寄り添う二人

ダブル不倫を続けていると、彼の気持ちが本気なのか気になりますよね。

お互い不倫バレのリスクがある中でも関係を続けることで、より二人の絆が強くなっていき、彼の存在も大きくなっていくものです。

彼が本気で一緒になる気があるのか、あるいは遊びなのかは知りたいと思うはず。

そこでダブル不倫をしている時の男性心理について紹介します。

ダブル不倫の末路についても紹介するので、ダブル不倫で悩んでいる人はぜひ参考にしてください。

目次

既婚者同士がダブル不倫にハマるきっかけとは

夫婦関係が悪化したことで安らぎを求めるようになった

コーヒーカップを握るカップル
既婚者同士がダブル不倫にハマるきっかけとして多いのは、夫婦関係が悪化したことが要因になることが挙げられます。

夫婦関係はいろいろな問題を経て絆も深まっていく一方で、マンネリによって関係性が悪くなることもあります。

まわりからは良い夫婦関係に見られていても、実際は家庭内別居状態で生活している夫婦もいるかもしれません。

それだけ結婚した後はいろいろな問題があるため、簡単には別れることができないということです。

毎日いろいろなストレスを抱えながら生活している人にとって、自分が一番安らげる場所は家庭で会って欲しいと思うでしょう。

家に帰ったら夫婦でゆっくりくつろぎながら、毎日過ごすことは理想の夫婦生活です。

しかし夫婦関係が悪くなると、家にいることでストレスを感じるようになります。

夫婦だから一緒に住んでいるとはいえ、愛情が冷めた相手と話をするのも嫌なものですよね。

根底では愛している気持ちがあっても、普段の生活態度、相性、性格、話し方に至るまで、相手に対する嫌な部分が見えてくるのが結婚生活です。

いくら好きでも嫌な部分が見えることで気持ちも冷めてくるものですが、結婚していると簡単には別れることはできません。

そのため家庭では自分が安らげる場所がないと思う人が、外で不倫相手を見つけようとするのです。

一緒にいて安らげる相手がパートナーでなければ、他に相手を探したい気持ちが不倫に走ってしまうのでしょう。

しかも離婚する気がない以上、不倫相手は誰でもいいというワケにはいきません。

不倫バレしないことが不倫を続ける絶対条件となるため、相手が独身よりも既婚者の方が都合がいいのです。

ダブル不倫はバレた時のダメージが大きいので、お互い同じ条件で関係を続けることで、強い絆で結ばれやすくなります。

相手が裏切ることや気が緩むことで不倫バレすることがありますが、ダブル不倫では常にお互いが細心の注意を払って行動するはずです。

二人が強い絆で結ばれやすくなることで、一緒にいる時には絶対的な安心感を感じることが安らぎに繋がるでしょう。

本来ならば夫婦間で感じるような強い絆が、不倫という危険な関係性による絆によって、お互いが強く結ばれていくのです。

安らげる環境を求めることはごく自然なことですが、ダブル不倫をしている人の安らげる場所は、不倫相手と一緒にいる空間なのです。

同窓会で久しぶりに会ったことがきっかけ

ワイングラス片手に抱き合うカップル
夫婦生活では日常生活に不満を抱くようになると、非日常生活に憧れを抱くこともあります。

不倫に憧れる人は少ないかもしれませんが、ドキドキするような体験には興味を抱く人は多いでしょう。

同窓会は日常生活とは違った時間を過ごせるので、そこで出会う人には特別な感情を抱きやすいものです。

数年ぶりに会った友達との同窓会では、当時なんとも思わなかった相手が急に魅力的に感じることもあります。

逆に憧れていた男性や元カレなど、当時の想いを伝えられなかった相手に対して、時間が経つことで急接近することもあるでしょう。

同窓会はいくつになっても無条件で当時の関係性に戻れるので、今の生活とは違った自分に戻れる場所です。

そのため当時はできなかったことや、数年経ってから思い切って想いを伝えることもできます。

当時の関係性のまま大人になることで、二人だけの特別な時間を過ごせるのです。

それはお互いが結婚していることは関係なく、二人にとってはあくまでも当時の友達関係の延長だと思っているのかもしれませんね。

同窓会がきっかけで不倫をすることは珍しくないのは、それだけ慰安の生活に不満を抱いたり、あるいは当時に戻ったことで気が大きくなっているといえます。

ダブル不倫に発展するのは同窓会で別れてしまえば、もう二度と会えなくなるかもしれないという不安があるからでしょう。

お互い既婚者同士であれば、いくら同級生でも会うことはないかもしれません。

同窓会というきっかけがあったからこそ数年ぶりに出会うことができたので、既婚者同士が異性の同級生と個人的に会うことは難しいことです。

そのため友達として会いたいというよりは、恋愛感情や寂しい気持ちを払拭したい気持ちが強いのかもしれません。

今のパートナーとの絆は強くても、やはり青春時代の友達は特別な存在です。

同窓会で出会った友達への懐かしい気持ちが、ダブル不倫へのきっかけになることもあります。

出会い系サイトで不倫願望を叶えたい

職場で仲良く仕事をする二人
夫婦関係が悪化して不倫をすることもありますが、普段から不倫願望を抱いている人も少なくありません。

一人のパートナーに束縛されることを嫌い、もっと遊びたいという人もいるでしょう。

結婚したら遊べなくなることはわかっていても、実際に結婚することで毎日の生活に不満を抱くようになります。

覚悟して結婚したはすですし、愛する人との生活は幸せな未来を創造していたことでしょう。

しかし平凡な生活が幸せだと感じる人もいれば、もっと日常に刺激が欲しいという人もいます。

いくら愛する人と一緒にいても、長い時間を共にすることでマンネリになり、物足りなさを感じるようになるかもしれません。

「離婚はしたくないが刺激のある生活に憧れる」「パートナーのことは愛しているが平凡な毎日が嫌」など、いろいろ思うことはあるでしょう。

夫婦生活ではいろいろな困難を乗り越えて生活していくものですが、パートナーの心の本音までは知る術がありません。

そんなどうしようもない心の葛藤を少しだけ満たしてくれるのが、ネットを利用した出会い系サイトです。

出会い系サイトでは自分と同じような悩みを抱えている人が実に多いため、リアルな生活にはない繋がりを感じやすくなります。

自分と同じような悩みを持っている人とネットで繋がることで、より強い絆を結びやすいということ。

これはパートナーとの愛情ベースの絆とは違い、考え方や悩みが一緒という共通点があります。

そのため既婚者で愛する人がいても、ネットで知り合った相手とは共通点が多いため、意気投合しやすいのです。

不倫願望がある人は同じ気持ちを抱く人を探しやすく、しかも誰にもバレずに相手を見つけることができるメリットがあります。

不倫願望では単純に身体の関係を求めるだけでなく、精神的な繋がりを求めるケースも少なくありません。

夫婦生活では満たされないものを出会い系サイトを利用し、同じ悩みを持った人と不安を解消することで、さらに絆を深めることができます。

相手が既婚者でダブル不倫であれば、お互いがより秘密厳守を重視するため、長い不倫関係を続けるきっかけになることも珍しくありません。

社内やスポーツクラブなど同じ環境にいる相手に好意を抱きやすい

仕事の説明をする男女
身近にいる人に好感を抱きやすくなるのは、プライベートだけでなく職場でも同じです。

何度も顔を合わせるうちに仲良くなり好感を抱くことで、次第に恋心が芽生えてくるのが恋愛の流れでしょう。

これは独身者だけではなく既婚者でも同じことがいえるので、相手に好感を抱いたり好意を持つことは珍しいことではありません。

もちろん既婚者であれば好きになった相手がいたとしても、行動には起こさず気持ちだけで留めておくものです。

しかしパートナー以上に魅力を感じたり、あるいは夫婦関係が悪い時期には魔が差すこともあるでしょう。

ちょっとくらいならという気持ちの緩みが、ダブル不倫にハマるきっかけになることも多いものです。

職場では家族以上に顔を合わせる時間が多くなるため、好意を持ちやすい環境だといえます。

プライベートになるとさらに気も緩んでいるため、スポーツクラブや趣味で出会った相手とはより距離感が近くなりやすいでしょう。

好意を抱くのは既婚者だからダメというのではなく、それぞれの性格や相手との相性が大きく関係します。

妙に気が合う相手がいれば必然的に仲良くなりますし、お互いの距離感も近くなるでしょう。

出会った当初は恋愛感情がなくても、好意を持つことで次第に惹かれ合うものです。

相手も既婚者だから恋愛することはないという想いが、逆にどうしようもない恋愛感情を抱くことも少なくありません。

お互い同じ気持ちになればダブル不倫に発展することは自然な流れであり、より不倫にハマッていきます。

「自分は結婚しているから…。」「相手は既婚者だから…。」という気持ちがあるので、身体の関係にはならないだろうと思っているはず。

しかし相手を好きになると、逆にこの制約が恋愛モードに火をつけることになり、二人の恋を燃え上がらせるきっかけになってしまうのです。

遊び?心のつながりを求める?ダブル不倫に走る男性心理とは

同じ悩みや不満を共有しやすいので関係も続きやすい

振り向くカップル
ダブル不倫をする男性心理には、自分と同じ悩みを共有してもらえるという安心感を抱くことも少なくありません。

奥さんに対する不満は夫婦関係を続けれいれば、抱くことも多くなるでしょう。

家にいてもストレスを感じるので帰りたくないという気持ちは、同じ既婚者でなければわからない悩みです。

世間的にはそれでも家に帰るのが当たり前ですし、夫婦の問題は自分たちで解決するしかないと言われるのがオチでしょう。

誰にも相談できないことがさらにストレスを溜めることになりますが、自分の悩みに共感して癒しを与えてくれる女性がいれば、相手を求めるのは仕方ないことです。

奥さんに対する悩みを不倫相手の女性も同じように感じていれば、悩みや利害が一致するので共通点が生まれます。

共通点を解決する方法として二人が求め合うようになるため、心の繋がりを重視するようになるでしょう。

相手が既婚者だからこそ同じ悩みを共有できるという想いが、ダブル不倫に走らせるのです。

お互い既婚者なので割り切った関係を続けられる

床に寝転がって見つめ合う
不倫関係になるといろいろな問題がありますが、その中のひとつには私情のもつれがあります。

不倫相手の彼女とは当初から遊びの関係だったとしても、関係が続くほど相手に好意を抱くようになるものです。

特に相手が独身女性の場合は、嫉妬心を抱くと既婚男性でも自分のモノにしたい気持ちが強くなり、略奪愛を成就させようと考えるかもしれません。

好きな相手に奥さんがいたとしても、自分の方が魅力的だと思って奪いたくなる気持ちはわかります。

さらに女としてのプライドが奥さんには負けたくない気持ちとなり、不倫関係では満足できなくなるかもしれません。

不倫当初は完全に身体の関係で遊び相手だったのに、いつの間にか恋愛感情を抱かれるようになると、嫉妬心から不倫関係をバラされる可能性もあります。

「どうせ叶わぬ恋なら壊してやる」「離婚すれば一緒になれるかも」という想いから、自ら不倫バレするような行動に出るかもしれませんよね。

不倫はしたくても不倫バレだけは絶対に避けたいので、相手を選ばなければなりません。

そこでダブル不倫であればお互いの利害が一致しているので、割り切った関係を続けることができます。

離婚はしたくないがちょっと遊びたいという気持ちをお互いに共有することで、フラットな関係を続けることもできるでしょう。

男性心理には割り切った関係を続けるには、ダブル不倫はまさにピッタリな相手だという思いがあるはずです。

結婚生活と非日常生活の両方が楽しめる

雨をしのぐカップル
結婚生活は何気ない日常生活に幸せを感じやすいですが、それだけでは物足りなさを感じることもあります。

幸せな生活を送っているうちは、今が幸せだと感じられないものなので、幸せよりも退屈感の方が強いでしょう。

そのためダブル不倫で非日常的な生活を送ることで、結婚生活と不倫相手との非日常生活の両方を楽しむことができるのです。

退屈な生活に不満があるから離婚したいとは思わず、刺激さえあれば満足できることは多いでしょう。

奥さんとの生活に劇的な変化があったり、積極的に夜の営みで新しいことに挑戦するのもいいかもしれません。

マンネリ関係を打破することができれば、そもそも退屈だと感じることはありませんが、夫婦生活ではこのマンネリ関係を解消することが難しいのです。

だからこそ刺激を求めるために不倫をしてしまうのですが、これは男性だけでなく女性も同じ。

既婚者同士が同じ悩みを共有することで不倫関係に発展しやすくなりますが、不倫バレするリスクが少なければ、より非日常生活を楽しみたいと思うようになります。

結婚生活と非日常生活の両方を楽しむことで、ストレス発散や悩み解消へと繋がると考えているのかもしれませんね。

裏切られることはないので安心して不倫できる

耳元で囁く女性
ダブル不倫はお互いが同じ弱みを握ることになるので、相手に裏切られることはないと思います。

男女の恋愛では出会いがあれば別れもあるのが常ですが、不倫関係では別れる時には気をつけなければなりません。

ケンカ別れしたことによって不倫をバラされてしまうなど、相手に裏切られることがあるからです。

お互い好き同士で不倫関係になったのであれば、愛情や心の繋がりを求めるでしょう。

しかし別れる時には愛が憎しみに変わることもあるため、相手に嫌がらせをするために不倫をバラされるかもしれません。

不倫をしている時には常に不倫バレを恐れていますが、ダブル不倫であればこの裏切り行為はないでしょう。

既婚者同士であれば不倫していることをバラされることで、お互いに大きなダメージを受けることになるからです。

不倫バレのリスクは離婚するだけでなく、仕事を失ったり身近な人からの信頼を失う危険性もあります。

お互い同じ弱みを握っているため、いくら別れる時に関係がこじれたとしても、不倫していることだけはバラすことはありません。

ダブル不倫をしている既婚男性にとって、離婚しない以上は遊びの気持ちが強いといえます。

たとえ本気で彼女のことを好きだとしても、常に裏切られることを心配しなけれればいけません。

既婚者同士はお互い対等な関係性に慣れるので、遊びでも本気の恋愛だったとしても、安心して関係を続けられると思っています。

ダブル不倫をしている既婚男性の本気のサイン、態度

身体の関係だけでなく精神的な繋がりや絆を重視する

草原でゆったりと過ごすカップル
ダブル不倫をしている彼の本気度を確かめるサインとして、身体の関係よりも精神的な繋がりを求めているかをチェックしましょう。

不倫関係を続けていれば身体の関係になりますが、不倫バレしないように部屋で会う機会が多くなります。

そのため会えば必然的に身体の関係になるので、彼が本気か遊びかもわからなくなって不安に思うでしょう。

ダブル不倫を続ける理由として、いつか離婚して一緒になりたいと思っているかもしれません。

しかし毎回会うたびに身体の関係になっていれば、セフレと大差ないので不安になるのは当然です。

彼の気持ちを確かめたいと思っていても、お互い既婚者という立場なので、結局はフラットな関係のまま落ち着くことになります。

相手のことを本気で好きになれば、曖昧な関係性を続けようと思いません。

彼が本気になるほど身体の関係だけではなく、心の繋がりなど精神的な絆を重視するようになるでしょう。

これは恋愛でも同じで、会うたびにエッチをしていれば身体目的だと思われてしまうのは仕方ないことです。

相手に本気度を伝えるにはエッチをしない日を作ることで、遊びではないことをアピールすることもあるかもしれません。

好きな相手とはエッチをしたいのは男女共通ですが、男性の方が身体を求める比率は多いでしょう。

女性は本気になるほど気持ちを重視するので、身体の関係よりも気持ちで繋がりを求めたいという気持ちが強くなります。

恋愛経験豊富な男性であれば女性の気持ちを尊重するので、身体の関係ではなく心の繋がりを重視するようになります。

もちろん将来的に一緒になろうと考えていれば、精神的な繋がりや相性を重視するのは当然でしょう。

なぜなら結婚生活が上手くいかないから不倫をしているので、次こそは一緒になった相手と上手くやっていきたいという思いがあるはずです。

セフレに求めることが身体の関係であれば、本気の相手には心の繋がりを重視するようになります。

ダブル不倫をしている時であれば、身体の関係なしで何気ない時間を過ごすことが多くなるほど、彼が本気になっているサインだといえるでしょう。

部屋よりも外で会う頻度が多くなる

話し合う二人
既婚男性が彼女への気持ちが本気になると、部屋だけではなく外で会う頻度が多くなります。

ダブル不倫という危険な関係性は、当然ながら誰にも見つかってはいけません。

既婚者同士が一緒に歩いているのを見られただけでも、不倫を疑われてしまうきっかけになるからです。

そのため部屋で会う頻度が多くなるのは必然ですが、彼が本気になるほど外で会うことも多くなります。

彼女との時間を部屋でエッチをするだけでなく、普通の恋愛を楽しみたいという思いが強くなることが、外で会う行動が増える要因かもしれません。

また本気の相手には身体だけではなく、心の繋がりを強く求めるようになるので、普通の恋愛のように外で会うことも多くなるのです。

不倫バレを恐れるあまり部屋だけで会っていると、マンネリになる危険性もあるでしょう。

いくら惹かれ合っているとはいえ、マンネリを感じると再手に対する興味が薄れてくるため、ダブル不倫を解消という流れになるかもしれません。

彼女への気持ちが本気になるほど、マンネリ関係になるのを防ぎたい気持ちも強くなるため、二人の関係を良好なものにするためには外で会うのも必要だと考えます。

さらに既婚男性が本気の彼女への気持ちが強くなるほど、一緒になりたいという覚悟も出てくるはずです。

そうなればたとえ外で一緒にいる場面を見られたことがきっかけで離婚しても、彼女と一緒になるという決意を持つことができます。

もちろん不倫バレしない対策はバッチリしますが、それでも不倫がバレる可能性はゼロではありません。

もしバレたとしても彼女なら後悔しないという決意が強くなるほど、外で会う頻度も増えていくでしょう。

一緒になるための問題について話をすることが多くなる

川辺でくつろぐカップル
ダブル不倫は男性だけでなく女性側も本気で一緒になりたいと思っているので、上手く関係を続けていられるのです。

不倫バレのリスクを考えれば、ダブル不倫をするには相当な覚悟が必要不可欠でしょう。

遊び目的でダブル不倫をするにはリスクが高すぎるため、本気で相手と一緒になる気持ちがなければ続けることは難しいはずです。

そのため将来の二人の関係について話をすることが多くなることで、既婚男性の本気のサインを見抜くことができます。

いつまでもダブル不倫の関係のままでいようとするのは、結局は本気で離婚する気がないからでしょう。

本気で好きになれば一緒になりたいと思うのは当然なので、少しでも早く一緒になるための話をするようになります。

しかし離婚すれば慰謝料の問題もありますし、スムーズに離婚できるとはかぎりません。

そのため二人が一緒になるためには念入りな計画が必要となるため、自然に将来の話をすることも多くなるはずです。

離婚するタイミングや経済的な問題だけでなく、済む場所なども考えれば話し合うことはたくさんあります。

今のダブル不倫の関係のままで満足していれば、将来の話をすることなど一切ないはずでしょう。

既婚男性が本気になって一緒になりたいと思うほど、将来の話題が多くなるので態度で見抜くことができるはずです。

遊びや都合の良い関係を求める男性の特徴とは

コミュニケーションのスキルが高く人当たりが良い

花束を隠す男性
ダブル不倫をするのは本気になっている男性ではなく、遊びで関係を続けようとする人もいます。

遊びの関係を求める男性の特徴としては、コミュニケーション力が高く人上りが良いという人も少なくありません。

男性でコミュ力が高い人は女性からもモテる要素が満載で、話術に長けていたり気遣いができる人が多くいます。

話が面白くて気遣いができる男性がモテるのは必然ですが、相手が既婚者だからこそ狙ってくる既婚男性もいるので注意しましょう。

お互い既婚者同士ならば不倫バレのダメージは大きいが、トラブルになることが少ないので遊び相手にピッタリだと思っているのかもしれません。

不倫がバレるのが嫌なのは相手も同じなので、たとえ遊びで付き合ったとしてもトラブルにしようと騒ぐことはないからです。

不倫バレは自分の首を絞めることにもなるため、遊び目的の既婚男性にとっては都合のいい女として重宝するでしょう。

コミュ力が高くて人当たりが良いから結婚しているのですが、奥さん以外にも愛そうがいい男性には注意が必要ですね。

遊び心満載で大人の男としての余裕がある

髪の毛をいじるイケメン
遊び心がある男性は女性からモテることが多く、大人の男としての魅力もあります。

女性は余裕のある男性に惹かれやすいため、相手が既婚者であっても魅力を感じるでしょう。

むしろ既婚者だからこそ余裕が生まれるため、相手が結婚していようがいまいが関係ありません。

男性は結婚することで仕事や家庭での責任感も強くなる反面、生活基盤がしっかりすることで心にも余裕が生まれるでしょう。

プライベートでは結婚することで余裕が生まれますが、仕事では経験やスキルが余裕を生む要因となります。

ある程度の年齢を重ねることで経験やスキルも増えていくため、結婚することで公私共に余裕が生まれるようになるはずです。

余裕を持つことで性格的に優しくなれますし、積極的に遊ぶようになります。

何をしていても余裕のある男性は魅力的に見えるため、女性からモテるのは自然な流れです。

少しくらいなら遊んでもいいかなという余裕が、ダブル不倫へとハマっていくきっかけにもなりますし、遊びで不倫関係を続けようとすることにも繋がります。

自分中心な態度や思考によって行動することが多い

陰のある男性
ダブル不倫で都合の良い関係を求める男性は、自己中心的な考えをする人も少なくありません。

不倫をするきっかけはいろいろありますが、夫婦関係の悪化が要因ならば遊び相手を求めるために不倫をしようとしている可能性は高いといえます。

奥さんとの関係が悪くなれば夜の営みもなくなるため、男性ならば他の女性の身体を求めることは仕方ないかもしれません。

不倫を始めた当初は遊び目的でも、関係が続けば本気になることもあるでしょう。

しかし不倫することが目的であったり、身体の関係だけの方が気が楽だと思っていれば、本気で相手を好きになることなどありません。

自己中心的な態度でダブル不倫をしているといえますが、結局は離婚していないから不倫をするしかないと諦めている可能性もあります。

本当に嫌なら離婚するはずですし、本気で好きな相手がいれば一緒になりたいと思うはずです。

どちらとも中途半端な態度で不倫を続けているのは、自分の好きなようにしたいからでしょう。

別れ?再婚?ダブル不倫の最終的な末路とは

ダブル不倫がバレた挙句に独り身になった

泣いている女性
ダブル不倫の末路が最悪になるケースも多いため、多くの人は不倫をしたこと自体後悔することになるかもしれません。

不倫をしている時はお互いの絆も深まっているため、信頼関係によって愛も深まっていると思っています。

ダブル不倫という非日常的な生活はとても刺激的なので、よりお互いを激しく求め合うのかもしれません。

しかしリアルな生活のことを考えると、いつまでも不倫をしていることのリスクに不安を覚えることもあります。

不倫バレした時点で人生においても大きな転機となりますし、成就させない愛にいつまでも固執することで時間を無駄にしていると気づくかもしれません。

いつかは不倫をやめなければいけないと思いながらも、続けてしまうのが不倫という魔力なのです。

どんなに注意を払っていても、いつかは不倫関係がバレてしまうもの。

ダブル不倫がバレたら一緒になればいいと思っているかもしれませんが、実際に不倫バレした時には心変わりする人も少なくありません。

不倫バレして離婚することは覚悟していますし、慰謝料を払うことも想像していたことでしょう。

不倫をしている時は二人で一緒に愛を成就させれば、どんな困難にも打ち勝てると思っていたかもしれません。

しかし実際には経済的に困窮したり、不倫バレによって会社での立場が悪くあることで、仕事を失く危険性もあります。

精神的に追い詰められることでまともな生活ができなくなれば、二人の愛を成就させるどころか、出会ったことを後悔することになるかもしれません。

最後には「不倫をしなければよかった」と後悔することになっても、ダブル不倫がバレた時点でどうすることもできないでしょう。

不倫バレした後の生活に余裕がなければ、生活することだけでも大変なのでれないどころではありません。

最後には独り身になってしまう危険性もありますが、こればかりはいくら愛し合っているとはいっても、不倫バレしてみないとわからないでしょう。

職場での立場が悪くなり身内からも白い目で見られるようになった

遠くを見つめながら座る美女
不倫をすることは社会人としてやってはいけない行為として、多くの人から非難される行為のひとつです。

不倫をしている当人同士は好き同士だから仕方ないと思っているかもしれませんが、既婚者同士の場合にはパートナーに迷惑をかけています。

恋は盲目と言われますが、いくら不倫相手を好きになっても生涯を共にするパートナーがいるので、裏切る行為は許されません。

特に身近に不倫をしている人がいると、社会人として信頼できないかもしれないと思う人も少なくないでしょう。

職場で不倫をしている人がいれば、重要な案件を任せるのはやめておこうと判断されるかもしれません。

仕事と不倫は関係ないと思うかもしれませんが、社会人としてタブーだと言われることを平気でやってしまう人は、仕事でもルールを破ってしまう危険性があると思われても仕方ないでしょう。

パートナーのことを裏切って自分だけいい思いをしようとする行為自体が、人として許されない行為として軽蔑されます。

職場で不倫をしている人がいれば、社内に一気に噂も広まっていずらい環境になることは明白です。

また、職場だけでなく身内からも不倫をすることによって、白い目で見られるようになるかもしれません。

それだけ不倫をすることは社会的にもタブーな行為とされているため、自分の欲望を抑えきれずに不倫をすることで、マイナスなイメージで見られることになります。

不倫バレした時のことも覚悟して不倫をしているかもしれませんが、実際に自分の立場が悪くなった時は切ない気持ちになることでしょう。

慰謝料は高くつくが不倫愛を成就させることができた

手をつなぐカップル
ダブル不倫の末路の多くは悪い結果になることも多いですが、中にはしっかり恋を成就させることができる人もいます。

不倫関係を長く続けていくうちにお互いの気持ちをしっかり確かめ合うことができれば、本気で離婚に向けた話し合いをすることもできるでしょう。

既婚者同士が一緒になるためには不倫バレを待つよりも、協議離婚をした方がトラブルも少なくて済みます。

もちろん不倫をしている事実は隠しておかなければなりませんが、そもそも離婚をした後に本当に一緒になる気があるのか不安でしょう。

ダブル不倫によってお互いの気持ちが高まっていけば、リスクの高い不倫を続けるよりもきっぱり離婚した方がいいと思えるはず。

実際に離婚するには不安も多く、将来的な生活の不安もあるでしょう。

特に慰謝料を支払うことになれば、本気で一緒になる気がなければ後で後悔することになるはずです。

また離婚できたとしてもすぐに再婚することは難しく、一定期間はオープンな付き合いもできません。

なぜなら結婚していた時から関係があったと疑われることで、円満離婚が一転して泥沼にハマッてしまう可能性があるからです。

離婚するにはいろいろ大変なことも多いですが、ある程度慰謝料を払うことによって円満離婚をすることもできます。

これから二人がオープンな関係でいられることを思えば、多少慰謝料が高くてもきっちり払って一緒になった方がいいと考えるはずです。

ダブル不倫の末路は不倫バレによって最悪なケースになることも多いですが、計画を立てて実行することで、しっかりと愛を成就させることもできます。

今や離婚することは珍しいことではなくった時代です。

結婚してから他に最高のパートナーに出会うことができたのであれば、ダブル不倫からの愛を成就させるのも当たり前になっていくかもしれませんね。

ダブル不倫はリスクも大きい!本気の恋ならきっと結ばれる

波打ち際でキスをするカップル
ダブル不倫はお互いが信頼し合える関係性でいられるため、不倫バレのリスクはかなり低いといえるでしょう。

しかし不倫バレした時のリスクは計り知れないため、不倫をしたこと自体を後悔することになるかもしれません。

不倫バレをしなければお互いの絆が深まるため、本気の愛なら恋を成就させられる可能性もあります。

ダブル不倫で本気の恋愛をしているなら、計画的に将来のことを考えればきっと愛を成就できるはずです。

おすすめの記事