相性がいい二人

既婚者同士が本気で好きになってW不倫をするときは、どのようなことが大切なのでしょうか。

家庭が大事なのか、それとも不倫相手を大切にしたいのか、本気だからこそ見えてくる心の繋がりもあるようですよ。

そこで既婚者同士が本気で好きになったときのサインや行動について紹介します。

本気の恋だからこそ守りたいルールやテクニックも併せて紹介するので、ぜひ参考にしてください。

既婚者同士で本気の恋愛に発展する理由やきっかけとは

お互い現在のパートナーとの関係が悪い

水辺でたわむれる女性
既婚者同士が本気の恋に発展するきっかけとして、お互いがパートナーとの関係が悪いことが挙げられます。

結婚生活を続けているとパートナーとの関係が良くなることもあれば、悪くなる時期があるのは仕方ありません。

仲がいい夫婦も新婚当初のようにずっとラブラブな関係というワケではなく、落ち着いた関係性の中で夫婦関係も変化していきます。

パートナーとの関係が悪くなると一緒にいるのも嫌に思えてきますが、そんなときに同じ悩みを持つ既婚者がいれば共感を持つようになるかもしれません。

始めは恋愛対象として見るというよりは、同じ共通点を持つ者同士という共感の方が強くなり、次第に相手に興味を抱くようになります。

結婚するとパートナー以外と普通に話をすることも少なくなるため、恋愛対象として意識することはなくなりますよね。

しかしパートナーとの関係が悪いときは既婚者という立場を忘れて、お互い男と女の関係性で相手と普通に話をするようになります。

雑談の中でお互いの近況を話し合ったとき、ポロっとパートナーとの関係が悪いことを話したことで、不倫のきっかけとなるのです。

自分だけがパートナーと関係が悪いのではないと思えば、お互い共通点を探して話も盛り上がっていくでしょう。

恋愛感情が芽生えるときは二人の共通点が多いほど共感しやすいので、不倫を意識するよりも自然な流れでお互いを意識するようになるはずです。

既婚者という共通点以外にもパートナーとの関係が悪いとなれば、お互い大人の男女として意識するようになるので、本気の恋愛に発展するきっかけとなります。

既婚者同士共通する悩みを相談したことがきっかけ

散歩する女性
既婚者はお互いが同じ悩みや共通点を持っているため、雑談の中で何気なく相談してしまうこともあるでしょう。

それぞれの夫婦で悩みは違いますが、独身時代とは違って結婚することで同じような悩みを抱くことも多くなるでしょう。

パートナーのここが嫌だと思ったり、ちょっとした生活感の違いに悩んでいるなど、人には言えない悩みもたくさんあるはずです。

夫婦のことは他の人には話すことはできないので、自分の悩みをわかってくれる人はいないと思っていることでしょう。

しかし既婚者同士で共通する悩みを打ち明けたとき、お互いの距離が少しだけ縮まっていきます。

夫の悩みを既婚男性に相談すれば、男性心理がわかっている分だけ解決策を提案してくれるかもしれませんよね。

逆も然りでお互いが相談し合ううちに、共通する話題が多くなって惹かれ合っていくのです。

これは恋愛でも同じように、好きな人の悩みごとを相談したことがきっかけで、相談者の方を好きになってしまうパターン。

既婚者という立場では人に相談することはなかなかできないため、自分の悩みを共有してくれる相手がいると、つい多くを語ってしまうのでしょう。

人は自分と共通する点が多いほど相手に好感を抱きやすいので、既婚者同士でもお互いの好感度がアップしていきます。

しかもお互いパートナーとの結婚生活の悩みを相談していれば、自分の方が幸せにできるという思いも芽生えてくるのかもしれませんね。

不倫という大きな壁はあるものの、お互い同じ悩みを持つもの同士という共通点から、惹かれ合って恋愛感情を持つことは珍しくありません。

始めは何気ない雑談や相談だったものが、共通点が多く相手に好感を持ったことがきっかけとなり、本気の不倫関係へと発展していくでのです。

男と女としてそれぞれ意識してしまった

カップル
既婚者同士がお互いを男と女として意識することがあれば、W不倫へと進展していく可能性はあります。

既婚者という立場上、一般的には異性と出会っても恋愛感情を抱かないように意識しているはずです。

しかし相手があまりにも自分のタイプだったり、魅力的に感じることがあれば恋愛感情が芽生えてくることは仕方ないことでしょう。

結婚しているとはいえ大人の男女が相手を意識するようになれば、不倫という一戦を超えることもあるかもしれません。

なぜならパートナーが自分の理想的な相手とはかぎりませんし、パートナー以外にも外見が魅力的な人はたくさんいるからです。

目の前に理想的な異性が現れれば、久しぶりにドキドキするような感覚を味わうでしょう。

結婚後はドキドキすることなどほとんどなくなるため、久しぶりに感じる恋愛感情は気持ちを高揚させるはず。

既婚者として相手を好きになってはいけないとわかっていながらも、理想的な相手を目の前にすれば、ドキドキする感情を抑えることはできません。

結婚後に女性はイケメンを見てカッコイイと憧れることはあっても、実際に不倫関係まで望むことは少ないでしょう。

これは頭の中でイケメンと理想的な相手が違うことが要因であったり、自分とは釣り合わないと初めからわかっているのです。

そのため憧れることでドキドキ感を感じることができますが、理想的な異性を前にすれば憧れだけでは止めることはできないかもしれません。

特に相手も同じように自分に対して好意を持っていれば、自然な流れで距離が縮まっていくこともあるからです。

既婚男性もかわいい子や理想的な女性がいれば、つい浮気願望が芽生えてくるかもしれません。

女性よりも男性の方が浮気しやすいといわれていますが、実際は浮気する相手がいるからこそですよね。

既婚者同士がお互いの好意を持てば、立場を忘れて男と女として意識してしまうこともあるはず。

異性として意識するようになれば、たとえ既婚者同士でも恋愛に発展するきっかけもすぐにやってくるでしょう。

お酒の席で一緒になったことがきっかけ

結婚指輪
既婚者同士でお酒の席を共にすると、つい日頃から溜まっている愚痴やストレスを発散してしまうこともあります。

お酒を飲むと気が大きくなってしまい、普段なら絶対に言わない愚痴を言ってしまうこともあるでしょう。

そんなときに共感してくれる相手がいると、つい心を許してしまうことがあります。

特に相手も同じ既婚者であれば、悩みを共有できるという気持ちから、より深い悩みまで話てしまうかもしれません。

そうなれば友達や同僚以上に信頼してしまい、恋愛感情が芽生えるきっかけとなってしまうのです。

もちろんお酒を一緒に飲んだからといっても、すぐに本気で好きになることはありません。

しかしお酒を飲めば相手の本性が見えやすいので、一緒にいて居心地の良さを感じたり、話しやすい雰囲気を感じとることはできます。

夫婦関係で大切なのは信頼感や絆ですが、マンネリ関係になると信頼関係にもズレが生じてくることがあります。

信頼はしているがお互いの考え方や相手の嫌な部分を見てきたことから、絆は緩くなっているかもしれませんね。

そんなときにお酒を飲んでいるとはいえ、心から本音で話し合える相手がいると、つい気を許してしまいます。

お互い既婚者という立場もわかっているため、気軽に関係を持とうとは思わないからこそ、相手を信頼しやすい状況だといえるでしょう。

お酒を飲んで本音で話し合ったり愚痴を聞いてくれることで、妙に気が合うと思うようになります。

後日お酒が抜けている状態で普通に会ったとしても、お酒の席での信頼感や相性の良さを引きずってしまい、気になる相手として意識するはず。

シラフの状態でも意識するほど相手のことが気になってしまい、いつの間にか恋愛感情へと発展。

既婚者同士だとわかっていても止められぬ恋の気持ちが爆発することで、相手に対する気持ちを抑えることができなくなってしまうのです。

一度お酒を飲んでいるとはいえ、本音で話をしたことがきっかけで、相手を意識するようになり本気の恋愛へと発展していくこともあります。

既婚者同士だからこそ安心して不倫できる

見つめ合うサングラスのカップル
結婚すると自分は既婚者という意識を持つようになるので、独身時代のように誰にでも恋をしようとは思わなくなります。

独身時代はとにかく出会いを求めたり、チャンスがあればとりあえず付き合ってみることもあったでしょう。

しかし結婚してからは二人きりで気軽に異性の話をすることもできなくなり、気になる相手がいても「好きになってはいけない」と言い聞かせて勝手に諦めようとしているはず。

結婚しても他に好きな人ができることもありますが、既婚者だと意識して諦めている人は多いですし、これが結婚というものです。

好きな人ができたからすぐに乗り換えたりしていれば、男好きや女好きの浮気者と呼ばれるでしょう。

結婚とは人生を共にしたいと思った相手と一緒にいることなので、好き以上の絆や信頼関係が重要です。

だからこそ既婚者を好きになってしまったとき、離婚はしたくないがちょっとくらい遊んでみたいという気持ちが芽生えてきます。

相手も既婚者であれば気軽に離婚を考えることはしないと思っているからこそ、既婚者同士が好きになれば軽いお遊びで済むと思っているおんかもしれませんね。

しかし一度関係を持ってしまえば、既婚者同士という安心感からより深い関係へと発展していきます。

お互い不倫バレは避けたいと思っているため、不倫を絶対厳守できる相手だと思って信頼しているのです。

相手を信頼することによってさらに深い関係になっていくという、不倫のスパイラルに陥ってしまうため、結局は既婚者同士だからこそ本気の不倫に発展してしまうこともあります。

本気だからこそ醸し出している雰囲気がある

ボディタッチが多くなる

浜辺で寄り添うカップル
既婚者同士が本気になっているときは、独特な雰囲気を醸し出しているものです。

しかし相手が自分に気があると思っていても、既婚者同士では気軽にきっかけを作ることは難しいでしょう。

軽い感じで近づいたとすれば、遊びだと思われてしまうので相手も拒絶するはずです。

本気で口説こうとすれば不倫を覚悟しなければいけませんが、相手が不倫をしたいと思っていなければ玉砕するだけでしょう。

しかも不倫関係を持ちかけられたといって、その後の関係も気まずくなりますし、万が一にもパートナーの耳に入れば大問題です。

そこでお互いが本気だからこそ慎重になっているので、まずはきっかけ作りとしてボディタッチが多くなっていきます。

既婚者相手にボディータッチをする人はいませんし、相手が受け入れてしまえば不倫確定となるのでなかなか手を出し辛いでしょう。

だからこそお互いが相手に好意がある雰囲気を醸し出すことで、どちらともなくボディータッチのきっかけを作ろうとうしているのです。

始めは軽いボディータッチをする程度ですが、相手からも同じようにボディータッチをしてくれば気がある証拠。

大人同士の本気の恋愛だからこそ、軽いきっかけから相手の気持ちを読み取ろうとしているのです。

既婚者がボディータッチを許すことはしませんし、まわりの人も気軽に既婚者にボディータッチをしようとはしないでしょう。

既婚者同士がお互いのボディータッチを許すことによって、相手の本気度を探っているのです。

目が合う頻度が多い

距離が近い男女
既婚者同士は恋愛を経て結婚しているケースが多いため、ある意味恋の駆け引きに成功して結婚できた人だといえるでしょう。

恋愛経験があれば些細なきっかけから、恋に発展させた経験もあるかもしれません。

一度経験したことは何となく雰囲気や経験則でわかるものですよね。

仕事でもまったくやったことがない作業でも、一度経験すればなんとなくできるようになっていくものです。

恋愛では同じパターンとはいきませんが、なんとなく恋愛に発展していった経緯を体験しているので、「もしかしたら…」と思うこともあるでしょう。

これはたとえ既婚者同士であっても同じことがいえるので、相手が何となく気があるかもという雰囲気は感じ取れるはず。

相手の好意に気づきやすいきっかけとして多いのは、頻繁に目が合うことです。

たまたま目が合うこともありますが、好意がある人と目が合うと恥ずかしがったり、気まずくなってすぐに目を逸らそうとしまう。

何となく普通に目が合うのとは違った雰囲気を感じとれるため、相手がもしかしたら気があるかもと気づくことができるのです。

既婚者という立場なのでたとえ本気で好きになっていたとしても、気軽に声を掛けることもできませんし、まして告白することなど考えられないでしょう。

もし本気で一緒になりたいと思っているなら、確実に不倫関係になれるように、両思いだと確信してから誘うはずです。

そのためあえて自分の気持ちを相手に知ってもらうために、頻繁に目が合うように仕向けているのかもしれませんね。

そうすれば相手の反応によってまったく気がないのか、あるいは不倫関係に発展するかもしれないと判断できます。

好きな人が近くにいるとどうしても目で追ってしまうのは人間の性なので、たとえ既婚者でも恋愛しているときと同じように、好きな相手を見てしまうものです。

お互い大人同士なので相手の好意に気づいたとき、気がない人であればいつも通りに振舞おうとするでしょう。

しかし自分の相手に好意があれば、浮かれないように冷静を保ちながらも、探りを入れるかのように少しずつ距離を縮めていくはずです。

大人同士だからこそ目を見るだけで、相手の気持ちを察することができるのでしょう。

あえてスキを作って様子を見る

女性の肩にキスをする男性
既婚者はパートナーと愛し合っているため、普段からスキを作らないと思っている人も多いでしょう。

実際に結婚すると気軽に友達と遊びに行くこともなくなりますし、異性と二人きりになることすらしないように気をつけます。

結婚しているのでヘタに相手に好意を持たれてもめんどくさいという気持ちもありますが、自分が好きになっても意識して好きにならないように近づかないようにしているのです。

だからこそパートナーとの信頼関係も生まれやすいですし、安泰な生活を送りやすいといえます。

そこであえて自分が好意を持った相手に対して、スキを作ることで相手の様子を伺うこともできます。

お互い既婚者という立場なので、待っていても一線を越えようとはしないでしょう。

どちらかが積極的になるか、あるいは二人が自然と近づくようなシチュエーションにならないかぎり、二人の関係が進展することはありません。

そこであえてスキを作ることで、相手の気持ちだけでなく自分の気持ちも相手に伝えることができるのです。

スキがあるとギャップ萌えしたり、あるいはチャンスだと思ってさりげなく近づいてくるかもしれません。

大人同士が本気になるときは、既婚者だとわかっているので積極的になるほど相手は逃げていきます。

既婚者にとって相手に付きまとわれることが一番迷惑なので、一線を越えるならフラットな関係を求めているからです。

本気で不倫関係になりたいと思っているからこそ、あえてスキを作って相手の様子を伺っています。

あからさまにスキを作れば軽い女やチャラい男だと思われるので、さりげなくスキを作ることは難しいといえるでしょう。

男性ならちょっとドジな一面を見せて手伝ってもらうことで、話をするきっかけ作りにもなりますし、女性なら彼にだけ胸元をチラ見せすることでスキを見せられます。

あくまでも普段はしっかりしている大人として行動できるからこそ、ちょっとしたスキを見せることで効果を発揮することができるのです。

本気だからこそスキを作るなどめんどくさい行動をとるので、お互い醸し出す雰囲気を察すれば好意があるか気づけるでしょう。

既婚男性の本気のサイン!何もしてこない?連絡頻度は?

本気になるほど警戒心が強くなる

電話をかけながら見つめてくる男性
既婚男性が本気で不倫関係を求めるようになると、警戒心が強くなって何も行動しやくなることもあります。

結婚しているからといって自分が好きな相手を前にすれば、他の人とは違う態度を出してしまうものです。

あきらかに好意があるような素振りを見せてしまうこともありますが、そんな行動をまわりの人も気づくでしょう。

特に奥さんなら普段の夫との態度の違いに気づくのは容易なことなので、好意を持っている人への態度の違いに簡単に気づくはずです。

浮気を疑われるようになれば話をすることすら難しくなるので、一線を越えるきっかけを作ることもできなくなってしまうでしょう。

奥さんにバレないようにするため、警戒心がどんどん強くなっていきます。

そのため気軽に話をすることもなくなったり、連絡をとり合う頻度も著しく減っていくかもしれませんね。

女性からすれば既婚男性に嫌われたかもしれないと思うかもしれませんが、逆に好きになっているからこそ警戒心が強くなって距離をとろうとしているのです。

急に態度が変化して距離をとろうとするようになれば、奥さんにバレないように警戒している可能性は非常に高いでしょう。

しかも自分が気になっているからこそ、ヘタに浮気を疑われたくないという思いもあります。

何もなければいくさ奥さんに疑われたとしても、気にすることなくいつも通りに接するはず。

本気になっているからこそ奥さんに疑われないようにするために、あえて距離をとろうとしているのです。

束縛するような態度を示すこともある

電話を掛ける女性
既婚男性が本気で好きになった女性ができたとき、自分の立場を忘れて束縛することもあります。

お互い既婚者同士という立場なのに、自分が好きになった女性のことを束縛したいと思うのは男の性です。

もちろん相手に離婚して欲しいとお願いすることもなければ、自分も離婚する気などありません。

それでも好きになった女性のことを、自分の思い通りにしたい男性心理が働くこともあります。

お互い結婚しているので思い通りにいかないことばかりですが、好きな女性だからこそ束縛してしまうのです。

夫からの連絡があればあきらかに不機嫌になったり、そろそろ帰ると言い出せば期限が悪くなるかもしれません。

言葉ではっきり束縛することがなくても、態度に出てしまうこともあるでしょう。

既婚者だからこそ言葉に出して言えない分だけ、態度に出てしまうこともあります。

連絡頻度が極端に減ることもあり

スマホを見る女性
本気になった女性に対して積極的にアピールしたいところですが、お互い既婚者となれば積極的になることは難しいでしょう。

しかも自分は奥さんにバレないように行動できても、夫にバレないように連絡をとったりできるかわかりません。

そのため万が一にも連絡していることがバレてしまえば、不倫をしていないのにもかかわらず女性に迷惑をかけることになります。

そのため本気になった女性には、あえて連絡しない行動をとることもあります。

今まで通り普通に連絡すればいいのですが、「もし浮気を疑われたら」などと考えてしまうのでしょう。

自分よりも相手に迷惑をかけたくないという思いが強くなるため、相手から連絡を待つスタイルに変わります。

できればこちらから積極的に連絡したいところですが、相手は普通のよき友達だと思っているかもしれません。

好きな相手ができると余計なことまで考えてしまうものなので、女性に迷惑をかけたくない一心で連絡頻度が減ることもあります。

本気の恋愛だからこそ守るべきルールがある

お互いの家庭について詮索しない

散歩する女性
既婚者であってもパートナー以外に好きになる人が現れることもありますが、そこには暗黙のルールがあります。

いくら好き同士だからといってもお互い結婚しているので、自分の気持ちにだけ従って行動することはダメですよね。

好きな人のことはいろいろ知りたいものですが、相手の家庭については詮索しないことはルールです。

好きな人のことは知りたくても、それぞれの家庭まで詮索するのは行き過ぎでしょう。

相手のことを知りたくなるほどパートナーのことまで気になるものなので、家庭を壊すきっかけになるかもしれません。

好きだからといっても相手の家庭にまで入り込むことは、どんな人でも許されることではないので、詮索するのはやめましょう。

好きな人がどんな相手と結婚したのか気になるところですが、そこは大人同士詮索するのはやめて、二人で一緒にいる時間だけを楽しむことが大切です。

お互い好き同士で一緒になると決めたときに、初めてお互いの家庭について話をするのもいいでしょう。

それまでは相手の家庭に興味を持つのではなく、相手自身に興味を持って付き合うべきです。

行き過ぎた詮索をするとそれだけで嫌われたり警戒されてしまうので、相手の家庭については詮索しないようにしましょう。

始めに優先順位をはっきり決めておく

座って話をするカップル
既婚者が恋愛しようとすることは、不倫をしようとしているのと同じです。

そのため公に恋愛を楽しむことはできませんし、そもそも既婚者が離婚しないで他の人を好きになること自体許されないと思う人は多いでしょう。

パートナー以外に好きになった人がいるのであれば、離婚してから付き合えばいいと思うものです。

しかし離婚してまで一緒になりたいと思える相手かどうか、現時点で分からないからこそ不倫関係を望んでいるともいえます。

そのため初めに恋愛しようと思ったときは、優先順位を守ることを約束しておかなければなりません。

お互いの家庭を優先するのは当然ですが、既婚男性ならば仕事を優先したいという気持ちが強いでしょう。

家庭と仕事優先を理解してくれる相手でなければ、本気で恋愛することはできません。

人によっては恋愛体質の人もいるため、好きになった相手に依存してしまうタイプもいます。

それが不倫関係でも関係なく、会いたいと思ったらすぐに会いに来るようなタイプでは不倫は難しいでしょう。

本気で恋愛するにはお互いが不倫バレしないように、ルールを守ることが大前提となります。

そのため初めにルールをしっかり決めて、優先順位を守ることが大切ですよ。

二人の関係や気持ちの変化があれば駆け引きなしで話し合う

海辺を裸足で歩く二人
既婚者にとって本気で恋愛することは、お互いの家庭を壊すことにもなりかねません。

それでも相手のことが好きだという衝動を抑えきれないからこそ、本気の恋愛に発展していくものです。

不倫関係になれば元の関係に戻るのも大変ですし、関係を続けていくことはより大変でしょう。

だからこそお互いの気持ちを素直に伝え、駆け引きすることなく信頼し合うことが大切です。

本気で好きだからこそ、不倫バレのリスクがあっても関係を続けていまといえます。

しかし途中で気持ちが冷めたり、パートナーのことが愛おしくなって罪悪感を感じることもあるでしょう。

そんなときは無理に付き合いを続けるのではなく、きっぱり関係を断ち切ることも必要です。

お互い既婚者だからこそ恋の駆け引きをすることなく、素直な気持ちを相手に伝えることを守りたいですね。

相手に過度な要求をしない

後ろからハグする男性
本気で好きになるほど自分のモノにしたいという気持ちが強くなりますが、既婚者が不倫関係で相手に求め過ぎることはよくありません。

本気の恋愛といっても結局は不倫関係なので、誰からも擁護されることはないでしょう。

それでも不倫をするなら家庭を壊すことなく、不倫バレしないように気を遣うことしかできません。

相手に過度な要求をしてしまうと不倫バレのリスクも高くなるため、できるだけ相手に求め過ぎることはしないように気をつけましょう。

好きな人と会いたい気持ちはわかりますが、既婚者という立場を考えれば相手に要求することはできないはずです。

不倫バレしない程度に隠れてそっと会うくらいしかできませんし、一緒にいる時間もできるだけ短い方がいいでしょう。

好きだからもっと一緒にいたいと思う気持ちはわかりますが、これが不倫の代償でもあります。

本気で相手のことを好きなら、相手に求め過ぎることなく関係を続けていくこともひとつの考え方でしょう。

自分の気持ちを優先するのではなく、相手の気持ちやお互いの家庭のことを優先することは、本気の恋愛だからこそ守るべきルールのひとつです。

彼と心のつながりを持つ関係になるために必要なテクニック

無理をしないで長く付き合うように気遣う

手を繋ぐカップル
既婚者同士が心の繋がりを持って関係を続けるには、お互い無理をしない関係でいることです。

好きな人に会いたいと思うと、つい無理をしてでも会いに行こうとしてしまいます。

しかし不倫関係では少しでも無理をすると不倫バレのリスクがあるので、長く関係を続けることも難しくなってしまいます。

二人が心の繋がりを持つためには、できるだけ長く関係を続けることが大切です。

そのためには会いたいからといって無理をして会おうとするのではなく、我慢することも必要でしょう。

不倫関係になると会えない時間が長くなりますが、会えた日にはそれだけ燃え上がることもできます。

無理をすればどこかで歪が出てくるので、不倫バレや家族崩壊の危機に陥ってしまうかもしれません。

既婚者が本気で心の繋がりを持つにはリスクが付き物なので、できるだけ無理をしない方がお互いの絆も深まりやすいくなるはずです。

二人の時間はとにかく楽しむことだけを考える

海辺で抱き合うカップル
お互いの心の繋がりを持ちたいなら、二人でいる時間をとことん楽しむようにしましょう。

既婚者同士の恋愛になると不安なことも多いため、心から一緒にいることを楽しめなくなることもあります。

なぜならいつどんなタイミングで不倫バレするかわからないので、常に不安を抱えながら不倫関係を続けることになるからです。

本気で恋愛しているからこそ、今の関係を続けたい気持ちが強いため、不安な気持ちが強くなるのも無理はありません。

しかし二人が心の繋がりを持ちたいのであれば、二人で一緒にいるときは余計なことは考えないようにしましょう。

既婚者同士が会うだけでもリスクはありますし、会える時間もかぎられているはずです。

そのため一緒にいる時間はお互いの家庭や不倫バレなど忘れて、今の時間を楽しむことに集中しましょう。

一緒にいるときに楽しいと思えるからこ絆も強くなっていくので、心の繋がりを持ち続けることができます。

会うたびに不安な気持ちを伝えたり、悲しい素振りを見せていては一緒にいる時間も嫌なものになってしまうでしょう。

恋愛では一緒にいるときに楽しいと感じるからこそ、また会いたいと思えるはずです。

楽しい時間が増えるほど心の繋がりを感じるようになるので、とにかく不安な気持ちを忘れて楽しむことだけを考えましょう。

マンネリ関係にならないように意識する

草原を見ながら二人で寄り添う
心の繋がりを持てる関係は、二人が信頼し合っていなければ難しいでしょう。

どんなに好き同士でもずっと同じ気持ちでいることはできませんし、付き合いが長くなるほどいろいろな感情が芽生えてきます。

より相手を好きになることもあれば、逆に愛が冷めてしまうこともあるかもしれません。

特に相手のことが嫌いになったワケではないのに、一緒にいることが当たり前になってくるとマンネリ状態になってしまいます。

付き合ったばかりの頃はラブラブだったのに、数ヶ月後にはマンネリになってしまうこともあるでしょう。

これは気持ちに変化が生じることで起こることですが、マンネリになると相手に興味失ってしまう危険性もあります。

そうなればお互いが信頼し合ったり、心の繋がりを持つことなど難しくなってしまうでしょう。

彼との関係を長く続けるだけでなく心も繋がっていたいと思うなら、マンネリ関係にならないように気をつけるべきです。

既婚者同士がマンネリにならない恋愛をするには、違ったパターンで会うだけでも効果は期待できます。

不倫バレを恐れるあまり、毎回同じパターンで会うこともあるでしょう。

しかし同じパターンばかり続けることは、マンネリ状態になりやすいので注意が必要です。

不倫バレすれば一発アウトなので、リスクの少ない会い方をするのもいいでしょう。

だからこそ会うパターンは1つに絞るのではなく、いくつか会い方を決めておくだけでも新鮮な関係を続けやすくなります。

カフェやホテルで会うだけでなく、ちょっと離れた場所にあるお店で待ち合わせするなど、ほんの少しだけ工夫するだけでもマンネリは防ぐことができます。

しかし関係が長くなるほどちょっとした工夫が面倒に感じるので、結局は毎回同じパターンで会うことになってしまい、次第にマンネリ関係に陥ってしまうのです。

二人が心の繋がりを持つには会うことよりも、二人が同じ悩みや共通点があるほど共感しやすくなります。

マンネリを防ぐことが二人の関係にも大きな影響を与えることになるので、常に意識しておきましょう。

そうすれば自然とお互いを気遣える関係になれるので、マンネリどころか強い絆で結ばれていくはずです。

体よりも心が肝心!プラトニックな関係ほど長続きする

美女を抱き寄せる男性
不倫関係を長く続けるためには、身体の関係よりも心の繋がりを重視することが大切です。

既婚者同士だからこそ心の繋がりを持つことで、大人の関係を続けていけるのでしょう。

身体だけではセフレと変わりありませんし、リスクを冒してまで一緒になる必要もありません。

心が繋がっているからこそリスクを冒す価値があるので、行きつく先は究極の愛のカタチとなって強い絆で結ばれていくはずです。

おすすめの記事