夕方の桟橋で抱き合うカップル

既婚者同士のダブル不倫はお互いリスクを承知で付き合っているはずです。

そのため二人の気持ちの本気度も高いですし、お互い不倫がバレないように慎重に事を進めるので、二人の絆も強くなりやすいでしょう。

そんな関係性が1年続くと気持ちにも変化が生じてきますが、理解できない彼の態度にとまどうことも出てくるはず。

こちらでは1年以上のダブル不倫による関係性の変化と、彼の態度の変化による二人のこれからについて紹介します。

目次

ダブル不倫が1年続いたときに注意すべきこととは?

不倫がバレないための偽装工作にスキが生じやすい

電話するだ根氏
ダブル不倫を続けるために必要なことは、お互いが慎重になって行動することが求められます。

ただでさえ浮気を隠し通すのは難しいですし、普段とは違った行動をするだけでも浮気がバレてしまうこともあるでしょう。

しかもダブル不倫という関係であれば、不倫がバレてしまう可能性は極めて高いといえます。

そのためダブル不倫を成立させるにはお互いが慎重になって行動し、怪しまれない偽装工作をすることが必要不可欠です。

1年以上もダブル不倫をバレずに続けるのは至難の業ですが、それだけ長い期間不倫関係を続けていると気持ちにも余裕が出てきます。

その余裕が不倫の偽装工作にスキを生じさせ、不倫関係がバレてしまう可能性もあるので注意しましょう。

今までバレないように慎重になっていたのに、ちょっとした気の緩みやトラブルがきっかけで不倫がバレるケースは多々あります。

いつも通り会う約束をしていたのに、急にパートナーから出掛けようと誘われたり、知り合いに偶然会ってしまうこともありますよね。

想定していないような出来事がきっかけで焦ってしまい、偽装工作にスキが生じることはよくあることです。

1年以上もダブル不倫を続けていれば、想定外の出来事は経験していますし、多少のトラブルなら大丈夫だという余裕もあるでしょう。

ほんのちょっとした気の緩みがきっかけで不倫バレするので、1年間大丈夫でも毎回慎重に行動することが大切です。

お互いの家庭環境をおざなりにして考えてしまう

海辺で肩を抱き合うカップル
既婚者同士の秘密の関係が1年以上続けば、二人の心の距離はかなり縮まっていると思って間違いないでしょう。

二人だけの秘密の関係が長く続くほど、お互いの家庭をおざなりに考えてしまい、結局は不倫相手への気遣いもなくなってしまうことも考えられます。

不倫関係とはいえ一緒にいる時間が当たり前になってくるほど、気遣いを意識することは大切です。

そのため不倫相手には家庭を大事にすることよりも、二人の関係を大事にして欲しいと望むようになります。

家庭が壊れたとしても二人が幸せなら関係ないとさえ思うようになるかもしれませんね。

それだけお互いが好き同士だといえるからこそ、ダブル不倫という危険な関係が長期間成立しているのです。

しかし、二人がそれぞれ自分の家庭やパートナーよりも、不倫相手との密会を大事にしているとは限りません。

なぜなら自分のパートナーと不倫相手への愛情は別物であり、家庭と不倫相手との時間もまったく別だと考えているからです。

あくまでパートナーが一番であり、自分の人生で最も大切な存在だからこそ、離婚しないで結婚生活を続けています。

パートナーにはない魅力があるからこそ不倫関係を続けていますが、パートナーと別れてまで一緒になりたいとまでは考えてはいないかもしれません。

不倫しているからといってお互いが家庭をおざなりにしているとは限らず、むしろ不倫がバレないように家庭を大事にしているケースは多いですよ。

結婚生活があるからこそ不倫ができるのであって、家庭を破綻させるような行動はお互いにとって不利益となります。

そもそもパートナーより不倫相手が大事な存在なら、1年以上も不倫関係を続けずに一緒になるはずです。

結婚生活と不倫生活は別物だと考えているのに、相手の家庭をおざなりに考えるようになると、二人の気持ちにまでヒビが生じてしまうので注意しましょう。

長く付き合うほど相手を気遣い気持ちが失われやすくなるため、不倫関係だということを忘れずに行動することが大切です。

マンネリ化による義務的セックス

ベッドの上で横になる女性
不倫関係に求めるモノはそれぞれ違いがありますが、1年以上もダブル不倫が続くとマンネリ関係になる恐れもありますよね。

恋愛や結婚生活でも長く付き合うほどマンネリになることも多く、あれだけ好きだったパートナーへの関心が薄れてしまいます。

一緒にいることが当たり前になるほどドキドキ感が薄れるため、マンネリになることは仕方ないですが、愛情がなくなったワケではありません。

ただしマンネリ関係になると相手に何かしてあげたいという気持ちが薄れます。

1年以上のダブル不倫によってマンネリになると、会ったときの新鮮な気持ちや不倫をしているドキドキ感もなくなってしまうでしょう。

すると義務的なセックスをするようになり、結果的に結婚生活をしている夫婦関係のような状態になるかもしれません。

夫婦は夜の営みがだんだんと減っていきますが、次第にセックスレスになることで不倫をするきっかけにもなります。

不倫というリスクを冒してまで身体の関係を求めているのに、義務的なセックスでは物足りなくなり、不倫をしている意味すらわからなくなってしまうでしょう。

お互いがマンネリによって気持ちが冷めるのは仕方ないことですが、身体目的であるほど離れられない現状もあります。

夫婦関係が破綻してセックスレスであるほど、不倫関係を継続したいと思うからですし、ダブル不倫ならバレるリスクを共有できるので、絆も深まりやすいと考えています。

マンネリセックスを改善する方法はいくらでもありますが、新たに不倫相手を見つけることは難しいものです。

そのため1年以上のダブル不倫が続いたときは、義務的なセックスではなく創意工夫をすることを考えましょう。

マンネリによって気持ちが離れるとスキが生じて不倫バレするリスクも高まるので、会ったときは毎回思いきり楽しむことを意識することが大切です。

刺激的なことを求め過ぎない

ダンスを楽しむカップル
1年以上のダブル不倫が成立することで、このままバレずに関係を続けていけるという自信が持てるようになるでしょう。

しかし同時に一緒にいる時間が長くなるほど、幸せだった時間が退屈に感じられるようになります。

不倫という刺激的な関係の二人が、退屈な日々を過ごすことに満足できるとは考えられません。

逆にもっと刺激的なことを相手に求めてしまうことで、二人の関係が微妙に狂い始めるきっかけになるかもしれません。

不倫関係で刺激を求めるのはセックスですが、もっと刺激的なドキドキ感を味わいたいがために、不倫バレするリスクを恐れない行動に出ることもあるでしょう。

会う回数を増やす、お互いの家に行って不倫を楽しむ、それぞれの生活圏内で不倫関係を楽しむなど、刺激を求めることで少しずつ不倫バレするリスクが高まります。

不倫がバレたら一発アウトですし、不倫を疑われるような行動をとるだけでもかなりリスクは大きくなります。

それでも刺激を求めてしまうのは、今まで不倫がバレたことがないという自信からです。

「1年以上不倫がバレてないから大丈夫」という油断が、大きな判断ミスとなって取り返しのつかない結果になるかもしれないので注意しましょう。

マンネリ化?ほかにも不倫相手がいる?女性を不安にさせる既婚者の行動と態度

会えないのは仕方ないがドタキャンするようになった

不安そうに電話する女性
ダブル不倫が1年以上続いてくると、それなりに二人の関係も親密になってきますよね。

不倫関係が続くことで二人の絆が強くなるほど、マンネリ気味になってきたと感じることも出てくるでしょう。

彼が二人の関係性に甘えるようになり、急にドタキャンするようになると不安を感じるようになります。

お互い不倫関係なので急にパートナーと用事ができたり、仕事が忙しくなって会えなくなることもあるでしょう。

それでも何とか時間を作って会うからこそ、会えたときに盛り上がることができるのです。

しかし、急に予定をキャンセルすることが多くなるほど、相手のことをおざなりに感じ始めたといってもいいかもしれません。

なぜなら予定ができてドタキャンするケースは稀ですが、大事な相手との予定がキャンセルになるのであれば、できるだけ早く連絡を入れようとするはずです。

前もって予定がダメになったのであれば、不倫をしている身なので仕方ないと諦められますが、急なドタキャンは優先順位が低くなった証拠だといえます。

もちろんパートナーや仕事を優先するのは当然ですが、彼女を大事に想っているなら早く予定がダメになったことを報告するはずです。

本当にドタキャンしなければいけない状況もありますが、「今日は会うのがめんどくさいからドタキャンしよう」と考えることもあるでしょう。

ドタキャンは相手からの信頼を失うきっかけになりますし、信頼を失うことをわかっているのにドタキャンするのは、それだけの薄い関係性の相手としか思っていないのです。

彼のドタキャンが増えるほど彼女をおざなりにしていることがわかるので、彼女も不安にならざるを得ません。

会うパターンが毎回同じになってきた

テンションが低いままデート
不倫関係に不安を覚えるようになる彼の行動としては、会うパターンが毎回同じになってくることです。

ダブル不倫で絶対にバレてはいけない状況だからこそ、会うときは警戒しながら慎重に会っているので、1年以上も不倫関係が成立しているのでしょう。

あまりにも慎重になるあまり、会うパターンが毎回同じだとマンネリになりやすく、いつの間にかセフレの気持ちになってしまいます。

不倫相手に求めるのは身体の関係だけでなく、好きな気持ちがあるから成立するのです。

バレないようにするために会うパターンが同じになるのは仕方ないものの、たまには違った場所で会って楽しい時間を過ごしたいと思いますよね。

不倫していても気持ちは恋愛感情と同じなので、彼と一緒に遊びに行ったり旅行に行きたい気持ちはあります。

しかし不倫をしている以上、多くを望んではいけないこともわかっているので、会うパターンが同じになっても納得しているのです。

ただし彼の態度によっては、マンネリパターンが本当に不安にしか思えなくなるので、彼の気持ちを見極めるチャンスかもしれません。

彼女との時間を楽しみたいと思っていれば、いろいろな場所に出掛けたい気持ちもあるはずですし、マンネリ気味の関係を改善しようと努力してくれるはずです。

お互い結婚しているので会うのはもっぱらホテルですが、いつもの同じホテルではなくちょっとシャレたホテルにするだけでも気分は変わってきます。

ほんの少しの違いや行動だけでも不安な気持ちを払拭できますが、彼が頑なに同じパターンばかり続けるようなら、不倫関係に飽きていると思って間違いないでしょう。

いつもと違う行動によって不倫がバレるリスクが高くなるなら、彼女との関係がマンネリになった方がいいと考えているのかもしれません。

他に不倫相手がいるという不安よりも、彼にセフレだと思われているかもしれないことに不安を覚えます。

彼の気持ちを知る術は少ないですが、同じパターンで会う回数が増えるほど、セフレ関係の不安が尽きません。

セックスばかりで笑顔で話すことがなくなってきた

セクシーな女性
不倫関係で不安に思うことは、彼がセックスばかり求めてくるようになることです。

しかも笑顔で話した記憶がないと思えるほど、会ったらすぐにセックスをしてバイバイする関係性は、セフレだと思われている可能性大ですね。

不倫関係が継続していくと、お互い絆も深まっていくのは当然ですが、同時にマンネリ関係になりやすいものです。

ダブル不倫の関係は頻繁に会えないことも多いため、会えばすぐにセックスしたくなる気持ちもわかります。

しかし、不倫関係はお互い好きだからこそパートナーがいても、秘密の関係を続けているはずなのに、笑顔で話さない状態が続けば不安になりますよね。

「もう身体だけの関係なの?」と一度でも思ってしまうと、彼の気持ちがわからなくなってしまいます。

このままダブル不倫を続けてもいいのか、セフレ関係だと割り切って付き合い続けた方がいいのか、不安な気持ちは尽きません。

せっかく会えたのに帰る時間が早い

抱き合うカップル
1年以上秘密の関係が続いていると、相手に対する気持ちの変化が生じても仕方ありません。

「このくらいなら大丈夫だろう」という気持ちは、相手を不安にさせていることに気づかないこともあります。

彼とせっかく会えたのに変える時間が早くなると、自分への興味が薄れてきたのかもしれないと不安になるでしょう。

不倫関係で不安になることは、いつ関係が終わってしまうかわからないということです。

そのきっかけが家族を大事にしたいからか、不倫がバレたからなのか、いずれにしても不倫の関係性はいつ終わるかわからない不安を抱えながら付き合うことになります。

お互い家庭がある中で時間をやりくりし、せっかく会うことができたのにすぐに帰ってしまう彼の行動は、不倫相手の女性をこの上なく不安にさせる行動のひとつ。

不倫相手よりも奥さんのことを大事に想い始めると、いつ別れを切り出されるかわかりません。

それぞれの家庭を大事にしつつも、大人の火遊びの関係を続けるには、あまり相手にのめり込まないことは鉄則です。

ダブル不倫はあくまでも割り切った関係を続けることで成立しますが、彼の気持ちを振り向かせようとすると不安にしか思わなくなります。

せっかく会えたのに帰る時間が早くなった彼の行動は、興味が薄れてきた証拠だといえるでしょう。

ダブル不倫が1年続くと男性心理は大きく変化する

不倫相手以上の関係性を求めるようになる

アゴクイする男性
ダブル不倫を1年以上続けるのは、お互いが本気で関係を続けようとしなければ成し得ないことです。

それぞれのパートナーにバレずに会い続けるには、慎重な行動をとらなければならず、ほんの数時間会うためにかなりのリスクを負わなければなりません。

しかも二人とも結婚しているとなれば、お互いの心理にも大きな影響を与えることでしょう。

彼にとって不倫相手と1年以上の関係になれば、不倫関係以上のモノを求めるようになります。

結婚相手と恋人に求めるモノが違うように、奥さんと不倫相手に求めるモノは違いますが、より多くのモノを彼女に求めるようになるでしょう。

男性が求めるモノで多いのは癒しや居心地の良い空間です。

本来は奥さんに癒しを求めるもので、家に帰ったら一番くつろげる空間があることで、男は毎日家に帰りたくなるものです。

何らかの家庭に事情で家に癒しを求めることができないと、家庭以外に癒しを求めるのが男性なので、不倫相手の彼女に癒しと求めるようになります。

実際1年以上の関係が続いているとなれば、彼女に癒されているのは間違いないでしょう。

ダブル不倫の当初は何となく意気投合して不倫関係になったものの、付き合いが長くなるほど絆も強くなっていき、信頼関係も芽生えてきます。

自分が家庭以外に安心できる場所を見つけることができたのが、彼女と一緒にいる場所です。

ダブル不倫を続けてきたという事実は二人の信頼関係を強固にし、彼女に癒しと居心地の良い空間を求めるようになります。

身体だけでなく心の繋がりを求めるようになる

キスしようとするカップル
不倫が長続きするほどお互いの信頼関係は強くなっていきますが、不倫するには相手を信頼することが絶対条件です。

お互いの結婚生活があるからこそ、慎重になって会わなければいけないことを自覚し、不倫関係を通じて心の絆を深めてきました。

そんな彼が長く付き合っている彼女に求めるモノは、身体だけの関係よりも心の繋がりを求めるようになります。

男性は癒しや居心地の良さ求める傾向がありますが、それは心が通じ合っているからこそ成り立つことです。

絶対にバレてはいけない関係を続け、お互いを信頼して不倫関係を続けてきたので、普通の恋愛よりも絆は深まっているといえるでしょう。

二人で危険やトラブルをクリアするほど心も通じ合っていくものですが、男性はより心の繋がりを求めるようになります。

不倫関係といっても初めは何となく付き合い、身体の関係を続けることを目的とするケースが大物です。

しかし、男性は相手のことを大切に想うほど、身体の関係よりも心の繋がりを重視するようになります。

心の繋がりを求めるようになれば、彼が本気で彼女のことが好きになったといえますし、二人の将来も真剣に考えているはずです。

二人の将来について真剣に考えるようになる

座って話をするカップル
1年以上のダブル不倫は思っている以上に大変なことばかりでしょう。

不倫していることをパートナーに悟られることなく、密会場所も絶対にバレない場所を見つけ、少しの時間だけ会って絆を深めていくダブル不倫。

社会的には許される行為ではないものの、二人にとっては真剣な恋愛をしているので、いつまでも関係を続けていきたいと願っていることでしょう。

だからこそ不倫というリスクをそれぞれが背負い、1年以上も不倫関係が続いているのです。

ここまでくるとただの火遊びレベルではなく、本気にならなければ続けられない関係だといっても過言ではありません。

男性にとってダブル不倫の結末をどうするのか、二人の将来についてどうしようと考えているのかを真剣に悩むようになるはずです。

いつ関係がバレて終わってしまうかわからないからこそ、あらゆることを想定しておかなければなりません。

二人の気持ちを優先して離婚を考えるようになるのか、あるいは潮時を考え始めるか悩むはずです。

女性は気持ちを優先するので今の関係でもいいと思うかもしれませんが、男性は理論的に考えることが多いため、それぞれ不倫がバレたときのリスクを考えてしまいます。

リスクを考えるならダブル不倫を続けることなどないため、彼女のことが本気で好きになってしまったのかもしれません。

だからこそ二人の将来を真剣に考えるようになり、二人のことやお互いの家庭までどうするか悩むことも多いでしょう。

結局決断は二人の気持ち次第ですが、彼が将来のことについて悩み始めたら本気になっている可能性は高いですよ。

ダブル不倫相手の彼とのマンネリ化やなれ合いを防ぐために既婚女性ができること

少し離れた場所でデートする

デートするカップル
男女が長く付き合うほどマンネリ関係になりやすいですが、ちょっと意識して行動するだけでマンネリ関係を解消することができます。

ダブル不倫をしているので、普段からバレないように細心の注意を払って行動しているはずです。

そのため限られた場所でしか会わないことも多く、バレるリスクを最小限にするためには当然の行動だといえるでしょう。

不倫がバレないように行動するのは当然ですが、同じパターンの繰り返しでマンネリになると、二人の関係のも大きく影響しますよね。

不倫バレするリスクを考えて会う場所を限定するのは当然ですが、たまには違う場所で会うことで、マンネリを打破するきっかけにもなります。

探せば安全に会える場所はたくさんあるので、ちょっとしたひと手間でマンネリ関係を解消できれば、やってみる価値はあるはずです。

二人の生活圏内で会えば知り合いに会うリスクが高いので、2駅離れた場所で会うだけでもかなりリスクを軽減できます。

いつもとは違う場所で会うだけでも新鮮な気持ちで会えるため、マンネリだった関係から昔のようにお互いを求める関係性になれるかもしれません。

また、時間があればさらに離れた場所に行くほどバレるリスクもなくなるため、昼間デートを楽しむこともできるでしょう。

今まで不倫がバレるのを恐れてデートすらできなかった関係なら、より新鮮な時間を楽しく過ごせるようになるはずです。

一時的に会わない期間を作ってみる

浜辺で一人で時間を過ごす女性
バレるリスクが多いダブル不倫の関係が長く続いてくると、お互いの絆が深まる一方、なれ合いやマンネリ関係になる可能性も高くなります。

マンネリはいきなり感じることではなく、少しずつ二人の行動や気持ちに変化が生じることにより、気づいたときにはマンネリ関係になっていたというケースが多いでしょう。

長く関係が続けば仕方がない部分はありますが、マンネリ関係の彼と会ってもあまり嬉しさを感じなくなりますよね。

しかも不倫というリスクを負いながらマンネリの彼と会うのは、そこまでのリスクを負ってまで会う必要性を感じません。

そうなると彼に対する気持ちにも変化が生じ、最終的には好きな気持ちよりもマンネリ関係が嫌で関係を解消することになるでしょう。

マンネリ気味だと感じてきたときは、一時的に会わない期間を作ってみるのもおすすめです。

会わない期間が長くなるほど、会ったときに新鮮さを感じることができるので、マンネリ関係を開所することにも繋がります。

夫婦がマンネリになるのは毎日一緒にいるからであり、どんなに愛している関係でもマンネリになれば、好きな気持ちも半減してしまうでしょう。

不倫相手に求めるモノは好きな気持ちだけでなく、身体の関係や癒しなど多くを求めています。

マンネリ気味になったからといってすぐに関係を解消したいとも思わない反面、会うならもっと楽しい時間を過ごしたいという希望もあるはず。

1年も続いている関係性なら多少合わなくなった方が、新鮮さを取り戻して良い方向に向かう可能性が高いでしょう。

いつもとは違ったプレイを楽しむ

愛し合う二人
マンネリ解消にはいつもと違う行動をとることが大切ですが、関係が長くなるほどめんどくさいという気持ちも芽生えます。

二人が積極的に行動すればマンネリになることもありませんが、どちらかが今の現状でいいと思ってしまうと、そこからマンネリ気味になってしまうモノです。

彼との関係がマンネリ気味だと感じたときには、何かひとつでもいいのでいつもとは違ったことをしてみましょう。

おすすめするのはいつもとは違ったプレイを楽しむことで、どんなにめんどくさがりな彼でも、セックスなら新しいプレイを楽しみたいと思うはずです。

いつも通りの義務的なセックスではなく、ソファーやお風呂場など環境を変えるだけでもマンネリ解消に繋がります。

またアダルトビデオのような激しいプレイをすることで、彼の性欲に火が点いて積極的に誘ってくれるかもしれません。

なれ合いやマンネリ化を防ぐためには、セックスプレイを変えることがおすすめで、彼も喜んで協力してくれるはずです。

イメチェンをして違った魅力を見せる

色気のある女性
女性はちょっとしたイメチェンをするだけでも、かなり見た目の印象を変えることができますよね。

マンネリ関係を解消するためには、イメチェンを活用するのもおすすめする方法のひとつです。

男性はいろいろな女性に興味を持ちやすいですが、それぞれ違った魅力があるから興味をそそられるのでしょう。

彼の性格が飽き性であればマンネリ関係の原因も、1年以上関係が続いてきたことが要因だと推測できます。

そのため奥さんへの興味も薄れて不倫をしている可能性は高いですが、自分との関係まで飽きられるのは嫌なものです。

彼の興味をひくためにも、イメチェンをして彼の薄れてきた興味を取り戻す努力をしましょう。

髪型を変えるだけでも印象はガラッと変わりますし、化粧や服装を変えればさらにイメチェンすることができます。

普段おとなしめな服装なのに、ちょっと大胆に胸元が開いた服を着るだけでも、彼の視線を釘付けにすることができますよ。

やるなら思いきってイメチェンした方がいいので、髪の毛をショートにしたり、ミニスカートやノースリーブで誘惑するのもいいかもしれませんね。

奥さんとは違った魅力を見せるのはもちろんですが、いつもの私とは違う一面を垣間見せれば、彼の興味をひいてマンネリ解消のきっかけにできるはずです。

ダブル不倫が1年続いたら将来的に結婚がある?彼との将来について考えよう

夫と彼との将来について比較して考えてみる

考える女性
いつまでもダブル不倫の関係が続けられる保証はないですし、二人の関係についても考えることも必要でしょう。

こればかりは自分だけの考えで決められることではありませんが、少なくとも夫と彼との将来について、それぞれ早めに考えておくことは必要です。

どちらを選ぶことになっても、決断するときはかなり悩むことになるでしょう。

やはり1年もの間不倫関係が続いてきたということは、それだけ彼に対する気持ちがある証拠ですし、夫に対しても愛しているから離婚を決断できないはずです。

二人を好きになることは仕方のないことですが、いずれはどちらかを選ばなければなりません。

このまま関係が続いていけば不倫がバレてしまい、夫との未来はなくなってしまう可能性は高いでしょう。

彼と本気で一緒になる気があるのか、夫との結婚生活を大切にしたいのか、普段から比較して考えておくことをおすすめします。

彼との別れを決断するなら早めがいいですし、彼を選ぶにしても今の不倫関係なのか、あるいはお互い離婚してから一緒になるのか。

いずれにしても決断するには大きなハードルが山積みなので、普段からどちらの生活を選ぶのか比較しておくと決めやすいかもしれませんね。

不倫関係継続、略奪婚、別れについて考える

悩んでいる女性
不倫関係が1年以上続いたのであれば、本気で彼と一緒になることを考えてみましょう。

いつまでも今の関係性のまま続けるのは難しいですし、バレたら一発アウトのダブル不倫はリスクが大き過ぎます。

本気で彼のことが好きだからこそ1年以上関係が続いているはずなので、彼と旦那のどちらを選ぶか決めることは必要です。

どちらも選べないから今の関係が続いているのかもしれませんが、ならば本気で彼と一緒になれるか考えてみましょう。

夫と別れて彼と一緒になるためには、お互い離婚して慰謝料を払い続けることが条件になるとは思いますが、略奪婚をして自分が幸せになることへの罪悪感もあるでしょう。

または彼と一緒になっても将来的に別れることになるかもしれないですし、不倫する人はまた別な相手と浮気する可能性もありますよね。

逆に彼と完全に別れたときのことを考えて、夫と昔のような幸せな生活を送れるのか想像してみましょう。

最終的には結婚を視野に入れることがポイントで、彼と結婚する方法を考えることで、自分の気持ちも整理しやすくなるはずです。

どちらにしても今のダブル不倫の関係はいつまでも続けられないので、彼と結婚できるのか、結婚するほど本気なのか、考えることはいくらでもあります。

将来について自分の心に問いかけてみる

目をつむる女性
彼との将来を考えるときに大切なことは、自分の気持ちに正直になって行動することです。

夫と彼のどちらを選べばいいのか、悩み続けている結果がダブル不倫という形となっているのはわかります。

このダブル不倫の関係は自分の気持ちに正直になるというよりは、何となく彼と関係を続けていることが要因です。

どちらか選べと言われても、「どちらも好きだから選べない」というのが正直な気持ちでしょう。

確かに恋愛ではよくあることですし、同時に二人の人を好きになることもあります。

ただ恋愛と不倫は別次元で考えないと、自分勝手な言い訳にしかなりません。

好きだから一緒にいたいというのは若い頃の恋愛であり、大人の恋愛では好きだけでは一緒になれないこともたくさんあります。

その代表格が結婚であり、不倫することで社会的にも大きな制裁を受けることになるのは理解しているはずです。

逆にいえば不倫バレによる制裁を受けてでも、彼と一緒になりたいという強い決意があるともいえるでしょう。

しかしそれでは結婚する意味がないですし、本気で一緒になりたいならお互い離婚してから結婚するべきです。

自分の中で彼のことは好きでも、夫以上に大切な人だとは思えないのかもしれませんし、離婚する決断ができないのかもしれません。

何を選択するにしても相当な覚悟と強い気持ちが必要になるため、決断を先延ばしにしてしまう気持ちもわかります。

ただ、彼との将来は成り行きに任せるのではなく、自分の意志や気持ちで決断することが望ましいです。

自分の気持ちに問いかけて彼を選ぶのか、あるいは夫との結婚生活を選ぶのか、素直な気持ちに従って決断しましょう。

1年以上決断を先延ばしにしてきたからこそ、何かのきっかけがなければずっとダブル不倫という関係性のままの可能性が高いです。

ほとんど自分の中で彼との結婚は無理だと思っているからこそ、不倫止まりのままだといえます。

それでもできるだけ早く自分の気持ちに素直になって、どちらを選ぶのか決断することは大切です。

ダブル不倫が1年続くと男性の心理が変化するから関係も変わってくる

ベンチに腰掛けるカップル
ダブル不倫はお互いリスクを承知で付き合っているため、二人の心の絆も強くなりやすいといえます。

そのため関係が続くほど彼の気持ちにも変化が生じやすくなりますが、求めてくるものが癒しなのか、あるいは結婚生活なのかはわかりません。

不倫関係はいつまで続けられるかわかりませんが、彼との将来を本気で考えることも必要になるはずです。

今のままの関係でいいと思っても彼の気持ちが変化すれば、自ずと関係性も変わってくるため、自分も素直な気持ちに従うことも必要です。

彼と一緒になりたいのか、あるいは不倫関係を解消した方がいいのか、近いうちに決断することになるはずなので、後悔のないように自分の気持ちに問いかけましょう。

おすすめの記事