スマホを見る女性

好きな人にLINEブロックされたかもしれないと不安になると、どうすればいいか迷ってしまうでしょう。

心当たりがないのにLINEブロックされるのも嫌ですし、好きな人だからこそ余計にLINEを再開したい気持ちが強くなるはずです。

そこでLINEブロックする男性心理や対処法について紹介します。

またLINEブロックされてから関係修復する方法も併せて紹介するので、ぜひ参考にしてください。

目次

男性は簡単にlineをブロックする?ブロックする男性心理とは

他に気になる女性がいるからLINEが来るとマズイ

ベンチでくつろぐカップル
男性が突然LINEをブロックする理由として、他に好きな女性がいるからLINEをブロックした可能性があります。

気になる女性がいるときに他の女性からLINEが来れば、普段からやり取りしているものだと勘違いされてしまうでしょう。

男性にとってこれから恋を発展させたい相手がいるのに、変な勘違いされるのは嫌なものです。

一途に好きだという気持ちを行動で表すために、LINEブロックして好きな女性を狙っているのかもしれませんね。

男性は言葉で好きだというよりも、行動で示すことが多いものです。

そのため気になる女性と一緒にいて他の女性からLINEが来たときに、「ただの女友達だから気にしないで」とは言わないかもしれません。

なぜなら焦っている態度が出てしまいますし、気にしないでと言っても気になるのが心情です。

そのため好きな女性と一緒にいるときに他の女性からLINEが来ただけでも、自分の素直な気持ちを信じてもらえないと落胆してしまうでしょう。

恋にマジメな男性や一途に女性を思う人ほど、どれだけ好きか全力アピールをしています。

そのときに他の女性からのLINE通知などありえないので、LINEが来ないようにブロックしてしまうのです。

LINE交換したときは気軽に交換したのかもしれませんが、好きな女性ができたとなれば話は別。

付き合うか別れるかするまでは、一度LINEブロックした女性はずっとそのままにしておくでしょう。

それだけ他の女性との連絡を断ち切ってでも、その女性を愛しているという行動の表れです。

男性は自分の気持ちを行動で表そうとすることが多いので、LINEブロックで一途な気持ちを相手に伝えようとしている可能性があるといえるでしょう。

彼女ができたから他の女性からのLINEはすべてブロック

カップル
彼女ができたときには言われるまでもなく、率先して他の女性のLINEをブロックしようとする男性心理が働きます。

恋愛気質の女性は、自分以外に他の女性と繋がっているのが嫌だと思う人は多いでしょう。

彼にとって彼女は自分一人で特別な存在なので、他の女性と連絡を取り合う必要はないという想いがあるのかもしれません。

これは特別な感情ではなく、男女どちらでも相手を束縛したいとい気持ちになるのは仕方ないでしょう。

男性にとって彼女が特別な存在なのは当然ですし、彼女に変な気を遣わせたり不安に思わせるような行動をしたくないと思っています。

そのため自ら女友達とは連絡を取らないようにするため、LINEをブロックして対応しようとするのでしょう。

これは彼女の性格を自分なりに判断して、言われる前に自分から対処しておいた方がいいと感じて行動していることが多いです。

嫉妬深い彼女であれば、一緒にいるときに女性から連絡があるだけでいろいろ聞かれるでしょう。

何でもないと言っても根掘り葉掘り聞いてくるかもしれませんし、どんな関係か聞かれても上手く答えられないものです。

するとそこから関係が悪化したり、ケンカに発展してしまう可能性があります。

女性の嫉妬深さは後々まで根に持つので、男性はできるだけ争わないようにしたいと思っています。

彼女と出会う以前から女友達として付き合いを続けている女性がいても、どんな関係なのか聞かれれば友達としか答えられないでしょう。

女性は明確な答えを求めているのではなく、嫉妬しているということを彼にわかってもらいたい気持ちがあります。

しかし男性にとってはこのやりとりがめんどくさいですし、ケンカの火種になってしまうと考えているので、できるだけ争いの種を撒かないように初めから対処しているのです。

彼女に指摘される前から他の女性をLINEブロックしておけば、彼女と争う火種をひとつ減らすことができます。

男性はイチイチ彼女ができたらLINEブロックするなど、めんどくさいので伝える間もなくブロックしてしまうでしょう。

嫉妬深い人は男女共にたくさんいますが、将来の火種を減らすために早めにLINEブロックしている可能性はあります。

LINEの頻度が多いからブロックしたくなった

上を向くイケメン
男性はLINEをするよりも電話で要件を済ませたいという人は実に多くいます。

これは働き方にもよりますが、仕事で確実に相手と連絡を取るために電話を利用することが影響しているのかもしれません。

仕事のスマート化や効率化を考えたとき、メールやLINEで相手に送信すれば事は済みます。

しかし実際に細かい指示や確認事項など、その場で聞きたいことがあれば対応できた方が仕事もスムーズにできるでしょう。

若い世代の多くはわざわざ電話しなくても、LINEで既読がつけば相手が見た証拠となるので、電話は時間の無駄になるという人もいます。

確かに相手が確認したかどうかをチェックするには有効な手段ですが、既読スルーをしているかもしれませんし、確認するには電話で念押しした方がいいでしょう。

普段から仕事で電話を多く利用する人ほど、LINEはめんどくさいと思っている人も少なくありません。

言いたいことの半分も伝わらないLINEよりも、電話で話した方が良いと思うのは当然かもしれませんね。

そんなLINEが苦手な男性にとって、頻繁にLINEで連絡してくる女性がいれば、イチイチ返信するのもめんどくさいと思うのは自然でしょう。

女性はちょっとしたことでもLINEを送ることもありますし、何より好きな男性とはたくさんLINEのやり取りをしたいと思っているはずです。

そんな気持ちを知ってか知らずか、彼はLINEが来るたびに面倒だと思っていイライラしている可能性もあります。

「LINEするのがめんどくさいから送らないで」と面と向かって言うのは、さすがに相手女性のことがかわいそうだと思うでしょう。

そもそもLINEを交換しているのは自分なので、できるだけ対応しようとしていたはずです。

しかし自分が思っているよりも相手からのLINE頻度が多かったため、衝動的にLINEをブロックしてしまったのかもしれませんね。

仕事でストレスが溜まっていたときやイライラしているときにLINEが来れば、めんどくさいと思ってブロックしてしまうこともあるでしょう。

タイミングが悪かったのかもしれませんが、根本的にLINEが好きではない男性に頻繁にLINEを送ってしまったことが要因です。

気に障ることを言ってしまった

不満そうな顔の女性
人には触れられたくないこともありますが、無意識のうちに他人の地雷を踏んでしまうことはありますよね。

男性が女性に触れられたくないことを言われたことで、距離を取ろうとしてLINEをブロックした可能性はあります。

何気ない一言が相手を傷つけてしまうこともありますが、好きな男性に対してたくさんLINEを送りたいという気持ちが変なLINEを送ってしまったかもしれません。

好きな男性とLINEができるだけでも嬉しいものですが、もっとお互いを知りたいのでいろいろ聞いてしまうこともあるでしょう。

それが相手の男性にとって触れられたくないことだったため、この女性とは関わりたくないと思ったのかもしれませんね。

人によっては好きな人のことを知りたい人もいれば、自分のことをたくさん知ってもらいたいという人もいます。

逆にいくら好きな人でも自分のことを他人に話したくない人もいるので、いろいろ詮索してくるタイプが苦手なのでしょう。

男性が急にLINEをブロックしたのは、理由を説明しようとしてもいろいろ聞かれるのがめんどくさいと思ったのかもしれません。

気に障るようなことを言われたとしても、イチイチ聞いてこないでと頼むのも面倒ですし、その話題には触れたくないとさえ思っているはずです。

たまたま好きな男性の気に障るようなことを言ったり聞いてしまったことが要因で、LINEをブロックされてしまったのかもしれませんね。

社交辞令でLINEを教えたので返信が面倒

写真をチェックするカップル
LINEを社交辞令で人に教えることはありますが、本当に送ってくるとは思っていなかったのかもしれませんね。

LINEのIDを交換して挨拶程度のやり取りはあっても、頻繁にLINEをするつもりはなかった可能性はあります。

それなのに女性から頻繁にLINEが送られてくるので、対応に困ってしまい思わずLINEをブロックしてしまったのかもしれません。

女性慣れしていない男性にとっては、積極的にアプローチしてくれる女性に苦手意識を持つことがあります。

頻繁にLINEを送ってくるから自分のことが好きなのかと勘違いすることもありますが、いざ告白するとフラれてしまうということはよくあることです。

男性にとってどこまでが友達ラインなのか、どこからが脈ありなのかわからないことは多いでしょう。

そのため女性の方から積極的にLINEを送ってくるようになると、脈ありなのかあるいは友達としてしか思われていないのか悩んでしまいます。

結局は傷つきたくないという気持ちの方が勝ってしまい、女性からのLINEをブロックしてしまうのです。

女性のことが嫌いになったり避けたいという気持ちよりも、LINEを交換する前の関係性に戻りたいと思っているのでしょう。

脈ありなら積極的に誘ってくるはずですし、友達ならそのまま疎遠になっても仕方ないと思っているのです。

男性にとってどうやって対処すればいいかわからないことから、社交辞令のつもりで交換したLINEはブロックしたいという気持ちが強くなるのかもしれません。

女性は社交辞令をする人は少なく嫌な男性とはLINE交換をしないものですし、LINE交換してもすぐにブロックしてしまうでしょう。

男性は相手女性に気を遣ってしまうため、すぐにブロックするというよりは様子を見てやり取りをしまる。

このやり取りが面倒だと思うようになると、思いきってLINEをブロックしてしまうのです。

lineがブロックされたかもと感じる瞬間とそのきっかけ

LINEの既読がつかなくなる

スマホチェックする女性
LINEがブロックされているかもしれないと感じるのは、ちょっとした違和感を感じることで気づけます。

何度もLINEを送っているのにいつまで待っても既読がつかなくなれば、何かあったと不安になるでしょう。

ついこの間まで普通にLINEのやり取りをしていたのに、急に既読がつかなくなればおかしいと感じるはずです。

LINEは通知方法によっては内容の初めの文章を読むことができるので、忙しいときなど緊急性がなければ後回しにすることはよくあります。

しかしいつまで経っても既読がつかない状況は、今までと比べれば異様だと感じるはずです。

なぜなら多くの人はLINEを1日1回はチェックするので、通知されているのに気づかないということはありえません。

既読がつかないということは完全に無視をされているか、あるいはLINEをブロックされているかもしれないと気づくでしょう。

どちらも相手にとっては同じことですが、ただ無視をするだけではずっと通知もされますし、内容も溜まってしまいます。

LINEをブロックすれば通知されることもないので、LINEを無視しているという罪悪感を感じることもありません。

同じ無視をするにしてもLINEブロックをした方が、相手を気にすることもありませんし、簡単にブロックできるので利用する人も多々います。

ずっと既読がつかなければ送っている方も相手の気持ちを察し、いつの間にかLINEを送らなくなるものです。

LINEをすれば穏便に相手との関係を自然消滅させられる方法のひとつなので、ちょっとでも嫌だと思ったらLINEブロックする人は多いでしょう。

それくらいの気持ちで誰でもLINEブロックしているとすれば、ずっと既読がつかないことに「もしかしたらブロックされているかも…」と気づけるはずです。

いずれにしてもLINEの既読がつかなくなったときは、LINEブロックされている可能性があると気づくきっかけになります。

やり取りが一方通行になったと感じる

スマホを見る女性
LINEがブロックされたかもしれないと感じる瞬間は、自分が一方的にLINEを送っていることに気づいたときです。

気軽にメールが送れるLINEですが、たとえLINEブロックされても相手にはブロックされていることがわかりにくい特徴があります。

そのため自分が相手からLINEブロックされていることに気づくことなく、一方的にLINEを送る状態が続くようになるでしょう。

相手のことが好きなので、一方的にLINEを送りたい気持ちが強くなります。

すると相手の既読がつかなくても今は忙しいから見られないと勝手に解釈し、構わずLINEを送り続けてしまうのです。

好きな相手にLINEを送ると嬉しくて細かいことまで気にしなくなりますが、ふと冷静になったときに自分だけが一方的に送信していることに気づくでしょう。

そのときがLINEブロックされているかもと気づく瞬間であり、何が悪かったのかという自問自答の悩みが続いていきます。

LINE機能が使えなくなったと感じたとき

スマホチェックする女性
LINEにはグループ追加やLINEスタンプをプレゼントする機能など、実に様々な機能が備わっています。

LINEを楽しむために使うだけではなく、仕事でも活用されているLINEは、サービスや機能を使いこなして初めて本領発揮するといってもいいでしょう。

多くの人は気軽に使っているLINEをカスタマイズしたり、人によって使い分けているはずです。

その機能の一部が突然使えないと感じたときは、故障と思うよりもブロックされたかもしれないと気づくでしょう。

LINEグループを作る機能がありますが、好きな相手には直接LINEを送るのは恥ずかしいので、グループに追加しようとする人もいるかもしれませんね。

しかし追加しようとしても招待することができないので、相手に届くこともありません。

またスタンプをプレゼントすることもできなくなりますが、相手が同じスタンプを持っていれば当然送ることはできなくなっています。

これらは総合的に判断するしかありませんが、グループ追加をしたりスタンプを送ろうとしても上手くできなければ、LINEブロックされていると判断できるでしょう。

lineがブロックされて変わらないこと、できなくなること

メッセージの送信やアルバム追加はできる

スマホを活用する女性
LINEブロックされるとできなくなるのは、無料通話を利用することができません。

LINEの送信はいくらでもできますが、相手に通知されることもなければ既読されることなくスルーされます。

そのため自分のスマホには発信履歴が残りますが、相手には連絡が来た履歴さえ残ることはないので、電話が来たことさえ知らないことになります。

LINE通話は電波状況によって通話できないときがあるので、何度もかけ直したりなり続けることもあるでしょう。

しかしずっと発信し続けていると「応答がありません」という表示が出て強制終了になります。

LINEブロックされているときは「応答なし」と表示されますが、相手側は着信音も着信履歴も残りません。

この「応答なし」はLINEブロックされているときに限ってのことではないため、電波状況などいろいろな要因で表示されることがあります。

そのため一概にLINEブロックされているとはいえませんが、ブロックされると無料通話が利用できなくなるので、何度かけ直しても同じです。

さらにLINEがブロックされても変わらないことは、メッセージの送信が普通にできるということです。

そのため普通にメッセージを送り続けることもできるため、なかなかLINEブロックされたことに気づきにくくなっています。

すぐにLINEブロックされてしまうと相手も逆上するかもしれないので、いつの間にかブロックされていたというのが良いのかもしれませんね。

また機能としては写真を共有するアルバム機能がありますが、これも一方的に写真を載せることはできます。

しかしLINEブロックされているときは相手の写真が消えているので、おかしいとすぐに気づくはずです。

LINEブロックされても送信やアルバム追加はできるため、少しの間はLINEブロックされていることに気づきにくいといえます。

無料通話を利用しても応答できなくなる

電話を掛ける女性
LINEブロックされるとできなくなるのは、無料通話を利用することができません。

LINEの送信はいくらでもできますが、相手に通知されることもなければ既読されることなくスルーされます。

ブロック中はメッセージを送信したと同じように、LINEで無料通話を利用することはできても、相手に通知されることもなければ応答することもありません。

そのため自分では発信履歴は残りますが、相手には連絡が来た履歴さえ残ることはないので、電話が来たことさえ知らないことになります。

LINE通話は電波状況によって通話できないときがあるので、何度もかけ直したりなり続けることもあるでしょう。

しかしずっと発信し続けていると「応答がありません」という表示が出て強制終了になります。

LINEブロックされているときは「応答なし」と表示されますが、相手側は着信音も着信履歴も残りません。

この「応答なし」はLINEブロックされているときに限ってのことではないため、電波状況などいろいろな要因で表示されることがあります。

そのため一概にLINEブロックされているとはいえませんが、ブロックされると無料通話が利用できなくなるので、何度かけ直しても同じです。

タイムラインの投稿が消える

スマホをいじる
タイムラインとは飲強を知らせたいときに、テキスト、写真、動画などを簡単に投稿して共有することができる機能です。

LINEでやり取りするのとは違い、タイムラインは自分から載せることによって相手が閲覧できる状況になります。

そのため特定に相手に送るのではなく、自分の投稿を見に来てもらうという使い方の方が近いかもしれませんね。

LINEブロックされるとタイムラインに表示されている項目がすべて消えてしまうので、すぐにブロックされたことに気づくでしょう。

相手と共有しているからこそいつでも閲覧できるのに、急に相手のタイムラインが見れなくなったらおかしいと思うはずです。

またタイムラインは一度消えてしまうと、LINEブロックを解除されても再び戻ることはありません。

共有設定にはホーム画面からも閲覧できますが、そこにはタイムラインや画像、プロフィールなどを見ることができます。

その人がどこまで共有設定しているかにもよりますが、LINEブロックされると全体公開している投稿以外見られなくなります。

これも昨日までは閲覧できたのに、急に閲覧できなくなったという状況ですね。

タイムラインでは特定の人と全体公開という設定ができますが、今まで特定の人の投稿が見れたのに、急に全体公開投稿しか見れなくなればブロックに気づくでしょう。

自分と相手との関係性や公開設定の種類によっても状況は変わりますが、今まで見れた投稿が見られなくなれば異変に気づくことができるはずです。

好きな人にブロックされた時にとるべき行動、態度、言葉

相手に会ったときにさりげなく聞いてみる

浜辺で女性の写真を撮る男性
好きな人にLINEブロックされるのは辛いですが、もしもブロックされていると気づいたらさりげなく聞いてみましょう。

ずっと一人で悩んでいても解決できませんし、好きな相手を避け続けるのは嫌なものです。

LINEブロックされた理由が自分にあれば、直すようにすれば解除してくれるかもしれませんよね。

もし理不尽な理由であればそんな人だったと諦めることもできますが、好きになった人が理想的な相手とはかぎりません。

気まぐれでLINEブロックされることもあれば、間違ってブロックしてしまったかもしれませんよね。

いずれにしてもLINEブロックされた理由が自分に心当たりがなければ、思いきって好きな相手に聞いてみるのもいいでしょう。

悩んでいるよりも至らぬ点があれば改善して、早くLINE復帰をしたいですね。

周囲の人に探りを入れて聞いてみる

桟橋でくつろぐ女性2人
好きな人にLINEブロックされたときのショックは計り知れないので、ストレートに聞き出すことができない人も多いでしょう。

そんなときは周囲の人に探りを入れてもらい、なぜLINEブロックされたのかを聞いてもらう方法がいいかもしれません。

直接LINEブロックした理由を教えてとは言いにくいものですし、好きな相手であれば尚更でしょう。

親しい友人などがいれば聞いてみることで、好きな相手の本音を聞きだすことができるはずです。

本人には話しにくいことも友達なら本音で話せるかもしれないので、LINEブロックした本当の理由が知りたければ有効な手段となりますよ。

LINEブロックしたことをまわりの人には自分から言わないものなので、周囲の人も気づいていないはずです。

そのため友達を巻き込むことでLINEブロックしたことに罪悪感を感じ、復活させてくれるかもしれません。

友達が説得してくれたり誤解があってブロックされているかもしれないので、直接本人に聞けずに何もしないよりは、友達に探りを入れてもらいましょう。

過去のやり取りや行動を見つめ直す

喧嘩中の女性
LINEブロックされるのには何か理由があるはずですが、普段からあまり気にして行動しない人は多いでしょう。

ブロックされたことをきっかけにして、自分の過去の発言や行動を見直してみるのもいいかもしれませんね。

いくらLINEブロックを解除して欲しいとお願いしても、前と同じならばすぐにブロックされることになるでしょう。

相手にとって不快にさせる何か原因があるからブロックされているので、その原因を自分なりに考えることは大切です。

そのためにも過去のやり取りや自分の行動を見つめ直すことによって、ブロックされた原因を自分で探り当てることができるかもしれません。

好きな相手とはこの後も繋がりを持ち続けたいと思うはずなので、自分が至らぬ点があれば自ら反省して改善する意志を見せましょう。

そうすれば相手もきっとLINEブロック解除を検討してくれるはずです。

相手の気持ちを尊重して何事もなかったように振舞う

喧嘩中のカップル
好きな人にLINEブロックされるのは辛いですが、いくらブロック解除してもらいたくても相手の気持ち次第な部分はあります。

自分がどんなに好きでも相手が望まないのであれば、潔く身を引くのも恋愛には必要でしょう。

LINEブロックも相手の意志であれば、尊重して何事もなかったかのように振舞うのもひとつの方法です。

相手にとって不満や不機嫌になるようなことをしてしまった可能性もあるので、不快に思っているときに解除して欲しいと思っても難しいでしょう。

少し時間をおくことで相手も気持ちが落ち着くかもしれないので、普段通りに振舞ってみるのもひとつの方法です。

相手にとってはLINEブロックしたのにいつも通りに振舞っていれば、あまり気にしていないのかと思うはず。

自分だけが勝手に不快に感じたり、あるいは自分の勘違いによって嫌ってしまったのかもしれないと考えるかもしれません。

そうなれば少しだけでも気持ちが軟化するので、LINEブロックを解除するきっかけを作ることができます。

好きな人にLINEブロックされたからといって、焦って解除して欲しいとお願いしても逆効果となるので注意しましょう。

自分にはわからない何か問題があるからこそ、LINEブロックをしたはずです。

当たり障りなければブロックしようとすら思わないので、あえてLINEブロックしようと思ったのには理由があるはず。

その理由を知らずにブロック解除をお願いしても難しいため、普段通りに接して様子を見ましょう。

もしかしたら相手の方からLINEブロックしたことを言ってくるかもしれないので、そのときは思いきって理由を聞いてみるのもいいかもしれませんね。

lineをブロックされても彼との関係を復活させるためには

周囲の友達に協力してもらって直接会って様子をみる

浜辺で見つめる女性
LINEブロックされたときに関係復活を目指すなら、周囲の友達に協力してもらって会うことから始めてみましょう。

多くの人はLINEのみでやり取りしているため、ブロックされたら一切連絡が取れなくなってしまいます。

そのため友達に協力してもらって、彼と直接会えるように段取りしてもらいましょう。

LINEは誰でも気軽に利用できますし、誰とでも気軽にやり取りできるのが魅力となっています。

そのためLINEのIDを教えてやり取りしても、嫌だと思えばブロックできるのが大きな特徴のひとつです。

気軽に誰とでもやり取りできるLINEをブロックするには、相当嫌な理由があったといえるでしょう。

しかもナンパ目的などではなく彼からブロックされるというのは、何か理由がなければしないはず。

もし話し合いなくLINEが復活したとしても、またいつブロックされるかわからない不安のままやり取りするのは嫌でしょう。

どうせならしっかりと話し合って、嫌なことや直して欲しいところがあれば改善するように話し合うことをおすすめします。

好きな彼から改善点を指摘されたら、すぐにでも直し手行動を改めるはずです。

そのためには自分一人で行動しようとしても難しいので、周囲の友達に協力してもらって会えるきっかけの段取りをしてもらいましょう。

彼にLINEブロックされて落ち込んでいる様子を見せる

落ち込む女性
LINEブロックされたときは落ち込むのは自然なことでしょう。

特に好きな彼からブロックされたとなれば、自分の行動を反省したり後悔することになるはずです。

何がいけなかったのか、どうすればよかったのかと自問自答する日々が続くことで、自然と落ち込んでしまうはず。

そんな様子を直接彼に見せたり、友達に様子を報告してもらうように協力してもらいましょう。

LINE復活のカギは彼の気持ちの変化が重要なポイントなので、いくら自分が積極的に行動しても彼の気持ちが変わらなければ何もできません。

彼がLINEブロックしたことに罪悪感を感じてくれれば、ブロックを解除してくれる可能性も高まるでしょう。

そのためにはブロックされたことにショックを受けている様子を見せることで、彼に罪悪感を感じさせるきっかけ作りをします。

好きな人からLINEブロックされたということは失恋したと同じことなので、ショックを受けるのは当然でしょう。

しかも直接断られたのではなくいつの間にかブロックされたとなれば、話をするのも嫌なのかと思うはず。

嫌なことがあれば改善するために直接話してくれればいいものを、ブロックして関係を断ち切る行動をするのは、このまま連絡が取れなくても構わない存在だということです。

彼にはその程度にしか思われていないのもショックなので、はっきりと落ち込んでいる様子を見せて同情を誘うのもありですよ。

本気で彼のことが好きだとわかってくれれば、見る目を変えてブロック解除してくれるかもしれません。

いずれにしても彼にはLINEブロックされたことでショックを受けている様子を見せることは、今後の関係性においても大切なポイントになります。

好きな彼との関係を復活させることは大変ですが、何もしないで落ち込んでいるだけではなく、あえて彼の前で落ち込む様子を見せてLINE復活のきっかけを作りましょう。

反省しながらも魅力的な女性になる努力を怠らない

髪をかき上げる女性
LINEブロックされた彼との関係復活には、前とは違った魅力を発揮することで復活のきっかけ作りができるかもしれません。

ブロックしようと決意するのは相当嫌なことがあったはずなので、反省して直すことは大切です。

もちろんすべて彼の言いなりになって反省すればいいワケではありませんが、好きな人のために自分が変わることは恋愛ではよくあること。

どうせ変わるなら前よりも魅力的な女性になることで、彼にLINEブロックしたことを後悔させられるかもしれませんよね。

女子力アップをすることは彼のためだけではなく、これからの人生においてもプラスになることばかりです。

特に女性は外見をキレイにすることはもちろんですが、内面を磨くことも大切とされています。

どんなにキレイな女性でも付き合ったら最悪な性格では、幸せを掴むことはできません。

そのため外見と内面の両方を磨くことがスタンダードになりつつあるので、しっかりと魅力的な女性になる努力をしましょう。

まずは彼に対して何をしたのか、なぜブロックされなければいけないのかを知ることは大切です。

もしも自分の発言や行動が彼を傷つけてしまったのであれば、大いに反省する部分はあるでしょう。

それ以外には他に好きな女性ができたり、仕事などでストレスが溜まってつい全員をブロックすることもあるかもしれません。

自分が反省して直せることであれば、積極的に改善する努力をすることで、結果的に女子力アップに繋がることになりますよ。

後者が原因であれば自分を変える必要はないので、今の魅力をさらに伸ばすために努力し続けることができます。

どちらにしても原因がわかれば自分の魅力度アップを目指せるので、彼に魅力アピールができるかもしれません。

そうなればLINEブロックしたことを後悔するかもしれないので、彼との関係を復活させるきっかけになれるはずです。

魅力的な女性になる努力は常に必要なので、好きな彼の気持ちを掴むためにも努力するきっかけにしましょう。

lineがブロックされても関係は終わらない!上手に対処して

歩く女性
好きな人に突然LINEブロックされてしまえば、不安な毎日を過ごすことになるでしょう。

しかしブロックされた理由や経緯がわからんければ、どう対処すればいいかわからずさらに悩み続けることになります。

LINEがブロックされる理由はいろいろありますが、安易に嫌われているとはかぎりません。

いろいろな原因によってブロックしてしまった可能性もあるので、上手く対応して彼との関係改善を目指しましょう。

おすすめの記事