笑顔で遠くを見つめるカップル

職場で既婚者同士が仲良くなっても、いろいろな事情によって距離を縮めることが難しいケースは多いですよね。

お互い既婚者同士という立場もありますが、両思いなのに恋愛にも発展しないままでは、モヤモヤした気持ちのまま仕事を続けるのは辛いものです。

そこで両思いなのに何もしていない理由や関係を進展させるテクニックについて紹介します。

目次

職場で既婚者同士が両思いだと感じる瞬間やシチュエーション

何気なく目が合う機会が多い

ダブルピースする女性
既婚者同士が同じ職場で両思いだと感じる瞬間として、何気なく目が合う回数が多くなるほど相手の気持ちに気づくことができます。

人間心理として好意を持っている相手を目で追ってしまうことは、年齢に限らずよくあることです。

好きな人のことを知りたいという気持ちは、仕事中でも自然と身体が反応してしまい、つい相手を目で追ってしまうことはよくあります。

日本人は人と目を合わせることに対して消極的な人は多い反面、好きな人のことは目で追ってしまう人は多々います。

人と目が合った瞬間に目を逸らす人は多いですが、これは自分の気持ちを相手に悟られたくないという心理的要因が働いているからでしょう。

好きな人と目が合った瞬間ドキッとするので、頭が真っ白になってしまった経験をしたことがある人もいるはず。

目が合うと何もできなくなってしまうのに、気になる相手をずっと見ていたいという気持ちから、何度も相手を見てしまうのです。

これは相手も同じ気持ちであるほど、必然的に目が合う回数も多くなります。

そもそもまったく興味のない相手に対しては見ることすらないですし、目が合ったとしてもなんとも思わず、ただ目を逸らすだけでしょう。

プライベートではなく職場という環境の中では、仕事を優先して働いている人が多いので、恋愛のことなど考えている暇はありません。

相手と目が合ったとしても仕事仲間として気にすることもなかったのに、いつの間にか相手のことが気になり始めるのが恋愛です。

自分も既婚者という立場で恋愛をすることなど全く考えていないのに、なぜか気になる相手ができてしまうと相手のことを目で追ってしまいます。

これは自分の気持ちを確かめるために、相手を見る頻度が多くなるのかもしれませんね。

結果的に相手と目が合う頻度が多くなりますが、既婚者も若い頃の恋愛と大差はありません。

お互いに惹かれ合っているからこそ目が合う機会が多いので、目が合う頻度が多くなるほど両思いだと感じるようになるはずです。

気がついたら二人だけで話をしている

スマホをいじるカップル
両思いは職場に多くの人がいるのにもかかわらず、当たり前のように二人だけで話をしていることが多くなります。

好きな相手とはたくさん話をしたい気持ちがあるので、つい会話が盛り上がってしまうのでしょう。

お互いが既婚者という立場では相手を好きでも、積極的に恋愛をすることはできません。

特に職場で恋愛すれば不倫となるため、自分だけでなくまわりも不倫をしようとているとは全く考えていないはずです。

そのため既婚者同士が二人きりで話をしていても、まわりも何かあるかもしれないと疑うことはないため、気軽に話をすることもできるでしょう。

もちろん好きな相手とたくさん話をしたいと思っているのは、相手も同じ気持ちである可能性は高いですね。

両思いであれば必然的に話をする頻度も多くなりますが、まわりの人は既婚者同士が二人きりで話をしていても、まさか両思いだとは思っていません。

職場でも気軽に話ができる環境が整うことで、気がついたら二人だけで話をしていることが多くなるのです。

両思いであるほどもっと話したいと思っているので、二人きりで会話するほど相手の気持ちに何となく気づけるはずです。

職場で二人きりで話をするのは仕事の話以外、仲の良い同僚くらいでしょう。

同僚としての付き合いが長いほど軽い雑談する機会は増えますが、プライベートなことまではあまり話さないものです。

しかし好きな相手には雑談以外にも、プライベートなことまで話をすることも多くなります。

これは自分をもっと相手に知ってもらいたいという心理が働いていますが、両思いであればお互いが同じ気持ちである可能性は高いですよ。

会話の内容も雑談というよりはプライベートな話題が多くなり、自然に会話も盛り上がるので、二人きりで話をする頻度も多くなります。

他の人と比べても圧倒的に話す頻度が多いと気づいた時、既婚者同士が両思いだとお互いが確信できるはずです。

他の人と比べて二人の距離感が近い

座って話し込むカップル
好きな者同士であれば、相手との距離感が近くなるのは自然なことです。

職場であってもお互いが惹かれ合っていれば、ごく当たり前のように二人の距離感も近づいていくことでしょう。

パーソナルスペースのことを考えれば、お互いの気持ちはわからなくても、距離感で親密度をある程度予測することはできます。

他人、職場の同僚、友人、恋人ではそれぞれ話をする距離感は違いますが、誰もが無意識のうちに相手との適正な距離感で話をしているのです。

これはパーソナルスペースといわれ、相手との関係性によって一定の距離感が存在し、この距離感よりも近づくと不快感を感じるようになります。

他人が近づいてくると怖いと思うこともありますが、職場の同僚であれば怖いという意識はないでしょう。

しかしあまりにも距離感が近ければ、不快に感じてセクハラとして訴えることもできます。

友人であれば職場の同僚がセクハラだと感じる距離感でも、あまり不快感を感じないはずですし、恋人であれば密着しても不快感は感じません。

二人の距離感はお互いの関係性によって変わってくるものなので、話をしている距離感をチェックすればある程度の関係性がわかってきます。

本来であれば職場の同僚という関係性なので、他の同僚と同じ距離感で話をするはず。

これが少しでも近いと感じれば、「職場の同僚以上の関係かもしれない」と勘ぐってしまう人はいるでしょう。

当人同士も距離感が近いことは承知しているはずですが、好きな相手ならば距離が近くても不快感を感じることはありません。

むしろもっと近づきたいとさえ思っていることでしょう。

相手が近づいても不快感を感じないのと同じように、自分が相手に近づいても相手が嫌がる素振りを見せなければ、相手も好意を持っていることがわかります。

既婚者同士ではちょっとしたことでも、まわりから不倫を疑われてしまうこともあるので、不用意に異性に近づかないようにしているものです。

それが他の人に比べて距離感が近いというシチュエーションは、両思いだと確信する瞬間でもあります。

既婚者同士が職場で両思いだと確信させるサイン

職場でもボディタッチが多い

抱き合うカップル
職場ではハラスメントに対して敏感になっているため、ボディタッチなど言語道断だという会社も多いでしょう。

しかも既婚者同士であればお互いパートナーガいるので、ボディタッチをするのもされることもないのが一般的です。

既婚者同士が職場でもボディタッチをしていれば、お互い好意があることを確信できるはず。

職場では女性へのボディタッチをする必要がありませんし、女性からも男性へのボディタッチがセクハラだといわれる時代です。

意識的にボディタッチをするというよりは、好きな相手に対して無意識レベルでボディタッチをしてしまうことが多いのかもしれません。

挨拶をする時に肩に手を当てたり、近づいた時に腕に触れてしまうなど、仲が良い友達同士であればよくある光景でしょう。

しかし職場ではボディタッチの必要性はないため、ハラスメント問題も考慮してボディタッチはしないものです。

会社のルールとしてハラスメントは大きな問題なので、意識的にボディタッチをしないように気をつけているはず。

それが無意識のうちにボディタッチをしてしまうのは、それだけ相手に気を許しているのか、ボディタッチをしても大丈夫な関係性だということでしょう。

相手の反応をチェックして、大丈夫そうならば次も同じようにボディタッチをするはずです。

なぜなら好きな気持ちが大きいほど、相手に触れたいという衝動が抑えきれないので、ボディタッチを意識するようになります。

意識的にボディタッチをするのが当たり前になってくると、二人の距離感も近くなるので、両思いだと確信するようになるものです。

休憩時間に一緒にいることが多い

楽しそうに話をする男女
職場での休憩時間の過ごし方は人それぞれですが、仲の良い同僚と一緒に食事をしたり、雑談に花を咲かせることもあるでしょう。

休憩は仕事の息抜きをする目的なため、身体を休めたりストレスを軽減させることも目的のひとつです。

休憩時間を一緒に過ごす相手は意外と重要で、少なからず仕事にも影響するかもしれません。

既婚者同士が両思いだと確信するのも、この休憩時間を一緒に過ごす頻度が多いことで気づくケースが多くなります。

職場では仕事に集中している環境の中、唯一ゆっくり過ごせるのが休憩時間です。

そのため嫌いな相手や苦手な人と一緒に過ごすよりも、一人でいたいという人は多いでしょう。

仲の良い同僚でも職場だけの関係性なので、多くの人は気を遣いながら過ごしているはずです。

基本的に休憩は一人で過ごした方が気が休まりますが、あえて休憩中に一緒に過ごすことで、二人の距離は縮まっていきます。

しかも休憩時間を一緒に過ごしていてもストレスを感じないため、あっという間に時間が過ぎ去ってしまうと感じているかもしれません。

相手のことが好きなら一緒にいたいと思いますし、ストレスを感じるどころか、癒されているといっても過言ではありません。

自分と同じ気持ちを相手も抱いていれば、自然な形で一緒に過ごす時間も増えていくものです。

休憩を一緒に過ごすことが二人にとってごく自然なことのように思えているのかもしれませんね。

自分は相手のことが好きなので一緒にいるのも苦ではありませんが、相手も同じ気持ちであれば自ずと惹かれ合うものです。

職場という特別な環境の中で既婚者同士という立場を忘れて、二人でいる時間が楽しいと感じるようになるほど、両思いだと確信するようになります。

仕事のメールや電話の返信がやけに早い

スマホチェックする女性
恋愛をしている時は、好きな相手のことを第一に優先してしまうことは多いでしょう。

好きな相手に嫌われたくないという心理もありますが、好きな人と繋がれるチャンスを逃したくないという気持ちもあります。

特に好きな人からの電話やメールは、たとえ仕事の連絡でも繋がりを持てるチャンスです。

職場での仕事の優先順位はある程度決まっているものですが、好きな相手が関わることを優先してしまう時は恋愛にハマっているといえます。

相手が既婚者であっても好きになることは自由ですし、自分が既婚者でも他の人を好きになるのも自由だと思っている人は多いでしょう。

最終的に一線を越えて浮気をしなければ、心の浮気は誰でもしているという持論を持っている人は多々います。

そのため既婚者同士という関係でも、相手のことを好きになるほど優先したくなるのが人の心理です。

逆に好きな人ともっと連絡を取り合いたいという気持ちから、仕事にかこつけて連絡をすることもあるかもしれません。

もちろん業務の範囲内ではありますが、イチイチ連絡をしなくてもいい案件でも、好きな人にはあえて連絡をしてしまうのです。

両思いであればお互いが連絡を取り合いたいという気持ちから、仕事の連絡頻度も多くなります。

他の人と比べればあきらかに連絡頻度が違うはずなので、両思いかもしれないと気づけるはずです。

仲が良くても、既婚男性が何もしてこない心理について

不倫関係になっているという噂を立てられることに警戒している

橋を見つめるカップル
職場で仲が良いもしくは両思いだと確信していても、既婚男性である相手から何もアクションを起こしてくないことはよくあることです。

お互い既婚者であればあっという間に二人の関係が噂され、不倫をしているという噂を立てられてしまうかもしれません。

職場ではあらぬ噂が立てられることも多いですが、不倫を疑われてしまえばその後の関係にも大きな影響を与えることになります。

何気ない会話はもちろん、仕事の話をしていても不倫の密談をしているかのように思われるかもしれません。

不倫を噂された時点で話をすることができなくなるため、職場での関係は一気に悪くなってしまうでしょう。

好きな相手と話ができないことは寂しいことですが、職場での立場が悪くなることを考えれば仕方がありません。

社内恋愛は称賛されても、不倫は噂されるだけでも仕事に大きな影響を与えてしまいます。

特に既婚男性にとっては家族を養わなければいけないという想いがあれば、不倫を噂されて昇進の機会を不意にしてしまうことは避けたいところです。

たとえ両思いだったとしても安易に不倫関係になれないのには、社内で不倫の噂をされることに警戒している可能性は高いでしょう。

あくまでも職場の同僚として仲が良いだけ

遠くを見つめるイケメン
社内で仲が良いという関係性は、あくまでも職場の同僚として仲が良いだけかもしれませんね。

同僚として仲が良いと思っていれば、恋愛や不倫に発展するような行動をとることは、まずありえません。

自分では両思いだと確信しているかもしれませんが、相手の本心はわからないのが現状でしょう。

相手も好意があることは伝わってきますが、恋愛に発展するような好意と同僚としての好意ではまったく別物です。

既婚同士が職場で仲良くしていても、そのまますぐに恋愛や不倫に発展することはありません。

なぜなら今の家庭を壊したくない思いと、パートナーへの愛があるからです。

人を好きになることは理屈ではないため、たとえ既婚者でもパートナー以外の人をすきになることはあります。

ただし、既婚者であるという自覚や社会的倫理から、好きだからといって簡単に不倫をすることはあり得ません。

仲が良いから好き同士というワケではなく、あくまでも職場の同僚として仲良くしているだけの可能性もあることを理解しましょう。

既婚者にとって職場は家庭から離れられる場所のひとつなので、パートナーに監視されることなく自由に行動できます。

そのため異性と仲良く話をすることも自由ですし、相手が既婚者であっても相性が良ければ、一緒にいる時間も多くなるかもしれません。

相手に好意があるから一緒にいる時間が長くなることは否定できませんが、恋愛ではなく職場の同僚としての好意をはき違えないように気をつけましょう。

二人の関係が一線を越えたら泥沼にハマることを危惧している

浜辺で悩む男性
職場の既婚者同士が惹かれ合ってしまえば、不倫に発展することは自然な流れなのかもしれません。

しかし一度一線を越えて不倫関係になってしまえば、泥沼にハマッてしまうことを危惧しているので、既婚男性は何も行動に移せないのかもしれませんね。

不倫の始まりはどちらかがアプローチすることから始まりますが、単純に既婚男性の度胸がないとは言い切れません。

男性にとって仕事を失うということは、女性よりもはるかに大きな損失をうけます。

既婚男性としての責任感や男としての仕事への取り組み姿勢を考えると、好きだからといって簡単に不倫ができないのが大人の世界です。

不倫は誰もがいけないことだとわかっていても、好きな気持ちを抑えきれないことで不倫にハマッてしまうというケースは多いでしょう。

ドラマや映画ではよくある不倫関係ですが、不幸になったり大変な思いをする展開はよくあることです。

既婚者同士がたとえ両思いでも、一度でも不倫してしまえば後戻りができなくなってしまうことを恐れ、うかつに手を出すことができないと思っているのかもしれません。

たとえ仲が良くて両思いでも、簡単に不倫関係にならないようにすることは、倫理的にも当然の行動だといえるでしょう。

既婚男性が何もしないことは当たり前かもしれませんが、あなたの気持ちはモヤモヤしたままなのは仕方ありません。

何か二人の関係を進展させるきっかけがあれば事態が動くかもしれませんが、不倫という一線を越えないように気をつけている男性の気持ちも理解できるはずです。

不倫のきっかけを自分ではなく相手に求めている

見つめ合うサングラスのカップル
既婚者同士が不倫関係になるにはきっかけが必要ですが、そのきっかけは自分ではなく相手から作って欲しいと思っているのかもしれません。

不倫に発展すればいろいろな問題が出てきますが、既婚男性自ら不倫のきっかけを作ることにより、罪悪感や責任を感じることになります。

両思いだとしてもパートナにとって不倫は、自分勝手な行動だと思われても仕方ありません。

自ら不倫をしようとするのと、相手から誘われたのでは罪悪感も違うと思っているのかもしれませんが、結果的には同じことです。

また責任感については、既婚男性はパートナーを養うという意識があるため、不倫によって多くの責任を取ることになります。

離婚問題に発展したり、会社での立場が悪くなることを考えれば、できるだけ責任回避をしたいと思うのが心情でしょう。

相手から誘われたから仕方なく不倫関係になったという気持ちの方が、罪悪感や責任感を感じにくくなると思っているのかもしれません。

そのため既婚男性は相手から誘われるきっかけを待っている可能性もあります。

不倫関係がバレた時のリスクを考えている

浜辺で祈る男性
既婚男性にとって不倫関係の一番大きな問題は、不倫がバレた時のリスクが大き過ぎることです。

既婚者同士の不倫がバレた時の問題は両方の家庭を壊すことになり、場合によっては仕事を失ってしまう可能性もあります。

お互い家庭がある身なのに自分の気持ちを優先してしまった結果、不倫関係に発展することはお互い様です。

どちらがきっかけを作ったとしても、不倫をしている時点で二人の責任であることは間違いありません。

しかし既婚男性の方が女性よりも大きなリスクを背負うことが多いのは、不倫関係の常です。

慰謝料請求をされれば経済的にも大きな損失ですし、パートナーと離婚することになるかもしれません。

そもそも奥さんや家庭環境に不満があるから不倫をしている可能性は高いですが、いざとなれば離婚したくないのが心理でしょう。

離婚による経済的リスクが、後の人生にも大きな足かせとなることがわかっているので、離婚だけは避けたいと思っているのかもしれません。

しかもダブル不倫が社内で噂されれば、二人が同じ職場で働き続けることは難しいでしょう。

既婚男性が職を失うことは思っている以上に大変なことで、職はあっても収入が減ってしまうことを恐れる人は多くいます。

日本では転職することで収入が減ってしまうことも多く、これは企業が勤続年数を重視していることが要因です。

既婚男性にとって転職することで収入が減ることは、家庭を守る立場とすれば避けたいところでしょう。

そのため既婚者同士がたとえ相思相愛で仲が良くても、簡単には不倫関係に発展させられないのです。

不倫がバレた時のリスクを考えれば、既婚男性が何もしてこないというのは容易に想像できます。

職場で仲が良くても確信に触れられないようにしてしまうその理由とは

どんなに仲が良くても結局は奥さんが大事

泣いている女性
職場で仲がいいので二人の関係も進展するかもしれないと期待していたのに、まったく進展する気配すらないのは意識的に行動しているからです。

その理由として既婚男性にとって両思いだとしても、結局は奥さんと別れたくないという気持ちが根底にあるのでしょう。

不倫関係に発展すればハマッてしまうこともわかっていますし、お互い好き同士であれば上手く関係を続けられるかもしれません。

しかし万が一にも不倫関係がバレてしまえば、奥さんからの信頼をすべて失ってしまいます。

奥さんと不倫相手の彼女の両方が好きであれば、既婚男性は迷わず奥さんを取るタイプかもしれませんね。

男女の恋愛はいつどんな形で発展するかわかりませんが、だからこそあえて不倫関係にならないように意識することもできます。

職場で仲良く仕事をする関係性でとどめておきたいので、あえて不倫や恋愛に発展しないように避けているのです。

仕事を失う危険性があるから

膝を抱えて悩む男性
既婚者同士がたとえ両思いだったとしても、恋愛に発展できないのには今の生活を捨てる覚悟がないからかもしれません。

職場で仲が良くて不倫の噂をされたとしても、やましいことがなければ堂々と仲良くすることはできるでしょう。

しかし、一線を越えて本当に不倫関係になってしまえば、社内での立場や社会的倫理感から、今の会社にはいられなくなる可能性もあります。

不倫をしていること自体が個人の信用にもかかわりますし、仕事そっちのけで不倫を楽しんでいたとなれば、会社での評価は一気に下がってしまうことは明白です。

男性にとって会社での評価が下がることは、将来的にも出世する道が絶たれたことを意味します。

昔のように年功序列で会社にしがみついていれば給料が上がる時代ではないため、不倫をするような無能社員というレッテルを貼られてしまえば、会社での居場所がなくなってしまうでしょう。

不倫をする時はバレることなど想像していませんが、不倫関係はどんな形でバレてしまうかわかりません。

もしかしたら不倫相手の彼女がバラしてしまう可能性もあるため、本当に信頼できる相手でなければダブル不倫をすることなど考えられないはずです。

職場でどんなに仲が良くて両思いだと確信したとしても、安易に不倫関係に発展しないように意識することは、既婚男性にとっては自分を守っているといえます。

職を失うことのリスクを考えれば、少しくらい仲が良くても今の関係を続けた方が良いと思うため、二人の関係の確信には触れないように気をつけているのです。

職場とプライベートの姿は違うことをわかっている

色っぽい女性
仕事中とプライベートでは多くの人がまったく違った姿を見せるはずです。

職場では真面目で実直に仕事をこなすタイプのように思われている人が、家ではグータラな生活をしていることはよくあります。

既婚者であれば生活のために仕事を頑張らなければいけないという想いがあるため、独身時代よりも仕事に真摯に向き合うようになるケースは多いでしょう。

職場ではしっかり働いている反動が、プライベートではだらしない行動をすることも多いため、職場での相手の印象をそのまま鵜呑みにしないようにしています。

そのためいくら職場で仲が良くて相性が良くても、プライベートまでは仲良くできるとは思っていません。

なぜなら結婚生活によってパートナーの変貌ぶりを知っているからです。

結婚当初はラブラブな関係も、数年経てば冷めたり嫌な部分が見えてくるものなので、既婚者は相手に対して警戒心が強くなることはよくあります。

職場での姿が相手の本来の姿ではないことをわかっていますし、自分も本性を隠して仕事をしているはずです。

そのためこのまま職場で両思いになって不倫関係に発展したとしても、プライベートで上手くいくとは限りません。

もし不倫をして別れるようなことになれば、気まずいまま仕事をすることになるか、どちらかが仕事を辞めることになるかもしれないと考えています。

いずれにしても職場では本来の姿を見せていないため、二人の関係の確信に触れないようにする理由は、今のままの関係性を続けた方が無難だと思ったのでしょう。

恋愛感情やその場の雰囲気に流されない大人の考え方ができる人ですが、プライベート会うことができなければ、スタートに立つことさえできません。

今の関係性を崩したくないという既婚者の気持ちもわかりますが、女性にとっては意気地がないと思うかもしれませんね。

既婚者同士でもっと近づきたい!彼を誘うテクニック

プライベートで二人きりの時間を作る

デートするカップル
既婚男性との関係を進展させるためには、何もしないでモヤモヤしているよりも、彼にダブル不倫をさせるために仕向けることも必要です。

既婚者同士の関係をもっと親密にするためには、プライベートで二人になることから始めましょう。

職場でどんなに仲が良くて両思いだとしても、仕事場で二人の関係が発展することは難しいといえます。

やはり職場では恋愛よりも仕事が優先なので、既婚男性が恋愛モードになる可能性は低いでしょう。

そのため二人の関係を進展させるためには、どんな理由でもいいのでプライベートで会うようにします。

結婚してから異性の人と二人きりになるのは、パートナー以外はあまりないはずです。

だからこそプライベートで二人きりになれれば、新鮮な気持ちのまま恋をスタートさせることができる可能性が高くなります。

とはいえ既婚男性をプライベートに誘うことは大変ですし、万が一にも断られてしまえば二人の関係にもヒビが入ってしまうかもしれません。

彼を誘う手段としておすすめな方法は、気軽にプライベートの誘いをOKしてもらえるように誘うことがポイントです。

同じ趣味同士であれば話も盛り上がりやすいので、まずは彼と同じ趣味を初めてみるのもいいかもしれませんね。

趣味仲間というのは年齢に関係なく生き投合しやすいので、趣味のことで相談されれば快く話を聞いてくれることでしょう。

「趣味を始めるための道具選びを手伝って欲しい」「おすすめのお店を紹介して欲しい」などと言えば、趣味仲間が増えることは純粋に嬉しいので相談に乗ってくれるかもしれません。

「既婚者同士がプライベートで二人きりになった」という事実は、二人の関係を進展させるきっかけになるはずです。

プライベートに誘う理由は何でも構わないので、まずは二人きりになれる時間を作って距離を縮めましょう。

プライベートな相談をする

女性の横顔
既婚男性ともっと距離を縮めたければ、彼の気をひくことがポイントです。

二人の関係が両思いだと確信していても、彼が何もアクションを起こさないのは二人の関係性を崩したり、今の生活を捨てたくないという理由からでしょう。

彼も今の生活を捨てることなく不倫関係が上手くいくと確信できれば、二人の関係は一気に進展できるはずです。

そこで彼を誘うテクニックとして、自分のプライベート事情を赤裸々に相談し、彼の気持ちを揺さぶってみてはどうでしょうか。

夫婦関係が破綻していることを知れば、好きな女性を自分のモノにしたいという独占欲を抱かせるきっかけになるかもしれません。

また、彼女も自分との不倫関係を望んでいることを確信できれば、彼の方から積極的に誘ってくれる可能性もありますよ。

プライベート事情を話すのであれば、夫婦関係についての悩みを相談することがおすすめです。

既婚者にしかわからない結婚生活での悩みや、既婚男性の意見を聞きたいといえば、彼も相談に乗ってくれるはず。

そこで彼女が新たな刺激を求めていることや不倫願望があることを知れば、彼も不倫を考えるきっかけになるかもしれません。

不倫関係に発展する時に悩むことは、二人の関係がバレないかが一番の不安材料でしょう。

しかしお互いが既婚者同士であれば、不倫バレした時のダメージは二人とも同じなので、絶対に秘密を洩らさないように慎重になれるというメリットもあります。

バレない不倫関係であれば彼もその気になるので、一気に彼との距離を縮められるはずです。

不意にキスをして強制的に関係をスタートさせる

キス間際の二人
不倫という大人の関係をスタートさせるには、お互いの気持ちを確かめてからではなく、不意打ちによって関係をスタートさせることもできます。

女性から男性への不意打ちキスは、多くの男性が嬉しいと感じることでしょう。

男性はいつでも女性にモテたいという想いがあるため、女性からキスをされたことで自分がモテる存在だと認識できるからです。

しかし逆に不意打ちキスは困るという男性もいるので注意は必要ですね。

特に既婚男性にとって奥さん以外とキスをすることは、浮気をしていることにもなるため罪悪感を感じやすくなります。

たとえ不意打ちキスだったとしてもキスをしたことは事実なので、気持ちとは裏腹に困ってしまう男性は多いはず。

それでも彼を誘うためのテクニックとして不意打ちキスがおすすめなのは、自分の気持ちをストレートに伝えることができるからです。

既婚男性は女性側から「奥さんと私のどちらが好き」と比べられるような質問をされることは困ります。

いくら既婚者同士両思いだったとしても、「奥さんよりも好き」だと答えれば、不倫関係になることは明白ですし、彼女をその気にさせるかもしれません。

自分から「好き」だと答えることを躊躇している既婚男性には、女性側から積極的に行動した方が関係をスタートさせやすくなります。

そこで不意打ちキスをすることで自分の気持ちをはっきり態度に出し、「あとはあなたの気持ち次第」という選択権を彼に与えておきましょう。

不倫のきっかけを作ったのは女性側で、二人の距離を縮めるためのきっかけも彼次第にしておけば、都合のいい時の不倫関係をスタートさせられます。

キスをした時点で罪悪感を感じている男性であれば、はっきりと断るか、関係を進展させるかを決断するはずです。

今までは職場の仲の良い同僚だったが、キスをした途端に今までと同じようには接することはできません。

既婚男性の彼に選択肢を与えることになりますが、2択しかないため二人の関係を進展させられる可能性も高くなるはずです。

既婚者同士だからこそ越えられない一線もある!将来的なことも考えて行動しよう

男性の手をとってリードする女性
既婚者同士が職場で両思いだったとしても、やはり大きな問題は今の生活を捨てることができるかどうかです。

ダブル不倫に発展するのは簡単でも不倫バレのリスクは大きいので、簡単には不倫関係をスタートさせることは難しいでしょう。

今の結婚生活に不満があってたとえ不倫相手と一緒になったとしても、同じような不満を抱くことは、既婚者同士だからわかっているはずです。

いずれにしても今の気持ちや感情に流されるだけではなく、ダブル不倫のリスクや将来の生活を考えてから行動に移すべきですね。

おすすめの記事