男の手を引っ張ってリードする女性

不倫を継続させるには、不倫がバレないように用意周到に計画してから会うことが大切です。

さらにはホテル選びや偽装工作など、不倫がバレないためにしっかりと準備しておくことも必要でしょう。

結婚生活が長くなるほど偽装工作がおざなりになってしまい、脇が甘くて不倫がバレてしまうケースが多くなります。

そこで不倫がバレないためのホテル選びや注意するべきポイントについて紹介していきます。

目次

不倫をしているカップルがホテルデートを選ぶ心理とは

ホテル代を割り勘にすることで対等な関係性になれる

見つめ合うカップル
不倫してるカップルがホテルを選ぶ心理には、不倫関係を対等な立場でしたいという想いがあるのかもしれません。

不倫カップルはどちらかに依存したり、強要されて不倫することは稀なケースです。

相手を騙さない限りは結婚していることを承知で不倫をしているので、お互いが割り切った関係で一緒になっているはず。

またはパートナー以上に相手のことが好きだという自信があるからこそ、「不倫でもいいので一緒にいたい」という強い気持ちがあるのでしょう。

二人の関係性は「お互いが好きだから一緒にいる」ので、決してどちらかに依存したりセフレ関係ではないという自負があるはずです。

すべて自己責任で不倫をしているため、二人の関係性は対等だと思っていることでしょう。

その対等な関係性を目で見える形で表すために、ホテルデートを割り勘で支払うこともあります。

ホテル代を割り勘にすることで、どちらかに依存せず対等な関係性だとお互いが認め合っていると確認できるのです。

ホテルデートではホテル代の他にも、タクシーや食事代などもかかりますが、すべて割り勘にすれば気持ち的にもスッキリできるでしょう。

特に女性は割り勘にしたいと思っている人は多く、男性に頼ったり依存したくないという人も増えています。

また、割り勘にすることで男性と対等な関係を望んでおり、自分の意志で不倫関係を続けているということを意思表示できるので、女性にとって大きなポイントとなるでしょう。

不倫関係は結婚している相手が浮気をするのも悪いですし、結婚しているとわかっていて付き合うのも同罪です。

どちらが悪いのではなく二人とも不倫の代償を払うべきですし、対等な関係性をアピールするために、あえてホテル代を割り勘にしているのかもしれませんね。

ホテルの休憩タイムだけの割り切った関係になりやすい

キスするカップル
不倫関係はお互い好き同士だとわかっていても、相手が結婚しているので一緒になれないことも理解しているはず。

割り切った関係を続けていても、男女の恋愛心はいつ爆発してしまうかわかりません。

相手のことを好きになり過ぎてしまえば、今以上の関係を望むはずです。

本気で好きになれば略奪婚もありですが、現実的に考えれば現状に満足するしかないと思えるはず。

しかし、割り切ろうと思っても恋心を抑えることは難しく、相手に深入りしてしまう可能性もあります。

そこで二人のルールとして、「ホテルで会うときだけの割り切った関係にしよう」と決めることもできます。

言葉では割り切っていると言っても、心の中までは見透かすことはできません。

不倫関係になるのはよほど相手が好きでなければできないことなので、相手のプライベートにまで割り込んでくる可能性もあるでしょう。

不倫を継続させるには、お互いのプライベートには干渉しないことが暗黙のルールであり、絶対的な約束事です。

不倫がバレてしまえば離婚するだけでなく、仕事や住む場所を失ってしまう可能性も大いにあります。

相手のことを信じることができなければ、不倫関係を継続させることは不可能です。

だからこそ割り切った関係を継続させるために、ホテルで会ってるときだけ不倫を楽しむと決めているのです。

ホテルの外に出れば一切の他人であり、ルールを破ったら不倫関係も解消すると決めておけば、不倫バレすることもなくなります。

ホテルは休憩時間で利用できるため、限られた時間だけ不倫関係に没頭することもできるメリットはあるでしょう。

ほんの数時間かもしれませんが、現実逃避した二人だけの特別な時間を存分楽しむことができる空間です。

不倫は二人の間に大きな困難があるほど燃え上がるので、時間的制約のあるホテルの休憩時間を利用すれば、より気持ちも燃え上がることができるでしょう。

ちょっとした空き時間の方がホテルを利用しやすい

激しいキスをするカップル
誰にもバレずに会うには、ちょっとした空き時間を利用した方が都合がいい場合が多いものです。

特に既婚者ともなればまとまった時間をとることができないため、ゆっくり会うことも難しくなります。

ヘタな理由をつけて会おうとすれば、バレてしまうリスクが高くなるでしょう。

不倫関係がバレないように長く継続させるには、普段通りに行動することがポイント。

そのためには空いた時間を有効活用し、短い時間だけでも会って不倫関係を継続させることが大切です。

短い時間で有意義な時間を過ごすには、ホテルの休憩時間を有効活用したいですね。

部屋に入ってしまえば誰にもバレることなく身体を重ねることもできますし、ゆっくり二人の時間を楽しむこともできます。

また休憩は時間が決まっているため、不用意に長く会うこともなくなるため、割り切った関係の二人には好都合でしょう。

休憩の短い時間だけしか会えないという制約は、不倫関係をさらに燃え上がらせるきっかけにもなりますよ。

空き時間を利用するにはホテルの休憩は使い勝手がいいので、不倫カップルは好んで利用することも多いのです。

ホテルの休憩は割安で利用しやすい

キスしようとする男性
ホテルの休憩タイムは平日だと割安で利用できるので、不倫カップルにとってもお得に利用できます。

あからさまに夜の時間帯に会おうとすれば、会える場所や時間も制限されてしまうでしょう。

できるだけ平日の昼間に会った方がバレにくいですし、何よりホテル代も割安で利用できます。

既婚男性にとって金銭的な問題は大きく、ほとんとの人はお小遣いからホテル代を出しているはず。

少しでもお金を節約したいのであれば、ホテルの休憩はかなり重宝するはずです。

不倫は対等な関係性を望むカップルが多いので、おごられるのを好まない人も少なくありません。

既婚者はお金が自由にならないので金銭的に頼ることも多くなれば、この時点で対等な関係を望むことはできないので、お金がなくてもホテル代だけは出そうとするでしょう。

恋愛ならばおごってもらうのもありかもしれませんが、不倫関係という大人の関係では通用しません。

「お金がないからホテル代をおごって」というのであれば、そもそも不倫をするなと言われるのがオチでしょう。

不倫という対等な関係性だからこそ、お金のことはシビアにならなければいけません。

とはいえ、毎回会うたびにお金が掛かってしまえば、頻繁に会うことが難しくなるのは当然です。

ホテルの休憩ならば時間を潰せますし、デートや食事をするよりも部屋で二人でいた方が、充実した時間を過ごしながら節約もできます。

ホテルデートを選ぶ心理には、ムダなお金を使いたくないという心理も含まれているのです。

不倫がバレにくいホテルの種類はあるの?不倫でホテルを利用するときの選び方

ビジネスホテルやシティホテルを利用する

電話を掛ける女性
不倫がバレにくいホテルを選ぶなら、ビジネスホテルかシティホテルを利用するのもおすすめです。

あからさまにラブホテルを利用しようと思えば、ホテル街に二人で行くことになるので見つかりやすいでしょう。

ビジネスホテルやシティホテルであれば、たとえ見つかったとしても言い訳ができますし、何より一般の人たちが利用しているので紛れやすいメリットがあります。

ビジネスホテルとシティホテルの違いは、仕事で利用するか多目的で利用するかで大きく分けられます。

一般的にビジネスホテルの方が安い料金で利用できますし、二人の密会場所としても利用しやすいといえるでしょう。

しかし、あくまでもビジネス目的で利用する人のためのホテルであるため、シングルルームが基本となっています。

二人で利用しようとすればラブホテル代わりに使おうとしていることがバレバレなので、断られてしまうケースもあるので注意しましょう。

ビジネスホテルを利用するときは、二人部屋が利用可能かチェックする必要があります。

また、ビジネス目的の部屋なので、アメニティグッズやサービスは最低限となっているのも注意が必要ですね。

ビジネスホテルは駅前が多いため、利便性は非常にいいのがメリット。

もしも気軽に利用できるビジネスホテルを見つけることができれば、不倫相手と頻繁に会うことができるはずです。

シティホテルはビジネスだけでなく、レジャーや観光で利用する人が多く滞在します。

そのため二人で利用しやすく、ダブルベッドなども完備されているので、ゆっくり過ごすこともできるでしょう。

シティホテルのサービスは充実しているので、ビジネスホテルに比べると料金も高めに設定されています。

それでも充実したサービスが受けられるので、不倫相手とちょっと長い時間一緒にいられるときは、シティホテルの方が落ち着けるかもしれませんね。

いずれにしても不倫関係をバレにくくするためには、ホテル選びは重要なポイントのひとつです。

充実した時間を過ごせる場所を選ぶには、ビジネスホテルやシティホテルを上手く活用することをおすすめします。

ビジネス街など繁華街から離れた場所のホテルを利用する

手を繋いで歩くカップル
ホテルの場所を選ぶ際には、できるだけ繁華街から遠ざかった方がいいかもしれません。

ビジネスホテルは駅前や繁華街の中心地にあることが多いので、利便性は非常にいいでしょう。

しかし駅前には多くの人がいるので紛れることができる反面、人に見つかってしまう可能性もあります。

一概には言い切れませんが、不倫がバレないようにホテルを選ぶのであれば、できるだけ遠くのホテルを利用することをおすすめします。

人が多くてもまったく知らない土地や場所であれば、知人に見つかる可能性も少なくなるはず。

利便性が悪いホテルの方が料金も安くなりやすいので、少しでも節約したい人にはおすすめですよ。

ちょっとした料金の違いでも既婚者にとっては限られたお小遣いの範囲でやりくりするので、後々の節約にも貢献してくれることでしょう。

また、万が一にも不倫を怪しまれているとすれば、後をつけられている可能性もあります。

決定的証拠を撮られさえしなければいいので、ホテルに行く途中で尾行をまくこともできるかもしれません。

繁華街から離れるほど人も少なくなるため、後をつけている人がいれば見つけやすくなります。

不倫がバレないようにするにはホテル選びも大事ですが、外では常に誰かに見られていないか注意深く観察することも必要でしょう。

目的地のホテルに着くまでにいろいろなルートを通れば、より尾行をまきやすくなるので、不倫バレのリスクを軽減させることもできます。

なるべく違うホテルを利用する

スマホをいじるカップル
不倫の二人が行くホテルを選ぶときは、できるだけ同じホテルに行かないようにすることも必要です。

「同じホテルを利用した方がバレるリスクを軽減できる」という人もいるでしょう。

確かに不倫がバレない方法を何度も繰り返した方が、慣れているので見つかりにくいとも言えます。

しかし、不倫がばれるときは不意に訪れるもので、写真を撮られていることすら気づかないパターンが多いものです。

毎回同じパターンで不倫関係を続けてホテルを利用していると、警戒心が薄れてしまう可能性もあります。

不倫がバレたときの決定的証拠となるのが、二人でホテルに出入りをした瞬間の写真でしょう。

警戒心が薄れてマンネリになるほど、まわりを気にせずホテルを利用してしまうものです。

既婚者のパートナーが不倫を疑ったときは、証拠の写真を撮るために後をつけて行動パターンを把握することも考えられます。

毎回同じ場所で会ってホテルに行けば、不倫を怪しまれたときに張り込まれてしまう可能性大でしょう。

万が一のことを考えて、ホテルを利用する時はパターン化しないように、いくつか使いやすいホテルをローテーションで利用することをおすすめします。

人は無意識のうちの毎日同じ行動をとっていますが、不倫するときには確実に普段とは違った行動をとってしまうものです。

逆に普段と行動パターンが違えば、不倫していることもバレにくいといえるでしょう。

嘘がヘタな人が毎回同じホテルを利用すると不倫バレしやすいので、行動パターンを変えて違うホテルを利用すればカモフラージュにもなります。

ホテルは近場より遠くを選んだ方が良い理由とは?

どこで知人に会うかわからない

バックハグする男性
不倫相手との密会場所はできるだけ遠くの場所を選んだ方が、見つかるリスクを大幅に減らすことができます。

不倫相手と行くホテルは二人の生活圏から離れるほどいいので、めんどくさいと思っても遠くの場所で会うようにしましょう。

不倫がバレる要因の上位は、不倫相手と一緒にいる所を知人に見られてしまうことです。

生活圏は自分が住む場所の地域、あるいは仕事をしている地域なので、自分のことを知っている人はたくさんいます。

特に既婚者ともなれば自分の生活圏では、パートナーの存在を知っている人と出会う確率は高くなります。

自分は気づかなくても不倫相手と一緒にいるところを目撃されれば、パートナーに情報が入ってしまう可能性もあるでしょう。

慎重に行動するなら自分だけでなく、パートナーの職場付近にも近づかないことも大切です。

いつどこで知人と出会ってしまうかもしれないので、不倫相手と一緒にいるときは生活圏を歩くことを避けた方がいいでしょう。

万が一にもホテルに入ると所を目撃されてしまえば、一発アウトで大変な思いをすることにもなりかねません。

また近場だと誰かに見られてしまうかもしれないとドキドキするので、ゆっくり二人の時間を楽しむこともできないでしょう。

パートナー以外の相手と二人で歩いてる時点で非難されても仕方ないので、ホテルに行くときは知り合いがいない場所を選ぶことは必須です。

二人だけの特別な時間を作りやすい

赤い下着姿の女性を口説く男性
不倫が続くと非日常的な体験ができるだけでなく、二人だけの秘密の時間を有意義に過ごせるようになります。

不倫中はゆっくりと会うことが難しいため、少しでも長く一緒にいられるように近場で会いたいと思うかもしれません。

しかし、会える時間が短く時間がないからといって近場で会うと、普段の日常生活の延長線上にあるため、特別感を感じにくくなります。

二人のことを誰も知らない場所に行くからこそ、ゆっくり過ごしながら非日常体験を楽しめるのです。

近場で会うようになればいつ誰に見られているかわからず、ソワソワした状態で落ち着かないでしょう。

ホテルに行くにもコソコソしなければいけないですし、見つかるリスクが高いので二人で外を歩くことすらできません。

不倫をしている意識があるので、外でゆっくり会えないのはわかっていても、人目を避けて会うことがだんだんと嫌に思えてくるかもしれません。

「好きな人と会うのに何でコソコソしなければならないの?」という感情が芽生えてくると、自分の気持ちを抑えることが難しくなります。

不倫相手が結婚してるので、公にはできない交際だということは頭ではわかっています。

相手を好きになってしまったことは仕方ないことですし、悪いことなどしていないという気持ちを抱くのが恋愛パワーです。

相手を想う気持ちが強くなるほど不倫バレのリスクが高くなるので、できるだけ遠くで会う方が気軽で楽しく開放的に過ごせることでしょう。

移動しているときも二人にとっては貴重な時間

手を繋ぐカップル
不倫関係の二人にとって、少しでも一緒にいたいと思うのが素直な気持ちでしょう。

二人だけの時間をゆっくり過ごすためには、できるだけ人目を避けて遠く出会った方が無難です。

ホテルに入るまでは気を許すことはできませんが、移動している時ですら二人にとっては貴重な時間になります。

不倫という誰にもバレてはいけない関係を貫くには、できるだけリスクを抑えることが大切。

近場で会えばそれだけゆっくり会える時間も増える一方、バレるリスクも高くなります。

不倫バレしないためには遠くのホテルを選んだ方が有効ですが、できる限り二人でいられる時間を増やしたいと願っていることでしょう。

「誰にもバレてはいけない関係」という制約があるからこそ、二人の不倫愛も燃え上がっているともいえます。

移動時間さえ大切にしようと思う気持ちが芽生えるほど、不倫は二人の絆を強くするのです。

近場で会って身体を重ねるよりも、遠くに行って短い時間を有意義に過ごした方が、二人の関係も良くなることでしょう。

不倫相手とホテルに行くときにやってはいけない行動5つ

開き直って堂々とした態度でホテルに行く

橋を見つめるカップル
不倫相手とホテルに行くなら、堂々とホテルに入るのはやめた方がいいですね。

「二人の愛を邪魔する者はいない」と言わんばかりに堂々とした態度でホテルを利用しても、結局二人の関係がバレればすべてが終わりです。

「不倫してることがバレたら離婚して一緒になればいい」と安易に考えているかもしれませんが、現実的には多くの問題に悩まされるはず。

慰謝料請求による経済的な問題も大きな負担ですが、精神的に辛い問題の方が大きくなることは容易に想像できます。

不倫してることがバレてトラブルになれば、楽しかった不倫関係がめんどくさいと感じるようになるはずです。

場合によっては仕事にも大きく影響しますし、身内や身近な人に不倫していたことがバレれば、まわりからも白い目で見られることでしょう。

不倫が許されると思っているのは当人だけなので、世間的にも不倫を擁護する声は少ないものです。

たとえ二人の愛が本物だったとしても、不倫をしている時点で世間からは祝福されないのが現実。

不倫がバレた瞬間に現実を知り、好きな気持ちだけで行動したことを後悔することになるかもしれませんね。

それだけ不倫はバレたときのショックは大きいので、堂々とホテルを利用することはおすすめできません。

不倫バレは自分だけでなく相手にも嫌な思いをさせてしまうことを考えれば、バレない行動をとった方がいいと判断できるはずです。

自家用車でホテルに入る

車の上の座る女性
ホテルの駐車場に自家用車で素早く入れば、見つかる可能性が低くなると考える人は多いでしょう。

しかし不倫相手とホテルに行くときは、自家用車は不倫バレのリスクが高いのでやめた方がいいですね。

理由は2つあり、1つ目は車から身バレして不倫がバレるケースが多いことです。

確かに車に乗ったままサッとホテルの駐車場に入れば、それだけ誰かに見られるリスクを軽減できるでしょう。

しかし、ホテル内では他の車も駐車しているので、駐車場に入れば車からバレてしまいます。

車を使ってホテルに行くときは少し離れた場所を利用しても、同じように車を持っている人が集まってくる可能性が高いです。

同じタイミングでホテルを利用している知人がいれば、一発で不倫がバレてしまいます。

なぜなら、ホテル内にある他の車はほとんどの人がチェックするからです。

運悪く知人が同じホテルを利用していれば、車のナンバーからすぐにホテルにいることがバレてしまうので、不倫していることも必然的にバレてしまいます。

2つ目は不倫相手が車を利用することで、不倫している痕跡が残ってしまう可能性があると言うことです。

女性ならば髪の毛やピアスなどの痕跡が車に残ってしまう可能性もあります。

また、座席をズラしたりミラーの位置を変えただけでも、既婚者のパートナーにはすぐにバレてしまうでしょう。

自分以外の人が車に乗った痕跡は、簡単にわかってしまうことが多いものです。

不倫するなら自家用車は避けた方が無難だといえます。

電話の履歴や写真など証拠を残したままにしない

スマホをいじる男性
不倫相手とホテルに行くときには、事前に連絡のやり取りをするはずです。

連絡方法は電話やメールを利用するはずですが、いつまでも履歴を残しておかないように気をつけましょう。

実際にメールでやり取りをして残したままだと、相手と会ったことで気が緩んでしまい、履歴を消し忘れてしまう可能性があります。

浮気がバレる原因はスマホをチェックされてしまうことが多いので、連絡のやり取りをした後、すぐに消すことが望ましいです。

もちろん、浮気相手との写真や動画を残しておくこともNGですが、ホテルの行く前からしっかりと連絡のやり取りを消しておきましょう。

さらに徹底するなら文字の自動変換機能もリセットをかけておいた方が無難です。

メールを打つときに自動的に文字変換してくれる機能が便利ですが、そこから浮気をしているかチェックされてしまう可能性もあります。

「ほ」を入力したときに「ホテル」と出れば、なぜホテルを利用しなければいけないのか疑問に思わるはずです。

文字を売ったときに「近場」「休憩」「証拠隠滅」などのキーワードが出てくれば、浮気を疑われても仕方ありません。

スマホは個人情報の宝庫なので、証拠隠滅するなら徹底して行いましょう。

食事や買い物をしてからホテルに行く

何気ない生活を過ごすカップル
不倫相手との時間は二人にとって貴重なので、ホテルに行く前に食事や買い物などのデートも楽しみたいですよね。

ホテルに行くだけではセフレ関係のように感じてしまうので、少しでも恋人気分を味わいたい気持ちもわかります。

ただ、そのちょっとした気の緩みから、不倫していることがバレてしまうこともあるでしょう。

不倫してるという自覚があればバレるような行動は避けますが、二人だけの特別な時間をもっと有意義にしたい気持ちはあるはずです。

食事や買い物をしているときに知人に出会ってしまえば、不倫していることは一発でバレてしまうでしょう。

ちょっとだけのつもりが後の人生に大きな影響を与えることにもなりかねないので、恋人気分を楽しむなら二人だけの空間で楽しむことをおすすめします。

普段と違った行動をとる

強引にキスしようとする男性
不倫相手とホテルに行くときには、いつもと違った行動をとることは避けましょう。

不倫がバレを防ぐためにパターン化しないようにするのはいいですが、急にいつもと違った方法をとることで、不倫がバレてしまうケースもあります。

「いつもと違った連絡方法」「待ち合わせ場所を変える」「ホテルに行くまでの急なルート変更」など、普段と違う行動が後に不倫がバレるきっかけになるかもしれません。

連絡方法を変えたことで、既婚者のパートナーにバレるリスクもあります。

待ち合わせ場所の変更やホテルまでのルートを変えれば、思わぬ場所で知人に出会ってしまうかもしれません。

無理をして会おうとした結果、不倫がバレてしまえば意味がありませんよね。

急な行動計画の変更は不倫バレのリスクが高くなるので、ホテルに行くときにはやらない方がいいでしょう。

不倫でホテルに行くことがバレにくい方法、入り方がある!

時間差で入ってホテル内で待ち合わせする

床に寝転がって見つめ合う
不倫関係を隠すには二人が一緒にいる場面を見られないことが重要なので、ホテルに入る方法を工夫することも大切です。

ホテルに入る瞬間を目撃されることによって、不倫してることがバレるケースは多々あります。

特にホテルの出入りは気が緩みやすい場所なので、逆に誰にも見られていないか細心の注意を払わなければなりません。

そこで不倫バレを防ぐもっとも簡単で確実な方法は、二人別々でホテルに入ることです。

時間差で入ってから中で待ち合わせすることで、二人が一緒にいる所を目撃されることはありません。

できれば5分ほど時間を空ければ、バレるリスクを抑えることができるでしょう。

時間が勿体ないからといってホテルに一緒に入れば、不倫がバレて大変な思いをすることになるかもしれません。

不倫バレを防ぐためにも、ホテルに行くときには二人同時に入らないように気をつけてください。

メガネやマスクでの変装は効果大

見つめてくるメガネの美女
不倫がバレるケースで多いのは、不倫相手と一緒にいる所を知人に見られてしまうことです。

そこで不倫バレ帽子のアイテムとして、メガネやマスクを使ってプチ変装することをおすすめします。

「こんなのすぐにバレそう」だと思うかもしれませんが、職場の人とプライベートですれ違っても、案外気づかないものですよ。

同じ職場にいるからこそ相手を意識するので、プライベートではちょっとした変装だけでも、相手が気にしなければ見つかる可能性は低いでしょう。

たとえ相手に気づかれそうになっても、確証がなければ声を掛けられることもないはずです。

ホテルに入る間際に知人に出会ってしまったら、そのままホテルをスルーするのもありですし、急いで中に入ってしまった方が良い場合もあります。

ホテルに入ること自体は何ら問題ありませんが、不倫相手と一緒にいる所だけは見られないように気をつけましょう。

普段とちょっと違う装いをすることで知人に見つかる可能性が低くなれば、変装してみる価値はありますよ。

タクシーを利用する

タクシーを利用
ホテルを利用するときにおすすめなのは、タクシーを利用することです。

自家用車では不倫の痕跡が残りやすく、車からホテルを利用していることがバレやすくなります。

そこでタクシーを利用することで、ホテルの中の駐車場スペースまで入ってもらえば、二人同時にホテルに入ってもバレる危険性は低くなります。

ホテルによっては駐車場がないケースもありますが、その場合はホテルから少し離れた場所で下ろしてもらいましょう。

ホテルに入るときはタクシーで一緒に入るか、または別々に入館することがおすすめです。

近場で下ろしてもらった後は時間差でホテルに入ることで、不倫バレのリスクを軽減できます。

タクシーはどちらかが身をかがめたり、前後の座席で分かれて座ることができるのも利点のひとつです。

見つかりそうになったときに身をかがめることができるのは、自家用車では無理ですよね。

また、不倫相手と前後で分かれて座れば、まさか不倫しているとは思われないでしょう。

少し離れた場所のホテルに行くなら、人通りが少ない道を通ることもお願いできるので、さらに不倫バレのリスクも減ります。

誰かに見られるのを少しでも防ぐ手段として、タクシーはかなり重宝するのでおすすめです。

二人の関係に協力してくれる知人を探す

二人で夕日を眺める
不倫は世間から白い目で見られてしまう可能性はありますが、二人の愛が本物であれば協力してくれる人もいるかもしれません。

知人や親友が協力してくれれば、不倫がバレるリスクを大きく減らすこともできるはずです。

特に既婚者側に協力者がいれば口裏を合わせることもできますし、パートナーへの根回しもしやすくなります。

また、三人一緒にいれば不倫しているとは思われにくいため、堂々と不倫相手と出歩くこともできます。

具体的は方法として待ち合わせをするときは、いつも三人で会うようにするだけ。

これならば二人が不倫をしているというよりは、友達や仲間同士で集まっていると思われるはずです。

ポイントは既婚者側と同じ性別の人がいることが望ましいので、既婚者が男性ならば男2人、女1人で会うようにしましょう。

奥さんに密会がバレたとしても、「もう一人の男性の彼女」だと言い訳することができます。

逆に既婚者が女性なら男1人、女2人の方が夫にバレても、「女友達の彼氏と偶然会った」と言い訳することもできるでしょう。

ホテルに行くまでは常に三人で行動すれば、不倫関係を疑われることもなくなるはずです。

不倫は許されない風潮がありますが、当人たちにとっては二人の恋愛を成就したいと思っているだけです。

簡単には離婚できなかったり、子供などの問題で不倫関係にならざるを得ないケースもあるでしょう。

協力者を見つけるのは簡単ではありませんが、二人の不倫を応援してくれる人がいれば、ホテル密会もしやすくなりますよ。

心から信頼できる人がいれば、腹を割って打ち明けてみるのもいいかもしれませんね。

会う時間を短くする

後ろからハグする女性
ホテルに行くことがバレないようにするには、極力会う時間を短くすることがポイントです。

既婚者にとって自由になる時間は限られていますが、短い時間をいかに有効活用するかが、不倫関係を継続させるためのポイントでもあります。

できるだけ日常生活の中での空き時間を利用して、不倫関係を継続させるようにしましょう。

「仕事終わりから帰宅までの時間」「パートナーが家に帰ってくるまでのひとりの時間」など、一人の時間を有効活用します。

「残業があるから遅くなる」は、不倫している人が最もよく使うセリフなので、頻繁に使えば怪しまれてしまうでしょう。

会いたいからといって特別な予定を作って時間を作れば、それだけ不倫を疑われるリスクも高くなります。

ホテルに行くならたとえ30分の短い時間だけでもいいので、普段と同じ行動パターンの中でホテルを利用しましょう。

会う時間が短くなるほど貴重な時間を大切にしようと思えるので、二人の恋もさらに盛り上がっていくかもしれません。

浮気がバレがバレないようにするには、相手と会う時間を短くすることは有効な手段となります。

ホテルでの密会はできるだけ短く済ませて、パートナーから疑われない行動を心掛けることが大切です。

不倫でホテルを使う時には上手にホテルを選んでバレない入り方をしよう

お姫様抱っこする男性
不倫ではホテルを利用する機会は多いものの、ホテルの出入りによって不倫がバレるリスクもあります。

ちょっとした工夫をすることで不倫バレのリスクを低くできますが、長く不倫を続けていると不用意な行動をとってしまうものです。

ホテルの選び方、ホテルの利用頻度、出入りの仕方など、不倫がバレないように細心の注意を払わなければ、いずれは二人の関係がバレてしまうかもしれません。

不倫関係を継続させたいなら、ホテルを上手に活用して二人の絆を深めていきましょう。

おすすめの記事