カフェでくつろぐカップル

既婚男性と不倫関係になっている時、相手がどれくらい本気なのか不安に思うこともあるはずです。

ただの火遊びで関係が続いているのであれば、本気になるほど後でバカを見てしまいます。

しかし初めは遊びでも次第に本気になることもあるので、彼との関係はきっかけ次第ではどう転ぶかわかりません。

ここでは既婚男性が本気になった時の言動や行動を紹介します。

彼を本気にさせるための方法も併せて紹介するので、ぜひ参考にしてください。

目次

既婚男性が不倫相手に本気になるきっかけ

お互いの価値観が同じで奥さんよりも相性が良いと感じた

浜辺でまったりするカップル
既婚男性が本気になるきっかけとして、奥さんよりも不倫相手の彼女の方が相性がいいと感じることがあります。

男女の相性は見た目やお互いの印象だけではなく、実際にある程度の時間を一緒に過ごさなければわかりません。

第一印象が悪かったのに、付き合ってみたら相性が良かったということはよくあることです。

不倫関係になった当初は遊びのつもりでも、一緒にいる時間が長くなるほど相性の良さを実感。

お互いが好感を抱くほど相性も良くなるため、次も会いたいという気持ちから不倫関係も長くなっていきます。

特に相性の良さを感じやすいのは、お互いの価値観が同じことです。

価値観は人それぞれ違うのが当たり前ですが、自分と同じような価値観の人には好感を抱きやすいもの。

価値観が似ている人と一緒にいるとストレスを感じにくいため、よりお互いの好感度がアップします。

奥さんといくら愛し合っていたとしても、結婚生活の中で価値観の違いを実感することが出てくるはず。

これは一緒にいる以上は仕方のないことですし、むしろ価値観が違うことは当たり前です。

愛し合って結婚しても価値観の違いを解消することは難しいため、お互いが歩み寄りながら生活するのが夫婦関係といえます。

しかし人によってはどうしても譲れない価値観があると、相手に対してストレスを感じます。

価値観と愛情は全く違う感情なので、いくら好きでも価値観の違う相手と一緒にいるのは、ストレス以外何物でもありません。

逆に嫌いだと思っていた人でも同じ価値観だと知ることで、次第に好感度がアップしていくこともあります。

奥さんとの関係が悪い時に彼女と出会い、しかも自分に近い価値観であれば、自然に惹かれていくのは自然な流れです。

男性は癒しを求める人が多くいますが、少しでもストレスを感じたくないという気持ちの表れでしょう。

同じ価値観の女性と一緒にいた方が居心地もいいので、相性の良さを感じて次第に本気になっていくのです。

価値観はある程度一緒にいないとわからないものなので、長く付き合うほど同じ価値観を共有しやすいため、本気度も増していきます。

一緒にいる時間が心地良いと感じた

芝生でくつろぐカップル
一緒にいる時間が心地良いと感じる女性に対して、好感を抱くのはごく自然なことでしょう。

居心地の良さはお互いの相性や雰囲気によって左右されるものです。

何となく居心地の良さを感じる相手とは妙に馬が合ったりするものなので、惹かれ合うことも少なくありません。

不倫関係の彼女に居心地の良さを感じるようになると、一緒にいたいと思う気持ちが強くなります。

不倫当初は奥さんの存在の方が大きかったはずですが、次第に彼女への気持ちが強くなるほど本気度も大きくなるでしょう。

一緒にいる時間が心地良いと感じられるのはお互い好き同士だからではなく、相性が良いからです。

いくら好きでも相性が悪い相手もいますし、一緒にいるとストレスが溜まってしまうこともあるでしょう。

不倫関係になった相手とは少なくとも恋愛感情があるはずです。

さらに一緒にいる時間が増えて居心地の良さを感じるようになれば、ずっと一緒にいたいという気持ちを強く抱くようになるはず。

この気持ちが次第に本気へと変わっていくことで、不倫関係による二人の絆も深まっていくことになります。

心地良いと感じる気持ちは相性によるものが大きいですが、本気になるきっかけにもなりやすいといえるでしょう。

ストレスが溜まっている時に癒してくれた

窓際で電話する女性
毎日ストレスを感じながら生活している人がほとんどですが、特に男性は仕事でストレスを感じやすいという人はたくさんいます。

結婚して家に帰れば奥さんと一緒に過ごすことで、癒されてストレス解消できる人もいます。

しかし夫婦関係が上手くいかない時には、家に帰ることでさえストレスを感じるようになるので、男性にとって癒される場所がありません。

そんな時に不倫相手の彼女が居心地に良い環境で出迎えてくれれば、心を鷲掴みされてしまう気持ちはわかります。

本来ならば家が自分にとって一番落ち着ける場所なのに、奥さんがいることで居心地の悪い環境になっているのです。

彼女との時間に癒されることで、毎日の生活を奥さんではなく彼女と過ごしたいと思うのも自然な流れでしょう。

既婚男性が不倫相手の彼女に本気になるきっかけは、一緒にいる時間に心地良いと感じることができた時です。

男性は癒しを与えてくれる女性の元の戻りたいと思うので、癒される女性が現れたことで、奥さんではなく彼女への気持ちが強くなっていきます。

本気で二人の将来を考えていることを知った時

花束横で見つめる美女
不倫をしている時点で奥さんへの愛情は薄れているのは確実ですが、離婚までは踏み切れない決断力の弱さがあるのが男性です。

やはり結婚するほど愛した奥さんへの気持ちは、簡単には捨てることができないということでしょう。

夫婦関係が悪くなったとはいえ、まだ好きな気持ちがあるのに素直になれないのかもしれませんね。

しかしお互い気持ちのすれ違いが続くほど関係も悪化していくので、いずれ離婚したいという気持ちも芽生えてくるはずです。

不倫相手の彼女との付き合いが長くなるほど、ただの火遊びが愛へと変わっていきます。

奥さんへの愛情が冷めるほど彼女への気持ちが強くなるため、もっと一緒にいたい気持ちが強くなるものです。

それでも不倫関係のままでいるのは、離婚に踏み切れない男の弱さや、離婚によるデメリットの方が大きいと考えているのでしょう。

今のままん関係がベストだと考える男性に対し、彼女が本気で愛して尽くしてくれるようになることで、いつの間にか気持ちにも変化が生じます。

「彼女と一緒になりたい」という気持ちは薄っすら不倫当初からあったはずですが、彼女が本気で愛してくれたことで一緒になりたい気持ちが強くなります。

不倫関係というのは愛を成就させることは難しく、どこかで関係を終わらせなければいけないと思っているものでしょう。

しかし彼女は純粋に二人の将来について本気で考えていると知れば、彼女への気持ちも本気に変わっていきます。

相手が結婚しているから無理だと諦めるのではなく、既婚者でも一緒になりたいと本気で思ってくれる女性がいることは、男性にとっても嬉しいことです。

奥さんと彼女はどちらが自分のことをより愛してくれているか、比べた時に彼女の気持ちの大きさを知ることができます。

自分をより愛してくれる女性と一緒にいた方が、結果的に自分も相手も幸せになれるはず。

彼女の本気の気持ちを垣間見た時に、既婚男性の気持ちも揺れ動かされて本気になっていくのです。

会わない時に寂しさを感じた

廃車の上に座る男性
不倫関係の彼女とは不倫バレのリスクがあるため、会う頻度は少なくなりがちです。

時には仕事が忙しかったり奥さんとのイベントにより、さらに会えない時間が続くこともあるでしょう。

無理をして会おうとすれば不倫バレのリスクが高くなるので、お互いリスクを冒すことはできません。

会えない時間が長くなるのは覚悟していたとしても、会いたい気持ちが強くなるほど相手の存在が心の中で大きくなっていきます。

好き同士のカップルでも会わない期間が長くなると、自然消滅で別れてしまうこともありますが、これは不倫関係でも同じです。

しかし好きな気持ちが強いほど「会えなくてもいいや」というネガティブな気持ちではなく、「早く会いたい」という強い気持ちへ変わっていきます。

会わない時間が長くなるほど寂しくなりますが、これが彼女への気持ちを本気にさせるきっかけとなるのです。

既婚男性が不倫相手に本気になる心理とは

自分のことを一番理解して欲しい

寄り添うカップル
既婚男性が不倫相手に本気になるのは、自分のことを一番に理解して欲しいという願いがあるからです。

本来ならば奥さんが一番のよき理解者であるはずなのに、夫婦関係の悪化で絆や信頼までも失われている状態。

不倫相手の彼女に癒しを求めるだけでなく一緒にいる時間が長くなるので、もっと自分のことを知って欲しいと思っているのです。

男性は仕事だけでなく、プライベートでも認めてもらいたいという承認欲求があります。

そのため彼女への気持ちが本気になるほど、自分のことをもっと知って欲しいという気持ちが強くなります。

自分を理解してくれる女性の方が、癒される環境を作ってくれると思っているのかもしれませんね。

自分の安らげる場所を見つけたい

振り向くカップル
不倫をする男性にとって、彼女と一緒にいる時間は癒しのひと時です。

普段の生活でのストレス発散や夫婦関係の悪化への不満など、嫌なことはたくさんあります。

彼女と一緒にいる時は普段の生活を忘れることができるので、ある意味現実逃避をしているのと同じです。

夫婦関係が悪くなれば家に帰るのも嫌になりますが、自分の家で安らげる場所がないというのは悲しいものですよね。

夫婦関係が悪いと顔を合わせれば不満を言われたり、話す言葉にトゲがあってイライラするものです。

少しでも一緒にいる時間を少なくするため、不倫相手との時間も長くなり、癒されたいという気持ちも強くなります。

ストレスや夫婦関係の不満が募るほど、男性は癒しを求める傾向がありますし、安らげる場所を求めるようになるのです。

もちろんすべての既婚者が安らぎを求めるために不倫するワケではありません。

人によっては自分の趣味に没頭したり、プチ旅行を楽しんだり、友達と飲むことで安らぎの時間を過ごすこともできます。

不倫をするのは趣味やお酒では安らげず、女性に安らぎを求めるタイプだからだといえるでしょう。

彼女に本気になる心理としても、安らげる場所を見つけたいという思いが強いのかもしれませんね。

本気で奥さんとの離婚を考え始めた

くつろぐ男性
不倫相手の彼女に本気になる心理は、やはり奥さんとの離婚を視野に入れていることが考えられます。

既婚男性の心理として不倫相手は遊びの関係であり、奥さんがいるから仕方ないと思っているはずです。

これが奥さんへの愛情が冷めることで、彼女への気持ちも本気度が増すことで、将来的に一緒になりたいという気持ちも強くなります。

離婚は愛が冷めたから簡単にできることではなく、経済的な問題もあるのでなかなか離婚できない人もいるでしょう。

奥さんとの離婚を本気で考えるようになれば、彼女との将来を本気で考えるようになるはず。

不倫関係から一緒になるのは大変なことも多い反面、生涯を一緒に過ごしたい相手だと思えるようになれば、本気になるのは当然です。

不倫相手に本気になったときの男性の言動

「〇〇までに離婚する」と期限を設ける

ベンチで寄り添うカップル
不倫関係の相手に対する口説き文句として、「奥さんとの関係が悪い」「もうすぐ離婚する」などと言って不倫関係を迫ることもあります。

彼女にとっては彼のすべての言葉を鵜呑みにすることはできませんが、相思相愛なら一緒になりたいと思うのは当然でしょう。

これは彼女だけではなく既婚男性も同じで、本気で彼女と一緒になりたい時には言動も変わります。

「もうすぐ離婚する」から「〇〇までに離婚する」と変わった時、既婚男性は本気になったといえるでしょう。

そもそも夫婦関係が悪化しているから不倫をしているので、奥さんとの関係が悪いことはある程度予測できます。

さらに彼女への気持ちが本気になるほど離婚したい気持ちも強くなるため、自分に言い聞かせるように期限を設けるのです。

不倫をするのは離婚したい気持ちがあっても、あと一歩踏み出せない心理が働いています。

この気持ちを払拭するためには、より強い気持ちで離婚する意思を固めなければなりません。

いつか離婚するのではなく、いつまでに離婚すると明言することにより、本格的に離婚に向けて準備することができます。

期限を設けることで準備もしやすいですし、気持ちを強く持つことができるため、より離婚に向けて動き出しやすいといえるでしょう。

また、不倫相手の彼女にとっても期限を設けてくれることは、大きなメリットがあります。

不倫関係を始めた時から曖昧な関係を続けていくことは覚悟していても、いつまでも不倫関係を続けるのは嫌なものです。

できるだけ早く一緒になるか、あるいは不倫関係を解消することがいいと思っているはず。

これを妨げているのが彼に対する愛情なので、頭ではわかっていても別れるという行動に移すことができません。

彼の方から離婚する期限を決めてくれることで、一緒になれるという目標を持って不倫関係を続けることができます。

彼の本気度が伝わってくるほど好感度も高くなるため、離婚するまでの期限を決めることはお互いにとってもいいことばかりです。

彼女への気持ちが本気になるほど離婚して一緒になりたいという思いが強くなるため、離婚に向けた話し合いだけでなく、将来のことについても話すことも必要でしょう。

「〇〇までに離婚する」は離婚に向けたカウントダウンになるため、彼女と本気で一緒になる気がなければ言える言葉ではありません。

「いつか離婚したら…」ではなく具体的な将来の話をするようになる

手を繋いで歩くカップル
不倫相手に本気になるほど、二人の将来について話をする機会も増えてくるでしょう。

彼女への気持ちが本気になるほど具体的な話が出てくるので、「いつか離婚したら…」というような曖昧な言葉は出てきません。

いつかという言葉は非常に曖昧なので、彼女もいつまで待てばいいのか不安になります。

それよりも二人の将来について具体的な話が多くなるほど、彼の本気度も彼女に伝わりやすくなるはずです。

例えば離婚後に住む場所の話になれば一緒に住むのか、あるいは彼の家に通った方が良いのかなどを話すようになるでしょう。

離婚してからすぐに同棲すれば、不倫をしていたことバレてしまうのでトラブルになる可能性もあります。

そのため彼の職場と彼女の家との距離を考えて住む場所を決めるなど、具体的な案が出るほど本気になっている証拠です。

さらに将来の生活について、お互いの意見を言い合うことも必要でしょう。

なぜなら彼は結婚生活を経験しているので、愛があっても実際に生活について話し合うことの大切さを知っているからです。

今は彼女と相思相愛でも、生活スタイルや価値観が違えば同じ過ちを繰り返すだけでしょう。

そのため将来の二人の生活について具体的な話が出てくるほど、既婚男性の本気が伝わると共に、本当に一緒になって上手くいくのかと探っているのかもしれません。

彼女との将来を考えているということは、いずれ奥さんとの結婚生活は失敗だったと認めることになります。

お互い愛し合っていても相性が悪ければ、いずれ別れを決断することになるかもしれません。

将来の話は決して夢物語ではなく、本気で将来設計を考えた時の準備として必要不可欠なのです。

いずれにしても彼が「いつか」という言葉を使わなくなった時点で、彼が本気になったと判断してもいいでしょう。

「連絡した時は必ず出て!」など束縛する言動が多くなる

スマホをいじる二人
既婚男性が本気になるほど、彼女のことを束縛したくなる気持ちが強くなります。

「連絡した時は必ず出て!」など、今までとは一変してあきらかな束縛発言が多くなることもるあるでしょう。

これは不倫関係がいつでも解消できるため、気が変わって彼女に別れると言われないように束縛したいという気持ちが強くなるためです。

今は不倫関係でも彼女への気持ちが本気になったことで、離婚するまでは今の関係を続けたいと強く願っています。

本当ならばすぐにでも離婚して一緒になりたいはずですが、簡単に離婚することはできない事情もあるでしょう。

そこでタイミングを見計らって離婚するまでは、不倫関係を維持しておきたいと思っているのです。

今までは不倫関係という曖昧な関係性でしたが、彼女への気持ちが本気になったことで離婚することも視野に入っているはず。

強気になって彼女を束縛するようになれば、彼女の方から離婚を迫られる可能性は十分あり得ます。

今までの不倫関係では彼女に迫られた時に戸惑ってしまいますが、本気になっていれば堂々と対応することもできるでしょう。

本気で離婚する意思があることもはっきり伝え、気持ちを固めることもできるので、彼女に対しても強気な態度に出ることができます。

不倫関係では強気になって束縛し過ぎても、離婚を迫られた時に何も言い返すことができません。

束縛するような発言や言動が多くなることは、それだけ彼女への気持ちが強くなった証だといえます。

そのたま自分が連絡した時は必ず出て欲しいと思うようになり、他の男と遊ばないように束縛したくなるのです。

これは不倫関係だけでなく恋愛でも同じなので、純粋に彼女のことが本気で好きになった証拠だといえるでしょう。

彼の離婚の可能性は?彼が離婚する前兆や確信が持てる本気の行動とは

今までとは違い外で会うことが多くなる

浜辺で寄り添うカップル
彼の言動や行動が変わってきた時に、本気で一緒になってくれるかもしれないと期待するでしょう。

その行動変化のひとつとして、外で会う頻度が多くなってきた時には、彼が本気で離婚を考えている前兆の可能性もあります。

不倫バレを恐れていれば、できるだけ部屋だけで会うようにするのが普通です。

既婚男性が奥さん以外の女性と一緒に外で歩いているのを目撃されただけでも、不倫を疑われてしまいます。

しかし本気で離婚を視野に入れるようになると、彼は大胆な行動をとることも多くなることがあります。

不倫相手と外で会う頻度が多くなるだけでも不倫バレリスクは高まりますが、二人の関係がバレてもいいと腹をくくっているからこそ外で会うようになるのです。

今までは部屋で会うことが多かったのに、外で会う頻度があきらかに多くなれば、離婚を考えている前兆だと確信してもいいでしょう。

不倫バレしてもいいという気持ちと、二人の関係をバラしたいという想いがあるのかもしれませんね。

その気持ちが行動に表れることで、今までコソコソと会っていたのに、急に堂々と外で会いたくなるのです。

これは言葉では言わなくても、彼女にもはっきり本気だという意思表示にもなります。

言葉で「いつか離婚する」というよりも、実際に外で会ってくれた方が女性も嬉しいでしょう。

さらには一緒になった時のことを考えて、彼女との相性を確かめているのかもしれませんね。

部屋では身体の関係を求めることが多かったですが、外で会うことが多くなればデートだけで終わることもあります。

彼女と普段の生活をシミュレーションするには、部屋だけでなく外で会って一緒に過ごすことも大切でしょう。

彼が本気になるほど不倫バレしてもいいという覚悟が出てくるものです。

部屋以外の場所で会うことが多くなれば、彼が離婚に向けて本気で考えている可能性は高いといえます。

住む部屋を探し始める

仕事をする男性
既婚者の彼が部屋を探すようになれば、本気で離婚を考えている可能性が高いといえるでしょう。

部屋を探す理由は離婚を前提に部屋を探しているのと、一時的な別居場所として部屋を探している二通りがあります。

離婚を前提にして部屋を探していれば、当然彼女と一緒になることを考えていますが、別居の場合はまだ離婚までは決断できていない状況です。

そのため彼が部屋を探していたとしても、離婚を考えている前兆だと確信することはできません。

離婚することを前提に部屋を探しているのを見極めるポイントは2つあります。

1つ目は彼女に相談しながら部屋を決めようとしていれば、離婚を前提に彼女と一緒になることを考えているはずです。

2つ目は彼女の部屋と職場との距離を考えて、部屋を決めているかがポイントになります。

1つ目は彼女と同棲することを考えたり、彼女を部屋に呼ぶために一緒に部屋を選ぼうとしています。

これは彼女との時間を部屋で過ごすことを想像しているので、いきなり同棲することは考えていなくても、二人が過ごす部屋という意味で一緒に選ぼうとしているのでわかりやすいでしょう。

2つ目は離婚したとしても、いきなり彼女と同居することはできないと考えているパターンです。

そのため職場と彼女の部屋の位置関係を考えてながら、自分がどこに住めば都合がいいかを考えています。

いずれは一緒に住むことを考えていたとしても、やはり男は仕事が生活の基盤となるため、簡単には彼女の部屋に転がり込むことはできません。

彼女の部屋が会社に遠ければ尚更なので、できるだけ自分の生活がしやすい場所に部屋を借りようと思っているのです。

彼女にとっては離婚しても同棲してくれないのかと不安に思うかもしれませんが、いきなり離婚して同棲を始めればトラブルになる可能性もあります。

奥さんにバレれば不倫が離婚の原因だと思われてしまうので、ある程度の期間が経ってから、同棲を考えているはずです。

いずれにしても住む場所を本気で探し始めた時は、離婚する前兆だと確信してもいいでしょう。

休日は奥さんと一緒に過ごさず一人で出掛ける

踊る男性
既婚男性が離婚する前兆として、休日を奥さんと一緒に過ごすことが少なくなります。

これはあきらかに夫婦関係が悪いことがわかりますが、マンネリ夫婦では休日を別々に過ごすことは珍しいことではありません。

それぞれがやりたいことをやるのも、それぞれの夫婦の形だといえるでしょう。

そのため仲の良い夫婦でも休日になれば、それぞれの趣味を楽しむことも多いため、離婚を考えているケースとあまり行動は変わりません。

決定的に違うのは一人でいろいろな場所に行くようになるということです。

一人で趣味を楽しむことはあっても、男性がどこか出掛けたりすることはあまりありません。

普段仕事でストレスを抱えやすいため、休日は家でゆっくり過ごしたいという人がほとんどでしょう。

しかし奥さんと離婚する決意をしている彼にとって、家にいることがストレスとなるため、あえて外に出掛けるようにしているのです。

場合によっては行く当てもなく、ブラブラしているとこともあるかもしれませんね。

それでも奥さんと一緒にいるよりはマシだという思いから、休日はあえて外に出掛けるようになります。

もちろん自分の趣味がある人ならば、休日は思い切り趣味を楽しむでしょう。

休日の過ごし方によって離婚を考えているか探ることができるので、一人で過ごすことが多くなっていれば離婚の前兆の可能性は高いですね。

将来を見据えた準備のために会う回数が減る

浜辺で悩む男性
離婚の前兆として不倫相手の彼女と会う回数が減るのは、少し矛盾しているかもしれません。

離婚を決意すれば堂々と彼女と会おうとするので、会う頻度も多くなるのが普通でしょう。

しかし離婚するためにはできるだけトラブルを避けるために、あえて不倫相手の彼女に会わないようにすることもあります。

奥さんからすると夫の行動変化を敏感に察することができるので、離婚を考えていることも薄々気づけるかもしれません。

それだけ夫婦関係が悪くなれば離婚するかもしれないことを覚悟しているはずですが、そうなれば慰謝料の問題にもなるでしょう。

離婚する原因が夫の浮気であれば、慰謝料もかなり高くなることは確実です。

しかし夫婦関係のすれ違いやお互いの気持ちが冷めたことが原因であれば、慰謝料も少なくて済むか、あるいは慰謝料もなしで円満離婚することもあります。

離婚はそれぞれに原因があることも多いため、離婚=慰謝料とはなりません。

そのためには不倫していることは絶対にバレてはいけないので、円満離婚するまでは会う頻度も少なくなっていくのはごく自然な流れでしょう。

それだけ彼が離婚に向けて本気になっている証拠なので、決して気持ちが離れたから会う頻度が減ったということにはなりません。

女の勘は鋭いものなので、慎重を期して離婚する数ヶ月前からは彼女と会う頻度も少なくなるはず。

また、奥さんが離婚に素直に同意するとは限らないですし、浮気調査を依頼して調べられるかもしれません。

いろいろなことを踏まえて本気で離婚を考えるほど、今まで通りのように会うことは難しくなります。

彼が「離婚するまで会う回数を減らして欲しい」とお願いしてきたら、より離婚への本気度が増していることがわかるでしょう。

スマホの履歴までチェックされる可能性もあるため、1~2ヶ月くらいは全く連絡が取れなくなる可能性もあります。

急に連絡が取れなくなって不安になるかもしれませんが、彼が本気になれば会わなくなるので、彼を信じて待つしかありません。

不倫相手を本気にさせたい!彼を本気にさせる女性の言動

「〇〇までしか待たないから」と期限を設けて追いかけさせる

距離が近い男女
不倫関係をいつまでも続けているのは不安が大きいので、できるだけ早く一緒になりたいと思っているはずです。

そこでおすすめなのは、彼に「〇〇までしか待たないから」とはっきり期限を伝えることです。

彼女にとってはちょっと強気な行動だと思うかもしれませんが、いつまでも決断できずに不倫関係を続けるのは嫌でしょう。

もしも期限を設けたことがきっかけで彼と別れてしまったとしても、彼が遊びだったということがわかります。

いくら彼のことが好きで不倫関係を続けていたとしても、遊び相手としていつまでも不倫し続けるのはリスクが大き過ぎです。

不倫バレした時のことを考えれば、遊びなら早く別れるのもひとつの選択肢になります。

彼女から期限を設けられたことで、追い込まれた彼は本気で離婚を決意するかもしれません。

離婚したくてもどこかで決断できない気持ちがあるからこそ、いつまでも不倫関係のままだったといえます。

そのため彼にとって決断を迫るうえでも、あえて期限を設けて彼を追い詰めるように仕向けてみましょう。

彼女が本気で一緒になりたいという気持ちが伝われば、彼も将来について本気で考えてくれるはず。

いつまでも不倫関係をダラダラ続けているよりも、彼を本気にさせるために追い込むことも必要です。

「恋愛したくなっちゃった」と不倫関係に飽きたことを匂わせる

頭を抱える女性
不倫関係になる女性は世間体よりも、自分の気持ちを優先する傾向があります。

俗にいう恋愛体質な女性が多いため、不倫という罪悪感よりも「自分が好きな人と一緒にいて何が悪いの?」という気持ちの方が強いでしょう。

そんな恋愛体質な女性だからこそ不倫関係になってくれると思えば、他に好きな人ができる可能性も十分ありえます。

いつまでも成就しない不倫関係よりも、普通に恋愛して一緒になった方が幸せだと誰もが考えるはずです。

そのため「恋愛したくなっちゃった」と一言伝えることで、彼には不倫に飽きたことを匂わせることができます。

彼にとってなかなか不倫をしてくれる相手もいないですし、本気になってきた時期であれば、余計に別れたくないと思うはず。

既婚男性に彼女の気持ちを考えさせるためには、いつまでも不倫関係が続くとは思わせないことがポイントです。

彼も自分の立場や状況を優先するよりも、彼女の気持ちを考えるようになるので、本気で離婚について考えるようになるでしょう。

「今の関係性に疲れてきちゃった」と不安を煽る

悩んでいる女性
不倫関係はいつまでも続けるものではないので、いずれは一緒になるか、あるいは別れるかを決断しなければなりません。

既婚男性にとって不倫相手の女性をいくら好きでも、離婚しないで不倫をしている状態では、本気だとは言えないでしょう。

心のどこかで今のままの関係でいたいと思っているかもしれませんし、奥さんと彼女のどちらも選べないほど迷っているかもしれません。

そんな彼の気持ちを本気にさせるにも、「今の関係に飽きてきた」とはっきり伝えてみましょう。

不倫相手の女性から彼女、もしくは奥さんという立場になりたいとはっきり伝えることで、彼に一緒になりたい気持ちをはっきり伝えられます。

彼にとって最悪なケースとは、奥さんと離婚したのにもかかわらず、彼女とも上手くいかずに一人になることです。

そのため安易に離婚を決断することができない気持ちもわかりますし、離婚する時にはできるだけトラブルにならないように、慎重になることも必要です。

好きでもすぐに一緒になれるというのは、大人の恋愛ではよくあることですし、特に不倫関係から一緒になるのは大変なことも多々あります。

また、今は不倫という特別な関係性で気持ちが高ぶっているので、簡単に離婚することはできないと思っているかもしれません。

しかしいつまでも彼が決断しないままでは、不倫関係をずっと続けていくしかありません。

「いつか離婚する」という彼の言葉を鵜呑みにしていては、不倫関係が長引くだけです。

彼を本気にさせるには追い込むことも必要なことなので、今の関係性を進展させるためにもはっきりと言葉にして伝えましょう。

既婚男性は覚悟を決めたら行動が変わる!彼を本気にさせるきっかけを作る

アゴクイする男性
既婚男性は不倫関係がバレないように行動しようとするため、離婚するよりも今の関係をバレないようにすることしか考えていません。

しかし本気で彼女のことが好きになれば、離婚に向けての覚悟を決めて一気に行動に移すようになります。

彼が本気になれば一気に離婚まで進み、一緒になれる日も近いかもしれません。

そのためには彼がその気になるのを待つだけではなく、彼を本気にさせるためのきっかけ作りをして、自ら幸せを掴み取りましょう。

おすすめの記事