言い争うカップル

不倫関係の相手と喧嘩になった時、仲直りできずにそのまま関係が終わってしまうというケースが多いようです。

不倫という関係性は普通の恋愛とは違うため、喧嘩している期間が長くなるほど別れるリスクも大きくなります。

そもそも男性と女性では喧嘩に対する考え方が違うため、一度の喧嘩がきっかけで関係が終わってしまうこともあるでしょう。

そこで既婚男性が不倫相手と喧嘩した時の原因や心理状態について紹介していきます。

具体的な仲直り方法なども併せて紹介するので、ぜひ参考にしてください。

目次

既婚男性と喧嘩してしまうときのきっかけ3つ

もっと会いたいなど無理なお願いをしてしまう

髪をなびかせる女性
既婚男性と喧嘩するきっかけで多いのは、もっと会いたいと彼にお願いしてしまうことです。

不倫関係になった時になかなか会えないことは承知していても、実際に関係が続くほどもっと会いたくなります。

彼が結婚していることはわかっていても、好きだから不倫相手でもいいと割り切ってはいるはずです。

しかし、不倫関係が続くことで彼に対する気持ちにも変化が生じ、もっと一緒にいたいという気持ちが強くなることもあるでしょう。

既婚男性にとって不倫関係はできるだけバレないように、リスクを抑えて関係を続けていきたいと思っています。

そのためには会う頻度も最低限にし、連絡方法もバレないように細心の注意を払っていることでしょう。

既婚男性も奥さんに不満があるからこそ不倫をしているので、もっと彼女に会いたい気持ちはあるはずです。

しかし自分の気持ちを抑えてでもバレるリスクを考えているのに、彼女からもっと会いたいと催促されることで、警戒心のない彼女の発言が喧嘩の原因となってしまいます。

自分は不倫がバレを恐れて会いたい気持ちを抑えているのに、彼女は不倫バレを恐れず会いたいということしか言わないことにイラっとするのです。

もしも頻繁に会うことになれば、不倫がバレるリスクも高まりますが、そんなことを一切考えない彼女の言葉に怒りさえ覚えてしまうでしょう。

不倫がバレた時のダメージは計り知れませんが、そんなことは関係ないというような態度をとる彼女の気持ちを知ることはできません。

それだけ彼女が不倫バレに対する危機感がないことや、自分には関係ないというような態度に、既婚男性はイラっとして喧嘩になってしまうのです。

彼女は自分の素直な気持ちを伝えているので、会いたいと言って怒られるのは納得できないでしょう。

それぞれの立場の違いをわかって相手を思いやれば喧嘩にもならずに済みますが、自分の気持ちを優先するような発言は、不倫関係では喧嘩の原因となってしまいます。

将来のことについてしつこく聞いてしまう

肩に手を回すカップル
不倫関係というのは曖昧な関係性なので、将来については不安なことも多いでしょう。

既婚男性との不倫関係では将来的に奥さんと離婚するのか、ずっとこのままの不倫関係が続くのかは、女性にとっても重要なポイントになります。

彼女にとってある程度、彼との将来に未来があれば、現状を受け入れることもできるはず。

そして不倫相手という立場でも我慢することはできますが、彼との将来にまったく未来がないのであれば、今の関係をいつまで続けるか不安になるでしょう。

もしも彼が将来的に奥さんと別れることを匂わせていれば、彼女とすれば期待するのは当然です。

不倫関係を続けていくうえでは、今よりも将来がどうなっていくのか、ある程度はっきりして欲しいという気持ちはがあるのは仕方ありません。

特に彼女の立場になれば、彼との未来があるのかないのか、それによって気持ちや付き合い方も変わってきます。

彼のことが好きだからこそ不倫関係を続けていますが、このまま不倫相手にしかなれないのであれば、早めに諦めることも必要でしょう。

そのためには彼の気持ちをはっきり聞きたいという想いがあるので、将来について彼にしつこく聞いてしまうこともあります。

既婚男性にとって一番めんどくさいことは、将来について彼女から聞かれることであり、多くの男性は面倒なことになる前に別れようと考えるはずです。

今の関係性に満足できなくなれば、この先離婚を催促されることは目に見えています。

奥さんとの関係が悪くなっていることは間違いありませんが、今すぐ離婚しようとは思っていないので、簡単に離婚はしたくない思いもありますし、まだ奥さんへの愛が残っていることも間違いありません。

将来的に離婚したいと思っていても、彼女から将来について積極的に問い詰められれば、彼女の存在自体がめんどくさいと思ってしまいます。

既婚男性にとって離婚はあくまでも自分のタイミングでしたいので、彼女に催促されて離婚はしたくないと思っているからです。

彼女が不安に思う気持ちはわかりますが、あまりしつこく将来の二人の関係について聞いてしまうと、喧嘩に発展する可能性は極めて高いと言えるでしょう。

サプライズ的に会いに行くなどリスクを恐れない行動をとる

待ち時間にスマホを見る女性
不倫関係を長く継続させるためには、できるだけリスクを抑えて行動することが大切です。

会えない時間が長くなったとしても、それだけ会った時に燃え上がることができるので、不倫関係をやめられないという人も多いはず。

お互い相手のことが好きだから不倫関係を続けているので、少しでも相手に喜んでもらいたいと思うこともあるでしょう。

その行動のひとつにサプライズがありますが、不倫関係ではこのサプライズが喧嘩の原因になってしまうこともあります。

サプライズにはいろいろありますが、プレゼントや突然会いに行くサプライズは不倫関係ではやめた方がいいでしょう。

プレゼントは奥さんにバレるリスクもありますし、彼もおき場所や処分に困ってしまいます。

プレゼントしてもらえるならいつもとは違ったホテルに行くなど、物よりも体験にお金をかけた方がいいかもしれませんね。

特にサプライズで喧嘩になりかねないのが、突然会いに行く行動です。

不倫関係では一緒にいる場面を誰かに見られるだけでも、一気に不倫がバレるリスクが高まってしまいます。

既婚男性が女性と二人きりで話したり会っていれば、それだけで不倫が疑われる可能性もあるので、男性は極力気をつけているものです。

そんな気遣いを無視していきなり会いに行けば、不倫がバレるリスクが一気に高まってしまうでしょう。

特に既婚男性の生活範囲に会いに行けば、奥さんだけでなく知人や友達にもバレる可能性があります。

ちょっとした行動や気の緩みから不倫がバレてしまうこともあるので、会う時はいつも同じ方法や場所で会うはずです。

それなのに不倫バレのリスクを考えないで会いに行けば、嬉しいという気持ちよりも「ふざけるな」という気持ちの方が強くなるので喧嘩に発展してしまいます。

彼女からすればわざわざ会いに行ったので喜んでくれると思っていたのに、逆に怒られてしまえばイラっとするでしょう。

彼女にとってはちょっとくらいかもしれませんが、その行動がきっかけで不倫がバレる可能性を考えると、手放しに会いに来てくれたことを喜ぶことができません。

既婚者と独身の考え方の違いかもしれませんが、不倫バレするようなサプライズをすることで、思わぬ喧嘩になってしまうケースもあります。

不倫関係の相手と喧嘩したら別れやすい理由

関係性が悪くなれば不倫がバレるリスクが高くなるから

泣いている女性
不倫相手と喧嘩するとそのまま別れてしまうケースは多いですが、理由としては不倫がバレてしまう危険性を考えてのことかもしれません。

既婚男性が不倫をしていて恐れていることは、彼女が不倫関係を暴露することです。

自分に惚れて不倫関係を継続させてくれることは嬉しいものの、好きになり過ぎると略奪婚を考えるかもしれないため、不倫バレのリスクも高くなってしまうでしょう。

既婚男性が思う理想的な不倫関係は、程よい関係性でずっと不倫を続けることです。

そのため彼女から惚れられ過ぎても困ってしまう不倫関係ですが、やはり喧嘩になればそれ以上に不倫バレのリスクが高くなってしまいます。

その理由として喧嘩して彼に復讐をするため、奥さんに不倫を暴露する可能性があるからです。

彼のことが好きなほど喧嘩した時に仲直りしたいと思いますが、そのまま別れ話になりそうならば彼だけ無傷で逃がしたくない思いが芽生えてきます。

彼を想う気持ちを弄んで、簡単に別れようとする彼の態度にキレることで、不倫を自らバラそうとします。

既婚男性にとって不倫バレは最も恐れていることですが、喧嘩が長引くほど彼女の復讐心も大きくなっていくはず。

彼の身上とすれば喧嘩した時に何らかの理由をつけて早めに別れてしまえば、不倫バレのリスクを軽減できると思っているのです。

喧嘩した時はヘタに揉めるよりもあっさり別れてしまった方が、ダメージが少ないという気持ちがあるのかもしれませんね。

結局彼は奥さんの元に戻ればいいだけ

陰のある女性
既婚男性にとって不倫相手との喧嘩は、できるだけしなくてもいいことのひとつです。

奥さんとの喧嘩であればこの先もずっと一緒にいるので、お互いの価値観や考え方を知る上でも、しっかりと解決することが求められます。

喧嘩することはそれだけ相手の本音が見えてくるので、より絆を深めるきっかけにもなるでしょう。

しかし不倫相手の彼女との喧嘩は、お互いを深く知らなくてもいいと思っているので、できるだけ喧嘩はしたくないと思っています。

女性と喧嘩することは、男性にとってかなりのストレスになるため、できるだけ喧嘩をしないようにとにかく謝ろうとする人は多いでしょう。

一度喧嘩になると女性は感情的になるので、仲直りするまで時間が掛かったり、気を遣うことに疲れてしまいます。

不倫相手に安らぎや癒しを求めている既婚男性にとって、彼女と喧嘩をすることはデメリットしかありません。

はっきり言えばこのまま関係が終わってもいいと思っているので、あえて自分から仲直りしなくてもいいと思うこともあるでしょう。

なぜなら結局は奥さんの元に戻ればいいだけなので、仲直りできなくてもいいと思っているのです。

癒されるために会いに行くのに、わざわざ気を遣って機嫌をとることなどしたくありません。

彼女に対する気持ちや思い入れが強くなければ、喧嘩したら別れて元の生活に戻ればいいという気持ちが根底にはあります。

そのため不倫相手と喧嘩になれば、自分から謝ることをしないため、彼女の態度によってはそのまま別れてしまうことが多くなるのです。

将来的には一緒になれないことをわかっているから

暗い場所にいる下着姿の女性
不倫相手と喧嘩したことをきっかけにして、あえて仲直りしないで別れようと考えている可能性もあります。

なぜなら将来的に彼女と一緒になることはできないので、いつかは別れなければいけないと思っているからです。

既婚男性が彼女と一緒になるには、一生一緒にいたいと思えるほど惚れた女性でなければ、あえて離婚してまで一緒になろうとは思いません。

また、ほんの火遊び程度で不倫関係を続けている可能性もあるので、いつまでも不倫関係を続けたいという気持ちはない可能性もあります。

いずれにしても不倫関係は何年もずっと続けられる関係性ではないので、別れるか、一緒になるかをいつかは選択しなければなりません。

現時点で既婚男性が離婚する意思がなければ、喧嘩をきっかけにして別れようとするのは大いに考えられることです。

もちろんお互い好き同士だからこそ不倫関係を続けていますが、このまま一緒になれないと薄々感じているはず。

喧嘩をきっかけにして別れようと考えるのは、何も既婚男性だけではなく、不倫相手の彼女も同じ気持ちかもしれません。

いつまでも一緒になれない男性と不倫を続けるよりも、好きな人と恋愛した方がはるかに有意義なことは間違いないからです。

ただ、今は既婚男性のことが好きという気持ちがあるので、不倫関係でもいいと思っていますが、いずれは別れることも視野に入れていることでしょう。

お互い不倫関係がいつまでも続けられることではないとわかっているので、喧嘩を別れのきっかけにするケースもあります。

相手に対して求めているモノが違う

仰向けに寝る美女
既婚者と不倫相手の彼女にとって、お互い相手に求めていることが違うことが別れの理由になることもあります。

喧嘩の理由は様々あるとは思いますが、既婚男性が彼女に求めることは癒しや居心地の良さを重視し、楽しい時間を過ごしたと思っています。

彼女が求めることは好きな気持ちがあるので、できるだけ一緒にいる時間を増やして、気持ち的に満足感を味わいたいと思っていることでしょう。

相手に求めることは人によって様々ですが、喧嘩した時にはお互いの本音を知る絶好の機会です。

自分が求めていることとは全く違うことを相手が考えていれば、不倫を続けるモチベーションが下がってしまうこともあります。

例えば彼女の身体を求めているのに対し、彼には本気で好きになってもらいたいというスレ違いのケースです。

お互い身体と気持ちという求めているモノが違うと、ちょっとしたきっかけによって一緒にいる意味はないと感じてしまうでしょう。

相手に求めるモノが違うと喧嘩した時にはっきりわかってしまうため、そのまま別れてしまうことも多くなってしまいます。

不倫相手と喧嘩したときの男性心理と女性心理のギャップ

相手に対する優先順位が違う

ベンチに座るカップル
喧嘩した時ほど相手の本音を知ることができますが、男性と女性では心理的にもギャップがかなりあります。

大きな違いとしてはお互いの優先順位の違いによって喧嘩になってしまうことです。

なぜなら不倫関係はお互いが相手のことを一番に考えているとは限らないので、相手の気持ちを知ることで、その歯がゆさが喧嘩の原因となってしまうことがあります。

既婚男性にとって優先順位は奥さんの方が順位が上の可能性が高くなり、夫婦関係が悪化していても離婚していないことを考えれば至極当然の結果です。

その他にも男性は仕事を優先することが多いですし、自分の趣味の時間や一人になれる場所や時間を優先したいという人も少なくありません。

一方、女性は気持ちを優先することが多く、既婚男性の彼にも愛情を求めることがあります。

女性の場合は不倫関係だとしても単純に身体の関係になるのが嫌で、セフレとは違うという気持ちが強い場合が多いのです。

気持ちがあるからこそ不倫関係を続けているので、喧嘩をしてもお互いを思いやる気持ちが必要だと思っているので、冷たい態度をとられることで気持ちも冷めてしまいます。

男性と女性ではそもそも恋愛に対する考え方が違うので、自分の気持ちも大切ですが、相手の気持ちを考えることも必要です。

男性と女性では喧嘩に対する考え方そのものが違う

女性の顔のドアップ
既婚男性と不倫相手の彼女との喧嘩では、それぞれ喧嘩に対する考え方の違いも明らかになることが多いです。

男性が女性と喧嘩する時に思うことは、「めんどくさい」という気持ちが強いでしょう。

大きな理由としては女性の機嫌を取らなければいけないので、いろいろ気を遣わなければいけないということが理由です。

女性が喧嘩する時は自分の感情をぶつけることが多く、結果的に気持ちがスッキリできればいいと思うこともあります。

また、お互いの絆を深めるためには喧嘩も必要不可欠だと思っているので、本音でぶつかりたいという気持ちもあるでしょう。

いずれにしても女性は感情をぶつけることが多いため、男性が喧嘩しないように逃げるような態度にイラっとすることもあります。

人によっても感情的に喧嘩する人もいれば、相手を打ち負かすために冷静になって口喧嘩をする人もいるでしょう。

男女別で喧嘩に対する考え方や心理にはギャップがあるので、相手の態度にイラっとして火に油を注ぐこともあるので注意したいですね。

問題解決に対する考え方の相違

スマホを見る女性
喧嘩した時には最終的に仲直りして、お互いの絆が深まることが理想的です。

場合によっては完全に仲直りできるとは限らず、わだかまりを抱えたまま仲直りするケースもあるでしょう。

喧嘩の原因を追究して解決したり、次に喧嘩にならないように話し合うことも必要かもしれません。

しかし話し合いをすればまた喧嘩になる可能性もあるため、あえて話し合いをしないでうやむやにしたいと思う人もいます。

男性と女性では喧嘩の原因に対する考え方や対処の違いがあるため、お互いを知ること必要です。

そもそも男性は相談されたり問題が起きた場合、自分の考えを中心に問題を解決しようとします。

女性は問題が起きて嫌だと思ったことは、愚痴を言ってストレス発散できれば、問題を根本的に解決できなくてもいいと思っている人も少なくありません。

そのため女性が男性に悩みを相談する時は、ただ愚痴を言いたい女性に対し、男性は問題解決案を提案するなど、考え方自体が違うことが多いものです。

不倫相手との喧嘩は恋愛している時のように、完全に解決させなくてもいいと思っている人も多いことは頭に入れておきましょう。

なぜなら不倫関係はいつかは終わるものだと思っているので、喧嘩が解決せずにうやむやなままでもいいと思っているからです。

いずれにしても喧嘩になるきっかけとなった問題やトラブルに対する考え方は、男女間で違いがあることは理解しておきましょう。

不倫相手と喧嘩したときのインターバルは?仲直りは早い方がいい理由

早く謝った方が今後の関係性も上手くいく

窓際で悩む女性
喧嘩している時はお互い会いたくないという気持ちが強くなるため、できるだけ早く関係修復した方がいいでしょう。

喧嘩の原因を探ったり完全解決させようと思うと、お互い素直になれない部分も出てくるため喧嘩も長引いてしまうことが多いです。

もちろん自分に非がなければ誤りたくないものですが、早く仲直りするためには形だけでもいいので謝ることをおすすめします。

理由のひとつとして早く仲直りすれば、今後の関係性も良くなる可能性があるからです。

喧嘩している時はお互い素直になることもできませんし、意地を張って謝ることすらしたくないでしょう。

会いたくない、話したくない、別れたという気持ちが強くなっていくので、喧嘩が長引くほど関係も悪化していきます。

そこで自分に非がなくてもとりあえず関係修復を試みることで、相手も同じ気持ちになってくれるかもしれません。

喧嘩中は話し合いすら難しいですが、仲直りしようとお互いが歩み寄ることで、話し合うきっかけ作りをすることができます。

非がなくても謝ることによって、相手も素直に非を認めてくれるかもしれません。

いずれにしても早く仲直りをした方が意地を張らなくて済むので、関係性も修復しやすいといえるでしょう。

いつかは別れが来る関係だと諦められてしまう可能性大

黄昏る男性
不倫相手との喧嘩が長引いてしまえば、もしかしたらそのまま関係修復を諦められてしまい、別れを切り出される可能性もあります。

不倫はいずれ終わる関係性だと思っているので、無理をして仲直りする必要がないと思っているかもしれません。

なぜならリスクを承知で会いに行っているのに、仲直りするために貴重な時間を割くことはめんどくさいと思っているからです。

いつかは別れなければいけないのであれば、喧嘩をきっかけ今別れてもいいと思われる可能性もあります。

喧嘩している時間が長引くほど関係修復も面倒になってくるため、このまま関係修復を諦めて別れようという気持ちが芽生えることもあるので気をつけましょう。

既婚男性は喧嘩することのリスクを考えると、喧嘩している期間が長いほど不倫バレするかもしれないと思っているので、別れることを考えやすくなります。

ケンカが長引くほど嫉妬する相手がパートナーへ向かってしまう

不機嫌そうな女性
不倫相手との喧嘩が長引くほど、女性の気持ちは既婚男性の奥さんへの憎悪に向かってしまう可能性もあります。

彼との関係は初めから不倫だとわかっているので、奥さんへの憎しみはなかったはずです。

しかしあるきっかけによって奥さんへの憎悪の気持ちが強くなることもあるのが、女心の怖いところです。

そのきっかけが彼に対する本気の愛情か、喧嘩した時の復讐心によって憎悪の気持ちが芽生えることがあります。

彼のことが本気で好きになるほど奥さんの存在が邪魔に感じるので、早く離婚して欲しいという気持ちも強くなりますし、奥さんさえいなければという気持ちも芽生えてくるはずです。

喧嘩した時は彼の行動や気持ちに怒りを覚えることが多く、自分の気持ちをわかってもらえないもどかしさを感じることがあります。

自分のことを理解してくれないのは、彼が奥さんへの気持ちがあるからだと思い込んでしまうのです。

そのため長く喧嘩状態が続くのは、奥さんのことが好きだから不倫相手などいなくてもいいと、彼が考えていると思い込んでしまいます。

すると彼に対する気持ちや怒りが、会ったこともない奥さんへの怒りや憎悪に変わってしまうのです。

不倫相手が奥さんに嫉妬することはよくありますが、怒りや憎悪の対象になってしまうと、大きなトラブルに発展する可能性が高くなります。

彼とは会って話し合うこともできますが、奥さんには会うこともできませんし、自分の存在すら知られてはいけないからです。

何も知らずに過ごしている奥さんへの怒りは、日を追うごとに強くなっていくので、自分でも自制心が働かなくなってしまうこともあるので気をつけましょう。

彼への怒りを通り越して奥さんへの憎悪の気持ちが強くなると、不倫関係を暴露することが最も有効な手段だと考えるようになってしまいます。

自分でも思わぬ行動をとってしまう可能性もあるので、トラブルに発展しないためにも喧嘩は早期解決を目指した方がいいでしょう。

気持ちが離れてしまえば他に相手を見つけてしまうかもしれない

眠そうな女性
喧嘩が長引くことによる弊害は、お互いの気持ちが離れてしまう危険性が考えられます。

いくら好き同士でも一度の喧嘩で別れてしまうこともありますし、喧嘩によって相手の本性が見えたことで、別れを決意するかもしれません。

気持ちが離れることはお互いにとってもデメリットでしかありませんが、喧嘩が長引くほど相手に対する愛情も薄れてしまう危険性があります。

喧嘩すること自体めんどくさいと考える男性に対し、同じ気持ちになれば別れるのは必然だといえるでしょう。

喧嘩した時は早く仲直りするほど二人の溝も浅くなるので、より絆を深めるためのきっかけにもなりやすいです。

仲直りした前例があれば次に喧嘩をしたとしても、解決する方向性を見つけやすいので、より二人の絆も深まっていくはずです。

気持ちが離れてしまえば他に相手を見つければいいだけなので、喧嘩が長引くことはデメリットが多いといえるでしょう。

既婚男性の気持ちが離れてしまえば他に相手を見つけてしまう可能性が高いので、彼を好きでも別れを決断するしかありません。

いずれにしてもお互いの気持ちを繋ぎとめるためにも、早期解決を目指すべきです。

不倫相手との仲直りの方法!効果的な連絡方法やメールの具体的な書き方

連絡方法はメールがおすすめ

スマホを見る女性
不倫相手と仲直りする方法は電話や直接会って謝ることも大切ですが、初めにメールで謝ることをおすすめします。

メールでは気持ちを伝えることができないという人もいますが、短い文章ではなく、しっかりとボリューム感のある謝罪文を送ることで気持ちを伝えることができるはず。

直接会って話せないことや言葉では言いにくいことなどもあるため、メールの方が仲直りするきっかけ作りには最適です。

メリットとしては時間がある時にゆっくり文章が読める、言葉に残すことで相手にはっきりと意思を伝えられるなど、メールならではのメリットもあります。

喧嘩している時に会いたいと言われても、気持ちが落ち着いていない時は会いたくありません。

断ったことでさらに関係が悪化してしまうこともあるので、仲直りするきっかけを失ってしまう可能性があります。

メールなら一方的でも自分の気持ちを伝えることができるので、相手の気持ちが落ち着いた時に返信してくれるでしょう。

仲直りする時のポイントは、どちらかが折れて連絡することが大切ですが、どちらも喧嘩している時は折れたくありません。

自分に非があれば仕方ないですが、相手が悪いと思っているのに自分から先に謝る必要はないと思っているからです。

電話ではタイミングによっては話せないことも多いですし、着信拒否している可能性もあります。

せっかく自分が折れて連絡しているのに、相手から返信がなければさらに怒りも増してしまうでしょう。

メールは確実に自分の気持ちを相手に伝えることができるので、後は相手待ちの状態になります。

お互いが落ち着いた時に話し合った方がスムーズに仲直りできるので、様子見の意味を込めて、初めはメールで連絡することをおすすめします。

メールの内容は自分の非を認めることから始めよう

スマホチェックする女性
仲直りするにはメールがおすすめですが、まずは自分の非を認める文章を送ることがポイントです。

もちろん喧嘩になった原因が自分ではなかったとしても、まったく非がないワケではないはずです。

喧嘩になりそうになった時に早く謝ったり気遣う素振りを見せれば、喧嘩もすんなり終わったかもしれません。

喧嘩が続いていることに対して謝りのメールを送ることで、スムーズに彼の怒りを鎮める事ができます。

まずはほんの少しでもいいので、相手に謝る文章を送りましょう。

「私も意地になっていたから喧嘩になっちゃってゴメンね」「冷静になって考えた時に、◯の言ってることが少しわかったから謝るね」など、まずは自分が謝る素振りを見せることが大切です。

男性は意地になって自分から謝れないという人もいるため、女性の方から折れてくれた方が、その後はスムーズに仲直りの話し合いができることもあります。

彼が怒っている時にたとえメールを送ったとしても、読み始めた時の文章で印象もガラっと変わってしまいますよね。

謝罪から入る文章ではなく、いきなり自分の気持ちだけを送り付けるメールであれば、火に油を注ぐだけです。

彼も意地になって自分の主張を曲げなくなるので、より関係性も悪化してしまうかもしれません。

喧嘩をスムーズに解決するきっかけには、やはり謝る姿勢が大切なので、メールで謝罪する文章を送ることを忘れないようにしましょう。

なぜケンカになったのか自分の気持ちをはっきり伝える

スマホをいじる赤い服の女性
謝罪のメール分を冒頭に入れたら、続いて自分の素直な気持ちを相手に伝える文章を書きます。

大切なポイントは「なぜ喧嘩になったのか」「喧嘩している理由や原因をしっかりわかっているか」です。

喧嘩する時はつい感情的になってしまうので、たとえ自分に非があったとしても、その場では謝ることができないこともあるでしょう。

そもそもの喧嘩の原因を知らないまま喧嘩が続いていれば、いつまで経っても仲直りすることはできません。

特に男性はなぜ女性が怒っているかわからないまま、喧嘩をしている可能性もあります。

女性は感情的に考えることが多く、男性は女性の反応を見て対応しようとするからです。

既婚男性はなぜ彼女が怒っているのか、理由がわからないまま喧嘩になってしまうことで、だんだんイライラして喧嘩がヒートアップしてしまうこともあります。

そこで仲直りするにはただ謝るだけではなく、なぜ自分が怒ったのか理由をはっきり伝えることがポイントですね。

怒っている理由がわかれば男性も素直に仲直りできますし、話し合いをしようと考えるかもしれません。

メールで仲直りする時には謝罪文を送り、続いて自分の気持ちを伝えるようにしましょう。

「私は〇の考え方のここが嫌だから怒ってるの」「私が怒ってるのは〇のこういうところが納得できないから」など、具体的に怒っている理由をはっきり伝えることは大切です。

謝ってその場は仲直りできたとしても、同じことを繰り返してしまえば、より喧嘩は激しくなっていきます。

しかも何度も同じことを繰り返されれば、ちょっとしたことでイライラしてしまうため、関係修復も難しくなってしまう可能性も高くなるでしょう。

メールで仲直りする時は、直接会って話せないことを文章ではっきり伝えることができるので、自分の素直な気持ちを全部ぶつけることが大切です。

これから自分が改善することを相手に伝えて仲直りをお願いする

不安そうに電話をチェックする女性
仲直りするにはお互いが悪いところを完全する必要がありますが、まずは自分が悪いところを直す努力をすることが大切です。

メールで仲直りするメリットには、自分の気持ちをすべて相手に伝えることができることなので、改善点もはっきり書いて送りましょう。

話し合いでは自分の気持ちを全部伝えきれないことも多く、相手に話を遮られてしまう可能性もあります。

メールなら自分の非を認め、今の気持ちを伝えることで、どうすれば仲直りできるかを提案することもできるでしょう。

「これから私は〇〇をやめるように努力するね」「私は怒りっぽいので、次からはしっかり話し合いができるように大人になるよ」など、次への改善策を提案します。

喧嘩の度合いによっては次はないということも考えられますが、はっきりと別れたくない意思を伝えながら改善点を提案できるので、相手も素直に応じてくれるはずです。

不倫相手との喧嘩は別れを覚悟する必要がある

見つめ合うカップル
不倫相手と喧嘩することは、一歩間違えればそこで関係が終わってしまう可能性もあります。

恋愛とは違う関係性だからこそ、自分の気持ちを押し通すだけではなく、相手の気持ちに寄り添うことも大切です。

不倫相手と喧嘩になってしまった時は、できるだけ早く仲直りすることが大事なので、自分のプライドや感情よりも仲直りすることを優先しましょう。

おすすめの記事