターンな会い方になることもあります。

会う頻度が少ないのは仕方ないことですが、毎回会うパターンが同じだと飽きてしまうでしょう。

不倫バレを恐れて毎回彼女の部屋でしか会わなかったり、少し離れた二人の秘密の場所にしか行かないパターンだと、他にもどこか行きたいと思うはず。

それでも不倫している二人が一緒にいることを見られるワケにはいかないので、気軽にどこか出掛けるワケにはいきません。

不倫関係は二人の禁断の恋というよりは、普通に好きな人と恋愛している気持ちになることも多いでしょう。

そのため普通にデートをしたり、一緒に遊びに行きたいと思うのはごく自然なことです。

お互い遊びに行きたい気持ちはあっても、どこで不倫がバレるきっかけになるかわからないため、不倫バレを恐れてワンパターンな会い方しかしなくなるのです。

不倫をしていれば気軽に遊びに行けないことは覚悟していたはずですし、仕方ないと諦めるしかありません。

しかしオープンな付き合いができないことを不満に思うと、次第に不倫をしていること自体が嫌に思えてくるでしょう。

いくら彼のことが好きでも、他に好きになれる相手がいればオープンな恋愛もできるので、我慢する必要はないと考えるようになります。

またワンパターンな会い方は、彼が身体だけの関係を求めていると思いやすいので、女性にとっては不安に思うことも少なくありません。

誰にも見られたくないと思って、外で会わずに彼女の部屋だけで会うようになるのは、女性にとって一番嫌なパターンでしょう。

彼は不倫バレを回避するために、一番リスクの少ない会い方だと思っているはず。

彼が不倫バレのリスクの少ない行動をとることは理解できますが、彼女の気持ちを考えてもらいたいものです。

マンネリな関係になれば愛情も冷めやすいですし、会うたびに身体の関係だけではセフレと同じでしょう。

ワンパターンな会い方をするマンネリ状態が嫌になり、不倫関係の潮時だと考えるようになります。

「もうすぐ離婚する」と言ってくれたのにいつまでも不倫関係のまま

浜辺で見つめる女性
彼から「もうすぐ離婚するから…」という甘い囁きが、不倫のきっかけになることも少なくありません。

奥さんよりも私を好きでいてくれているという想いが伝わったことで、今は不倫関係でもいいかなと思えるのでしょう。

不倫関係を続けている根底には、いつか彼が離婚したら一緒になれるという想いがあるはずです。

だからこそ彼のことを信じて不倫関係を続けてきたのに、いつまでも離婚してくれない彼の態度に業を煮やすようになるでしょう。

いつまでも一緒になってくれない彼の態度を見て、不倫関係も潮時だと感じるようになります。

彼のことは好きでも言葉に嘘があれば信頼することはできませんし、自分のことを弄んでいるとさえ思うようになるはず。

今まで彼との関係を続けてきたのは、彼の言葉を信じることができたからです。

いつまでも彼の言葉を信じて一緒になれないのであれば、不倫を続ける意味がないという気持ちになるのは当然でしょう。

もうすぐ離婚するという彼の言葉を信じた自分のことを、バカだとさえ思うようになるかもしれません。

男女の恋愛では自分の考えているような展開にならないことは多いですが、彼の言葉に騙されたと思いたくない気持ちもあります。

簡単には離婚できないことを理解していても、行動が伴わなければ信頼するどころか、愛情も冷めてしまう要因にもなりかねません。

彼の「もうすぐ離婚する」を鵜呑みにした自分のことを後悔することで、不倫関係も潮時だと思うようになるのです。

いつまで彼のことを待てるかはその人次第ですが、口説き文句のように離婚をチラつかせる男性と一緒にはなりたくはありません。

彼のことがそこまで好きではなくなった

スマホを見る女性
不倫関係の潮時を考える瞬間として、彼に対する愛情が薄れたことを実感したときに感じることがあります。

彼と一緒にいられるなら不倫関係でもいいと思えるほど愛していたのに、ふとしたときに「そこまで彼のことが好きなの?」と自問自答します。

不倫関係は続けるだけでも精神的に辛いことが多く、普通の恋愛のように楽しいことばかりではありません。

一緒にいるところを見られただけでもアウトですし、不倫バレしたときのダメージは計り知れないでしょう。

すべては彼のことを愛してるからできる行動であり、辛くても会えるだけで嬉しいとさえ思っているはず。

「彼が既婚者でなければ普通の恋愛ができたのに…」と思いながらも、不倫を続けているのは彼への気持ちがあるからです。

男女の恋愛ではどんなきっかけで相手と別れることになるかわからず、マンネリ関係が続くことでも愛が冷めることもあるでしょう。

不倫という二人だけの秘密の関係は、毎日がスリルに満ちた生活を送ることができます。

しかし会えない時間が長く、不倫バレを恐れてマンネリな関係になることは珍しくありません。

いくら彼のことが好きでも一緒になれない可能性が高く、マンネリ状態が続けば不倫関係を続けていくモチベーションを維持することもできないでしょう。

不倫を続けるにはお互いの気持ちが通じ合っている確信がなければ、リスクの高い不倫を続けていくことはできません。

彼に対する不信感やマンネリ状態が続いたことで、愛情も冷めてしまったのかもしれませんね。

不倫というリスクを冒して彼と一緒にいたいと思えるほど、彼に対する愛情を感じられないと思ったとき、二人の関係の潮時を考えます。

不倫関係の潮時というよりは、恋愛と同じで愛が冷めたことによる別れと同じですね。

奥さんに不倫を疑われるようになった

ボーっと過ごすカップル
不倫はいつどんなタイミングでバレてしまうかわからないため、ドキドキしながら毎日を過ごすことになります。

物足りない日常から抜け出したい人にはいいかもしれませんが、何気ない日常生活が幸せだったと後で後悔することも多いでしょう。

不倫バレは既婚者の彼だけでなく、不倫相手側にも大きなダメージとなります。

どんなに彼と愛し合っていたとしても、法的には奥さんの立場が上になるので、不倫をしていること自体が許される行為ではありません。

そのため奥さんにだけはバレないようにしなければいけないので、不倫バレしそうになれば身を引くことを考えます。

どんなに彼のことが好きでも不倫バレによるトラブルは避けたいので、不倫を疑われた時点できっぱり諦める決意はできているはずです。

人によっては不倫バレしても略奪婚を狙おうとするかもしれませんが、彼が離婚する意思がなければ、どんなに好きも一緒になることは難しいでしょう。

結局は不倫をしている時点で彼は奥さんとの関係を優先しているため、不倫バレすれば不利になることばかりです。

彼が奥さんに不倫を疑われているような言葉や素振りを見せれば、あっさり潮時だと考えて別れを決意できます。

なぜなら不倫バレしそうになったときに、彼女のことが好きなら離婚してでも一緒になろうとするはずです。

不倫バレを恐れて会う頻度を少なくしたり、もっと慎重な行動をとろうとしている時点で離婚する気がないとわかります。

一緒になってくれる気がない男性といつまでも不倫関係を続けることは、自分にとってローリターン&ハイリスクでしかありません。

不倫を疑われた時点で別れを考えるようになるため、奥さんに不倫を疑われた素振りを見せた時点で潮時だと思うようになります。

不倫のデメリットや続けるリスクを客観的に見つめてみよう

恋愛ができる時間が少なくなる

待ち合わせする女性
不倫関係を続けていく大きなデメリットは、自分が恋愛できる時間が少なくなることです。

既婚者の彼のことを好きになったから、不倫関係も恋愛と同じだと思っているかもしれませんが、恋愛と不倫関係はまったく違います。

不倫は相手が既婚者であり、奥さんがいる相手と疑似恋愛を楽しんでいるだけだといえるでしょう。

しかも法的にも不倫をすることは罪となり、恋愛のような好き嫌いで判断できるものではありません。

そもそも不倫をしている彼は奥さんというパートナーがいながら、他の女性に手を出していることになります。

恋愛でも浮気をするような人は許せませんし、自分の彼氏が浮気をしていたら許せないはずです。

不倫をしている時点で純粋な恋愛をすることができず、身体の関係や精神的な繋がりを求めて関係を続けることになるでしょう。

男性は結婚生活に疲弊したことで、癒しを求めるために不倫をすることもあります。

一緒にいて楽しく癒してくれる女性がれば、不倫関係を続けていきたいと思いますが、今すぐ離婚して一緒になろうとは思ってはいません。

いくら彼のことが好きでも、彼にとって自分は常に二番手の女性であり、奥さんには敵いません。

不倫は恋愛できないというデメリットがありますが、恋愛ではお互いの気持ちが高まったときに結婚することができます。

将来の幸せな結婚生活を夢見たり、人生のライフプラインを一緒に乗り越えていけるパートナーがいることは幸せです。

しかし不倫関係では幸せな結婚生活どころか、誰にも祝福されない秘密の関係を続けることになる可能性が高いといえるでしょう。

恋愛は人生を豊かにしてくれるものですし、好きな人がいるだけでも毎日がハッピーな気持ちになれます。

不倫相手を好きになったとしても、毎日がハッピーになることは難しく、常に不倫バレしないか不安を抱きながら生活することにもなりかねません。

年齢を重ねるごとに恋愛すること自体が難しくなっていきます。

不倫関係が長引くほど恋愛する時間が減るので、不倫ではなく純粋な恋愛をして好きな人を見つけたいものですね。

不倫によって結婚チャンスを逃している

結婚指輪
不倫を続けている人は、いつか彼が離婚して私と一緒になってくれると信じている人もいるのかもしれません。

彼が離婚するから待っていてという言葉を鵜呑みにしたり、両思いだからいつかは一緒になれると思っているのでしょう。

しかし略奪婚をして幸せになれる可能性はないとは言い切れませんが、限りなく低い確率であることは間違いありません。

彼と結婚して幸せな家庭を築ける可能性は低いですし、彼と別れてしまうケースも少なくないでしょう。

不倫は恋愛とは違うため、誰にもバレてはいけない関係をずっと続けていくことになります。

不倫愛情成就したとしても、まわりの人は素直に祝福してくれるとは限らないため、思い描いていたような結婚生活とはならないかもしれませんね。

好きな彼と一緒になれれば幸せだと思っていても、今の気持ちがこの先ずっと続くとはかぎりません。

彼と結婚したい気持ちはわかりますが、不倫をする必要性はないでしょう。

そもそも両思いなら彼はすぐにでも離婚するはずなので、不倫関係の時点で離婚する気も、彼女と一緒になる気もないことがわかります。

もちろん不倫関係を続けることで心変わりするかもしれませんが、離婚して一緒になるためには高いハードルをいくつも乗り越えなければなりません。

不倫愛を成就させる略奪婚を目指すよりも、普通に恋愛をして結婚した方が幸せになりやすいのは明白です。

今は彼のことが好きでも、相手が既婚者である以上は諦めることも必要ですよ。

客観的に考えて自分の夫が不倫して不倫相手の女性に奪われてしまえば、自分がどう思うは想像できるはず。

自分がされて嫌なことを平気でするような人は、幸せな生活を送るとは思えません。

本当の愛を成就させるには不倫よりも恋愛してから一緒になった方が、幸せな結婚生活を送りやすいですよ。

不倫の大きなデメリットは結婚チャンスを逃しやすいということなので、早めに不倫関係を解消して新たな出会いを求めることをおすすめします。

後で不倫したことを振り返ったときに後悔する

不満そうな顔の女性
不倫をしているときはまわりに恋愛相談をすることもできないため、誰からのアドバイスを受けることができません。

もし自分の友達が不倫の相談をしてきたら、迷わずやめた方がいいと助言するはずです。

彼のことが好きでも不倫バレや奥さんへの罪悪感を考えれば、彼のことが好きでも今すぐ別れるように説得するかもしれません。

なぜなら不倫をしても幸せになれないケースが多いため、友達に不幸になって欲しくないと思うからです。

客観的に考えれば不倫はダメだとわかっていても、実際に自分が不倫をしているときはまわりが見えなくなっているものです。

頭では不倫することはダメだとわかっていても、彼のことが好きという気持ちだけで不倫を続けているのでしょう。

さらに彼は奥さんと離婚したいと思っているので、「好き彼と恋愛して何が悪いの?」と思うかもしれません。

彼の言葉を鵜呑みにしてしまい、不倫をするための口説き文句ではなく本気で恋愛していると思っているのでしょう。

恋は盲目だと言われることが多いのも、好きな彼と一緒にいたい気持ちから、彼の言葉を信じてしまうのです。

不倫をしているときにやめた方がいいと助言されても、まったく聞く耳を持たないでしょう。

しかし自分が数年後に不倫していたことを後悔する日が来るかもしれません。

特に彼に対する好きな気持ちが冷めてきたり、奥さんへの罪悪感を感じるようになると、不倫したことを後悔することになります。

不倫をする側は奥さんの痛みや気持ちを考えることはありませんが、もし自分が不倫をされた側の奥さんだったとしたら、相当なショックを受けることは容易に想像できるはずです。

不倫をしているときは奥さんのことや不倫バレのリスクを考える余裕もなく、ただ突っ走って彼との不倫を楽しんでいる時期もあるでしょう。

しかし不倫関係も落ち着いてきたりマンネリ状態になってくると、急に不倫バレのリスクを恐れるようになる場合もあります。

いずれにしても不倫をしていたことを後で振り返ったとき、かなりの確率で後悔することになるはずです。

不倫バレしたときに失うモノが多い

泣いている女性
不倫バレしたときに失うモノが多いことは、不倫をするうえでも大きなデメリットといえるでしょう。

不倫関係というのは自分が思っている以上に社会的にも許されない行為であり、不倫していることがバレたことで大きなダメージを覚悟しなければなりません。

経済的なダメージとして一般的に慰謝料請求をされるケースが多く、彼と一緒になれずに慰謝料だけ払うことになる場合も十分あり得ます。

せめて彼と一緒になるためにお金で解決できればいいのですが、そもそも彼が離婚する気がなければ一緒になることはできないでしょう。

不倫関係はすべてが本気の恋愛ではなく、一時的な火遊び程度として考えている人も少なくありません。

不倫していることがバレて慰謝料を払い、彼と別れることになれば身も蓋もないでしょう。

さらに不倫をしていることで身近にいる人たちから人間性を疑われたり、信頼を裏切ることにもなりかねません。

客観的に考えれば不倫はいけないことだとわかっているのに、不倫をする神経が理解できない人はたくさんいます。

不倫は奥さんの存在を知りながら寝取る卑劣な行為として、不倫をしている人を軽蔑している人も少なくありません。

自分が不倫をしていることをまわりに知られてしまったことで、白い目で見られたり、軽蔑されるように扱われることになるのは耐えられないでしょう。

しかも職場の人にバレれば仕事がしにくくなりますし、場合によっては自ら仕事を辞めることにもなりかねません。

職場関係の人は仕事を辞めれば済みますが、親戚や身内からは一生白い目で見られる可能性もあります。

もちろん口には出さなくても不倫に批判的な人からすれば、不倫をするような人と仲良くしたくはありません。

不倫バレすることで自分が思っている以上に、精神的に追い込まれる場合もあります。

不倫がバレなければ大丈夫だと思っているかもしれませんが、ほんの些細なことがきっかけで不倫バレしてしまうものです。

不倫がバレた後で後悔しても遅いので、自分の人生に大きな影響を与えることになる不倫は、このまま続けていいのか考えることは大切ですよ。

不倫を辞める気持ちを強く持つために考えておくべきこと

不倫について客観的に考えてみる

悩む女性
不倫をやめたいと思っていても、なかなかやめられないのが現実でしょう。

本気で不倫をやめたいと思うなら、まずは客観的に不倫について考えてみることをおすすめします。

誰でも自分自身のことになると感情を優先しがちなので、たとえ不倫がダメだとわかっていてもやってしまうものです。

しかし客観的に不倫について考えてみると、自分の行動とは真逆の考え方をすることも珍しくありません。

不倫をしている人を軽蔑したり、友達が不倫していたら全力でやめさせようと説得することもあるでしょう。

これが自分のことになると客観的に考えられないことが問題なので、まずは自分の状況や不倫について客観視できるようにします。

不倫をしている本人は状況が見えにくいため、できるだけ客観的に自分の置かれている状況を把握することで、やめるきっかけにすることもできるはずです。

将来の結婚について真剣に考えてみる

笑顔で遠くを見つめるカップル
不倫をやめる気持ちを持ちたくてもなかなかできない人は、不倫よりも結婚について考えてみるのもひとつの方法です。

恋愛の延長上には血痕がありますが、結婚願望が強い人もいれば、今は結婚したくないという人もいるでしょう。

しかし多くの人はいずれ結婚はしたいと思っていますが、結婚するには本気で好きになれる相手を見つけなければなりません。

いつかは出会いがあると思っているかもしれませんが、晩婚化が進んでいるとはいえ、30代になると一気に結婚できる可能性が低くなる現実があります。

結婚するなら20代が断然有利なので、いつか結婚したいと思っている人はできるだけ早い方がいいでしょう。

とはいえ結婚相手を見つけなければいけないので、できるだけ出会いのチャンスを増やしたいところです。

若いうちはいろいろな恋愛経験を積んだ方がいいと言われるのも、男を見る目を養うことができるから。

そのひとつのケースとして不倫をすることも恋愛経験ですが、後で時間の無駄だったと後悔する可能性が非常に高いといえます。

彼が離婚を決意するまでまい続けたり、二人の愛を誰にもバレないように育むことは、常に不安な生活を送ることになるでしょう。

しかもほとんどのケースは不倫バレして別れたり、いつまでも離婚しないで遊ばれてしまうことも少なくありません。

結婚願望が少しでもあるなら不倫をしている場合ではなく、他に出会いを求めていい男性を見つけることをおすすめします。

特に子供が欲しいなら若い方がリスクも少ないので、不倫で時間を費やしている暇はありません。

不倫をやめられないという人は本気で将来結婚したいかを考えれば、自ずと不倫ではなく恋愛でいい男性を見つけようとするはずです。

奥さんの立場に立って考えてみる

ベンチで寄り添うカップル
不倫は彼と自分だけの気持ちで成立していることですが、自分の愛する男性を寝取られている奥さんの立場を考えてみましょう。

人の気持ちになって考えられる人であれば、自分が愛する人を奪われる悲しみを理解することができるはずです。

彼のことが好きだから仕方ないと思うかもしれませんが、恋愛では好きでも一緒になれなかったり、諦めなければいけないケースはたくさんあります。

しかも相手が既婚者というのは、ただの浮気をしている以上に罪なことなことですよ。

自分が好きなら相手を奪ってもいいという人は、人から祝福されるような恋愛はできません。

自分が結婚した時に夫が寝取られたときのことを考えれば、平静でいらえるワケはありませんよね。

人の気持ちはある一定期間経てば落ち着くこともあるので、彼のことが好きでも少し冷静になって関係を続けるか考えてみましょう。

もし彼が本気で一緒になってくれるのであれば、きっちりと離婚してから付き合えばいいだけです。

奥さんの立場に立てば容易に不倫などできないはずなので、人として感情の赴くままに行動することはやめましょう。

不倫をスッパリ終わらせる女性が取るべき具体的な行動や上手な別れ方

今すぐ離婚を迫ってみる

ベンチに座るカップル
不倫関係をスッパリ終わらせたいのであれば、今すぐ彼に離婚を迫ってみましょう。

彼がいつか離婚すると言っていれば、本当か確かめる意味でも離婚を迫ってみることは重要なポイントです。

将来一緒になれるかもしれないという期待感があるからこそ、不倫関係をダラダラと続ける要因となります。

しかも彼に離婚する意思が元からなければ、無駄な時間を費やしているだけになってしまいますよね。

そこで彼のことが好きで諦められないという人も、離婚を迫ることで彼の本音を知ることができるはず。

本気で一緒になる気がなければ、いろいろな理由を並べて離婚はしないでしょう。

今離婚できないのに後で離婚するとは思えないので、彼が離婚できないとわかればきっぱり別れることができるはずです。

自然消滅を狙って連絡がきても会えないと伝える

女性から連絡するか迷う
不倫関係をやめるには彼との関係を断ち切ることが重要なので、できるだけ会わないようにしましょう。

不倫をやめたくても彼のことが好きだと会いたくなりますが、一度でも会えばダラダラ関係を続ける要因にもなります。

そのため彼から連絡がきても、予定があるから会えないと断り続けましょう。

余計な理由を考えることなく会えないと言い続ければ、彼も気持ちが冷めたと思って連絡しなくなるはずです。

大人の恋愛ははっきりと別れることを伝えなくても、相手の気持ちを察することができるため、自然消滅の形で不倫関係を終わらせることもできるかもしれません。

いつまでも不倫関係をやめられなければ、彼と会わないことだけは徹底しましょう。

自分からはあえて別れ話をしない

大人の女性に惹かれる男性
不倫関係をやめたくても自分から言い出せないときは、あえて自分から別れ話をしない方法もあります。

不倫では会う頻度も少なくなりがちですが、せっかく会えたのに相手がつまらない態度をとっていれば気持ちも盛り上がらないでしょう。

言葉で別れたいと言わなくても態度で示すことはできるので、会うたびにそっけない態度をとれば、彼の気持ちも冷めるように仕向けることができます。

別れるときには一方的に気持ちを伝えるよりも、お互いがだんだんと気持ちが冷めていた方がすんなり別れられるものですよ。

自分からは別れ話をしなくても、彼の気持ちを冷めさせることでスッパリ終わらせることができるはずです。

他に気になる人ができたと伝える

微妙な空気感の男女
恋愛では別れるときに有効な手段として、「他に好きな人ができた」という言葉は鉄板です。

不倫も恋愛と同様に相手に好きな人ができれば、無理に関係を続けることはできないでしょう。

しかも別れるのを拒んでトラブルなることは、不倫をしている既婚男性にとっては避けたいところです。

既婚男性は彼女と一緒になる気がなければ、彼女の幸せを願ってすんなり別れを選んでくれるでしょう。

逆に本気で好きならば、彼女の気持ちを取り戻すために頑張るかもしれません。

しかし既婚者という立場上、離婚して一緒にならなければ誠意を見せることはできないでしょう。

もしも彼が別れたくないと言って抵抗しても、不倫関係を奥さんにバラすと言えば何も言えずにおとなしく別れてくれるはずです。

不倫関係はお互いが好き同士だからこそ成立する関係なので、一方的に好きな状態では不倫バレのリスクも高くなります。

スッパリ不倫関係をやめたいと思っているなら、恋愛と同じように思い切って好きな人がいると伝えることをおすすめします。

自分らしく生きるために不倫や恋愛にすがらない生き方を考えよう

今は幸せだとはっきり言えるような生き方をする

木に寄り掛かる女性
自分らしく幸せな生活を送りたいのであれば、今は幸せだといつでもはっきり言えるような生活を送りましょう。

恋愛中は大好きな彼と一緒にいられるだけで幸せですし、心から今が幸せだとはっきり言えるはずです。

しかし不倫をしているときは誰にも言えず、声を大にして幸せだと言うことはできないでしょう。

幸せなときはすべてが前向きに考えられるので、仕事や恋愛も前向きになれるはずです。

幸せを掴みたいなら不倫のように、罪悪感を感じるようなことはしないようにしましょう。

そうすれば不倫や恋愛にすがるような生活ではなく、充実した幸せな生活を送れるはずです。

人に言えないようなことはしない

見つめる金髪美女
不倫や恋愛感情に左右されることなく自分らしく生きていくには、人に言えないようなことはしないようにしましましょう。

人に言えないようなことは何か後ろめたいことをしていたり、嘘をついているケースが多いものです。

誰でも嘘や後ろめたいことをしない方がいいのはわかっていますが、不倫は秘密の関係を続けることで嘘をつき続けることになります。

本当ならば言いたいことも言えなくなり、自分らしく生きていくこともできなくなってしまうため、幸せも逃げてしまいますよ。

彼のことが好きで一緒にいられる時間が幸せだと思っているのかもしれませんが、一時の気持ちに左右されて人生を貧しいモノにはして欲しくありません。

自分らしく生きていくためにも人に言えないようなことはしないと決意して、自分で判断して行動できる強い心を持ちましょう。

今の自分の気持ちも大事だが後で後悔しないか考えてから行動する

写真をチェックするカップル
自分らしく生きるためには後で後悔しない生き方をすることが大切です。

やらないで後悔するよりも、やって後悔することも必要ですが、不倫や恋愛では失敗することも経験を積むことに役立ちます。

いつまでもダラダラと関係を続けたり依存することなく、潮時だと思ったらすぐに別れて次の恋に進むことも必要ですよ。

ひとつの恋愛にこだわっていても、出会いのチャンスを逃すだけなので、たくさん恋愛することは大切です。

ただ不倫は自分の気持ちを優先するあまり、まわりのことや奥さんの気持ちを考える間もなく行動してしまうことともあります。

後で後悔するような行動をしないことは大切なので、不倫をしても罪悪感を感じることなく、時間の無駄だと思わずに幸せになれるかを考えてから行動しましょう。

まずは自分の行動の良し悪しを考えてから行動することは、幸せに自分らしく生きていくうえでも大切なことですよ。

不倫をやめたいなら本気で幸せになるための努力をしよう

髪をかき上げる女性
不倫をやめたいと思っていても、好きな彼と別れるのは辛いものです。

しかし今の気持ちを優先するあまり、将来の幸せを逃してしまえば自分が辛い思いをするだけでしょう。

将来結婚して幸せな生活を送りたいと思えば、彼が自分を幸せにしてくれる相手なのか見極めることができるはず。

本気で幸せになりたければ不倫などしている暇はないので、幸せを掴むための行動をしましょう。

おすすめの記事