カフェを楽しむカップル

結婚したら恋愛してはいけないということはありませんが、家庭持ちが恋愛すればリスクを気にするのは当然です。

既婚者でも恋愛を楽しんでいる人が増えているなか、上手くすれば恋愛を心の拠り所にして楽しい日々を過ごすことができるかもしれません。

そのためには恋愛を上手に長引かせるルールがあるので、興味がある人は既婚者の恋愛事情を知ることから始めてみましょう。

ここでは既婚者同士が恋愛を楽しむためのルールを紹介するので、結婚生活にマンネリを感じている人は恋愛で心を満たしてみてはいかがでしょうか。

既婚者同士の恋愛は身近なところや手軽にネットで手軽に始まる

同じ職場での出会い

ミーティングする3人
既婚者同士の恋愛はごく自然に、しかも身近なところに転がっています。

職場恋愛をする人は多く男女が仕事とはいえ同じ時間を共有していれば、恋愛感情を抱きやすくなるのは自然なことです。

1日中同じ仕事をしながら時間を共有していれば、信頼関係や絆も深まっていくでしょう。

もちろん仕事仲間としての信頼関係であっても、相手に好意を持っているからこそ信用することができます。

特に意識していなくても同じ時間を共有しているからこそ、相手を見る機会が増えるので信頼に値する人か自然とチェックしているものです。

しかも職場では家庭のことやプライベートを持ち込むことはないので、それぞれ個人として相手と接することになります。

既婚者であってもお互いを仕事仲間として信頼し、好感を持つようになればいつしか恋愛感情が芽生えてもおかしくはありませんよね。

仕事をすると家族よりも長い時間一緒にいることが多くなるので、職場での出会いが恋愛に発展することはよくあります。

さらに職場恋愛ではそれぞれのパートナーにバレることはないため、二人の気持ちが同じであれば不倫に発展しやすい環境だといえるでしょう。

既婚者同士の恋愛が始まるきっかけとして多い職場では、既婚者という立場を忘れて相手と接することが多いので、男女の恋愛感情を抱きやすい環境だといえます。

同じ趣味仲間から恋愛に発展

ランニングするカップル
結婚すると一気に出会いの数も減ってしまいますが、自ら出会いの場に行かないようになるものです。

逆に趣味を楽しむことはやめられないので、趣味仲間との交流は増えていくでしょう。

趣味は相手が独身や既婚者など関係なく、趣味仲間として同じ趣味を楽しむことができます。

趣味仲間と集まって楽しむことが多ければ、自然と意気投合してお互い好意を持つことは珍しくありません。

仕事仲間よりも趣味が同じの方が気を許しやすいですし、話も盛り上がるでしょう。

プライベートで楽しむ趣味が同じで意気投合すれば、既婚者同士が好意を持って恋愛に発展することもあるかもしれませんね。

同じ趣味を楽しめるカップルはプライベートでも意気投合しやすいので、理想的なカップルだといえるでしょう。

既婚者は新たな出会いの数も少ないからこそ、趣味仲間と意気投合すればより親密になりやすいといえます。

同じ趣味だというだけでも相手に親近感を抱きやすいので、既婚者同士が趣味を通じて恋愛に発展することもありますよ。

ネットを利用して出会い系サイトで知り合う

スマホチェック
既婚者同士が出会う場所はリアルな現実世界だけではなく、今やネットの世界で知り合うことは珍しくありません。

ネットを通じて出会い系サイトを利用することで、同じ目的意識を持った相手と気軽に繋がることができます。

既婚者がリアルな現実で出会いを求めようとすれば身近な人しかターゲットにできませんし、浮気しているのも見つかりやすいでしょう。

出会い系サイトなら誰にも知られることなく、同じ興味を持った相手と知り合うことができるメリットがあります。

しかも既婚者であることを隠して出会うこともできますし、自分の理想的な相手にターゲットを絞って探すこともできる手軽さもありますよ。

既婚者同士がネットを通じて知り合うのは身体だけの目的ではなく、純粋に友達作りをしたい気持ちもあるかもしれません。

結婚すると著しく出会いの数が減るので、結婚生活に不満を抱くようになると退屈な生活にうんざりしてしまうこともあるでしょう。

出会い系は特技や趣味仲間を集めたり、話し相手になってくれる人を見つけることもできるメリットがあります。

誰にもバレずに自分の理想的な相手を見つけられるのは、出会い系サイトの魅力であり、手軽に出会いを求めたい既婚者にもおすすめです。

遊びか本気か?彼の本気度や好きのサインを見抜こう

気がついたら二人で話していることが多い

階段で座るカップル
既婚男性が本気で恋愛する気があるのかを知るには、彼の行動をチェックしてみましょう。

彼が本気で恋愛したいと思っているなら、いつの間にか二人きりになって話をしていることが多いはずです。

好きない人と近くにいたり話をしたと思うのは当然ですが、ごく自然に二人きりになっているのは、それだけ近くに彼がいるから。

二人きりになれるチャンスを狙っているため、計算して彼が二人になれるシチュエーションを作っているといえるでしょう。

たまたま二人で話をすることが多いと思っているかもしれませんが、他の友達や同僚を二人きりで話をする機会はほとんどないはずです。

なぜなら既婚者相手に二人きりになるのは、あらぬ誤解を避けるために控える傾向があります。

もちろん普通に雑談することはあっても、そこまで長く一緒にいることは少ないでしょう。

既婚者の彼と二人きりで話をする機会が多いと感じたときは、相当二人でいる時間が長いといえます。

まわりの人からすれば妙に仲がいいと誤解されかねませんが、既婚男性が本気なら気にすることなく積極的に行動するのも納得です。

既婚者同士なので安心している部分もあるかもしれませんが、あえて二人きりで話をすることなど普通はありませんよね。

彼と二人でいることが多いと感じたときは、彼がそれだけ本気で狙っているサインだといえるでしょう。

会話の内容をしっかり覚えている

二人で本を読む
何気ない会話の内容を覚えていてくれると、相手に対して好感を抱きやすいものです。

なぜなら自分との会話に興味があるからこそ覚えていてくれたと思えるので、ちょっとしたことを覚えていたテクれただけで嬉しくなりますよね。

逆に興味のない相手との会話はその場のノリで話をするので、後で思い返しても内容までは覚えていないことが多いものです。

既婚男性が何気ない会話の内容をしっかり覚えていると、本気で好きだというサインのひとつだといえます。

会話の内容を覚えていることで、次に話をするきっかけ作りをすることができますよね。

二人の関係性によっても違いますが、何も話す内容がないのに既婚者同士が話をすることはあまりないでしょう。

友達ならノリで話すこともありますが、お互い既婚者同士があえて話すない世もないのに二人きりになることは避けるはずです。

既婚者同士は本気で狙っているため、二人で話をするきっかけとして会話の内容を覚えているのです。

「この前話してた◯◯だけど…」などと言えば話のきっかけになるので、スムーズに会話を楽しむことができるでしょう。

好きな相手と話をしたいという気持ちがあるからこそ、会話の内容もしっかりと覚えているものなので、彼の本気度も伝わってきます。

休日なのに会いに来てくれる

ベンチでくつろぐカップル
休みの日は夫婦でゆっくり過ごしたいものですが、お互い休みの日が合わない夫婦は多いでしょう。

共働き夫婦が多いので、いくら既婚者といえども休みの日に家族で過ごしているとはかぎりません。

既婚男性と休みが一緒のときに、わざわざ会いに来てくれることがあれば、かなり本気度は高いといえるでしょう。

休みだからたまたま来たというかもしれませんが、奥さんがいるのに他の女性に会いに行くこと自体、普通なら避けるはずです。

自分が好きで惚れているからこそ、奥さんがいないときに会いたいという気持ちが強いのかもしれませんね。

しかも休みの日はプライベートなので、自由に行動できるメリットもあります。

二人きりで会うにしても誰にも気づかれないようにしなければいけないので、場所を決めて会う算段をするはず。

あえてそこまでするのは二人で一緒にいるところを誰かに見られてしまえば、たとえ不倫関係になっていなくても怪しまれてしまいます。

疑われてしまえば気軽に会うこともできないため、本気になるほど慎重に会おうとするはずです。

休日に気軽に駅で待ち合わせをしてランチをするなど、既婚者同士がしていれば怪しい関係なのは明白でしょう。

たとえその気がなくてもまわりの人には不倫をしていると思われるため、今後は会えなくなってしまうかもしれません。

本気で好きだからこそ誰にもジャマをされずに二人で過ごしたいと思っています。

自ら会いに行くこともバレない場所で会おうとするのも、すべては彼が本気だからこそ見せる行動パターンのひとつです。

一緒にいるときはスマホをチェックしない

寄り添う二人
既婚者であっても恋愛をしているときは、好きな相手の前で他の人と連絡をとることは控えようとします。

好きな人と一緒にいる時間を誰にもジャマされたくないという想いは、たとえ結婚していても恋愛心として抱くのは自然だからです。

少しでも長く一緒にいたいと思いますし、会話を楽しみたいと思っているのに、他の人へのメールや電話でジャマされたくない気持ちは誰にも理解できるはず。

既婚者であればパートナーから連絡があるのは当然ですし、一番優先するべき相手でしょう。

しかし彼が奥さんとの連絡よりも自分のことを優先していれば、彼が本気だということが伝わってくるはずです。

彼もあえてスマホをチェックしないことで、今の時間を大切にしていることをアピールしたいはず。

そもそも奥さんよりも本気で好きになれる女性がいれば、スマホなどチェックしようとはしませんよね。

奥さんには忙しくて気づかなかったと言えば済みますが、好きな女性との時間は今しかないかもしれません。

しかも既婚者同士が二人きりになることはなかなかできないので、一秒でもムダにしたくない気持ちが強いはずです。

既婚男性の彼が遊びか本気かを探るには、目の前でスマホを見る頻度をチェックすれば気持ちを探ることができますよ。

ボディータッチがさりげなくて紳士的

波打ち際でポーズをとるカップル
既婚男性の彼が遊びか本気かを見極めたいときは、ボディータッチで判断するのもひとつの方法です。

好きな女性に少しでも触れていたいと思う男性にとって、ボディータッチをしたい気持ちはあるはずです。

遊び相手の女性なら気軽に振れやすいですし、嫌がる素振りを見せなければボディータッチもどんどん大胆になっていくでしょう。

ここではボディータッチをする男性が身体や遊び目的というワケではなく、ボディータッチの仕方をチェックすることがポイントです。

好きな女性をエスコートするには、常にまわりに気を配らなければいけませんし、率先して自分から行動することが必要でしょう。

ドアをさりげなく開けたり、さりげなく腰に触れて誘導したり、ボディータッチは至る所でする機会があります。

女性をエスコートするときのボディータッチは身体目的ではなく、女性をサポートする意味があるため、女性側も嫌な気持ちにはならないでしょう。

逆に遊び目的の男性は腰の触れ方もいやらしかったり、いきなり肩を抱くなど女性が嫌がることをしてしまうものです。

身体目的だとどうしても女性に触れたいという気持ちが前面に出てしまうため、ボディータッチの仕方も不自然になってしまうでしょう。

二人きりになったときにボディータッチのやり方をチェックすることで、既婚男性の本気度をチェックすることもできます。

互いの家庭を壊さないなら恋愛ルールを作るべし

連絡は決まった時間と方法だけでやりとりする

スマホをいじる二人
既婚者同士が恋愛を楽しみたいなら、お互いの家庭を壊さないことが最低限のルールです。

そのためにも大切なのは、連絡する頻度と方法をしっかりルール作りすることがポイントになります。

まず連絡頻度は回数が増えるほどバレるリスクが高くなるので、できるだけ連絡頻度は少ない方がいいでしょう。

ある程度ライフスタイルが決まっているので、仕事終わりの時間も決まっていますし、休みの日に会うこともできるはずです。

そのためお互いが確実にパートナーにバレないように会うには、できるけ会っているときに次の予定を決めた方がいいでしょう。

さらに「毎週◯曜日には◯◯の店で会う」と決めておけば、たとえ連絡できなくても待ち合わせすることができます。

急な予定が入ったときだけ相手に連絡するようにすれば、連絡頻度を極力減らすことができるでしょう。

連絡方法はスマホが基本となりますが、あくまでも仕事上の話を装って連絡した方が無難です。

LINEを使って連絡したときにパートナーがいる横で連絡してしまう可能性もあるので、見られてもいい内容を送らなければなりません。

さらに連絡する時間も決めておくことで、それ以外の時間帯は一切連絡しないルールを作っておくのも有効です。

その時間帯のときはパートナーから離れていることで、万が一にも連絡が来た時でもバレることはありません。

既婚者同士が恋愛するならお互いの家庭を優先することが大切なので、バレるどころか疑いをかけられることすらないように気をつけましょう。

そのためには連絡頻度を少なくしながら、連絡方法もしっかり守ることで二人の関係がバレることがなくなります。

恋愛しているときは少しでも長く話をしたり一緒にいたいと思いますが、お互いの立場を考えれば話をすること自体が難しいと理解しましょう。

だからこそ二人きりで会えたときの喜びも人一倍嬉しくなるので、恋愛を存分に楽しむことができるはずです。

お互いの家庭には干渉しない

歩いているカップル
既婚者同士が恋愛をするときには、お互いの家庭には干渉しないことをルールと決めましょう。

一見すると当たり前のように思うかもしれませんが、相手に惚れるほどパートナーの存在がジャマに思えてしまいます。

もっと一緒にいたいという気持ちが強くなると、相手の家庭を壊して一緒になりたいと思うかもしれません。

そうなれば自分の家庭を壊すことにも繋がるので、どこかで一線を引く必要があります。

恋愛を楽しむにはお互いの家庭の干渉しないことがルールであり、少しでも相手の家庭に干渉するようにあれば、すぐに別れることを決意しましょう。

好きだから恋愛を楽しみたい気持ちがある一方で、お互い既婚者という立場を忘れてはいけません。

結婚している人が他の人と恋愛を楽しむことは、世間的にも認められていることではないので、あくまでも二人だけの秘密の関係として続ける必要があります。

好きな人の家庭事情に口を出したくなるのは、なかなか会えなくなったりパートナーを大事にしようとしたときです。

彼と会えないのは奥さんとの時間が増えているので、自分と奥さんのどちらが好きか問いたくなるかもしれません。

また奥さんを大事にするほど自分は二番手だという気持ちが強くなるので、奥さんへの嫉妬心を抱くようになります。

女の嫉妬は男にとって怖いものであり、いずれ家庭を壊すきっかけになるかもしれません。

お互いの家庭を壊さず恋愛を楽しむためには、フラットな関係を求めることがポイントなので、割り切った関係性でいられるようにお互いの家庭には口を出さないようにしましょう。

割り切った関係で深みにハマらないように意識する

振り向くカップル
お互いの家庭を壊さないためにも、割り切った関係性でいることは常に確認し合うことも必要です。

既婚者同士の恋愛はバレてはいけない関係ということで、普通の恋愛よりもドキドキしながら楽しむこともできるでしょう。

しかしあまりにも相手のことが好きになってしまうと、家庭を顧みずに恋愛を楽しもうとしてしまうため、お互いの家庭崩壊に繋がってしまいます。

大人同士割り切った関係でいるには、会える時間だけを全力で楽しむことがポイントですね。

会えない時間に彼のことを想いながら過ごしたり、手につかなくなるようならば早く別れた方がいいかもしれません。

なぜならあまりにも相手のことを好きになると、略奪婚で一緒になりたいという気持ちが強くなるからです。

二人が好き同士で恋愛を楽しんでいても、それぞれパートナーとの結婚生活もありますし、結婚と恋愛では大きな違いがあります。

好きだから安易に一緒になって結婚したいと思っていても、結局浮気性の人は他に好きな人を作ってしまうものですよ。

今のパートナーとも一生一緒にいるつもりで結婚したはずなのに、数年後には他の人と恋愛を楽しんでいるので、この先も同じことを繰り返す可能性大でしょう。

恋愛を楽しむには相手を好きなるのはいいが、深みにハマらないことが大切です。

好きになり過ぎることで相手を自分のモノにしたい気持ちが強くなるため、ある程度一線を引いて恋愛を楽しむことを意識しましょう。

それぞれの家庭を壊さず一時的に恋愛を楽しめるという信頼関係が成り立つからこそ、二人で会ったときに思いっきり楽しむことができるのです。

これが相手から別れろとせがまれたり、本気になり過ぎてパートナーとの関係を壊そうとしてきたら、安心して恋愛するどころではありませんよね。

大人の恋愛では割り切り関係は必要ですし、特に既婚者同士はしっかりと自分の立場をわきまえて行動することが大切です。

割り切った関係を続けられれば、きっと長く恋愛を楽しむことができるでしょう。

無理に会おうとしない

夕暮れに見つめ合うカップル
好きな人に会いたくなったら、多少は無理をしてでも会いたいと思うのは当然でしょう。

しかしお互いが既婚者であれば気軽に会うことはできないので、会えないことがもどかしいとさえ感じるようになります。

既婚者同士の恋愛がバレる要因としては、無理に会おうとしたことがきっかけになることは多いですよ。

お互いのパートナーも浮気を疑うようになれば、ちょっとした行動の変化に敏感に反応するため、不倫していることに気づきやすくなります。

既婚者であれば何もない日に家にいるのはごく自然ですが、事あるごとに外に遊びに行けば怪しいと思うのは当然です。

しかも本気になるほど会うにも慎重になるので、会う頻度が少なくなることがストレスに感じるかもしれません。

好きな人と少しでもいいから会いたい気持ちが強くなると、ちょっとした時間でも無理に会おうとするようになります。

これがパートナーにとって不自然な行動に思われやすいため、既婚者同士が会っていることもいずれバレてしまうのです。

無理に会おうとすれば二人の関係がバレるやすいからこそ、二人でいる時間を存分に楽しむことが大切ですね。

お互いの家庭を壊さないことは暗黙のルールであり、自分の気持ちの高まりだけで相手の家庭を壊してしまうのは理不尽かもしれません。

だからこそ本気で恋愛を楽しみたいと思うのであれば、お互いの家庭を壊すことなく、二人の時間を濃密に長く関係を続けていくことを意識しましょう。

無理にでも会いたくなったら、自分たちは既婚者だということを思い出して我慢することも大切です。

既婚者同士の恋愛こそキス&ハグ心のつながりを重視すべき理由

身体ではなく精神的な心の拠り所を求める

海辺で手をつなぐカップル
既婚者同士が恋愛をするのは、普通の恋愛とは違って精神的な繋がりを求めることがあります。

結婚生活ではお互い愛し合い、信頼できる相手と結婚して絆を深めていくものです。

しかし夫婦生活は良い時も悪い時もあるため、精神的に辛いのに助けてもらえないときもあるでしょう。

夫や妻が一番の理解者であり支え合える相手なのに、自分が辛いときに支えになってくれなければ、何のために一緒にいるのか意味を見失ってしまうかもしれません。

結婚生活では精神的な繋がりがあるからこそ、いろいろな問題も二人で乗り越えていけます。

しかし一時的にでも信頼し合えない時期があれば、他の人に精神的な支えになってもらいたいと願うのはごく自然な流れでしょう。

男性は女性に癒しを求めるのと同じように、女性は男性に安心感を求める傾向があります。

既婚者同士が恋愛をするのは身体の関係を求めるだけではなく、恋愛をして精神的に安心感を得たいという気持ちがあるのかもしれませんね。

キスをすることで特別な存在であることを認識し、ハグをすることで相手に包み込まれている安心感をえることができます。

女性にとって頼れる男性の存在は非常に重要で、夫に頼れなければ他の男性に頼りたくなるのも理解できるはずです。

結婚すれば精神的にも安定し、夫婦生活の中で支え合って生きていけると思っていたことでしょう。

しかし実際は頼れる存在でなかったとき、すぐに離婚することができなければ、結婚しても心はいつも一人ぼっちになってしまいます。

二人でいるのに寂しい気持ちになるほど辛いことはありませんよね。

長い結婚生活の中でほんの一時的な寂しい時期なのかもしれませんが、精神的に拠り所にしたいと思ったときに相手がいないのは、かなり辛く感じてしまいます。

恋愛ではそんな精神的安定を求めるためにも、キスやハグをして相手との絆や繋がりを意識的に確認しているのです。

キス&ハグでお互い安心感を与える

激しいキスをするカップル
男女が恋愛をするときには、キスやハグをすることでお互いの存在を確認するとともに、安心感を与えることができます。

既婚者にとってキスやハグをする相手はパートナーであり、それ以外の人とすることはありません。

それは夫や妻との結婚生活の中で、自分の居場所を見つけ安心感を感じることができるからです。

いつでもキスやハグでそれぞれの愛を確認することで、自分が戻るべき場所を確認しているといえるでしょう。

良好な夫婦関係が続いていれば、お互いが身体だけでなく精神的にも支え合うことができます。

しかしいつしか夫婦関係にズレが生じることもあるため、愛情も薄れてしまい精神的な支えとなる相手ではなくなることもあるでしょう。

それでも離婚しないのは好きな気持ちが残っているからなので、ほどなくすればまた良好な関係に戻ることもできるでしょう。

精神的に不安定で孤独感を感じているとき、キスやハグをしてくれる相手に癒されれば安心感を感じるはず。

既婚者同士の恋愛ではそれぞれが相手の精神的支えとなることで、助け合っている状態だといえるでしょう。

その行動の表れとしてキスやハグをすることで、二人の恋愛感情や絆を確認しているのです。

不倫ではなく恋愛を意識する

キスするカップル
既婚者同士の恋愛は不倫関係になりますが、不倫と恋愛では少し意味合いが違います。

不倫関係は身体目的や割り切った関係性になることも多いですし、逆に何らかの事情で離婚できないので、惚れ合って将来的に一緒になることを目指すこともあります。

既婚者同士の恋愛は純粋に相手のことが好きなので、パートナー以外と恋愛を楽しみたいという気持ちが一番優先しているのです。

結婚する前に恋愛を楽しんでいた人にとって、ドキドキするような経験は結婚すると感じなくなってしまいます。

夫や妻を愛していてもドキドキすることがなくなれば、次第にマンネリ関係になってしまうかもしれません。

恋愛では会えることをドキドキしながらまったり、会えるだけで嬉しい気持ちが爆発するほど、恋愛をしていることが楽しいと思えるようになります。

結婚するといつしか恋愛感情を忘れてしまうものですが、ドキドキするような恋愛はいくつになっても楽しく感じられるものです。

不倫はドロドロとした男と女の関係性ですが、恋愛は楽しい時間を過ごすだけで心が満たされます。

どちらも離婚しないで肉体関係を持つことは同じだとしても、精神的には大きな違いがあることは意識しておきましょう。

不倫ではなく恋愛を楽しむときには、キスやハグでそれぞれの存在を確認し合うことも大切です。

不倫関係になったり結婚生活が長くなると、ハグをすることも少なくなってくるでしょう。

だからこそ恋愛では純粋に相手と会えることを楽しむためにも、キスやハグで心が満たされる恋愛を楽しもうとする人が増えているのです。

家庭持ちの既婚者同士の恋愛でのlineの連絡頻度や内容でのバレない為の注意点

二人だけにしかわからない暗号を作る

笑顔で見つめる女性
既婚者同士がLINEで連絡を取り合うときは、二人だけにしかわからない暗号やルールを作ることがおすすめです。

LINEのメリットは相手が既読したかを確認できることですが、LINEの内容を消すことができないデメリットもあります。

自分が送った内容を削除したとしても、履歴が残ってしまうので逆に怪しまれてしまうでしょう。

既婚者同士がLINEでやり取りすると、お互いパートナーがいない時間に連絡できるかわかりませんよね。

普段は大丈夫な時間でも突然パートナーと一緒にいることになれば、LINEを送った時点で怪しまれてしまいます。

スマホはいくら夫婦でもプライバシーがあるので、LINEが送られてきても見られることはないかもしれません。

しかし通知機能によっては内容の一部が表示されてしまうので、どのような内容か把握されてしまう恐れがあります。

そのため設定を変えればパートナーから疑われるきっかけになるかもしれないので、なかなか設定を変えることもできません。

そこでおすすめなのが二人だけにしかわからない暗号を作ることです。

一見すると友達からの何気ないメールのようでも、縦読みすると他の意味として読めるなどのルールを決めておくとバレにくくなります。

暗号で有名なのはたぬきの法則や縦読みですが、二人だけにしかわからない暗号を作れば、秘密を共有しているようでドキドキしますよね。

しかもバレずに連絡を取り合うことができるので、既婚者同士の恋愛をさらに楽しめるはずです。

内容文はすべて仕事の話に置き換える

スマホをいじる男性
既婚者同士がLINEでやり取りするのであれば、すべてを仕事の内容に置き換えて送ることをおすすめします。

職場の人とLINEでやり取りすることはスタンダードになりつつあるので、既婚者であっても職場の人とLINEをやり取りしても怪しまれることはないでしょう。

もしも夫がいるときにLINEが来たとしても、仕事の内容であれば既婚者同士で恋愛しているとは思わないはずです。

もちろんできるだけLINEの頻度を少なくすることは必要なので、内容も簡潔にわかりやすい文言にしましょう。

いくら職場の人から仕事のLINEとはいえ、頻繁にやり取りするようになれば怪しまれてしまいます。

「◯◯の件で連絡しました…」などと仕事の内容を思わせるメールの文言であれば、怪しまれずにやり取りできるはずです。

「次の打ち合わせは場所が変更になり、◯時に◯◯に変更になりました」などと送れば、たとえ見られたとしても仕事の内容だと思うでしょう。

しかし実際は打ち合わせ場所が会う場所であり、事前にいろいろ決めておくことで場所を指定することができます。

時間はそのまま会う時間帯なので、仕事のLINEで次に会う場所を変更するやり取りができるので、簡単に二人だけで連絡を取り合うこともできるでしょう。

既婚者同士がLINEで連絡を取り合うときは、パートナーにバレてもいい内容を送ることが絶対条件です。

一般的にスマホはプライベート情報なので、たとえ家族やパートナーでも勝手に見ることは許されないでしょう。

しかし夫婦によっては相手から束縛されているため、LINEが来たらすべてチェックされることもありますし、逆にチェックしているという人もいるかもしれません。

たまたまスマホを置きっぱなしにしているときに、LINEを見られてしまうこともあるので、どんな内容でも読まれていい文言を送るべきです。

さらにたとえ安全だと言われても、後で不倫の証拠となるため直接的なやり取りをするべきではありません。

後で不倫バレのリスクを考えて、仕事のやり取りでカムフラージュすることをおすすめします。

連絡は決まった日以外にはやりとりしない

待ち時間にスマホを見る女性
家庭持ちになると独身とは違って毎日決まったライフスタイルとなることが多いので、連絡のやり取りもある程度決まった日にちに決めておくべきです。

夫が仕事から帰ってくる時間帯は決まっていますし、休みも事前にわかっていれば安心して連絡できる時間帯もわかるはず。

さらに連絡する日も決めておくことで、バレるリスクを大幅に減らすこともできるでしょう。

連絡するときは決まった時間帯と日にちを指定しておくことができれば、お互い干渉することなく、恋愛を楽しむことができます。

LINEのやり取りが多くなるほどバレるリスクも高くなりますが、急な連絡をしてパートナーに怪しまれてしまうパターンが一番危険です。

お互い長く恋愛を続けるためにも、決められた時間帯や日にちだけに限定して連絡することおすすめします。

もし寂しくなって急に会いたくなっても、不倫関係や既婚者同士の恋愛では連絡できないことは理解しておくべきです。

二人が連絡を取り合っていることがバレただけでもアウトだと考えれば、お互い決められた時間以外に連絡することはないでしょう。

既婚者同士の恋愛はルールを守って誰も傷つけないことが前提

窓際で悩む女性
既婚者であっても恋愛をすることもありますが、誰にもバレずに関係を続けていくことが大切です。

そのためにもお互い恋愛を楽しみたいなら、家庭を守ることを優先することも必要でしょう。

恋愛を楽しみたいなら誰も傷つけることなく、二人だけの秘密の関係を最後まで貫き通す覚悟を持って恋愛を楽しんでください。

お互い既婚者と言う立場をわきまえていれば、恋愛を楽しみながら家庭を守ることができるはずです。

おすすめの記事