トランプをかざす男

いつまでも不倫関係のままでは嫌だと思いながらも、別れたくない一心から彼の言いなりになって不倫を続けるしかない状況になることもあります。

しかも心の中では彼を離婚させて一緒になりたいと、密かに略奪婚を狙っている人も多いはず。

彼に離婚して欲しいという気持ちが強くなるのは、一緒になりたいという気持ちだけではなく、フラれて悔しい気持ちから抱くこともあるでしょう。

ここでは既婚男性を離婚させるための方法を紹介するので、彼を離婚させたいと思っている人はぜひ参考にしてください。

目次

既婚男性を離婚させたくなるシーンと女性心理

彼が自分の気持ちを知っていながら相手にしてくれなかった

腰かけて見つめてくる女性
女性が既婚男性を離婚させたくなるシチュエーションのひとつは、自分の気持ちを知っていながら相手にしてもらえなかった時です。

不倫関係はお互い好意がある関係だと思いきや、実際は既婚男性がどこまで本気で不倫相手の彼女のことが好きかはわかりません。

それでも既婚男性と不倫をする理由は、純粋に相手ことが好きだからだという単純なものでしょう。

これは男女関係なく自分の気持ちを相手に伝え、受け入れてくれたことで二人の関係をスタートさせることができます。

そのため不倫関係を始めたということは、少なくとも自分の気持ちを彼が受け入れてくれたと思っている女性は多いでしょう。

しかし不倫関係が続いていくことで、いろいろな要因によって別れてしまうこともあります。

二人の関係がマンネリ化してきたり、彼女が奥さんよりも魅力的な女性ではないと気づいたことで別れを切り出されることもあるでしょう。

不倫相手の女性にとっては不倫と恋愛は大差なく、彼のことが好きだから一緒にいたいと思っています。

そのため自分の気持ちを知っていながら相手にされなくなったことで、女としてのプライドに火がつくこともあります。

これは相手にされなかった原因を自分なりに分析し、フラれた原因を何かのせいにしたいと考えるのです。

フラれたことを簡単に受け入れられない時には、「奥さんがいるから私がフラれた」と責任転換をしてしまうケースは非常に多いでしょう。

いずれ別れがくることは不倫関係を始めた当初からわかっていたことですが、まさか自分がフラれるとは思っていなかったのかもしれませんね。

フラれた時には最終的に、好きな気持ちから彼と一緒になりたいというよりは、奥さんだけには負けたくないというライバル心に火がつきます。

女の嫉妬は男にとっても怖いものですが、一度火が付いた時には取り返しがつかなくなることもあるので気をつけたいですね。

夫婦仲よく一緒にいる場面を見た時

職場で仲良く仕事をする二人
不倫関係を始めた当初は奥さんの存在を知っていながら、第二の女になることを受け入れて不倫をスタートさせます。

しかし一緒にいる時間が長くなるほど、不倫相手という立場に不満を抱くようになり、彼を自分のモノにしたいという気持ちが強く芽生えてくるのです。

好きな人の一番の存在になりたいと思う気持ちは、誰もが抱く当然の心理でしょう。

不倫関係という曖昧な関係では満足できなくなることは初めからわかっていたものの、相手が既婚者なので仕方なく受け入れるしかないと妥協していました。

しかし彼が不倫をしている時点で夫婦関係が悪いことは明白なので、いつまでも第二の女で我慢している必要はありません。

不倫関係が続くほどいずれは私と一緒になってくれるかもしれないと、淡き気持ちを抱くようになります。

そんな時に彼が奥さんと仲良く一緒にいる現場を目的すれば、一気に彼を自分のモノにしたくなる気持ちになるでしょう。

奥さんへの嫉妬心や彼のことを独占したいという気持ちから、別れさせたいという気持ちが沸々と芽生えてくるのです。

彼の本音を探ることは難しいですが、たとえ奥さんとの関係がうわべだけだとしても、仲良くしている時点で離婚する気はまったくないと気づきます。

私には奥さんと上手くいってないと言いつつ、普段は奥さんと仲良く過ごしていれば、まず彼の言葉に腹が立つはず。

彼の本音がどこにあるかは別問題となり、彼が幸せに過ごしている夫婦関係を壊したい衝動に駆られるのは当然ですね。

もちろん好きな彼と一緒になりたい気持ちはある一方で、女のプライドから彼を離婚させたいという気持ちが強く芽生えてくるのです。

不倫関係になったのにあっさり振られた時

悩んでいる女性
既婚男性と不倫関係になるのは、正直仕方なく関係を続けている女性は多いでしょう。

男性は身体の関係を優先することも多いですが、女性は気持ちを優先しやすいので、相手が既婚者でも自分が好きならば仕方ないと割り切ることもできます。

もちろん相手が独身であれば一番いいのですが、好きになった人がたまたま既婚者だったという気持ちの方が強いでしょう。

女性は自分の気持ちを優先する人が多いため、既婚者との恋愛もありだと考える人は多く、最終的には自分と一緒になってくれればいいとさえ思っている人もいるようですよ。

とはいえ不倫関係をスタートさせるには勇気がいりますし、不安もたくさんあります。

すべては彼のことが好きだから不倫をしてしまうので、自分が好きな気持ちがあるうちはずっと関係を続けたいと思っていることでしょう。

そんな不安な女性の気持ちを知ってか知らずか、あっさり不倫関係を終わらせようとする男性もいます。

これは不倫バレをしそうになったり、単純に飽きたり相性が悪かったので、あっさり関係を終わらせようと思ったのでしょう。

恋愛では相性が悪くてあっさり関係を終わらせることもあるかもしれませんが、不倫関係ではそうはいきません。

不倫をすること自体が大きな決断であるのにもかかわらず、恋愛と同じような軽い気持ちで女性を扱う男性に怒りさえ覚えるでしょう。

不倫をしているのにもかかわらずあっさりフラれたとなれば、仕返しとばかりに離婚させたくなる気持ちが芽生えてきます。

女性はフラれることは仕方ないと思っていても、遊ばれることを良しとする人はいません。

女のプライドとして仕返しをするには、既婚男性を別れさせたいという気持ちになるのは当然ですね。

別れた後でもしかしたら一緒になれるかもしれないという期待を抱きながらも、フラれた腹いせに離婚させたい気持ちになることがあります。

どんな時でも奥さんを一番に優先することに嫉妬した時

陰のある女性
不倫関係を続けていると、どうしても彼が奥さんを優先するケースを目の当たりにすることもあるでしょう。

会う頻度が少なくなったり、どこか一緒に出掛けたくても時間の都合で行けないなど、いろいろな不都合があっても受け入れるしかありません。

不倫相手という立場は普段あまり気にしないかもしれませんが、何かあった時には虚しさを感じることも多くなります。

次第に不満という形となってストレスが溜まると、今の状況の元凶を探すのはいつものパターンですね。

最終的には彼ではなく奥さんへの嫉妬という形で現れるようになり、女のプライドとして奥さんには負けたくない気持ちだけが強くなります。

彼にとっては不倫バレをすることが一番避けたいことなので、どんな時でも奥さんを優先することは当たり前です。

まして不倫相手の彼女を優先することなど、考えたことなどないかもしれません。

自分が既婚者だとわかって不倫をしているので、彼女が二番手の女だとわかって付き合っていることを承知していると思っているからです。

女性も不倫当初は二番手の女で我慢できますが、関係が続くほど彼の一番になりたいという気持ちが芽生えるのは自然なことでしょう。

彼は不倫相手の彼女の気持ちなど考えることなく、ずっと同じ関係性でいられると思っているのかもしれません。

奥さんを優先することは暗黙の了解で大丈夫だと思っているため、いつの間にか不倫相手の彼女が嫉妬していることなど思いもよらないことでしょう。

彼の気持ちは不倫開始当初から変わっていなくても、彼女の気持ちの変化によって、奥さんを優先する彼の態度が許せなくなっていきます。

やはり女性はいつでも自分を一番に想ってくれる相手を探しているため、二番手では収まることなどできないのかもしれませんね。

この嫉妬心が強くなるほど既婚男性を離婚させたくなる気持ちが強くなり、彼の一番になりたいと願うようになります。

夫婦関係が上手くいってないと知った時

ベンチに座るカップル
彼女にとって既婚男性との不倫は、彼のことが好きだから関係を続けているといえます。

彼が独身であれば普通に恋愛をし、結婚していたかもしれませんが、出会ったタイミングが遅かったことで不倫関係にしかなれません。

女性は気持ちを優先することが多いため、好きな彼と繋がりを持てるのであれば、不倫関係でも仕方ないと思うことはできます。

夫婦関係が良好で自分が間に入る隙間もなければ、不倫相手という立場で我慢するしかないと諦められるでしょう。

しかし夫婦関係が上手くいってないとわかった時点で、自分が入り込む隙間があるようならば、離婚させたいと思うのは当然です。

彼が不倫をしている時点で夫婦関係が悪いことは容易に想像できますが、どこまで夫婦関係が悪化しているかは、夫婦のみ知っているといえるでしょう。

不倫関係を続けているうちに本当に夫婦関係が悪いことを知れば、離婚させるための手助けをしたくなります。

いくら夫婦関係が悪くて離婚したくても、将来的な不安から離婚できないケースや、踏ん切りがつかないこともあるでしょう。

特に男性は慰謝料問題や仕事への影響を考えると、離婚したくてもできないということも考えられます。

本気で彼が離婚したいとわかれば、全力て応援したくなりますし、将来的には自分と一緒になって欲しいと願うはずです。

彼の本音を知って本当に夫婦関係が悪ければ、既婚男性の離婚を後押しして自分との将来を考えるきっかけ作りをしようと考えるかもしれませんね。

相手に子どもがいるけど、離婚させる方法はある?リスクは?

彼と子供がいない二人の生活を想像させる

浜辺で見つめ合う二人
既婚男性に子供がいる場合、離婚させる方法としては彼に理想的な結婚生活を想像させることが有効な手段となります。

結婚生活は時間が経つにつれて夫婦関係が悪化することも多く、子供がいるから離婚しないという夫婦もいるでしょう。

夫婦にとって子供の存在は大きく、二人の関係悪化よりも子供のために一緒に過ごしているという夫婦もいるはず。

子供のために我慢して結婚生活を続けている夫婦にとって、自分の理想的な夫婦生活を送れないことはストレスが溜まる一方です。

既婚男性にとって子供がいることよりも、自分の思い描いていたような結婚生活を送れていないことは、離婚のきっかけにもなり得る理由にもなります。

相手に子供がいる既婚男性を離婚させるには、子供がいない理想的な二人だけの生活を想像せることは有効な手段のひとつですね。

なぜなら結婚当初は夫婦二人だけのラブラブな生活を送っていたのに、子供が生まれたことで環境も大きく変わります。

子供が生まれたことは幸せなことですが、子供がいる生活になることで奥さんの態度が大きく変わることが問題なのです。

夫婦二人の生活から一変して子供がいる生活に変わったことで、奥さんの立場が女からお母さんへと変わります。

子供が生まれて母親となることで、ラブラブな結婚生活を送ることなど到底無理だと思うようになります。

しかし男性は子供が生まれても昔と同じような夫婦の関係を望むため、奥さんとの関係性に不満を抱くようになり、不倫願望を抱くようになるのです。

そんな既婚男性に離婚を決意させるには、不倫相手との理想的な生活を送ることを想像さえることがポイント。

奥さんや子供との生活に不満を抱くほど、二人の理想的な生活を想像させやすくなるため、離婚を後押しすることができます。

慰謝料請求だけでなく養育費まで払うリスクあり

職場LOVE
既婚男性に離婚させる方法があったとしても、必ずリスクが伴うことになります。

子供がいる夫婦が離婚する場合には、慰謝料請求だけでなく養育費の問題が絡んでくるので、簡単には済まないケースは多いでしょう。

子供がいると夫婦間の問題よりも、子供をどうやって育てていくかが焦点となるため、折り合いさえつけば離婚することもできるはずです。

この折り合いをつけるのはお金の問題と、気持ちの問題がクリアにならなければいけないため、なかなか離婚の踏み切ることができないケースもあります。

既婚者に子供がいる場合、一緒になるために離婚してもらうには、まず彼が奥さんと子供への気持ちの整理がついていることが重要です。

その後、慰謝料請求と教育費を払い続けることになりますが、彼に離婚を迫るのであれば覚悟しなければいけないリスクとして考えておくべきですね。

子供がいれば避けては通れない問題なので、彼と将来のことを考えるのであれば、一緒に慰謝料と養育費を払う覚悟を持つ必要があります。

彼と一緒になっても子供との関係は一生続く

ベンチで寄り添うカップル
子供がいる既婚者と一緒になるということは、彼が離婚した後も子供との関係を続けていくことを認めることができるかがポイントです。

彼に離婚をしてもらうためには、子供から父親を奪い取るということになります。

これは夫婦関係がたとえ破綻していたとしても、子供にはまったく関係ない問題ですし、子供にとってはどんな親でも父親には変わりありません。

離婚の原因が不倫相手と一緒になることであれば、子供から父親を奪い取ったのが自分になります。

彼と一緒になることは子供から父親を奪い取るリスクを背負わなければならないため、罪悪感を一生背負うことになるかもしれません。

もちろん子供が離婚を快く受け入れてくれる可能性もありますし、離婚してからも父親と良好な関係が続く可能性はあります。

しかし子供が小さい時には罪悪感を感じると共に、彼との関係を続けてもいいのか不安になるかもしれませんね。

不倫関係の果てに略奪婚を成就させることは、二人にとって幸せなことかもしれませんが、子供にとっては父親に捨てられたという気持ちもあるでしょう。

彼にとって子供との関係は一生続くので、彼と子供との関係性を認め、罪悪感を抱きながら過ごすことのリスクは考えておかなければなりません。

彼を離婚させて略奪愛を成就させるおまじないとパワーストーン

彼を離婚させるためのおまじない

水晶玉を持つ女性
彼を離婚させるためのおまじないとして簡単な方法を紹介します。

まずは白い紙に黒いペンを使って彼と奥さんの名前を書き、塩を指でつまんで「縁を切って欲しい」と強く願います。

おまじないは気持ちがどれだけこもっているかが重要なポイントなので、しっかり気持ちを込めて願いましょう。

つまんだ塩を紙で包み込み、引き出しの中にしまって保管しておきます。

保管期間は約1ヶ月ほどで、効果がなければ次の段階に進みましょう。

保管していた紙をライターで燃やし、すべてが灰になるまでしっかり燃やします。

紙を燃やす時はさらに気持ちを込めて「別れて欲しい」と強く願えば、さらに効果を発揮しやすくなるはずです。

火で燃やす時はくれぐれも安全な場所で行ってください。

自分の気持ちを強くさせるパワーストーン

ターコイズ
略奪婚を成就させるためにやるべきことをやったのであれば、後は時間をかけて経過を観察するしかありません。

そこであなたの不倫を成就させるために役立つパワーストーンを紹介します。

トルコ石で有名なターコイズは、屋除けや旅のお守りとして有名なパワーストーンです。

あなたにとって悪となるパワーを排除してくれる石なので、あなたの障害を取り除く力を与えてくれます。

あなたにとっての障害は奥さんの存在であり、彼が奥さんと別れて一緒になることを後押ししてくれる石だといえるでしょう。

ターコイズは自分だけでなく彼が持っていても効果があるため、二人で一緒にターコイズを所持することで効果も倍増します。

また、オニキスという黒いパワーストーンも魔除けとして用いられる石です。

持ち主にパワーを与えて他人からの悪意から身を守る効果があるとされています。

さらに信念を支えるパワーストーンとしても用いられているため、略奪婚を成就させるための信念を貫く支えとなってくれることでしょう。

ターコイズとオニキスは左腕に身につけると効果を発揮しやすいため、略奪婚を成就させるまでは身につけておきたいですね。

離婚や略奪婚に強いパワーストーン

ガーネット
離婚や略奪婚を後押しするパワーストーンの中でも強力な力を持つのが、ローズクォーツとガーネットです。

ローズクォーツはピンク色で、恋愛成就のパワーストンとして有名で、女性としての魅力を引き出す効果があるといわれています。

ガーネットは勝負ごとにパワーを与えてくれるパワーストーンで、今まで頑張ってきたことの願いを叶えてくれる力を与えてくれます。

この2つのパワーストーンはそれぞれ単体でも効果はありますが、2つを同時に組み合わせることでおり略奪婚を成就させるためのパワーを与えてくれるのです。

さらに略奪婚に強い力を発揮するパワーストーンとして、セドナで有名なラブストーンがおすすめです。

貴重な天然石であるため数も少ないことから、効果も発揮しやすいパワーストーンとして人気となっています。

略奪婚を後押ししてくれるパワーストーンの力を借りて、彼との愛を成就させるために活用してみてはいかがでしょうか。

彼を離婚させて自分だけを見てもらうための方法や自分磨き

居心地の良い環境で彼との時間を過ごす

くつろぐ男性
不倫相手としては一刻も早く彼に離婚してもらい、一緒になりたいという気持ちを抱くはずです。

彼に自分だけを見てもらい離婚させるためにできることは、居心地の良い環境を作って彼と過ごすことを意識しましょう。

結婚生活では居心地の良い環境を求める男性が多い反面、夫婦関係によっては居心地の悪い環境へと変わっていきます。

いくら好きでも相性が悪ければ、一緒にいる時間に癒されることはありません。

彼に離婚を意識させるには彼が理想としている日常生活を、二人だけで過ごせる環境を作ることが大切です。

居心地の良さは二人の相性、関係性、空気感などいろいろな要因がありますが、彼にとってストレスのない環境が理想ですね。

家に帰って奥さんに小言を言われるよりも、彼女が愚痴を聞いてくれ、味方になってくれた方が居心地もいいでしょう。

不倫関係を続けるうえでも彼女と一緒にいた方が癒されると思えるほど、不倫関係も長続きするものです。

居心地の良さがそのまま日常生活に変われば、理想的な結婚生活を想像しやすくなるため、彼に離婚を決意させることもできるはず。

彼のために尽くしていれば、自然に二人の関係も良くなって自分だけを見てくれるようになるでしょう。

一緒にいる時はすべて彼優先で行動する

抱き合うカップル
彼に自分だけを見てもらうためには、彼を一番に優先して行動することで気持ちを掴むことができるでしょう。

不倫をする理由は結婚生活にうんざりしているので、癒しや安らぎを求めて不倫するケースが多くなります。

彼の気持ちを掴むためには一緒にいる時、彼のために尽くす姿を見せることで、自分の存在を大きくアピールすることができるでしょう。

彼にとって夫婦でいる時間が辛いものであるほど、彼女との時間が楽しく感じるものです。

一緒にいる時の彼女が至れり尽くせりな環境を作ってくれれば、手放したくないと思うのは当然でしょう。

そもそも彼にとって不倫をする理由は、彼女に癒しを求めたいと思っているため、癒されるほど奥さんよりも彼女が大事に思えてきます。

彼女である以上、彼に尽くすのは当然かもしれませんが、対等な関係を望む女性も少なくありません。

彼がどのような関係を求めているかにもよりますが、最終的に略奪婚を目指すのであれば、彼を優先して気持ちを掴むことをおすすめします。

彼の都合のいい女にはならないように高嶺の花を目指す

スタイルの良い女性
彼を離婚させて一緒になるためには、都合のいい女になるだけでは逆効果です。

既婚男性が不倫相手を都合のいい女だと思うのは自然かもしれませんが、女性にとっては一番になりたいのが本音でしょう。

彼のために尽くして待ち続けることは大切なポイントですが、何でも都合よくいいなりになれば彼との未来はありません。

結局は都合よく扱われ、用が無くなれば捨てられてしまうだけでしょう。

彼を離婚させて自分だけを見てもらうためには、彼が自分にもっと興味を持つように仕向けるべきです。

男性にとって自分の言いなりになる女性と一緒にいるのもいいものですが、自分が手の届かないようないい女を手に入れたいと思う気持ちもあります。

身近な女性よりも高嶺の花と一緒になりたいと思う反面、自分には無理だと思って近場の言いなり女性と一緒になることもあるでしょう。

いつでも手に入れられるような女性になるよりも、彼から追いかけられるような女性を目指すべきです。

高嶺の花を自分のモノのするためには、必死で彼女のために尽くしたり、時間を割いて行動するようになります。

今まで彼にしてきたことを、そっくりそのまま彼がしてくれたら、一緒になれる可能性も非常に高くなるはずです。

自分だけを見てもらうためには高嶺の花を目指すべく、自分磨きを怠らないようにしましょう。

女子力アップで魅力的になるほど彼が追いかけてくる

料理を作るカップル
男性はいつでも自分の手に入る身近な女性よりも、高嶺の花のようなちょっと背伸びをしないと届かない女性を手に入れたい気持ちがあります。

不倫相手の女性というのは自分の手に入れた女性なので、いつでも手が届く相手です。

会いたい時に会うだけが不倫関係だとすれば、彼女のことを全く知らないこともあるでしょう。

手に入れていた女性が実は高嶺の花だったと思えるほど、今度は手放したくなくなります。

彼を独り占めするためにはもっと魅力的な女性になることが有効な手段なので、女子力アップを目指して日々努力しましょう。

最終的には彼に追いかけさせることができれば、離婚から略奪婚を目指すこともできるはずです。

女子力アップにはいろいろな方法がありますが、自分磨きのためのスタイルアップと、居心地の良さを目指すための料理を頑張ることをおすすめします。

女性としてスタイルを維持することは、年齢を重ねるほど重要視されることで、スタイル維持や肌の手入れは欠かすことはできません。

奥さんよりもキレイな女性でいられるほど、彼の気持ちを掴むことができるはずです。

料理上手になるには毎日欠かさず料理を作ることが大切なので、日々の努力が大切。

女子力アップには近道はないと思えば、毎日のスタイルアップと料理を頑張れば、魅力的な女性に近づけるはずです。

結婚するとどうしても身だしなみを怠ったり、手抜き料理をすることも多くなるでしょう。

手抜きをする奥さんよりも、常にキレイで料理上手な彼女の方が魅力を感じやすいので、彼のハートと胃袋をガッチリ掴むこともできるかもしれませんよ。

奥さんと離婚させるための奥の手!妊娠?別れさせ屋?究極の方法とは

彼の理想的な結婚生活を体験させる

距離が近い男女
彼が奥さんと離婚したいと思わせるためには、自分と一緒に理想的な結婚生活を送ることを目指しましょう。

いろいろな手法や離婚計画を立てることも大切なポイントですが、確実に効果を発揮することは、彼の気持ちをガッチリ掴むことが大切です。

彼が本気で彼女と一緒になりたいと思わせなければ、離婚を考えることすらないので、彼の気持ちを揺れ動かすことが最も重要なポイントだといえるでしょう。

彼が不倫をするきっかけとして、家庭に癒しを求めることができなくなったり、奥さんとの夫婦関係の悪化が原因となるケースは多いでしょう。

仕事やプライベートでストレスが溜まっているのに、家に帰っても奥さんとの生活でストレスが溜まれば、癒しを求めて不倫したくなる気持ちはわかります。

そもそも奥さんとの関係が悪くならなければ不倫しようとすら考えることはないので、やはりパートナーとの関係性は重要なポイントですね。

不倫相手として彼との関係を良好にしておくことはもちろん大切ですし、なかなか会えない時間が多いからこそ会えた時を大事にしようと思えます。

久しぶりに会えば新鮮な気持ちになって、お互いを気遣ったり優しくすることはできますよね。

毎日お互いが相手を思いやりながら生活することは、結婚生活でも大切なことなので、彼のことを毎回思いやる気持ちを持って接しましょう。

さらに彼が居心地が良いと感じる空間を演出することで、何度も会いに来たくなる環境を作ることを目指します。

彼にとって居心地の良い環境は彼女と楽しい時間を過ごしたり、おいしい料理を一緒に食べることも含まれているでしょう。

不倫関係は身体だけの関係性だけではなく、心の繋がりを求めることも多いため、何気ない生活空間を一緒に過ごすことも珍しくありません。

彼女との生活がそのまま将来の結婚生活となれば、彼は自ずと離婚を考えて彼女との生活を考えるようになるでしょう。

男性にとって居心地の良い環境を作ってくれる女性は、自分との相性もいいと思えるため、気持ちも惹かれ合いやすいといえます。

彼が奥さんと離婚したいと思わせるためにも、彼女との生活の方が居心地が良いと思わせることが、シンプルかつ確実な方法のひとつとなるはずです。

不倫をしていることを自ら奥さんにバラす

電話する女性
彼に奥さんとの離婚をさせる方法として、自ら不倫していることをバラすのも有効な手段のひとつです。

不倫菅家を続けていれば、お互い不倫がバレないように行動することが暗黙の了解となりますが、いつまで経っても離婚してくれない彼にモヤモヤする気持ちが強くなります。

不倫してることがバレれば奥さんとの関係も一気に悪化するため、問答無用で奥さんから離婚を切り出されるかもしれません。

ただし奥さんへ不倫をしていることをバラすには、不安要素がたくさんあるので注意が必要です。

まず不倫をしていることを自らバラせば、慰謝料を請求される恐れもありますし、彼が不倫バレを望んでいなければ、彼との関係も終わってしまう可能性も考えなければなりません。

逆に不倫をしていることで奥さんライバル心に火をつけ、不倫相手だけには絶対に負けたくないため、頑なに離婚をしないケースも考えられます。

自ら不倫していることをバラす方法は有効な手段である反面、確実性がないというデメリットもあるので気をつけたいですね。

これは奥さんの性格や気持ち次第となるケースが多いため、安易にできる方法ではないかもしれません。

それでも不倫をしている事実を突きつけられれば、夫との離婚を考えるのは自然な流れなので、夫婦関係が悪化しているほど有効な手段となります。

別れさせ屋を使って奥さんを不倫に導く

花束を隠す男性
彼を奥さんと離婚させるためには、彼の気持ちを奥さんから離す方法だけではなく、奥さんの気持ちを彼から離すことも有効な手段となります。

究極の方法のひとつとして、別れさせ屋を使った離婚劇を演出することも可能ですよ。

別れさせ屋を使って奥さんを口説かせ、浮気をしている証拠を突きつけることでスムーズに離婚することもできます。

夫婦関係が悪化している時ほど別れさせ屋も効果を発揮しやすく、奥さんもまんまとワナにハマってしまう可能性が高くなるでしょう。

夫との夫婦関係がマンネリになることは、どの夫婦でも同じことですが、女性はいつでもドキドキするような恋愛に憧れを抱くものです。

結婚した途端にドキドキするような恋愛をすることはなくなるため、日常生活でドキッとするような体験から一気に深い関係を持つこともありますよ。

始めはガードが高くても優しいイケメンに口説かれれば、魔が差して浮気をしてしまうこともあるはず。

たった一度の過ちだろうが不倫をしている証拠写真を突きつけることで、離婚する時に有利なります。

特に男性は離婚を決意したとしても、慰謝料が不安になるため躊躇することも少なくありません。

奥さんが離婚の原因となれば慰謝料を払うこともなくなるため、スパッと離婚が成立して彼女と一緒になることもできますよ。

すぐに彼女と一緒になったとしても離婚原因は奥さんの不倫にあるため、堂々と一緒になることができます。

彼の子供を妊娠する

下着姿の女性
奥さんと離婚させるための方法として、最終的には彼の子供を妊娠することは究極の方法のひとつだといえるでしょう。

いくら不倫をしても離婚だけは嫌だと思っている奥さんもいますが、夫の愛人が子供を作ったとなれば話は別です。

よほど名家で離婚できないという家系でなければ、夫が他に子供を作った時点で離婚を決意するのは当然でしょう。

もしもここで奥さんが不倫相手の子供を認知したことになれば、夫が両方の家庭を大切にすることを認めたことにもなります。

夫を愛しているとしても、不倫相手の子供の存在は大きな問題です。

自分たちに子供がいないのに愛人に子供が生まれたら、慰謝料を請求して別れを決意するでしょう。

奥さんとの関係はかなり大きなトラブルに発展することは、不倫関係を始めた当初から覚悟の上で、彼との関係を続けているはずです。

子供は天からの授かりものですが、彼との子供を妊娠すれば奥さんが離婚を決意するのも時間の問題でしょう。

既婚男性を離婚させるためは、正攻法では難しい!焦らず時間をかけて攻めよう

芝生で寝転がるカップル
いくら既婚男性を好きで尽くしていても、略奪婚を目指すのは大変です。

不倫関係が長く続いたとしても、彼にとっては今の関係性が楽だと思えば、いつまで経っても離婚することはないでしょう。

一刻も早く彼と一緒になりたい気持ちはありますが、正攻法では略奪婚を目指すのは難しいといえます。

略奪婚を成就させるにはいろいろな方法がありますが、じっくり時間をかけて彼を口説き落とすことも必要ですよ。

おすすめの記事