職場で仲良く仕事をする二人

職場の既婚男性と両思いかもしれないと思った時、思わずドキッとしてしまうはずです。

周囲の同僚にバレてはいけないという危機感と、両思いかもしれないというドキドキ感によって、どうすればいいか迷ってしまうことでしょう。

そこで職場で両思いかもと思う瞬間や本気の女性にとる行動パターンを紹介します。

併せて脈なしパターンも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

目次

これって両思い?職場の既婚男性が取る言動や距離感

話をする時にはいつもそばに近づいてくる

ダンディーな横顔
職場の既婚男性と両思いかもしれないと思う瞬間はいろいろありますが、話をするためにいつもそばに近づいてくれるのは好感度が高い証拠です。

同じ職場の同僚同士ならば仲良くするのは当然ですが、わざわざ近づいて話をする必要性はありません。

純粋に好きな人がいたら近くに行きたいという気持ちから、既婚男性も女性に近づいているのでしょう。

また、職場では仕事以外の話をすることはほとんどできないため、話ができるのは限られた時間だけです。

朝の出勤時、休憩中、昼食タイムなど、限られた時に相手の様子をチェックして、話せる状況かを確認するでしょう。

少しでも近づいて話がしたいという気持ちがそのまま行動に出れば、話をするためにわざわざ近づいてくることも多くなります。

特に挨拶は遠くにいても声を掛けることはできますし、場合によっては手を挙げたりアイコンタクトだけでも済ませることはでるでしょう。

あえて話をするために近づいてくるのは、それだけ気がある証拠なので、両思いの可能性は高いといえます。

気づいたらいつも近くにいる

デートするカップル
気がついたら既婚男性がいつも近くにいると気づいた時、自分の気持ちに問いかけてみると、気持ちの整理ができることがあります。

いつも近くにいる存在の人に対して、自分がどう思っているのかを知れば、相手に対してどんな気持ちを抱いているかがわかります。

いつもそばに既婚男性がいることに気づいた時に、嬉しいと感じたり嫌悪感を抱かなければ、好きな気持ちが強いといえるでしょう。

女性は好感を持たない相手が近づくだけでも不安に思いますが、好感度が高い相手ほど近づいても嫌悪感を感じることはなくなります。

たとえ既婚男性が職場の同僚という立場であっても、嫌な相手であれば嫌悪感を抱きますし、できるだけ意識的に離れようとするはずです。

そばにいても嫌な気持ちがなければ、既婚男性に対して好意がある可能性が高いといえるかもしれませんね。

そして既婚男性も、たまたまいつも近くにいることは考えられません。

やはり意識して気になる女性の近くにいることは明白なので、お互い好感度が高ければ違和感を感じることもなくなります。

また、近くにいることが当たり前のようになるほど、二人の気持ちが両思いに発展していく可能性も高くなるでしょう。

既婚男性は近くにいたいという気持ちがあっても、嫌がられたくないという気持ちがあります。

そのため近づいても嫌がる素振りを見せない女性に安堵し、自分を意識してもらいたいために近くに行こうと考えているのです。

心理的にもいつも近くにいる相手には、好感度が上がりやすくなるため、既婚男性も女性に自分を意識してもらいたいと思っています。

お互いがいろいろ思うことはありますが、単純に近くにいるほどお互いの好感度が高く、両思いの可能性が高くなるといえます。

自然なボディタッチをしてくる

海辺で肩を抱き合うカップル
ボディータッチは男性が好意のある女性にすることが多いですが、職場でボディタッチをする既婚男性とは両思いの可能性が高いといえます。

なぜなら職場ではハラスメントに敏感になっているため、ボディタッチはセクハラにあたる行為として極力避けようとしているからです。

どんなに仲の良い同僚でも、女性からセクハラだと言われれば、会社をクビになる可能性があるのはハラスメントです。

そんな危険を冒してまでボディタッチをするのは、よほどお互いの信頼関係が築けているか、両思いでなければ難しいでしょう。

既婚男性にとって気になる女性がいれば、触れたいという欲望が芽生えるのも仕方ありません。

しかし職場では理性が働くので気持ちを抑えることはできますが、両思いだと確信していれば話は別です。

ボディタッチをしても両思いならば訴えられることもないですし、逆により親密な関係になるきっかけにもなります。

実際に様子見でボディタッチをした時に、女性の反応を見て大丈夫だと確信しているからこそ、既婚男性は自然なボディタッチをするようになるのです。

万が一にも女性に訴えられれば、仕事を失うだけでなく、奥さんに愛想をつかされて離婚に発展する可能性もあるでしょう。

女性が確実に自分に気があるとわかっているからこそ、ボディタッチをしているので、普段から自然なボディタッチをしてくる既婚男性とは両思いの可能性は高いと言えますね。

もちろん他の同僚が見ている前ではしないので、二人きりの時に自然なボディタッチをしてきます。

おはようと言って肩を叩いたり、嬉しいことがあればハイタッチをしようとするなど、一般的にも自然なボディタッチをしようとします。

社内では人の目も気になりますが、二人になった時だけボディタッチをしようとすれば、既婚男性は確信的にボディタッチを狙っているといえるでしょう。

女性も好きな既婚男性からのボディタッチは嬉しいので、つい喜んでいる態度が出てしまうはずです。

笑顔で挨拶をしに来てくれる

ニヤケながら電話を見る男性
好きな相手にはいつも笑顔で接したいと思うので、どんな時でも笑顔でいてくれる人には好感を抱きやすいものです。

職場では朝の挨拶は重要なポイントで、なかなか話ができないからこそ挨拶はしっかりとしたいと思うでしょう。

挨拶するために近づいても違和感はないですし、むしろ好感を抱いてもらうこともできるので、挨拶は重要なコミュニケーションのひとつです。

本来は誰に対しても笑顔で挨拶することは当たり前ですが、職場では義務的に挨拶をすることも多いでしょう。

笑顔で挨拶をしてくれる既婚男性が自分や一部の人だけに笑顔で挨拶していれば、両思いの可能性も高くなります。

職場は仕事をするための場所なので、自分が好かれるために挨拶をしにいく必要性はないと考える人もいます。

もちろん全員に対して笑顔で挨拶している人であれば、それが当たり前だと思われるかもしれません。

しかし一部の人にだけ笑顔で挨拶をするのは、特別な意味合いがあるからこそしているといえるでしょう。

既婚男性は女性から好かれるためにする必要性はないはずなので、あえて相手の気をひくために笑顔で挨拶するには何かあると考えても不思議ではありません。

その理由は単純で、好きな人には気持ち良く挨拶をしたいという心理が働いている可能性が高いです。

しかもわざわざ近づいて挨拶をしてくれるようならば、両思いの可能性は高いといえるでしょう。

挨拶ひとつで相手の気持ちを探ることができますが、既婚男性だからこそあえて笑顔で挨拶をしに来る行動は、両思いの可能性も十分あり得ます。

周囲から両思いと言われる彼との雰囲気パターン

二人だけで会話をする頻度が多い

スマホをいじるカップル
同僚から既婚男性と両思いだと言われる行動はいくつかありますが、二人で話をする頻度が高くなるほど両思いだと思われるケースは多いでしょう。

職場では仕事の話をする必要性はありますが、二人きりで何度も話をすることはありません。

プロジェクトチームなどで同じチームとなり、二人で話をする機会が増えれば、まわりの人も仕事の話だと理解できるでしょう。

普段から二人で話をする機会が多いほど、周囲の人の目に触れる回数も増えるため、二人の関係が良好だと気づく人も出てきます。

今まで二人で話をする機会がなかった二人が、急接近すればまわりの人も怪しむのは当然でしょう。

もちろん職場での話し合いは仕事のことがメインなので、まわりの人が会話に入り込むこともできるはずです。

しかし二人だけの世界観を作り上げている雰囲気をまわりの人が感じれば、入り込む余地がないと感じます。

これは独特な雰囲気もありますが、二人が見つめ合う回数が多い、距離感が近い、笑顔で話をしているなど、いろいろな要因が考えられます。

二人の雰囲気が良くなると、本人たちは気づかなくてもまわりが気づくものです。

なぜなら幸せな時には自分が幸せだと感じにくいものなので、居心地の良さを感じているうちは自分でも気づいていないのかもしれませんね。

自然と笑みがこぼれたり二人の距離が近いほど、二人が特別な関係かもしれないとまわりの人が感じるようになります。

あくまでも雰囲気を感じているだけですが、他の男性との距離感と好きな既婚男性との距離感は違うはずなので、二人の距離感を見ればあきらかです。

両思いだとどちらかともなく近づいて二人でいる頻度も多くなるため、両思いだと言われることも多くなるのも当然です。

仕事の打ち合わせでも入り込む余地がないほど距離感が近い

大好きな彼とベンチに座る女性
仕事で打ち合わせや確認作業をする時に、パソコンやタブレットを使って作業することもあるでしょう。

その時に妙に二人の距離感が近いと、二人の関係が怪しいと感じる人も出てきても不思議ではありません。

タブレットを使って作業確認をする時に、のぞき込むような形で二人で確認することもあるでしょう。

いくら仲が良い同僚でも、異性に対しては一線を引いているので、極力近づかないようにするものです。

男性はセクハラを疑われますし、女性は生理的に男性に近づきたくないという気持ちがあって当然でしょう。

しかし二人ともまったく気にすることなく、お互いが近づいて仕事をしていれば、仲の良い同僚以上の感情や関係になっているのかもしれないと勘ぐる人も出てくるはずです。

「自分とはそんなに近づいたことがないのに、既婚男性にはそんなに近づくんだ」と思う男性社員もいるかもしれませんね。

よほど既婚男性に好意があるのか、二人ができているのかを疑う根拠にもなり得ることなので、職場では距離感が近いだけでも両思いだと言われてしまいます。

既婚男性にとってはたとえ噂であっても、誤解されるような行動は慎むべきですし、自分でもわかっているはずです。

それでも好きな人に対しては客観視することができなくなることもあるので、距離感が近くなってしまうこともあります。

アイコンタクトだけで状況を察知することができる

見つめる赤い服の女性
既婚男性との関係が良好になってくると、アイコンタクトだけで察することができるようになります。

あくまでも職場での関係性が良好になったということで、長年一緒に働いている同僚とも同じように、アイコンタクトだけで仕事をすることもできるかもしれません。

しかし同僚と気の合う既婚男性とではあきらかに態度が違うので、まわりからは両思いだと思われて当然でしょう。

意思疎通ができることは両思いだからこそできることで、相手が何を望んでいるか、考えているからこそできる行動です。

いくら長年一緒に働いている同僚がいたとしても、アイコンタクトだけで察することができない人はたくさんいるはず。

それは相手の気持ちを察しようと努力していないからですし、する必要性を感じていないからでしょう。

既婚男性のためにできることをしたいという気持ちが、自然に相手の気持ちを探る努力をしているので、アイコンタクトだけで察することができるようになります。

特に職場でアイコンタクトだけで察することができるのは、二人の関係が親密だからだと思われても仕方ありません。

そもそも職場でアイコンタクトすることなどないため、アイコンタクトすること自体が両思いだと思われる行為なのです。

既婚男性が本気の女性にだけ取る行動とは

食事やお酒などを理由に社外で会おうと誘う

ワインを飲む男女
既婚男性が職場の女性に本気になった時には、社外で会う方法を考えて誘おうとします。

社内では既婚者ということは誰もが知っているため、たとえ同僚社員であっても女性と仲良くすること自体、よく思わない人は多いものです。

場合によっては浮気をしようとしていると思われても仕方ないですし、職場での不謹慎な態度をとっているとして、評価に影響する可能性もあるでしょう。

そこで既婚男性は社内の人にバレないように口説くには、社外で会うしか方法がないと考えます。

もちろん女性も相手が既婚男性だとわかっているので、いくら両思いでも簡単にはOKすることはないはずです。

女性は何かしら理由がなければ簡単には誘いに乗らないので、既婚男性も納得できる理由できっかけ作りをします。

「たまには仕事の愚痴を言い合わない?」「いいお店を見つけたけど、一人では入りづらいからちょっと付き合って欲しい」など、何かしら理由をつけて社外で会おうとするでしょう。

女性も直接的に口説かれているワケではないので、「ちょっと付き合うくらいならいいかな」と思う程度に誘われれば、社外で会うことができるはずです。

どんなに気をつけても社内で口説くことは難しいですし、二人でいること自体が怪しいと思われてしまいます。

既婚男性が本気になるほど妙な噂を立てられることを嫌うので、社外で会おうとするはずです。

万が一にも二人が怪しいという噂が流れれば、二人で話をすること自体できなくなってしまいます。

ただの仲の良い同僚であれば話さなくなっても気にしませんが、本気で好きになった女性と話せないのは辛いでしょう。

そのため少しでも噂を立てられないように誘うためにも、何かしら理由を考えて社外で会うように仕向けるのです。

また、誘いに乗ってくれるだけでも、女性の気持ちを推し量ることにも繋がります。

相手が既婚男性だとわかっているので、どんな理由でも社外で二人きりで会おうとしない女性は多いでしょう。

だからこそ誘いに乗ってくれる女性であれば、お互い気があることは何となく気づくことができるので、二人の関係を発展させるきっかけにすることもできます。

女性の関心があることを調べてアドバイスしてくれる

スマホを見る女性
本気で好きになった女性のために、何か役に立ちたいと思うのは当然の男性心理でしょう。

既婚男性にとって本気になった女性に対してとる行動として、女性が関心のあることについてアドバイスするようになれば、気があると気づくことができます。

男性は自分が知っている分野のことであれば、うんちくを並べて自慢したくなるものです。

逆に自分が興味のないことには、まったく関心を寄せない男性も多いでしょう。

そんな既婚男性が好きな女性が興味があることを知れば、頑張ってアドバイスしたいと思うようになります。

理由は単純で「共通することがあれば話をするきっかけができる」からです。

そのため共通の話題で盛り上がれるように、女性が興味のあることを調べるようになります。

まったく関心がないことでも好きな女性のためだと思えば、コツコツ頑張って覚えようとする男性は多いものです。

しかも男性は見栄っ張りでカッコつけたがる人が多いので、女性にアドバイスできるくらい頑張って覚えようと努力します。

もしも既婚男性がわざわざ自分の興味があることを調べてくれたり、アドバイスしてくれたら、本気で好きになっているといえるかもしれませんね。

趣味を共有しようと誘ってくる

ランニングするカップル
同じ趣味を共有すると、一気に二人の距離を縮めることができます。

職場ではどんなに仲の良い関係になったとしても、あくまでも職場の同僚として仲良く仕事をしているだけなので、プライベートはまったく別です。

職場の女性を好きになったとしても、職場で口説くことはできないため、距離を縮めるには社外で会う必要があります。

そこで既婚男性が本気の女性にだけとる行動は、同じ趣味を共有しようと話しかけてくることです。

何気ない会話の中で趣味の話題になった時、同じ趣味を共有すれば話題も広がりますし、一緒に趣味を楽しむこともできるでしょう。

同じ趣味同士であればプライベートで会うことも、特別なことではなくなりますし、同僚だけでなく趣味仲間としての関係も築けます。

男性は特にひとつの趣味を極めようとする人も多いですし、同じ趣味仲間が増えることは、単純に嬉しいと思えるでしょう。

本気で好きになった女性と同じ趣味を楽しめるのは、これ以上ない嬉しいことなので、なんとしても彼女に同じ趣味を好きになって欲しいと願っているはずです。

自分と同じ趣味に興味を持ってくれれば、ここぞとばかりに彼女にレクチャーしたり、プライベートで趣味を楽しもうと提案するようになるでしょう。

共通する趣味仲間になればプライベートで会っても不思議ではないですし、誘うきっかけもできるため、好きな女性には積極的に趣味を共有しようとするのです。

既婚男性と両思いと勘違いしやすい脈なしパターンや彼の言動

仕事ぶりを褒めてくれる

職場LOVE
既婚男性と両思いかと思いきや、自分の勘違いなパターンはいくつかあります。

勘違いしやすいパターンのひとつに、いつも仕事を褒めてくれることが挙げられます。

男性は好きな女性を褒めることで、自分に好意を持ってもらいたいという気持ちはあるでしょう。

しかしあくまでも一般論であって、職場で仕事を褒めることはごく当たり前のことです。

職場で仕事ぶりを褒める理由は大きく2つ挙げられます。

1つ目は仕事ぶりを褒めることで、気分よく仕事をしてもらえるからです。

女性に限らずその日の気分で仕事をする人もいますが、特に女性には気分よく仕事をしてもらった方が社内の雰囲気も良くなります。

職場では男女平等で働いていますが、やはり女性が笑顔で元気よく仕事をしている部署は、活気があって仕事も順調に進んでいるものです。

そのため女性には気分よく仕事をしてもらうために、気を遣って褒めることを意識する男性は多いでしょう。

特に上司が部下に対して気分よく仕事をするために褒めることはありますが、既婚男性にとっては女性の扱いも上手い人は多いものです。

奥さんの扱いで慣れているため、まわりの女性に気を遣うことは普段からしている可能性は高いでしょう。

そのため好きだから仕事ぶりを褒めているのではなく、あくまでも同僚として気分よく仕事をしてもらうために褒めているのです。

2つ目の理由は褒めて伸ばすことが、多くの会社では当たり前になりつつあるからです。

ひと昔前は叱って伸ばす教育方法もありますが、今では褒めて伸ばす方法を採用している会社も多いでしょう。

既婚男性にとって褒めることは普段から奥さんにしている人も多く、女性の扱い方を知っているので、当たり前のように同僚を褒めることもできます。

そこでポイントになるのが仕事ぶりを褒めることで、決して容姿や服装などを褒めないということ。

容姿や服装を褒めることはセクハラになる可能性が高いので、好きでもない女性には決して褒めることはありません。

逆に髪型を変えた時にさりげなく褒めてくれるようなことがあれば、気がある可能性は高くなります。

会社では仕事ぶりを褒めることしかできないため、いくら仕事のことを褒められたとしても、好きだから褒めているとは限らないので気をつけましょう。

仕事で大変なときに真っ先に手伝ってくれる

本を開いて見つめてくる女性
仕事を真っ先に手伝ってくれる行動も、既婚男性にとってはごく当たり前の行動です。

好きな女性だから仕事を手伝ってくれるのではなく、あくまでも同僚が困っているから、助けているので勘違いしないようにしましょう。

既婚男性にとって人を気遣うことは、普段から奥さんを気遣うことがあるので、ごく当たり前のようにできる行動です。

特に好きだからという理由ではなく、職場の同僚が困っているからという理由だけでも、率先して行動する男性は多いでしょう。

もし仕事を手伝ったことによって何か対価を要求されたら、気がある可能性は高いといえます。

たとえば「仕事を手伝ったお礼に飲みに付き合ってよ」などと誘われれば、下心があって仕事を手伝ったことがバレバレです。

何も言わずに仕事を手伝ってくれ、対価を求めることがなければ、純粋に困っている人を助けたという気持ちからでしょう。

そういった既婚男性は他の人の仕事もごく当たり前のように手伝える性格なので、勘違いしないようにしたいですね。

プライベートについていろいろ聞いてくる

スレンダー美女
好きになった女性のことはいろいろ知りたいので、プライベートなことを聞きたいという気持ちもあるでしょう。

しかしいくらプライベートを聞かれたからといって、両思いだとは限らないのが職場での付き合い方です。

なぜなら職場ではごく限られた時間しか話をすることができないため、お互いのプライベートを知る機会は非常に少ないといえます。

だからこそ昔は飲みに行ったりして、お互いを良く知ろうとするコミュニケーションが取られていました。

飲みにケーションがなくなりつつある今、お互いを知るためにはプライベートを知ることが手っ取り早いと考える男性もいるでしょう。

特に会話の引き出しが少ない人ほど、安易に相手のプライベートを聞くことが多くなります。

若い世代ほどお互いのプライベートには関心がなく、仕事だけの付き合いを望む人は多いでしょう。

しかしそれだけでは上手くいかないことも多いですし、仲間意識が強い人ほど相手のことを知りたいと思っています。

プライベートなことを聞くのはあくまでも会話のひとつであり、興味があるから聞いているワケではありません。

例えば同じ趣味、同郷、同じ学校の卒業生など、何かひとつでも共通点があると、その人とグッと距離を縮めることができます。

あくまでも仕事を円滑にするためのコミュニケーションのひとつとして、プライベート情報を会話のきっかけにしているため、好きな気持ちがあるとは限りません。

LINE交換まではしたが連絡が返信のみ

スマホをいじる二人
同じ職場の人とLINE交換をすることもありますが、あくまでも社交辞令のひとつとして連絡先を交換している可能性もあります。

人によっては職場の人とはプライベートまで関わりたくないと思う人も多く、連絡先を交換することをためらう人もいるでしょう。

はっきりと連絡先を交換したくないと断れる性格の人もいれば、今後の付き合いも考えて無下に断れない人もいます。

既婚男性は女子社員と連絡先を交換することはしないと思いがちですが、あくまでも同僚だと考えていれば誰でも連絡先は交換するでしょう。

逆にまわりの女性の方が既婚者だからといって、連絡先を交換しないように気遣っていることの方が多いはずです。

既婚男性にとって連絡先を交換することは特別なことではなく、ごく当たり前のことだと考えていることでしょう。

なぜならプライベートや奥さんの前で連絡があったとしても、はっきりと仕事仲間だと割り切っているので、隠す必要もないからです。

既婚男性にとって女性と連絡先を交換することが悪いことではなく、こっそりと連絡を取り合うことが悪いことだと考えています。

そのため堂々と連絡が取れる関係性であれば、相手が女性でも関係なくLINEのやり取りくらいはするでしょう。

また既婚男性からはLINEの連絡をすることはなく、あくまでも緊急時のために連絡先を交換していると思っているはずです。

既婚男性の方からLINEの連絡をすることはなく、用があれば会社で会った時に直接話せばいいと考えています。

気がない女性と不必要にLINEでやり取りする必要性を感じていないため、既婚男性からはLINEを送ることはありません。

LINE交換をしただけで両思いだと勘違いすることのないように、あくまでも既婚男性の方から連絡があった場合に、既婚男性は気がある可能性が高いと判断しましょう。

二人だけでは絶対に会わない

髪をなびかせる女性
既婚男性はどんな時でも、奥さん以外の女性と二人で会わないようにします。

勘違いされないように気を配っている行動だといえますが、あくまでも自己防衛のためにしていることです。

社内で二人きりになる状況があれば、誰かに怪しいと思われる可能性も高いでしょう。

特に社外で二人で行動することになれば、いつ誰に見られているかもわかりません。

たとえ仕事であっても、極力二人きりにならないような行動をとります。

そのため二人きりで会うことができれば、もしかしたら両思いかもしれないと勘違いするのは当然かもしれませんね。

確かに既婚男性にとって二人きりで会うことはできるだけ避けたい状況ですが、致し方ない状況ができれば話は別です。

頑なに二人きりになるのを拒もうとすれば、相手の女性を傷つけてしまうかもしれないと思うでしょう。

同僚と仕事を円滑にするためには、我慢しなければいけないこともあるため、既婚男性にとっては女性の機嫌を損ねないように気を遣うこともあります。

二人きりになる状況はあくまでも仕事の時だけ妥協するので、プライベートでは絶対に会うことはありません。

二人きりで会うことができたから両思いだと思う気持ちはわかりますが、既婚男性が妥協して会っている可能性があることも考えたいですね。

特に仕事絡みかプライベートかによっては、状況も大きく変わってきます。

既婚男性と両思いだと確信させるチェック項目で、彼の気持ちを確認する

休日の予定を聞いて空いてる日に誘ってみる

浜辺で見つめ合う二人
既婚男性の気持ちを確かめる方法として、休日の予定を聞いてみることは有効な手段のひとつです。

社内ではまわりの人の目もあるので、両思いだとしても関係を進展させることは難しいでしょう。

両思いかを確かめる方法としては、社外で会うか会わないかを探ることで、既婚男性の気持ちを確かめることができます。

特に休日の要諦を聞いて空いている日に誘うことで、彼の反応を探ることができるでしょう。

誘うといってもデートではなく、同じ趣味仲間として誘うのもありですし、仕事の相談だと言って会うのもいいかもしれません。

ポイントはプライベートに二人きりで会いたいと言った時に、既婚男性がどう反応するかで気持ちを探ることができます。

既婚男性なら休日は予定がなくても、奥さんと過ごしたり自分の趣味を楽しむ時間に費やすはずです。

また結婚しているので、奥さん以外の女性と二人きりで会うことなど考えないでしょう。

しかし相手が好きな女性となれば話は別で、空いている日があればプライベートでも会おうとするはずです。

むしろ既婚男性の方から誘いたかったはずなので、積極的に誘いに乗ってくれることでしょう。

既婚男性の気持ちを探るには、プライベートで二人きりの状況になれるかどうかなので、休日に誘うことで気持ちを探ることができます。

社外で二人だけで会える環境に来るか確かめる

浜辺で寄り添うカップル
既婚惰性の気持ちを探るには、社内ではなく社外で二人きりになれるかどうかを見極めましょう。

社内では既婚者だと知られているので、まわりの女性も気を遣って誘うことはしないですし、自分から女性を誘うこともありません。

しかし好きな女性ができれば、何とか距離を縮めたいと思うのはごく自然なことなので、何とかして二人きりの状況を作ろうと考えるはずです。

そんな時に社外で二人きりになれる状況があれば、考えることなく誘いに乗ってくることでしょう。

普段から既婚者として女性関係に気を遣っているので、社内では女性社員と距離をとっている可能性は高いです。

万が一にもセクハラで訴えられれば、キャリアだけでなく離婚にも発展する可能性は高いので、女性関係のトラブルを起こさないように気を配ることは当然でしょう。

だからこそ好きな女性ができた時には気が緩んでしまい、社外ならば誰にもバレないだろうという気持ちになって、安易に会おうとするのです。

既婚男性が社外で二人きりになる環境に来れば、両思いの可能性はかなり高いと言えるでしょう。

目を見て気持ちを探ってみる

見つめてくる美女
既婚男性と両思いだと確信するには、やはり目を見て気持ちを探る方法はおすすめです。

「目は口ほどに物を言う」といいますが、目を見ればある程度相手の気持ちを探ることができます。

好きな人を見る目と嫌いな人を見る目が違うように、同僚を見る目と好きな女性を見る目は確実に違うはずです。

さらに好きな人と目が合った時に、自分の気持ちを悟られたくないと思って目を逸らす人は多いでしょう。

逆に自分の気持ちを知ってもらいたいと思えば、目を逸らさずジッと見つめることもあります。

職場では仕事の話をする以外、目が合うような状況はあまりありませんよね。

そのため既婚男性と目が合った時に、お互いが目を逸らさずジッと見つめ合うことができれば、両思いの可能性は高いといえます。

特に既婚男性が目を見つめてくれば気がある可能性は高く、逆に気のない女性に勘違いされるほどめんどくさいことはありません。

見つめ合うことは恋人同士がよくやることですが、お互いの気持ちを確かめ合う方法としても有効な手段のひとつ。

職場という環境ではお互いの気持ちを確かめる方法は限られているため、見つめ合うことによってドキッとするはずです。

見つめ合うということは既婚男性の気持ちを確かめることもできますし、自分の気持ちを伝えることにも繋がります。

見つめ合って気持ちを確かめる方法は、両思いだと確信するには最適な方法のひとつだといえるでしょう。

職場で既婚男性と両思いだと確信したら、彼との今後や距離感、関係をどうするか考える

見つめ合うカップル
職場で既婚男性と両思いだと確信したとしても、単純に喜べない部分は多いでしょう。

既婚男性と不倫をすることになれば、自分の人生においても大きな転換期となります。

いくら好きでも社会人として不倫をするには、相当な覚悟が必要でしょう。

既婚男性との愛を成就させることも、今のまま同僚の関係性でいるのもあなた次第です。

相手が既婚男性の場合は単純に好きだから嬉しいというワケにはいかないので、後悔しない選択肢を選ぶためにもよく考えてから行動しましょう。

おすすめの記事