抱き合うカップル

男女の恋愛ではキスが二人の関係を深めるきっかけとなり、二人の関係が一気に進展することはよくあります。

しかし既婚者同士がキスをしたとしても、すぐに不倫関係に発展することはありません。

むしろキスだけでは不倫をしている自覚すらないという人も増えており、罪悪感なくキス不倫をする人も増えているのです。

ここからはキスだけでは不倫ではないという人の心理やキスだけ不倫にハマる女性心理について紹介します。

キスをしたことで二人の関係性に悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

目次

やってしまった!既婚者同士がキスするシチュエーション

密室空間でプライベートを二人きりで過ごした時

キスするカップル
既婚者同士といっても男と女なので、場合によってはキスをしてしまうこともあるでしょう。

男女がキスをしたくなるシチュエーションとしては、密室状態の場所で二人きりになった時です。

密室という誰にも見られることのない場所で二人きりになれば、何をしてもバレることはないという心理が働きます。

そもそも密室の場所に二人きりになるのは、相手に好意があったり好感を抱いているケースが多いので、嫌いな人とは密室で二人きりになることは避けるはずです。

密室に二人きりの状況がムードを盛り上げることで、思わず場の雰囲気に流されてキスをしてしまうこともあるかもしれません。

これは既婚者同士であっても二人きりになった時点で、男と女が二人でいるという状況が、二人の気持ちを燃え上がらせてしまうことが要因ですね。

結婚して以来、それぞれパートナー以外の異性と二人きりになることはないので、密室で二人きりになったという状況が新鮮に感じたのかもしれません。

結婚していたとしてもやはり男と女には変わりないので、異性にドキッとすることはありますし、状況によっては魔がさしたり雰囲気に流されてしまうこともあるでしょう。

カラオケボックス、車の中、会社の休憩室、エレベーターの中など、不意に二人きりになれる状況はいくらでもあります。

もちろん相手を不快に感じていれば、キスをされそうになった時に拒否をすることもできるでしょう。

しかし二人きりの状況になって流されてキスをしたとなれば、少なくとも相手には好感を抱いているはず。

相手に対する好感度が高いほどキスができるシチュエーションになれば、思わずキスをする可能性も高くなります。

お酒を飲んだ勢いでキス

抱き合うカップル
既婚者同士がキスをするシチュエーションとして、一緒にお酒を飲んだ時に勢いでしてしまうこともあります。

お酒の勢いを借りてキスをする、もしくは酔った勢いのまま魔が差してキスをしてしまったというケースは多いでしょう。

確信犯的なケースはもちろんありますが、酔うと気が大きくなってしまい、ストレス発散から大胆な行動をとってしまうこともあります。

特に夫婦仲が悪いと、誰にも相談することができずにストレスが溜まるので、異性に優しさを求めてしまうことはあるかもしれませんね。

既婚者同士がお互い気になっていたとなれば、お酒の勢いを借りてキスをすることは無きにしも非ず。

結局は二人とも「酔った勢いでキスをしてしまった」という言い訳ができます。

シラフの時にキスをすれば確信犯ですが、酔った時は不可抗力だと思っているのかもしれませんね。

酔った勢いでキスをしたことは後で後悔するかもしれませんが、大抵の場合は酔っていても嫌いな人とはキスはしません。

まして既婚者ともなれば、記憶がなくなるほどお酒を飲んだり、だらしない姿を同僚に見せることなど社会人としてはありえないでしょう。

これがパートナーと一緒に飲んでいる時であれば、完全に信頼して酔いつぶれることはありますが、万が一のことを考えれば既婚者が酔いつぶれるケースはほぼあり得ません。

特に女性は酔いつぶれれば何をされるかわからないため、信頼できる人の前以外では、酔いつぶれるまで飲むことなどないはずです。

酔った勢いでキスをするのは女性にとっては確信犯と同じで、ほぼ完全に記憶もしっかりしていることでしょう。

お酒の力を借りてキスをするのは、女性のしたたかな計算の可能性は非常に高く、夫への罪悪感からお酒のせいにしようとしているのかもしれませんね。

いずれにしても計算しようが酔った勢いだろうが、お酒の勢いを借りて既婚者同士がキスをするケースは十分ありえます。

二人の距離が近づいた時に不意のキス

見つめ合うカップル
男女の距離が縮まるほどムードも高まり、一気に距離を縮めるケースは多々あります。

既婚者同士の距離が近づいた時、相手に好意があるほど不意にキスをしたくなるのは恋愛感情と同じです。

既婚者同士といっても一人の男と女の関係でしかないため、距離が近づくほどドキッとするはず。

これはパーソナルスペースから、友達や同僚の距離感よりも近づいた時は、既婚者という概念ではなく異性として相手を意識しているからでしょう。

異性がふと顔を近づけてくるとドキッとしますが、これは恋人や結婚相手の距離感だからです。

結婚してからは特にパートナー以外、近づくことなど皆無だったはずなので、異性への免疫力もなくなっているのかもしれません。

パートナー以外の異性が不意に近づいた時のドキドキ感は、恋をした時と同じ衝撃を受けるともいわれます。

異性にドキッとした瞬間、既婚者という立場を忘れ、相手に対する好意が強ければ不意にキスをしたくなる衝動に駆られてしまうこともあるようです。

特に男性は女性との距離が近づいた瞬間、ここぞとばかりに行動に移すことも多いでしょう。

女性がドキッとした瞬間、普段見られないかわいい表情に萌えを感じ、不意にキスをしたくなるのです。

不意に距離が近づいた瞬間は、お互いが既婚者という立場ではなく男女となるため、おもわずキスをしたくなることも考えられます。

お互いの悩みを聞いて急接近した時

女性の肩にキスをする男性
結婚生活の悩みは同じ既婚者にしかわからないことは多いでが、既婚者同士だからこそ相談できるということも多々あります。

夫婦生活を続けていると、相手のことが理解できないと思えるようなことはたくさん出てくるものです。

結婚当初はあれだけ愛し合った夫婦なのに、いつの間にか不満だらけになってしまうことも、夫婦生活ではよくあることでしょう。

そんな夫婦生活の悩みを相談できるのは基本的には誰もいませんし、夫婦の形は千差万別です。

だからこそ夫婦問題は誰にも相談することができず、ストレスが溜まりやすくなってしまうのです。

既婚者同士がふとしたきっかけで悩みを打ち明け、共感してもらえたら一気に距離も縮まることでしょう。

夫婦問題の悩みをお互いが相談し合えるのは、既婚者同士にとっては最高の相談相手だと思えるはずです。

しかし男女が相談し合えば、昔から恋愛に発展するケースが多いのも事実。

恋愛相談では好きな人の相談をしていたのに、いつの間にか相談相手を好きになってしまったというケースは多々あります。

これは既婚者同士であっても同じで、相談し合っている時は男と女という立場でしかありません。

悩みを相談した時に自分の理想的な答えが返ってくると、パートナーよりも相談相手の方が自分の理想に近いと勘違いしてしまうのです。

既婚者同士であれば不倫に発展するのも時間の問題で、不意にキスをしてしまう流れは想像の範囲内。

夫婦問題は自分だけで解決できませんが、誰に相談しても解決することは難しく、結局は自分が行動するしかありません。

そのため悩み相談は相手と距離を縮めるきっかけ作りとして、あえて相談をしているケースもあります。

相談に乗る時に見極めることは難しいですが、お互い好感を抱いているのであれば、距離を縮めてキスをする流れになる展開は想像できるはずです。

おでこやフレンチキスとディープキス、男性の本気度がわかるキスの種類

おでこへのキス

大人の女性に惹かれる男性
男性のキスには種類によって様々な意味が込められています。

キスの中でもおでこへのキスは、男性が相手の女性のことをかわいらしいと思っている可能性が高いですね。

おでこへキスをするシチュエーションとして、親が子供にキスをしたり、友達関係から勇気を出してキスをする時、おでこへキスをすることがあります。

これは恋愛感情よりも親愛なる気持ちや情が強く、かわいらしい相手にキスをするような意味が込められているのです。

親が子供のおでこへキスをする時は、愛情を込めてキスをしています。

男性が女性のおでこにキスをするのは恋愛対象というよりも、かわいらしい存在に対してキスをしているといえるでしょう。

そのためおでこへのキスは特に深い意味はなく、今の気持ちを素直に伝える時にすることが多いです。

フレンチキス

自分の気持ちを伝える男女
フレンチキスは自分の今の気持ちをストレートに伝えるため、もっと親密になりたいと思っている可能性は高いですね。

とはいえ、いきなり親密な関係になれるかもわかりませんし、相手の気持ちも知らないまま自分だけが盛り上がることもできません。

フレンチキスは恋が始まるにすることが多く、自分の「好き」という気持ちを相手に伝える手段のひとつとして用いることがあります。

キスをした段階でお互い好意があることは間違いありませんが、恋愛当初は相手の気持ちもわからないことが多いので不安なことばかりです。

フレンチキスをした時の女性の反応を見れば、嬉しいのか、嫌がっているのか、戸惑っているのかもある程度把握することができます。

相手の気持ちを探るうえではフレンチキスは有効な手段のひとつですが、やはり一番は自分の気持ちをはっきり相手に伝えることが大切です。

フレンチキスには男性の好きという気持ちを伝えるための手段として、恋愛当初は精いっぱい勇気を振り絞った行動だといえるでしょう。

ディープキス

激しいキスをするカップル
ディープキスはその名の通り、相手の女性と今よりもさらに深い関係になりたいというキスです。

フレンチキスでは唇だけですがディープキスは舌を絡ませるため、より濃厚で多くのバリエーションが楽しめます。

キスをするタイミングや人それぞれで、ふとした瞬間や付き合って間もないカップルがキスをすることもあるでしょう。

しかし、ディープキスは不意にするキスではなく、お互いがディープキスをしたいと思わなければできません。

なぜならキスをしても口を開けなければ舌を絡ませることはできないため、お互いディープキスをしたい意思がなければできないキスです。

男女が次のステップに進むため、より深い関係を求めて男性がディープキスを求めることは多いでしょう。

男性にとっては今の関係よりもさらに先に進みたいという意思表示であり、さらには身体の関係まで求めているのかもしれません。

濃厚なディープキスは仲良しカップルでも、セックスの時しかしないという人もいます。

普段はフレンチキスで愛を確かめ合い、エッチではディープキスでより濃厚な関係を求めているのです。

男性にとって女性ともっと距離を近づけたい、進展をさせたいという気持ちの表れが、ディープキスを求めるようになるようですね。

キスだけ不倫で癒されたい!既婚者同士のキスにはまる女性心理とは

気持ちが癒されれば身体の関係がなくても満足できる

見つめる赤い服の女性
既婚者同士のキスにハマる女性心理のひとつとして、女性は身体ではなく心が満たされれば満足できる一面があるからです。

不倫関係になればセックスによって身体の関係を求めることが多くなりますが、女性は身体が満足しても心が満たされないと満足度は低くなります。

逆に男性は心よりも身体を優先するケースが多いため、セックスできれば満足できるという人は多いでしょう。

女性にとって心が満たされることは大きなポイントであり、不倫をする女性の多くは夫婦関係に満たされない日々を送っています。

満たされない理由としてセックスレスであったり、優しさや気遣いを感じられないなど、いろいろな要因があります。

夫婦関係において大切なことは二人の絆を感じることが大切なことなので、心が通じ合っていないと感じた時の虚しさは計り知れません。

満たされない気持ちを埋めるために不倫をする女性は多いですが、多くの場合は身体の関係を求めるだけです。

セックスレスが不満材料であれば問題ありませんが、心を満たしたい女性には不満を抱くこともあるでしょう。

キスだけ不倫は身体の関係を持つよりも罪悪感が少なく、キスだけに集中してお互いの存在を確かめ合うことができます。

ディープキスはバリエーションも豊富で、舌や息遣いを感じながらじっくりキスを楽しむこともできるでしょう。

男性から求められるほど自分が必要とされているという実感を感じやすいため、癒しを感じながら心も満たすことがえきるのです。

今の生活を捨てられないので離婚はしたくない

髪をなびかせる女性
不倫のボーダーラインは人によって解釈はいろいろ違いますが、女性にとってキスはギリギリラインだと思っているのかもしれません。

既婚者にとってパートナー以外と関係を持てば不倫をすることになり、バレれば大きなダメージを受けることもあります。

「男性は不倫をする動物」だと豪語する女性もいますが、男性だけでなく女性がいるからこそ不倫は成立するものです。

既婚女性も不倫をすることはありますし、当然ながら不倫バレすれば今の生活を捨てなければなりません。

そもそも不倫をするのは今の生活に不満があるからこそ、ストレス発散のために不倫願望が芽生えるケースは多いでしょう。

不倫がバレれば慰謝料請求、養育費、親権問題、仕事など、いろいろなことが問題となります。

女性が不倫バレをして離婚したとなれば、一人で生活をしていくことは難しい部分も多々あるでしょう。

特に女性の再婚は年齢によっても成功率が大幅に変わるため、どんなに不満があっても今の生活は捨てられないという女性はいるはずです。

そんな女性にとってキスだけ不倫は万が一バレたとしても、離婚を回避できるギリギリのケースだと思っているのかもしれません。

今の生活を捨てたくない女性にとってキスだけ不倫は、心を満たすことができる方法のひとつです。

夫には女性として扱ってもらえなくても、キスだけ不倫では激しいディープキスで女として求められていると思えます。

セックスまでは許していないということで罪悪感も少なく、キスだけで満たされることができる女性にとっては、キスだけ不倫はローリスクの不倫としてハマッてしまうのです。

身体まで許してしまうと後戻りできないことをわかっている

寄り沿って見つめ合う男女
既婚者同士が急接近すると、一気に状況が進んで身体の関係になってしまうことは多いでしょう。

お互いが好感を抱いているのであれば、不倫関係に発展することも心の奥底では望んでいるかもしれません。

また、同時に一度身体の関係を持ってしまえば、不倫間関係から後戻りできないこともわかっています。

今まで通りの仲の良い関係性には戻れず、男女の関係としか付き合い続けることはできないでしょう。

さらにお互いパートナーを裏切ってしまったことは、どんなに魔が差したことであっても、一生罪悪感を抱きながら生活することになります。

今の夫婦関係に不満があって不倫をすることはあっても、本気で離婚する気がなければ、後々罪悪感を感じながら一緒に過ごさなければいけなくなるかもしれません。

「不倫はバレなければいい」という気持ちがある一方で、罪悪感を抱きながら一緒に生活するのは心苦しいものです。

大人になると身体の関係を持つことで不倫をしていることになりますが、心の浮気や浮気未遂程度であれば許されると思う気持ちもあります。

身体の関係はなくても、キスまでなら許されるという気持ちがあれば、既婚者同士のキスもありだと思っているのです。

この「キス止まりの関係」は恋愛において関係が始まるスタートラインですが、まだ関係がスタートしたばかりだともいえます。

本気の不倫は身体の関係を結んでからであり、キスは関係がスタートしたばかりなので、後戻りができるタイミングだという意識なのかもしれません。

キスだけの関係は大人の恋愛において、不倫関係がスタートしているとは言い切れないので、あえてキス止まりの関係を続けているのです。

キスだけ不倫は身体の関係よりも、心を満たすためにすることが多いため、完全なる浮気よりも罪悪感は圧倒的に少なくなります。

二人の関係がキスだけなら後戻りできますし、場合によってはなかったことにもできるのが大人の考え方。

お互い既婚者同士という立場なので、キスだけの関係に留めておけば、心の安らぎを求めることができると考えているのです。

快楽よりもキスによって安心感を感じていたい

フレンチキス
夫婦関係が上手くいかなくなると、癒しや安心感を求めたくなる心理が働いてきます。

本来であればパートナーに安心感を求めるものですが、関係が悪化している時は一緒にいることすら嫌だと思うでしょう。

いくら相手のことが嫌になっても簡単に離婚できないのが結婚の掟であり、自分の本心も心から離婚は望んでいないはずです。

なぜなら本気で愛した相手なので、簡単に別れを決断できないのはごく自然な気持ちでしょう。

だからこそ離婚しないで不倫をしてしまう人が多く、バレなければいいという考え方が生まれるのです。

結婚生活ではお互い寄り添うことで安心感を得られますが、関係性が上手くいかなければストレスしか感じません。

男性は癒しを求め、女性は安心感を求めることが多いとされています。

この気持ちをパートナーに求めることができなければ、不倫相手に求めてしまうのは本人にとっては自然な流れかもしれませんね。

女性が求める安心感は心の安定であり、頼れる存在を求めています。

不倫相手に安心感を求めることは、身体の関係ではなく心の繋がりを求めるだけでも満たされるため、キスだけ不倫でも十分だと考えているのかもしれませんね。

実際に不倫関係になれば面倒なことも多く、後腐れなく別れることも難しいケースが出てきます。

そのためキスだけの関係ならば簡単に別れることもできるため、女性には安心感を求められ、別れるのも簡単なキスだけ不倫は都合がいいといえるでしょう。

男性は快楽を求めるために不倫をすることもありますが、女性は快楽よりも気持ちが満たされることを優先するため、キスだけ不倫でも大満足できるのです。

キスまでなら本気の不倫をしていることにはならないと思っている

男性を虜にする女性
大人の恋愛ではキスをしただけでは不倫にはならないという人も少なくありません。

若い頃の恋愛ではキスの比重は大きな問題であり、他の人とキスをすれば浮気したとみなされ別れを決意する人も多いでしょう。

しかし大人になるにつれてキスの重要性も薄れ、代わりに身体の関係を結んだかどうかが大きな問題となります。

特に不倫に関しては体の関係を持つか、持たないかは重要なポイントであり、気持ちがあるなしよりも重要視されることも少なくありません。

大人の恋愛ではキスだけならば許されることも多く、ちょっと魔が差した程度で済まされてしまいます。

外国でもキスは恋人同士がするものですが、頬にキスをすることが挨拶という国もあります。

グローバルな社会になったことで、キスやハグをした程度では軽い浮気をしたことにはなっても、不倫をしているとまでは言えなくなりました。

よく恋人同士が浮気の定義を話すこともありますが、異性と食事をしたり、手を繋いだりしたら浮気だという人も多いでしょう。

中には二人きりで話をしただけでも浮気とみなす人もいれば、キスをしたり身体の関係を持つまでは許せるという寛容な人もいます。

キスは身体の関係を持つよりも程度が軽いため、本気で不倫をしているとは言い切れない部分もあります。

そのためキスだけ不倫は大きな罪悪感を感じることもなければ、本気で不倫をしていることにもならないため、大胆にキスだけ不倫にハマッてしまう女性もいるのです。

キスは不倫にならない!慰謝料請求されるボーダーラインとは?

肉体関係があるかどうかが重要ポイント

部屋でくつろぐ二人
キスだけ不倫にハマる女性が多い理由には、キスだけでは不倫にはならないと思って行動しているケースは多いでしょう。

不倫によるダメージで最も大きいのは慰謝料請求であり、多額のお金を払わなければならないことです。

法律的に不倫をしたら慰謝料を払うことが求められますが、慰謝料請求をされるボーダーラインとして、キスまでならば大丈夫だと思っているのかもしれません。

実際に不倫の調査では「肉体関係があるか」が重要視されることが多く、キスだけでは肉体関係を結んだとは言い切れません。

そのためキスだけ不倫は浮気したことにはならないと思っているため、堂々とキスだけの関係で満たされているのです。

キス以外にも腕を組んで歩いたり、恋愛感情を異性に抱いた程度では不倫をしたとはいえません。

人によっては他の人に心を奪われれば不倫をしたことと同じだと思うかもしれませんが、人の心まではっきり知る術はないので難しいところです。

実際には性行為がなくても不倫だと認められた離婚裁判の判例もありますが、多くのケースでは身体の関係の有無が焦点となります。

既婚者同士の不倫でも身体の関係が焦点となるため、女性がキスだけ不倫にハマるのは、キスだけでは不倫とは認められないとわかっているのかもしれませんね。

不倫関係による継続性があるか

ボーっと過ごすカップル
不倫によるボーダーラインには、継続性があるかも重要なポイントのひとつです。

人の心は曖昧で変わりやすいことも多いため、つい魔が差してしまうこともあるでしょう。

これは結婚したからといって簡単に変わるものではなく、たまには羽を伸ばしたいという人がいてもおかしくはありません。

既婚男性ならば風俗店に行ったり、キャバクラでお酒を飲んで楽しむこともあるでしょう。

女性であればテレビのアイドルに心を奪われてしまうことはよくあることです。

結婚したからといって心と身体のすべてがパートナーだけのモノになったとは言い切れませんが、決定的なポイントは継続性です。

結婚生活は離婚しなければ一生継続するものであり、結婚当初からずっと続いている関係です。

魔が差してキスをしたり、風俗サービスで身体の関係を持ってしまったとしても、これは一時的なことなので不倫とは認められません。

ここで焦点となるのが継続性であり、あきらかに特定の相手を目当てにずっと通い続けていれば、不倫と認められることになります。

キスだけ不倫では肉体関係がなく、どれだけ継続性があるか照明をすることは難しいでしょう。

なぜなら不倫をすればセックスをするのは自然な流れであるため、キスだけでは不倫をしているとは認められにくいからです。

不倫による慰謝料請求宇では継続性が重要視されるので、キスだけ不倫では証明することは難しいといえるでしょう。

写真やメールなどの証拠があるか

スマホをいじる二人
キスだけ不倫にハマる女性心理には、慰謝料請求されにくいという気持ちがあるはずです。

不倫を証明するために方法として用いられるものとして、不倫現場の写真や不倫の証拠となるメールでしょう。

この写真はキスだけ不倫を証明するためには重要なポイントとなり、慰謝料請求されるボーダーラインとして、キスだけでも不倫をしたとみなされる可能性があります。

不倫関係を証明する時に重要視されるポイントとして、肉体関係と継続性があるかが焦点です。

さらに証拠となる写真があれば決定的となりますが、実際には肉体関係があることや継続性を証明することは難しいでしょう。

なぜなら現場を押さえることは難しく、第三者に証明するための方法が写真やメールの文面しかないからです。

さらにキスだけ不倫のケースでは、キスをすること自体が不倫と認められるケースが少ないため、不倫を証明することは非常に困難だと言わざるを得ません。

実際の不倫では性行為と類似した行為があれば不倫をしたと判断されるケースもありますが、キスが性行為と類似した行為だと証明するのは難しいでしょう。

それでも継続性を主張するためには、キスだけ不倫の現場写真を使って証明することになります。

たった一度のキスでは魔が差したといえますが、継続した関係性だと証明できれば、キスだけでも不倫をしていると証明できるかもしれません。

既婚男性とキスしてしまったら?彼との関係はどう続ける?別れる?

既婚男性との関係を続けるなら絶対にバレない関係を築く

秘密を共有
既婚者同士でキスをしてしまった場合、実際には元の関係に戻ることは難しいでしょう。

気持ち的にはキスだけならばなかったことにすることもできますが、やはり既婚者として一線を越えてしまったことは大きなポイントです。

不倫はいけないことだと頭ではわかっていても、気持ちを抑えることができないことはよくあります。

理性が勝っていれば気持ちを抑えられますが、頭の考えと心の気持ちが上手くいかないのが人間です。

相手に対して好意があるからこそ一線を越えてしまうので、この気持ちをなかったことにするのは難しいでしょう。

キスをしてしまったことをなかったことにはできませんが、誰にもバレない関係を続けていくしかありません。

キスをした時点で不倫をしたとはいえませんが、これから不倫をする可能性は極めて高いといえます。

今までと同じように接することは難しいかもしれませんが、意識して同じように振舞わなければまわりの人に怪しまれてしまうでしょう。

キスをして二人の距離が縮まれば、今までとはあきらかに違った距離感になることは明白です。

二人の関係がスタートするのかどうかはこれからですが、どちらにしても二人の距離が近づいたことを周囲にはバレないように警戒することが大切ですね。

キスをした時点で既婚男性との未来を想像する

笑顔で遠くを見つめるカップル
既婚者同士のキスは単なる好奇心ではなく、お互いに好意があるからしてしまうのでしょう。

なぜなら既婚者がパートナー以外とキスをすれば、不倫を期待している行動だと捉えることができるからです。

不倫をしてもいいという気持ちがあるからこそキスをしているはずなので、そのまま二人の関係が親密になっていくことも想像しているはず。

既婚者同士がキスすることは、お互いが不倫を期待している行動だといえるでしょう。

実際に不倫関係を続けることは簡単でも、本気で不倫をしてもいいのか不安に思うことはあるはずです。

不倫バレした時のリスクも考えれば、お互いが相手に対する気持ちが本気なのかが需要なポイントとなります。

単なる火遊びでキスだけ不倫をするのもありですが、相手の男性はそれだけでは満足できないでしょう。

いずれ身体の関係を求められることになったとき、二人の関係をどうするかは考えておくべきですね。

最終的には離婚して彼と一緒になりたいのか、あるいはキスをしたことを後悔してなかったことにしたいと思っているのか、自分の気持ちを整理することは大切です。

女性はキスだけで満足できるかもしれませんが、男性はキスだけではフラストレーションが溜まるだけですし、いずれは二人の関係が進展することを狙っているはず。

相手の気持ちに応えることができるかは、キスをした時点で考えておくべきですね。

夫と既婚男性のどちらを取るか自分の気持ちに問いかける

仰向けに寝る美女
既婚者同士のキスは自分が思っているよりも、事の重大さは大きいといえます。

そのためキスをした時点で夫と既婚男性のどちらを取るのか、自分の気持ちに問いかけてみましょう。

女性にとってキスは心を癒したり安心感を求めることができるため、相手の男性に気持ちを奪われてしまうことはよくあります。

そもそもキスを許した時点で相手に好意を持っていることは明白で、あとはどこまで関係を深めていくかがポイントです。

人によってキスは軽い気持ちですることもあれば、自分の気持ちを込めてすることもあります。

既婚者同士のキスはまさに軽い気持ちでするものではないため、自分が思っているよりも事は複雑になっていくので注意しましょう。

既婚者がパートナー以外の人とキスをすること自体、一線を越えたことになります。

自分は軽い気持い気持ちでキスをしたかもしれませんが、一線を越えたことには変わりなく、既婚男性の相手にも同じことがいえるでしょう。

既婚者が浮気または不倫をすることは、人として許されることではないとわかっていながら、一線を越えてしまうことはそれだけ相手に気持ちがあるということです。

夫に対する不満やストレスから浮気をしてしまったかもしれませんが、不倫をした時点で今後の夫婦関係を考えなければなりません。

一緒にいるのが嫌な夫か、好意を持っている不倫相手か、どちらを取るかは自分の気持ち次第です。

たかがキスをしただけだと思うかもしれませんが、女性にとってキスは心を満たされる行為のひとつなので、身体の関係を持つこと以上に重要視する人は少なくありません。

逆にセックスレスでも心が繋がっている方がいいという女性も多く、それだけ男性よりも心の絆を重視しているといえるでしょう。

既婚者同士のキスはお互いが一線を越えたことと、パートナーへの不満という共通点があるため、意気投合しやすいのも事実です。

不倫関係はいつまでも続けることはできないとわかっているため、キスをしてしまった時点でどちらを優先するのか、一緒にいたいのかを決めておくことも必要かもしれませんね。

キスは不貞行為に当たらない!彼の本気度と付き合い方を考えて

遠くを見つめながら座る美女
キスだけでは不倫にはならないため、気軽にキスだけ不倫をする人もいるかもしれません。

しかし女性は身体の関係よりも心の繋がりを重視する人が多いため、彼の本気度を知りたいと思うのは当然です。

キスのやり方や種類からも彼の気持ちを探ることができます。

キスだけでは不倫にならなくても遊ばれるのは嫌なので、キスから彼の気持ちを探って今後の付き合い方を考えましょう。

おすすめの記事