見つめる美女

不倫関係が嫌で彼と別れてしまった後、好きな気持ちを忘れることができずに復縁したいと悩むこともあるでしょう。

不倫をしている状況ではいつまで経っても恋を成就できないので、もどかしい気持ちでいっぱいです。

それでも一緒にいることの幸せを感じられたことで、別れてたことを後悔することはよくあること。

そこで既婚男性とスマートに復縁するための方法を紹介します。

奥さんに不倫がバレて別れた後に復縁する方法も紹介するので、未練がある人はぜひ参考にしてください。

目次

不倫相手と元サヤに戻りたくなる男性心理を分析

不倫をしていた時のドキドキ感が忘れられない

向き合って抱き上げる
不倫関係を続ける理由として、ドキドキ感を味わいたいという理由で続けている人もいます。

普通の恋愛では味わえない感覚が不倫では体験できるので、普段物足りないと思っている人には不倫のドキドキ感は忘れられないでしょう。

不倫は奥さんに対する罪悪感もありますし、世間的に不倫はいけないことだとわかっています。

そのため不倫関係を解消して夫婦関係を改善しようと思っても、不倫相手の彼女を愛していれば、簡単に忘れることはできないでしょう。

恋愛では恋が成就しないことはよくあることなので、いくら好きでも諦めなければいけないことはたくさんあります。

不倫をしていた時のドキドキ感を忘れることができなければ、いくら夫婦関係の改善を試みても毎日の生活は物足りないものになってしまいます。

何気ない日常が幸せだと思うよりも、物足りない生活に不満やストレスを感じるようになるのです。

不倫は誰かに見られたり二人の関係がバレてしまえば、今の生活が一変するほどのダメージを受けます。

そのため彼女との絆は普通の恋愛している時よりも、格段に深まっていくといえるでしょう。

二人だけの秘密の関係が絆を深め、お互いを信頼し合える関係が短期間で二人を結びつけます。

恋愛では時間をかけて人となりを判断したり、お互いの性格を知りながら相性を確かめ合う流れが普通でしょう。

これが不倫関係だと一気に二人の関係が盛り上がれるので、短期間でより二人の絆が深まり、燃え上がる恋を体験できます。

相手のことを良く知るよりも二人の絆がすべてで、毎回ドキドキしながら会うことになります。

心理学では吊り橋効果というのがあり、二人で一緒に危険な体験をすることで、相手に恋をした時のドキドキと勘違いします。

このドキドキが相手に対する好きな気持ちと錯覚し、相手のことを好きだと勘違いするという効果です。

不倫では毎回誰にも見られてはいけないという状況の中で会うため、ドキドキ感を味わいながら会うことになります。

二人の恋を一気に加速させる環境が不倫関係を盛り上げるので、不倫関係を解消してもドキドキ感が忘れられずにいるのです。

これが不倫関係を解消しても、また復縁して元サヤに戻りたいという男性心理のひとつです。

不倫相手にかぎらず関係を持った女性には未練を持ちやすい

仰向けに寝る美女
男性は恋愛や不倫にかぎらず、一度でも身体の関係を持った女性には未練を持ちやすいものです。

女性を口説いて関係を持ちたいという願望を叶えられた時、女性に対して特別な感情を抱きます。

今まで普通の女友達だった女性でも、一度身体の関係を持てば特別な女性になるのです。

そのため恋愛や不倫関係になった女性には、恋愛感情だけでなく特別な女性として意識するようになります。

これはたとえ別れたとしても、一生特別な女性として記憶の片隅の残ることになりるでしょう。

不倫という特別な関係になった女性のことは、より強い印象が残っているので特別な女性になるのは間違いありません。

別れたことで特別な存在である彼女のことを想い続けるのは、男性ではよくあることですが、簡単に忘れることができないのも事実です。

いくら不倫関係を解消しても、すぐに夫婦関係が良好になることはありません。

しかも別れた理由によっては彼女への未練が強くなるため、より復縁したい気持ちが強くなるでしょう。

男性は特別だと思う女性への未練を断ち切ることは簡単ではないので、不倫相手への未練はよほどのことがないかぎり持ち続けているものです。

他の不倫相手がなかなか見つけられない

電話をかけながら見つめてくる男性
不倫関係を解消したところで、すぐに普通の生活に戻ることはできないでしょう。

奥さんとの関係が悪いから不倫をしているので、彼女と別れたからといって元通りの夫婦関係に戻ることは難しいものです。

しかも不倫をしていた時のドキドキ感を味わってしまえば、平凡な日常生活に物足りなさを感じてしまうかもしれませんね。

一般的には物足りないと思う生活が幸せな生活になりますが、不倫を経験した男性にとっては物足りない日常はストレスでしかありません。

そこで他に不倫をしてくれる女性を探そうと思っていますが、実際には簡単に見つけることはできないでしょう。

そもそも既婚者でも好きになってくれる女性を見つけることは難しいですし、身近にいる女性で不倫OKという人を探すことは困難です。

普通に彼女を見つけて恋愛することすら難しいのに、相手が既婚者だと知っているのにもかかわらず、あえて困難な不倫関係を望む女性はいないでしょう。

たまたま自分のことを好きになってくれた女性が、どうしても忘れることができずに、不倫関係でもいいから一緒になりたいと思うものです。

既婚男性が不倫相手を探すためには、純粋な恋愛感情だけで見つけることは難しいといえます。

それだけ不倫相手を見つけることが難しいとわかれば、元サヤに戻って復縁したいと思うのは自然な流れかもしれませんね。

一度不倫関係になった女性であれば、もう一度不倫をするのもハードルが低いといえるでしょう。

別れてから他に不倫相手を探すよりも、元サヤに戻って不倫を再開した方が手っ取り早いといえます。

他の女性を好きになって不倫関係になれたら最高ですが、そう簡単には次の不倫相手を見つけることはできないでしょう。

そのため次の相手が見つけられないことから、元サヤに戻って不倫を再開したいと思っているのです。

やっぱり奥さんとの関係が悪くてストレスを感じるようになった

膝を抱えて悩む男性
不倫をしている時にはいくら奥さんとの関係が悪いとはいえ、罪悪感を感じているものです。

奥さんのことが嫌いならすぐにでも離婚しているはずなので、不倫をしているということは、まだ奥さんへの愛情が残っているということでしょう。

そのためいくら夫婦関係が悪くなったとはいえ、一緒にいれば良い時も悪い時もあるものだとわかっています。

それでも不倫関係になってくれる女性がいれば、魔が差したり火遊びのつもりで不倫をしてしまうのは男の性です。

罪悪感から不倫相手の彼女と別れたとしても、奥さんとの関係が良くなるとはかぎりません。

むしろ罪悪感を感じている状況では、心から奥さんのことを愛することはできないでしょう。

さらに奥さんもいきなり夫との関係を改善しようとは思わないので、結局は不倫をする前のすれ違い状態のままになる可能性は高いといえます。

いくら奥さんとの関係を改善しようと思っても、奥さんも同じ気持ちでなければ難しいものです。

結局は奥さんと一緒にいる時間がストレスとなるため、また居心地の良い環境を求めて不倫をしたくなります。

不倫関係をやめても奥さんとの関係がよくならなければ、夫婦生活にストレスを感じて元サヤに戻りたいと思う気持ちが強くなるのです。

不倫中の生活が恋しくなり寂しさから復縁したくなる

座って考え込む男性
不倫関係を続けていると、夫婦生活とは違った恋愛を楽しむことができます。

夫婦生活はある程度落ち着いてくると恋愛感情ではなく、家族という絆で結ばれていくものです。

そのため愛する気持ちとは違った家族という気持ちにより、二人の関係性も特別なものになっていくでしょう。

夫婦生活が長くなると恋愛していた時のようなラブラブな気持ちや、ドキドキ感を忘れてしまいます。

これはどんなにラブラブなカップルだったとしても、一緒にいる時間が長くなることでラブラブ度が薄れていくので仕方のないことです。

不倫関係になると奥さん以外の女性と恋愛することになるので、恋愛し始めのドキドキ感を味わえます。

さらに不倫関係ではバレてはいけないというドキドキ感が増すため、よりスリリングな恋愛体験をすることができるでしょう。

何気ない夫婦生活に物足りなさを感じているのが一変して、不倫はドキドキするような恋愛体験が刺激的に感じるはずです。

一度不倫のドキドキを味わえば病みつきになることも十分あり得るため、不倫から抜け出せなくなってしまうことも珍しくありません。

不倫期間中は彼女とラブラブな時間を過ごせるため、夫婦関係では味わえなかった恋愛体験を楽しめます。

恋愛していた頃の忘れていた純粋な気持ちや、一緒にいる時間を楽しもうとする心など、昔を思い出しながら過ごすこともできるでしょう。

恋愛が楽しいと思える時は二人の関係も良好なので、いつまでも一緒にいたいと思えるはずです。

しかし不倫では時間的な制約がありますし、何より誰にもバレてはいけないという問題があります。

二人の関係が制約されたものであるほど、会える時間を大切にして燃え上がることができます。

不倫をしていた時の燃え上がるような恋愛体験は、何度でも味わいたいと思う男性も多いはず。

不倫相手と別れてしまうこともありますが、そんな時こそ思い出すのが不倫中の生活でしょう。

彼女との恋愛体験が恋しくなるほど復縁したい気持ちが強くなるため、別れた後でも元サヤに戻りたいという気持ちがすぐに芽生えてくるです。

不倫相手と復縁したい既婚男性のサインと行動をキャッチする

カギをどうするかなど細かいことで連絡してくる

電話するだ根氏
不倫相手と復縁したい既婚男性にとって、復縁したいとあからさまに言葉にして伝えようとはしないでしょう。

恋愛でも別れた後は未練が残るものですが、復縁したという気持ちを素直に出さない男性はたくさんいます。

しかし心の中では復縁したい気持ちがあるため、男性は気持ちと行動が釣り合わないことは珍しいことではありません。

不倫関係は特に恋愛とは違い不倫相手を見つけることも大変なため、復縁したくなる気持ちを抑えることは難しいでしょう。

別れた後ですぐに他の女性と不倫関係になれればいいのですが、なかなか見つけられるものではありません。

次第に復縁したくなる気持ちも大きくなりますが、既婚者という立場なので復縁するにも躊躇する気持ちはあるはずです。

そこで復縁したくなった時には、まず別れた彼女の動向や気持ちを探ることから始めます。

元々不倫関係では頻繁に連絡することはないため、とりあえず彼女に連絡をして様子を伺おうとするでしょう。

連絡した時には「合鍵はどうすればいいかな?」など、何かと理由をつけて連絡しようとするはずです。

一般的には別れる時に合鍵をどうするか話し合うものですし、別れて直接会いたくないと思えば、ポストにカギを入れておくようにするでしょう。

あえてカギをどうするか連絡してくるのは、既婚男性に未練が残っているので、彼女の様子を伺うための口実で連絡してきた可能性が高いです。

彼女が復縁したいサインを素直に受け止めてくれれば、そのまま復縁する流れになるはずです。

既婚者にとっては彼女が復縁したいという気持ちを察して欲しいと思っています。

合鍵に限らずちょっとしたことで連絡して、復縁のきっかけ作りをしようとしているのです。

身体の関係なしで会おうとする

座って話し込むカップル
男性が復縁したいと思うようになれば、できるだけ誠意を持って彼女に復縁を迫ろうとするでしょう。

不倫関係は恋愛とは違い、スリルを味わったり身体の関係を重視して付き合うことも少なくありません。

そのため不倫関係を復活させたいと思っても、彼女にとってはまた身体の関係を求められるだけだと思うかもしれません。

成就できない不倫関係をいつまでも続けるのは時間の無駄ですし、まして遊び相手や身体の関係だけでは復縁したいとは思わないでしょう。

既婚男性がいくら彼女のことが好きだといっても、離婚していない状況では本気で好きだと言っても信用されません。

別れてから彼女の存在の大きさを知ることができ、心の中で彼女の存在が大きくなっていたということを確認できたのでしょう。

本気で好きになって復縁を迫ったところで信用はされないため、少しでも信頼を取り戻すためにも身体の関係を求めないで付き合おうとします。

彼女との不倫関係は身体目的ではないということを伝えるため、身体の関係抜きで会おうとします。

すると今まで部屋で会う頻度が多かったものが、外で会う頻度も増えてくるでしょう。

今までとは違った自分をアピールするためにも、不倫バレを恐れず外で会うことで、本気で彼女のことが好きだとアピールしているのです。

彼女にとって今までとは違った一面を見せられることで、本気で好きになってくれたと思えれば、不倫関係から一緒になれるという期待を持つこともできるはず。

既婚男性が復縁したくなった時は前の関係と同じになろうとうはせず、誠意を見せることで彼女の気持ちを揺さぶる行動に出ることもあります。

別れた後の近況を聞いてくる

電話する女性
不倫関係を解消して日常生活に戻ると、ふと物足りなさを感じることもあるかもしれません。

会うたびにバレないようにドキドキしていた非日常体験がなくなったことで、寂しさを感じることがあるのは既婚男性だけではなく、彼女も同じ気持ちでしょう。

それでも不倫関係はやめなければいけないという気持ちから別れたのであれば、寂しい気持ちを押し殺して生活しているはずです。

別れた後で寂しさを感じるのは恋愛でも同じことがいえるので、時間が解決するまで待つしかありません。

別れた後で復縁したい気持ちが高まれば、相手の状況を知りたくなるものです。

もしも彼女が次の恋をスタートしていたり、充実した生活を送っていれば邪魔をするつもりはありません。

逆に不倫関係では幸せになれなかった分だけ、次の恋を応援する気持ちにもなれるでしょう。

しかし彼女が自分と同じように寂しい気持ちのまま過ごしていれば、もう一度だけチャンスを欲しいと願うことができます。

復縁したい気持ちがあっても連絡してこなかったのは、不倫関係になるのをためらっていたともいえるでしょう。

とりあえず近況を報告し合うことによって、お互いの気持ちを探ることができます。

不倫相手のことよりも奥さんとの関係をどうするか、既婚男性にとっては大切なことです。

別れた後でも不倫相手に連絡をしてくるのは、それだけ未練が残っているといえます。

既婚男性の奥さんにバレた後は復縁の仕方も慎重に

奥バレした時と同じ連絡方法はとらない

スマホをいじる
別れたことを後悔して復縁しようとするのであれば、復縁方法に気をつけなければなりません。

特に奥さんに不倫がバレている状況で復縁を望むなら、復縁前と同じ状況で不倫関係を続けることは難しいといえます。

そのため奥さんに浮気がバレた時と同じ方法で復縁を迫るようなことは、自殺行為なのでやめましょう。

電話やLINEで連絡を取り合うことは一般的ですが、奥さんに不倫がバレた時と同じ連絡方法ではまたバレる可能性大です。

多くのケースでは不倫していることがバレると、奥さんがスマホをチェックするようになるので、違和感を感じれば浮気していると疑われてしまいます。

とはいっても他に連絡する方法など限られているので、なかなか復縁しようとするのも難しいでしょう。

そこで1度だけLINEで連絡をして、直接会って話をするなどの対策が必要です。

気をつけるのは予測変換機能から不倫バレするリスクがあるので、リセットするなどの対策はしておきましょう。

会っている現場を目撃されなければ不倫を疑われても証拠はないため、復縁するための話し合いもしやすくなるはず。

間違ってもLINEでやり取りしたり、何度も電話で連絡するようなことがあれば、いくら履歴を消しても疑われる可能性があるので注意が必要です。

万が一にも履歴を消し忘れてしまったり、消した痕跡が残っていれば不倫していると疑われてしまいます。

一度浮気していることが奥さんにバレている過去があるので、復縁を迫るなら慎重になって復縁を迫りましょう。

会う頻度や連絡する回数は大幅に減らす

悩んでいる女性
不倫バレした後で復縁をするには、連絡回数や会う頻度を大幅に減らすようにしましょう。

奥さんにとって一度でも夫に裏切られたという過去があれば、不倫に対して敏感になっている状態です。

ちょっとした変化でも敏感に感じ取ることができるのが女の勘なので、復縁しようと思って行動するだけでも気づかれる恐れがあります。

奥さんに不倫がバレても離婚していないということは、かなり奥さんは心が広いといえるでしょう。

夫のことを愛しているから許すことができる反面、二度と不倫をされないようにチェックするはずです。

一度不倫をされればその後は最大限の警戒を続けているので、ちょっとでも不審な素振りを見せれば疑われてしまいます。

そこで復縁する時には連絡や会う頻度は極力少なくしましょう。

もちろん復縁が成功してからも会う頻度は少ない方が不倫バレリスクも減らせるので、以前と同じ連絡頻度にだけはしないように気をつけます。

元々連絡頻度が少なかったかもしれませんが、会うには必ず連絡しなければなりません。

ちょっとした油断が奥さんにバレる要因となるため、復縁する前でも連絡頻度は減らすべきです。

連絡できないもどかしさがあるかもしれませんが、一度奥さんに不倫がバレているので警戒しなければなりません。

別れた後の寂しさに身を任せて復縁しようとするのはいいが、慎重に行動しなければすぐにバレるので気をつけましょう。

次にバレた時は慰謝料問題など覚悟が必要

遠くを見つめながら座る美女
奥バレしてから復縁するには、復縁する方法だけでなく覚悟も必要不可欠です。

自分は奥さんと離婚して慰謝料を払うことは覚悟できても、不倫相手の彼女にはその覚悟があるかわかりません。

不倫をしている時点である程度覚悟はしていても、不倫がバレなければいいと軽く考えている可能性もあります。

1度奥バレした時に運よく被害が少なかったかもしれませんが、二回目はさすがに大きな問題となるでしょう。

次にバレたら慰謝料請求されるかもしれませんし、裁判沙汰になるかもしれません。

もしかしたら会社に不倫していることがバレれば、職場に居づらくなって辞めることも考えらえます。

いずれにしても二回目に不倫がバレたとなれば、相当な覚悟が必要となることは間違いありません。

不倫相手の彼女と復縁したい気持ちが強いのはわかりますが、まずは本当に覚悟して不倫関係になってくれるかを確認しましょう。

不倫がバレてから彼女に責められたり、一緒になりたいと思っていたのにもかかわらず、奥さんと彼女の両方に愛想を尽かされてしまえば目も当てられません。

奥バレした後の復縁は自分だけでなく、彼女の気持ちも確認するのを忘れないようにしましょう。

独身女性と既婚男性の上手な復縁の仕方は?

不倫の続きではなくゼロから関係をスタートさせる

歩いているカップル
既婚男性と上手に復縁するには、以前の不倫関係の続きからではなく、改めてゼロから関係をスタートさせるようにしましょう。

恋愛でもそうですが復縁した途端に気が緩んでしまったり、身体の関係だけになってしまうこともあります。

復縁するまでは我を押し殺して行動しますが、復縁した途端に以前の関係を望むようになるでしょう。

お互いが納得していれば問題ありませんが、以前の関係のままでは結局不倫バレをしたり、マンネリ関係になるだけです。

最終的には彼と不倫関係に戻るだけではなく、離婚して一緒になって欲しいと願っているはず。

その第一歩として復縁するのは問題ありませんが、復縁した後の行動は以前とは変えるべきです。

二人の関係をゼロからスタートさせることで、お互いの気持ちをしっかり確かめることができます。

お互い好き同士なのはわかりますが、本気で不倫をしているのか、将来一緒になる気があるのか確かめたいはず。

曖昧な関係で不倫を続けていても、最後にバカを見るのは独身女性側です。

何かあれば彼は奥さんの元に戻ればいいので、本気で一緒になる気がなければただの遊び相手としか思われていません。

せっかく復縁するチャンスがあれば、ゼロから関係を見つめ直して彼の気持ちを確かめましょう。

前にはやらなかった方法を試してみる

待ち合わせする女性
復縁するための上手な方法としては、以前にやらなかったことを積極的に試してみましょう。

連絡方法では電話やLINEを使ったり、会う場所はカフェや彼女の部屋で会うことが多かったかもしれません。

奥さんに不倫がバレないようにしていたのかもしれませんが、結局は奥バレして一度は別れています。

同じ方法で復縁したとしても、結局奥さんにバレてしまうという不安感を拭い去ることはできないでしょう。

そこで復縁する時には前にはやらなかった方法を試すことで、今度は二人の関係がバレないように慎重になることができます。

二度目の不倫バレは大きなダメージとなるため、不安があるまま復縁するワケにはいかないでしょう。

会う場所もホテルにしたり、連絡方法は前とは違うメールやチャットを利用する方法もあります。

復縁するなら前とは同じように会ったり連絡することはできないので、少しでも不安が解消できる方法を選びましょう。

別れる原因となったことを始めにしっかり話し合う

屋上で語り合う男女
不倫バレして別れてから改めての復縁するなら、別れる原因となったポイントをしっかり反省してから復縁を目指しましょう。

復縁前に確認することは、なぜ奥さんにバレたのかを考えるべきです。

お互い不倫関係がバレれば一発アウトだとわかっていたはずなので、細心の注意を払って会っていたはずです。

それでも不倫関係が奥バレしたのであれば、次も同じようにバレてしまう可能性は高いでしょう。

単純に彼が嘘をつくのがヘタなのかもしれませんが、ならば不倫をすることで巻き添えを食らうことになるのは勘弁して欲しいものです。

不倫バレの代償はお金、仕事、信用など、多岐に渡る大きな問題となります。

たった1度の不倫バレによって人生が大きく狂うことも考えられるため、絶対にバレてはいけない関係です。

もしも本気で復縁したいと考えるなら、二人の気持ちも大事ですが、不倫バレしないような対策を考えるべきです。

いくら好き同士でも既婚男性と独身女性が一緒になることは、世間的にも認められていません。

本当に惹かれ合っているなら離婚してから一緒になればいいだけなので、不倫を擁護することはできないでしょう。

だからこそ不倫は二人だけの絶対的な絆によって、秘密を守り通さなければなりません。

不倫バレした理由によっては対策を考えることができるので、しっかりと検証してから復縁を目指しましょう。

LINEのやり取りや電話の履歴を見られたことで不倫がバレたのであれば、他の連絡方法を考えるべきです。

メールなどいろいろな連絡方法を考えることで、次は奥バレしない方法を考えられるでしょう。

これはどちらかが心配するからではなく、二人とも運命共同体となるため、奥バレしない対策を考えなければなりません。

スマートに復縁するためには事前にしっかりと奥バレしない対策を考えてから、改めて復縁を考えましょう。

既婚者同士の不倫の復縁は離婚を前提とした本気度が重要

パートナーよりも不倫相手を選んだという覚悟は必要不可欠

ボーっと過ごすカップル
既婚者同士が不倫をしてから別れ、さらに復縁をすると決めたなら相当な覚悟が必要でしょう。

不倫バレすることはお互いの人生を大きく変えることにもなりますし、それぞれのパートナーの人生も左右することになります。

そもそもパートナーとの関係悪化が不倫の原因だとしても、離婚していない以上はパートナーに対する責任はあるはずです。

既婚者同士が不倫をすることは、お互い離婚する覚悟が必要不可欠だといえます。

なぜならダブル不倫がバレるということは、相手のパートナーが許すことはないからです。

不倫されても許せるのは魔が差したり火遊び程度によって、1度きりの遊びの関係ならば浮気しても許してくれる人もいるかもしれません。

しかしダブル不倫はそれぞれ既婚者という立場なので、遊びで不倫関係になることはないでしょう。

お互いが覚悟を持って不倫をしていることは確実なので、不倫を許すことはできません。

それぞれ覚悟して不倫をしている理由は、それだけ相手のことが好きだということです。

パートナーよりも一緒にいたい相手だからこそ、ダブル不倫という危険を冒してまで関係を続けていることは、容易に想像することができるはず。

そのためダブル不倫で復縁を目指すなら、次は本気で一緒になることを考えるべきなので、離婚を視野に入れて関係を持ちましょう。

自分はパートナーよりも不倫相手を選ぶという自覚と責任がなければ、ダブル不倫を成就させることは難しいものです。

復縁する時は不倫バレしない方法を考えることも必要ですが、早く堂々と一緒になれるように、本気で二人の将来について考えるきっかけにしましょう。

結婚生活の不満を解消するには離婚という覚悟が必要

後ろからハグする男性
ダブル不倫で復縁するのは、もはや夫婦関係が破綻していると考えてもいいかもしれませんね。

不倫をするだけでも相当な覚悟が必要不可欠ですが、ダブル不倫はそれぞれパートナーがいるのに他の異性を求めている状態です。

パートナー以上に好きな人ができたことで不倫をすることは、百歩譲って仕方ないとしましょう。

その相手が既婚者ということは、確信犯的に不倫をする意思がなければできないことです。

本来であれば相手が既婚者の場合、不倫バレのリスクを考えれば諦めるでしょう。

たまたま好きになった人が既婚者だったと思っているかもしれませんが、不倫をすることは世間的にも許されていません。

もしもパートナーに罪悪感を感じることなく不倫をしていたとなれば、愛情が冷めているので早く離婚するべきでしょう。

またダブル不倫をしてから何らかの原因で別れたのに、また復縁したい気持ちが芽生えたのであれば、不倫ではなく離婚を前提に関係を持つべきです。

夫婦関係の悪化でダブル不倫をするには、あまりにもリスクが大きいですし、不倫がバレればお互いのパートナーのダメージも大きいモノになります。

不倫バレによって自分一人が離婚され、慰謝料を払い、仕事を失う結果となるのは自業自得です。

しかしダブル不倫では自分だけでなく、相手も同じ状況にしてしまう危険性がありますし、バレれた時には罪悪感を感じるでしょう。

傷つくパートナーも二人いるので、ダブル不倫による結末は大きな代償を受けることになります。

本気でダブル不倫から復縁をするのであれば、離婚する覚悟を持ちましょう。

できれば復縁してから本気で一緒になることを確認し次第、離婚した方がダメージも少なくて済みます。

夫婦関係の不満解消のための不倫がダブル不倫となるのは、あまりにもリスクが大きいため、将来は一緒になることを本気で考えるべきですね。

ダブル不倫の意気投合により運命共同体の関係になった

歩きながらキスをするカップル
ダブル不倫で意気投合することは、普通の不倫よりも絆が強くなりやすいものです。

なぜならお互い不倫がバレたら人生が大きく狂わされてしまうことになるため、絶対にバレたくないと思っているはず。

相手が独身であれば不倫がバレても、逃げ切れると思って意識していないかもしれません。

しかしダブル不倫がバレれば、確実の不倫していたことがパートナーにもバレることになります。

不倫バレのリスクは大きく、離婚や慰謝料の問題が付きまとうことになるでしょう。

ダブル不倫は同じ既婚者という立場なので、不倫バレのリスクを知っていることから、運命共同体として二人だけの秘密を守ることになります。

ダブル不倫は一度別れたことで二人の気持ちがリセットされるワケではありませんが、再び復縁することになれば、より強い絆で結ばれることになります。

不倫バレを警戒することはもちろんですが、ダブル不倫のリスクを知っているのにもかかわらず復縁したいと思えるほど、相手のことを本気で考えているということでしょう。

パートナーがいるのにもかかわらず不倫相手との関係を求めるということは、すでにパートナー以上に愛してしまったのかもしれませんね。

お互いが同じように離婚する意思があれば、上手く離婚してから二人で一緒になることを考えるべきです。

ダブル不倫から復縁をするなら、本気で離婚を考えているくらいでなければやめておいた方がいいでしょう。

それだけダブル不倫によるリスクが高いので、ただ好きな程度の気持ちでは後悔することになります。

運命共同体という意識は不倫をする時点で持っているはずですが、復縁すればさらに大きな絆を結ぶことになるでしょう。

相手を信頼できることは結婚相手の条件にも必要不可欠です。

ダブル不倫は決して許される行為ではありませんが、復縁によって二人の気持ちをはっきり確かめることができたのであれば、離婚を視野に一緒になることを考えましょう。

既婚男性に復縁したいと思わせる女性になって、前よりもポジティブな関係を手に入れる

サングラス姿で振り返る女性
一度不倫バレしてから復縁をすることは、前よりも大きなリスクを伴うことになります。

不倫バレによるリスクも高くなりますし、奥さんからの監視も相当厳しくなっていることでしょう。

それでも復縁をしたいのであれば、彼にとってリスクを負ってでも復縁したと思わせる魅力を見せるべきです。

復縁できれば以前よりも絆が深まるので、慎重に行動しながらも良好な関係になれるよう、ポジティブに行動して彼のハートをガッチリ掴みましょう。

おすすめの記事