頭を抱える女性

既婚男性との不倫の末路は不幸になるだけだと思っている人は多いでしょう。

確かにほとんどのケースでは不幸な末路を辿りますが、実はハッピーエンドな結末を迎える人も存在します。

この結末の違いにはどのような差があるのか気になるはず。

ここでは不倫で幸せになる人の特徴や不幸になる人の末路を紹介します。

不倫は不幸な結末ばかりではないので、幸せを掴みたい人はぜひ参考にしてください。

目次

不倫は不幸になる略奪婚やドロドロ不倫の末路とは

結局彼は奥さんの元に戻って自分だけが不幸に

窓際で悩む女性
彼と不倫関係になったときは、「今が幸せならばそれだけでいい」と思いながら付き合う人もいるでしょう。

しかし彼との不倫が長くなるほど、彼に対する愛情が深くなり、一緒になりたいと思うことは珍しいことではありません。

彼の気持ちを奥さんから自分に振り向かせるため、すべて彼に尽くすようになります。

彼も一緒にいる時間に幸せを感じており、将来の話までするようになれば略奪婚はすぐ目の前だと思うでしょう。

彼の口から「妻とはもうすぐ離婚するから」という言葉を聞いたときから、彼と一緒になることを目標に頑張ってきたのに・・・。

不倫関係はそれほど長く続くものではなく、大抵が奥さんに浮気していることがバレてしまいます。

奥さんにバレた以上、はっきりと離婚する意思を示すかと思いきや、彼は奥さんと頑なに離婚したくないと関係修復を求めていました。

自分の生活のすべてを彼のために尽くしてきたのに、不倫がバレた瞬間に彼女のことなど遊びだったと簡単に切り捨てしまいます。

散々奥さんの愚痴ばかり言ったり、二人で将来のことまで話し合っていたのに、結局彼は奥さんの元にあっさり戻ってしまう彼。

別れるときも「奥さんに不倫してるのがバレたから、もう連絡しないで」の一言だけ。

今まで彼のためにしてきたことはすべて無駄で、都合のいい女だったことに気づくことができるでしょう。

結局彼は奥さんとヨリを戻して幸せになったことで男性不振になり、恋愛すらできずに一人寂しく過ごすことになるのです。

慰謝料請求されて生活苦になった

見つめる美女
不倫という秘密の関係は、バレてしまえば大きな代償を払うこともあります。

彼との不倫関係が始まって以来、バレないための対策はしっかりとしていたはずでも、女の勘を甘く見た結果、すぐに不倫がバレてしまうものです。

自分の夫が他の女と浮気をしてるとなれば、女のライバル心に火が点いて、夫よりも相手の女に攻撃するケースは多々あります。

浮気をした夫が悪いのは当然ですが、これから奥さんには頭が上がらないので、自分が優位な立場になることもできるでしょう。

それよりも許せないのが、結婚しているとわかっていながら夫をたぶらかした不倫相手の女です。

女同士の戦いやライバル心は想像以上に激しいので、相手をとことん潰そうとするでしょう。

当然ながら不倫がバレたことで慰謝料請求され、夫とは今後一切、会わないことを誓約させられます。

不倫をしている時点でバレたら慰謝料請求されることは容易に想像できますが、バレるとは思っていませんし、本当に慰謝料請求されるとも思っていない人は多いでしょう。

実際に慰謝料請求されると数百万という金額となるケースも多く、逃れることができずに払い続けるしかありません。

彼と会うことはもちろんできませんし、ほとんど奥さんの元に戻ってしまうことが多いのも事実です。

これが奥さんと離婚した彼と二人で慰謝料を払うなら我慢もできますが、彼はあっさりと裏切って奥さんの元に戻ってしまうことが多いですよ。

「こんな彼のために何をしていたんだろう・・・」と気づいたときには時すでに遅しで、不倫の代償は毎月払う慰謝料だけが残ってしまいます。

不倫してることが会社にバレて居づらくなって自主退社

車の上の座る女性
不倫関係になる相手はごく身近な人を選ぶケースは多いでしょう。

女性にとって魅力的な男性はいらくでも身近にいますが、ほとんど結婚しているのが現実です。

職場の上司は仕事もできますし、自分が困っている時に助けてくれる頼れる存在なので、仕事仲間というよりも異性として意識してしまうのは仕方ないでしょう。

しかも上司の方が年上であれば、若い社員から言い寄られると嬉しくなってしまい、既婚者でも一線を越えてしまうことはよくあります。

社内恋愛ならぬ社内不倫は、より身近にいるからこそドキドキ感を感じ、二人の恋も燃え上がっていくことになるでしょう。

上手くいけば毎日仕事に行くのが楽しくなりますが、少しでもまわりの同僚に疑われてしまえば、一気に職場が居づらい環境に変わってしまいます。

どの職場でも必ずいる噂好きにより、社内で怪しい関係になれば、たちまち噂が広まって社内で話をすることすら難しくなるでしょう。

すると社外で会うことだけが楽しみになりますが、どんなに気をつけていても同僚に二人でいる場を目撃されてしまうものです。

噂レベルだった話が真実だと社内で持ちきりになり、浮気相手の上司と自分が注意されることになります。

上司の彼は厳重注意で済むかもしれませんが、浮気相手と一緒に仕事をさせるわけにはいかず、自分が部署移動したり違う仕事をさせられることになるでしょう。

さらには女社員から白い目で見られるようになり、自分の味方が誰もいない状況になれば、自ら会社を辞める選択肢しかなくなります。

不倫によって生活基盤である仕事を失ってしまうのは辛いものです。

略奪するまではできたのに他の女の所に行ってしまった

道路に立つイケメン
不倫関係になるのは二人が何となく惹かれ合うことにより、自然と関係がスタートすることがあります。

相手は既婚者なのでダメだとわかっていても、自分の気持ちに嘘をつけずに不倫関係になれば、将来的に略奪婚まで考えることもあるでしょう。

不倫関係になった当初に比べると、関係が続くことでお互いの絆が深くなり、さらに燃え上がっていきます。

彼の気持ちが本気になるほど奥さんとの離婚を考え、実際に離婚してくれたことで幸せな未来が待っていると思っていたことでしょう。

しかし彼が離婚してすぐに結婚してもらえず、一緒になるどころか他の女の所に行ってしまったのです。

元々夫婦関係が破綻していたので、離婚することはお互い了承済みだったので、結婚するために離婚したワケではありませんでした。

彼との不倫から略奪婚まで夢見て頑張ってきたのに、直前になって裏切られたことになります。

彼にとって結婚は窮屈なものであり、離婚したことで今まで我慢してきた女遊びのタガが外れ、思い切り遊ぶようになってしまったのです。

その結果が略奪婚ではなく、不倫相手を捨てて他の女の所に行ってしまったのです。

結果を考えれば彼と結婚しても上手くいかなかったかもしれませんが、彼と一緒になる直前に裏切られたことは、男性不振になってもおかしくはありません。

略奪婚に成功したことで身内と疎遠になった

待ち時間にスマホを見る女性
彼との不倫関係の最終目標は、奥さんから彼を奪って略奪婚すること。

女性が本気になって男性を自分のモノにしたいときは、たとえ相手が既婚男性でも関係ないですし、結局は二人の気持ちの問題だと思っていることでしょう。

既婚者を口説いても奥さんのことを愛していれば、誘いに乗らないはずなのに、浮気するのはそれだけ奥さんよりも魅力があったというだけのこと。

女の戦いはシビアでしたたかなので、寝取られる方が悪いと思っている女性は多いでしょう。

実際に彼を自分のモノにして略奪婚に成功したことで、彼との幸せな生活が送れると思っているかもしれません。

しかし他人の不幸の上で自分たちだけが幸せになるのは、よほどの幸運でなければ難しいでしょう。

なぜなら自分たち二人だけが不倫を正当化しても、まわりが不倫を認めない人が多いからです。

彼の両親は妻を捨てて新しい女の元に行ったとなれば、手放しに喜んでくれるはずがありません。

親は子供の幸せを願うのは当然ですが、別れた奥さんへ申し訳ない気持ちでいっぱいでしょう。

さらに彼の親戚などの身内は、妻を捨てて略奪婚によって幸せになることを良しとしない人は多いはずです。

略奪婚に成功しても彼の両親だけでなく、親戚一同にまで「彼を寝取った女」だと思われているので、彼の身内との付き合いは難しいでしょう。

自分の両親や身内も同様で、結婚することは喜んでくれても、その過程が不倫の果ての略奪婚だとわかれば心からの祝福は期待できません。

当然ながら結婚式を挙げたくても、祝福してくれる人がいないことがわかっているので、身内だけの結婚式すら難しいでしょう。

結婚は二人だけの問題だと思っている人は多いですが、やはり家同士が繋がる大きなイベントでもあります。

本来なら結婚して心から祝福してくれる人たちが、略奪婚の果ての結婚となれば、心から祝福することができなくなってしまいます。

略奪婚に成功したことによって幸せだと思っているのは二人だけで、身内とは疎遠になることも覚悟しなければなりません。

不倫が不幸になるのは引き際や見極めなどのタイミングが大切

彼から2週間以上連絡がない

スマホを活用する女性
不倫関係はいつまでも続けられるものではありませんし、引き際を間違えてしまうと泥沼にハマッてしまいます。

彼のことを信頼したい気持ちはわかりますが、ずっと連絡がない状況が続いているのに彼を信じていれば、自分が辛い思いをするだけです。

不倫バレしないようにある程度連絡は控えた方がいいですし、バレそうになったら連絡しない判断も必要でしょう。

奥さんに浮気していることがバレないように、慎重に行動することが不倫関係を継続させるための秘訣です。

だからといって彼がいつまでも連絡して来ない状況は、浮気バレを警戒しているというよりは、不倫関係に飽きたか他に女がいる可能性も考えられます。

不倫する男は基本的に考え方がチャラいので、一人の女だけで満足できずに、複数の女と不倫関係になることもあるでしょう。

不倫をしているのは自分だけでなく他にも女がいると考えれば、連絡して来ない理由も納得できるはずです。

自分だけが彼のことを信じて待ち続けても、結局辛い思いをするだけなので、どこかで彼との関係を解消しなければなりません。

不倫関係では1週間程度は連絡ないのはよくあることで、家族サービスや仕事が忙しければ連絡しないケースは考えられます。

しかし2週間音信不通となれば、自分への興味がなくなっていると判断してもいいでしょう。

彼にとって本当に暇な時間ができたときに会える都合のいい女扱いされているので、いつまでも関係を続けていても無駄です。

彼との関係を続けていても幸せになれる可能性はゼロなので、不幸になる前に別れるべきですね。

不倫関係が長く続いても進展があるとは思えない

スマホをいじる赤い服の女性
不倫関係がある程度長く続いていくと、そこから二人の関係性に進展を望むのが普通でしょう。

ただの浮気であれば一時の火遊びで終わりますが、不倫関係が長続きすると恋愛感情だけでなく信頼関係を求めるようになります。

不倫関係の最終目標は略奪婚になることが多く、奥さんよりも自分を選んで欲しい女心が勝ってしまい、結婚を望むようになるはずです。

しかしいつまでも関係が進展しないのも不倫関係の特徴で、男にとって結婚と不倫は別物だと考えています。

結婚生活に不満を抱いているからこそ不倫をしているのに、離婚してまで新たな結婚生活を送りたいとは思わないでしょう。

結婚するときはラブラブだったのに、結婚後は辛い思いしかしていない経験をしているので、結婚をしたいと思わないのは当然かもしれませんね。

そんな彼の気持ちとは裏腹に略奪婚を夢見て不倫している女性側とすれば、いつまでも関係が進展しないことに苛立ちを覚えるはずです。

「このまま不倫関係が続けば、いずれは彼が私のことを選んでくれる」というのは妄想であり、いつまでも妄想を夢見ていては自分が辛い思いをするだけ。

言葉では上手いことを言っても、結局は離婚する気がない男性がほとんどですし、不倫関係を継続させるためのエサとして上手いことを言っているでしょう。

二人の未来が想像できないと気づいた時点で彼の元から去らないと、いつまでも妄想に囚われてしまい、自分が不幸になっていくだけです。

彼にセフレのように扱われていると感じるようになった

ベッドに横になる下着姿の女性
彼と不倫関係を続けているのは、身体の関係だけを求めているからではないでしょう。

心の繋がりや信頼関係が結ばれることによって、二人だけの秘密の関係を続けていくことができます。

しかし、自分の気持ちとは裏腹に、彼はセフレだと思われているケースは少なくありません。

不倫相手には癒しや心の繋がりを求めることが多いので、セフレとは大きな違いがあります。

それなのに彼がセフレ扱いをしていると感じたときには、これ以上の関係を進展させるのは難しいので別れを考えるべきでしょう。

男にとってセフレは単なる割り切った身体の関係であり、相手の気持ちなど考えることはありません。

会いたいときに会って身体を重ねるだけの関係なので、そこから恋愛感情や信頼などは生まれることはないでしょう。

毎回会うたびにセックスするのは不倫関係でもよくあることですが、同じパターンで会うことが続けばセフレ扱いされているかもしれませんね。

どこか旅行に行くこともなく、誰にもバレないように会うのはいつものホテルの一室。

セフレ扱いする男性と一緒になっても不幸になるだけなので、いくら彼のことが好きでも引き際を考えることは必要です。

彼に会うのがめんどくさいと感じるようになった

スマホを見る女性
不倫関係を継続させるには、細心の注意を払って会わなければなりません。

バレずに関係を続けることは精神的にも大変なことですが、彼に対する愛情によって続けることができるのでしょう。

しかし、いつまでもラブラブな状態は燃え上がる恋ができるはずはなく、いずれはマンネリ関係に陥ってしまうもの。

気持ち的に冷めてくると、彼に会うのがめんどくさいと感じるようになります。

男女の恋愛ではよくあることですし、気持ちの問題は不倫関係でも同じです。

頑張って不倫関係を継続していても、いずれは不倫関係をやめなければいけないことは、頭の中ではわかっています。

略奪婚で祝福されることは望んでいませんが、そこまで彼のことが本気で好きかと問われれば、答えに迷ってしまうでしょう。

やはり「好き」程度で不倫関係を続けていても、いずれ飽きてしまう可能性は高いですし、一緒になるには高いハードルをクリアしなければなりません。

いくら好きでも彼に会うのがめんどくさいと感じるようになれば、気持ちも冷めかけている状態なので、不倫の引き際だといえます。

ここからダラダラと関係を続けてしまうと都合のいい女になるだけなので、引き際のタイミングを誤ってしまうと辛い思いをするだけですよ。

不幸な不倫の末路をたどる女性のタイプ

彼に依存してしまうタイプ

セクシーなニット姿
不倫関係の結末が不幸になる女性のタイプは、彼にすべてを依存してしまう女性です。

男性のことが好きになると尽くしてしまい、彼のことが自分の生活の中心となってしまう女性は依存しやすいタイプだといえます。

何をするにも彼が中心となってしまうので、不倫関係でもすべては彼の言いなりになって事が進んでいくはず。

彼が自分のためにリスクを冒してまで会ってくれることに悦びを感じ、それに応えるように彼のためにとことん尽くしてしまうのです。

最終的には彼と一緒になることを夢見ていても、彼には都合のいい女やセフレ扱いされてしまうことも少なくありません。

尽くすことで彼の気持ちを引き寄せようとしていることが、彼には逆効果となってしまうのです。

不倫相手の彼に依存して一緒になれないと、精神的にも大きなダメージを受けることになるでしょう。

依存しやすい女性は彼を信頼して尽くした結果、結局はフラれて辛い思いをすることになるのです。

自分に自信があって負けず嫌いなタイプ

四つん這いの女性
既婚男性だとわかっていながら不倫をするのは、負けず嫌いなタイプの女性は多いですね。

彼を奥さんから奪い取りたい気持ちが根底にあるからこそ、結婚しているのを承知で関係を持っているのです。

「彼には私の方がお似合いよ」という気持ちから、彼を自分のモノにしたいという想いに変わっていきます。

自分に自信があるからこそ彼に猛烈アタックできますし、奥さんには負けたくないという想いが不倫関係を継続させる原動力になるのです。

自分に自信があって負けず嫌いなタイプの女性は、不倫関係をやめると相手に負けたという気持ちになります。

そのため、彼を奪い取るためとことん頑張ってしまい、結局は精神的、肉体的にも疲弊してしまうケースも少なくありません。

不倫関係が続いている間は彼の奪い合いをしている気持ちが強いため、彼が妻か不倫相手のどちらかを選ぶまではやめられないのです。

最終的に彼が奥さんを選ぶと、女の戦いに負けたという精神的ダメージを負い、彼にも裏切られて一人になるだけです。

好きな彼のために尽くしてしまうタイプ

舌を出す仮面女性
恋愛では彼に尽くすことを生きがいのように思っている女性もいますが、不倫関係の場合でえは尽くし過ぎると不幸になるケースは多いですね。

尽くすことで彼の気持ちを自分に向けたいと思っていても、彼にとっては都合のいい女止まりにしかなりません。

会いたいときに会って、都合が悪いといつまでも待ち続けてくれる女性は、なかなか手放すことはできないでしょう。

彼との不倫関係が続くことで、強い絆や信頼関係が構築てきていると思っているのは女性側だけ。

彼にとって所詮都合のいい女なので、将来離婚して一緒になることなど考えてはいないでしょう。

それなのに彼のことを信じて尽くしている女性は、いつかは一緒になって幸せになれると信じているので、不倫関係の結末は不幸な未来しか見えません。

不倫をしても幸せになった末路は?別れと略奪婚がある

夫婦関係が破綻していたのであっさり略奪婚に成功できた

月夜にキスをするカップル
彼との不倫関係が始まった頃には、すでに夫婦関係が破綻していたので、あっさりと略奪婚に成功したケースもあります。

不倫関係になるきっかけはいろいろありますが、彼が結婚していることを承知で付き合っていることは間違いありません。

彼も「妻との関係とは上手くいってないから」とは言っても、ほとんどの場合は鵜呑みにすることはできないでしょう。

しかし、本当に夫婦関係が破綻していることにより、奥さんも彼の浮気を容認するケースも少なくありません。

女は愛情が無くなると一気に興味を示さなくなるので、夫が何をしようと構わないから自分も好きにするという人は多いでしょう。

いずれタイミングを見て離婚することを決めていれば、話し合いによって円満に別れることができます。

そのタイミングで不倫していたとしても、トラブルになることはないでしょう。

不倫関係から略奪婚というよりも、少しの期間だけ不倫関係だっただけというケースの方が強くなります。

夫婦関係は本人たちにしかわからないことも多いため、上手くいっているかはわからないものです。

彼の言葉を鵜呑みにして不倫関係になって不幸になることもありますが、夫婦関係が本当に破綻していれば、略奪婚から幸せな結婚生活を送ることもできます。

不倫発覚から略奪婚までの間に彼の気持ちを知ることができた

スマホチェックする女性
略奪婚はドロドロとしたイメージもありますが、実際には彼の純粋な気持ちを知ることができて幸せになったケースもあります。

不倫をしているときはまわりが見えなくなっても燃え上がることもありますが、トラブルになるとあっさり別れを切り出して元サヤに戻る男性も少なくありません。

結局不倫関係を本気に考え、離婚してまで一緒になりたいと思う人は少ないと諦めている女性は多いでしょう。

実際に不倫がバレてしまったときは、精神的にも辛い時期が続きますし、本当のこのまま彼と関係を続けていいのか悩むはずです。

客観的に考えれば不倫をした二人が悪いのは必然で、妻の立場になれば許せないのは当然でしょう。

そんなときこそ彼の本当の気持ちを知ることができるので、結果的には幸せになれることもあります。

夫婦生活が破綻していても世間体や将来の生活のことを考えて、離婚しない夫婦は多いでしょう。

それでも別れたいなら慰謝料を請求されますが、お金で解決できるなら喜んで離婚してくれる彼の態度に惹かれてしまうはずです。

不倫がバレたときにあたふたするのではなく、はっきりと「彼女と一緒になるから別れてくれ」と言って離婚してくれたら嬉しいですよね。

そして実際に結婚してくたら、彼が本気で私のことを愛していることがわかりますし、一生ついていこうと思うはず。

不倫はいけないことだとわかっていても、結果的に彼の本当の気持ちと決意を知ることができたことで、幸せをつかむことができたのです。

不倫を経験したことで平凡な日常に幸せを感じるようになれた

ダブルピースする女性
不倫関係中は普段では味わえないスリルやドキドキ感を感じられます。

誰にもバレてはいけない関係なので、会うためにいろいろ偽装工作したり、二人にしかわからない合図を決めることもあるでしょう。

二人の秘密の関係性が続くことで絆も深まり、より不倫にのめり込んでしまうのです。

不倫を続けていると、いけないことをしているドキドキ感だけでなく、いつバレるかわからない状況に怯えて生活することにもなります。

浮気がバレたら慰謝料請求されたり、仕事場に変な噂話が流されれば働きにくくなるのはわかっているからう。

そのリスクを承知で不倫関係を続けているのは、それだけ彼のことが好きだからという理由しかありません。

しかし、結局不倫は長続きすることなく、奥さんの元に戻っていくものです。

いずれ不倫関係がバレてしまうのはわかっているので、トラブルなく元の生活に戻ることができたのはラッキーかもしれません。

好きな彼と別れることは辛いですが、不倫を経験したことで日常生活に幸せを感じられるようになります。

誰にも怯えることなく堂々と生活できますし、好きな人ができれば思う存分好きなこともできるでしょう。

大人になるとただ好きというだけでは一緒にいられないので、好きな男性と一緒にいるだけで幸せを感じるようになります。

不倫をした過去が幸せな結果を導くタイプの女性とは

彼のことを本気で愛することができる女性

横たわって見つめる美女
人を本気で愛することができる女性は、本気で愛されることも多くなります。

恋愛では相手に何かを求めるよりも、無償の愛を貫いた方が相手もその期待に応えてくれるものです。

不倫関係でも本人たちは本気の恋愛をしており、相手を心から好きになったことでリスク承知で付き合っています。

相手のことを本気で愛することにより、愛される人になることができるため、たとえ略奪婚に成功できなくても人から愛されるようになります。

不倫するほど彼のことを本気で愛した行動力は、これからの恋愛にも大きな影響を与えるはずです。

自分の考えで行動できる女性

服を肩にかける大人の女性
不倫は彼が既婚者だとわかっていながら大人の関係を持つことなので、すべて自分の責任です。

彼のことが好きだから、相手が既婚者でも奪い去りたいと思うのは本能的には自然なことです。

理性があれば既婚者に手を出すことはありませんし、もっと他のいい男を探そうとするでしょう。

しかし、自分の考えて行動するようなタイプの女性は、既婚者にアタックするのも諦めるのも自分の気持ち次第です。

好きなのに諦める必要はないと思えば、たとえ既婚者でも積極的にアプローチすることができます。

不倫関係では奥手なタイプよりも、やはり積極的に行動できる女性の方が圧倒的に幸せになりやすいです。

好きな相手を奪い取るのに、相手を気にしてたら負けるのがオチだとわかっていますし、どんな結果になろうとすべては自己責任だと思っています。

不倫を経験したことで自分の知識や行動力に影響を与え、経験したことがプラスになるようにさらに努力することができるはず。

こういった積極的な女性ほど、自ら幸せになるための努力を怠らないので、不倫を経験したことで幸せを掴むことができるのでしょう。

ポジティブで幸せになる努力を怠らない女性

赤い下着姿の女性を口説く男性
ポジティブな女性はどんな男性からも好かれやすいので、幸せになる女性のタイプでも多いといえます。

たとえ不倫関係だったとしても、自分が信じるのは好きな男性への今の気持ちなので、純粋に好きな気持ちを行動に表しています。

男性はいつでも明るくポジティブな女性に好感を抱きやすく、ずっと一緒にいて癒されたいと思うはずです。

不倫相手の女性に癒されることにより、本気で離婚を考える男性もいるでしょう。

また、たとえ別れてしまったとしても、次の恋愛に向かって前向きに進むことができるのも大きな強みです。

不倫を経験したことによって男選びも慎重になるはずですが、大切にしていることは自分の気持ちなので、いつでも同じように恋愛に全力投球するはず。

ポジティブな女性との時間は癒しや安らぎを感じやすいので、結果的に男性に愛されて幸せな未来を築くことができることでしょう。

不倫をしても不幸になっていく人も幸せな人生を歩む人もいる

不倫は二人の愛と絆の深さが試される

抱き合うカップル
不倫の結末の多くは幸せになることができないケースが多いですが、これは誰かが幸せになれば、他の誰かが傷つくことが要因です。

既婚者との不倫関係で盛り上がった二人にとって、幸せな未来を想像して愛を育むことはあるでしょう。

しかし、彼の奥さんにとっては見知らぬ女に夫を寝取られたことになり、奥さんの不幸の上に二人の幸せを築こうとしているのです。

逆の立場であれば許せないことはわかっていても、好きな気持ちを抑えきれないことで不倫関係に発展してしまいます。

不倫関係中はいろいろなトラブルも多いため、彼との愛の深さが試されることが多くなるでしょう。

二人だけの秘密の時間は楽しいものですが、不倫がバレた瞬間から辛い思いをすることも少なくありません。

それでも一緒になるという強い決意があるのか、二人の愛の深さが試されることになります。

安易な気持ちで不倫をすると泥沼にハマッてしまう

眠そうな女性
大人の恋愛は好きだけではどうすることもできないケースも多く、不倫に関しては社会的な制裁を受けることもあります。

そもそも不倫関係になるのはお互いが惹かれ合っているからですが、結婚している人との恋愛はタブーなのはわかっているはず。

それでも一緒になりたいと思うのは、それだけ相手に対する愛の大きさを感じますが、必ずしも本気で愛してる相手とは言い切れない部分もあります。

恋愛では好き同士なら付き合うこともできますし、すぐに別れるのも本人たち次第です。

同じような感覚で既婚者との恋愛を楽しみたいと思っている人も多く、既婚者の男性も女性からモテるので舞い上がってしまうのでしょう。

不倫という大きな代償を伴う恋愛のリスクを知らず、気軽に大人の関係を望む人も少なくありません。

この根底には「バレなければ大丈夫」という気持ちが強く、実際にバレずに何ヶ月も関係を続けることも多いでしょう。

女性がなぜ既婚男性を選ぶのかといえば、それだけ魅力的な男性が多いから。

他の女性に選ばれた男性というステータスもありますし、大人の男性としての魅力があるのも確かです。

カッコいいというイメージが先行すれば、それだけで憧れる存在になります。

「こんなカッコイイ男性と結婚してる奥さんは幸せ者」という気持ちから、私も幸せになりたいという想いに変わっていくのも時間の問題です。

魅力的な男性との不倫関係がスタートしてしまえば、そこから簡単には抜け出すことができなくなってしまいます。

普通の恋愛では味わえないドキドキ感やスリルに興奮し、奥さんよりも私を選んでくれたという満足感は、何物にも代えがたい至福の気持ちでしょう。

安易な憧れや好きな気持ちから始まった不倫関係にのめり込んでしまい、結果的に不倫がバレて泥沼にハマッてしまうケースは少なくありません。

不倫がバレても悪びれることなく、彼は私を選んでくれたという気持ちが強いため、彼を奪うか奪われるかの戦いに発展してしまうのです。

こうなれば平穏な生活に戻るまで時間がかかりますし、仕事やプライベートでも大変な思いをすることになるでしょう。

不倫の結末は誰にもわからないからこそ、自分の力で彼のことを手に入れようとするのです。

不倫の結末は誰にもわからない

目をつむる女性
不倫の結末は誰にも分らないからこそ、彼を手に入れるために努力を惜しまない女性は多々います。

「結婚しているのは私よりも、たまたま先に彼と出会えただけ」なので、私の方が先に彼と出会っていれば結婚できたはずだという思いがあります。

また、夫婦関係が破綻しているかは夫婦本人たちにしかわからないことですし、不倫をしてる時点で彼を奪えるチャンスはあるはず。

いずれにしても不倫は不幸な結末だけではなく、幸せな未来もあることを願っています。

純粋に好きな彼と一緒になりたいという想いが強ければ、不倫でも関係なく幸せを掴めると信じているのです。

まとめ

キスしようとするカップル
不倫をしても不幸になるケースは多く、結局浮気がバレたときは奥さんの元に戻る男性ばかりでしょう。

しかし、中には不倫の果てに幸せになれたというケースがあるため、多くの女性は不倫相手の彼の言葉を信じて、幸せな将来を夢見ているのでしょう

不倫の先にあるのは不幸せな結末だけではいので、二人の愛が本物であれば一緒になることはできます。

不倫関係を経て幸せになれる人は「本気で愛し、前向きな行動ができる人」です。

幸せな結末を迎えるためにも、じっくりと二人の絆を深めてタイミングよく一緒になることを目指してください。

おすすめの記事