うつむく女性

不倫関係はどんなに彼のことが好きでも、別れなければいけないときはあります。

不倫という大人の関係は複雑なので、ただ好きというだけで一緒になることは難しいものです。

仕方なく不倫関係を解消しても彼の気持ちに未練が残っていれば、恋愛と同じく復縁できるチャンスはあります。

ここでは既婚男性が未練を感じている心理や言動について探っていきます。

既婚男性が未練を感じやすい女性の特徴や復縁するためのテクニックも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

目次

既婚男性が不倫相手と別れても未練がある時の男性心理とは

元の生活に戻って物足りなさを感じている

線路でうつむく男性
恋愛では些細なことがきっかけで別れてしまうことはよくありますが、別れた後で後悔することはよくあることです。

これは不倫関係も同様で別れたきっかけがどんな理由でも、男性は未練を残すことになるでしょう。

恋愛に限らず不倫でも男性は別れた後で相手のことが気になり、いつまでも未練を残したままというケースは珍しくありません。

既婚男性が不倫相手に未練があるときは、現実世界に戻って物足りなさを感じたことが要因かもしれませんね。

不倫は社会的にも許されない行為をしていることで、奥さんへの罪悪感よりも彼女との不倫関係にドキドキ感を感じていたのでしょう。

バレてはいけない秘密の二人の関係が気持ちを盛り上げ、何気ない日常生活が一転してスリルと隣り合わせになります。

いつ、どんなタイミングで不倫関係がバレてしまうかわからないからこそ、二人の絆も強くなっていったことでしょう。

そんな彼女と別れて平穏な日常生活に戻ったことで、何か満たされない気持ちや物足りなさを感じたのかもしれません。

そもそも妻との関係が上手くいかず結婚生活に不満を抱いているからこそ、不倫をするようになったはずです。

不倫関係を解消したからといって、妻と昔のようなラブラブな生活に戻れるワケではなく、また不満の残る結婚生活に戻るだけでしょう。

不満や物足りなさを感じていたからこそ不倫をしたので、不満や物足りなさを感じれば、また彼女の元に行きたい気持ちが芽生えるのは仕方のないことです。

不倫していたことで奥さんへの罪悪感があったとしても、奥さんの元へ戻ったからといって、夫婦関係が元通りになるとは限りません。

何気ない生活が幸せだったと気づくことはできますが、幸せな現実の生活に物足りなさを感じると、彼女との刺激的な生活を思い出してしまいます。

いけないとわかっていても、物足りない日常にストレスを感じ始めることで、彼女と別れたことを後悔するようになるのです。

不倫はダメだとわかっているので必死で諦めようとしている

悩む男性
社会的だけでなく何よりも奥さんに対して申し訳ないので、不倫はいけないことだと頭ではわかっています。

男女の恋愛は頭ではわかっていても、気持ちを抑えることができないことはよくあることなので、奥さん以外に好きな人ができるのは仕方ないことです。

既婚男性にとって結婚するときは、奥さんのことを世界で一番愛していたのに、結婚してから奥さん以外にも好きな人ができてしまったというだけのこと。

複数人同時に人を好きになることはありますが、誰か一人選ばなければいけないのが現実です。

しかも結婚していれば選択する余地はなく、奥さん一筋でいなければいけません。

その制約が逆に彼女への気持ちを盛り上げてしまい、禁断の恋を進展させようとするのです。

不倫はダメだとわかっていても、二人の気持ちを妨げるモノが大きいほど燃え上がってしまうもの。

そうなれば彼女への想いも強くなる一方、奥さんへの罪悪感も比例して大きくなっていきます。

不倫は火遊びと同じで一時は二人の気持ちが燃え上がっても、いずれは消えてしまうもの。

奥さんへの罪悪感を感じたり、一時でも火遊びを体験したことによる満足感が、不倫という炎を消させるのです。

しかし男女の恋愛はそう単純ではなく、不倫関係を解消しても相手のことを簡単には忘れることはできません。

なぜなら不倫関係を解消するのは相手のことが嫌いになったからではなく、別れなければいけない状況に追い込まれることが多いから。

奥さんにバレそうだから、奥さんへの罪悪感に耐えられなくなったなど、相手のことが嫌いにはなっていないのに、別れを選択しなければなりません。

初めからわかっていたとはいえ、不倫関係は普通の恋愛とは違って禁断の関係です。

そんな禁断の関係を続けてきた彼女のことは、簡単に忘れることはできないでしょう。

それでも自分が結婚しているという立場をわかっているからこそ、必死で彼女のことを諦めようとしているのです。

別れてから存在の大きさに気づいて激しく後悔してる

座って考え込む男性
別れる前はあんなに一緒にいるのが嫌だったのに、別れた途端に寂しさを感じることがあるのが男女の恋愛です。

既婚男性が不倫関係を解消してから未練を感じるのは、別れてから彼女の存在の大きさに気づいたからでしょう。

初めは奥さんへの不満解消やスリルを味わうために不倫したのに、いつの間にか彼女の存在が心の中で大きくなっていったのです。

なぜなら不倫関係は誰にもバレてはいけない関係なので、二人の絆が深まっていくのは必然でしょう。

二人だけの秘密の時間が長くなるほど、お互い信頼関係が芽生えてきますし、何より相手の存在が大きくなっていきます。

そんな二人がどんな理由であれ別れることになれば、心の中で喪失感が生まれるのは当然です。

心の中にある相手の存在感や大切さは、一緒にいるときには気づけないもの。

別れてから相手の大切さに初めて気づくことは珍しいことではありませんし、何より後戻りできないという後悔の念がさらに相手への気持ちを強くさせるのです。

一緒にいるときにはお互い意地を張ることもありますし、素直になれないこともるでしょう。

しかも不倫をしている罪悪感や、二人が一緒になる未来ははないことがわかっているからこそ、余計に意地になってしまうこともあります。

後から思えば限られた時間しかいられないからこそ、もっと素直になればよかったと後悔することもあるでしょう。

恋愛では往々にして一緒にいるときには素直になれないものなので、相手の存在の大きさは別れてから気づくことが多いです。

やっぱり未練があるのでは?不倫相手に未練がある男性の言動の特徴

「もう少し大切にしてあげればよかった」

陰のある男性
既婚男性が別れてから彼女に未練があるときには、「もう少し大切にしてあげればよかった」と後悔している言葉をいうこともあります。

不倫関係を解消するのは大きな決断であり、仮に既婚男性の方から別れを切り出したのであれば、相当悩んで出した決断でしょう。

なぜなら奥さんとの関係を本気で考えようとしている気持ちと、もしかしたら修羅場になる可能性もあることを覚悟しなければならないからです。

すんなり不倫関係を解消できるとは限らないので、彼女が奥さんに不倫をバラしてしまう可能性もあります。

覚悟を持って不倫関係をやめようと決意するのは大変なことです。

既婚男性も覚悟して別れたのはいいが、いざ別れてみると彼女への未練が残ってしまうのが男性心理でしょう。

既婚男性は初めから割り切った関係を望んでいたので、好きな気持ちはあっても本気にはなれないとわかっていました。

そのため彼女に対してわがままな態度をとったり、好き勝手な行動や振る舞いをしていた可能性もあります。

それでも不倫関係が続いたのは、彼女が自分のことが好きでいてくれたことに間違いありません。

別れてから冷静になって彼女の気持ちを考えると、本気で好きでいてくれたことに気づけるはずです。

自分は割り切った関係だから本気になることはなくても、彼女は純粋に好きだからこそ、不倫関係でもいいので一緒にいたいと思ってくれたのでしょう。

彼女の気持ちを考えると、もっと二人の時間を大切にすればよかったと後悔するはずです。

その後悔の気持ちや彼女への罪悪感が大きくなると、別れた後で彼女の存在が大きくなって未練を残してしまうのです。

「連絡先は消した方がいいかな」

スマホチェックする男性
不倫関係を解消したのに、思わず「彼女の連絡先は消した方がいいかな」という言葉が出てきたときには、彼女への未練があるのは間違いないでしょう。

男性は一度でも付き合ったり身体の関係を持った相手には、特別な感情を抱き続けることが多いようです。

別れて年々経っても「まだ俺のことは好きかもしれない」という自信を持っている男性は少なくありません。

女性は別れた瞬間にきっぱりと忘れてしまうのに、男性はいつまでも特別な存在として忘れられずに思い出になっているのです。

これは相手に対する気持ちが大きいほど忘れられなくなるものですが、不倫という危険な情事を乗り越えてきた二人の関係は、大恋愛に匹敵するほどの関係性だといえるでしょう。

相手を好きなのはもちろんですが、信頼しているからこそ不倫関係を継続できます。

奥さんに不倫バレしたら人生に大きな影響を与えかねないのに、彼女との関係を続けていくのは相当な信頼がなければできないことでしょう。

そんな彼女のことが忘れられない一方で、彼女もまた自分とのことを忘れられないはずだと考えています。

既婚男性は不倫という危険な状況を続けてきた関係なのに、そんな簡単に相手のことを忘れられるはずがないと思っているのかもしれませんね。

そのため、彼女の方からいつ復縁したいと連絡してくるはわからないので、連絡先だけは消したくないと思っているのです。

覚悟を決めて不倫関係を解消しても、やはり連絡先を消してしまえば完全に彼女との繋がりが無くなってしまうので、心残りから消したくない気持ちはあります。

「もしかしたら連絡があるかもしれない」という気持ちを抱き続けていると、いつの間にか彼女の存在が大きくなって未練を抱くようになるのです。

自分では連絡先は消さなければいけないとわかっていても、あと一歩踏み出す勇気が出ないので、誰かに背中を押してもらいたいと思っているのかもしれませんね。

「あの子ならもっといい男を見つけられるよ」

髪の毛をいじるイケメン
「あの子ならもっといい男を見つけられるよ」と、恋愛で別れた後に聞くことがあるセリフですが、この言葉には未練がありありと残っていることがわかります。

不倫関係になる相手には、好きな気持ちがなければ不倫関係になることはないでしょう。

遊びたい気持ちで付き合うこともありますが、少なくとも相手に好意がなければ関係を持ちたいとは思わないはず。

いざ不倫関係になると彼女の良さに気づくほど、不倫という関係性に罪悪感を感じるようになります。

普通なら既婚男性は奥さんへ罪悪感を感じることはありますが、不倫相手の彼女に罪悪感を感じるのは珍しいことです。

理由としては彼女の気持ちに応えることができことがわかっているので、彼女の気持ちを考えると辛く感じてしまうのでしょう。

本気で好きになってくれた彼女の気持ちを考えると、既婚男性と付き合ってはいけないという客観的な感情が芽生えてきます。

それだけ彼女の性格や人柄に惚れてしまったといえますし、自分と出会ってなければ普通に恋愛して幸せになっていたことを想像してしまうのです。

自分は離婚することができないからこそ、今のままでは彼女が辛い想いをするだけなのが目に見えています。

そんな彼女への感情が大きくなるほど「自分とは付き合っていてはいけない」という気持ちになるのです。

たとえお互い相思相愛の関係であっても、所詮は不倫関係であり、自分には奥さんという存在がいるのが現実。

彼女のことを考えると不倫などせず、早く好きな人と普通の恋愛して欲しいと願うようになります。

好きな相手の幸せを願うことは、男女の恋愛ではよくあることなので、好きでも別れを決意しなければならないときはあります。

「あの子ならもっといい男を見つけられる」という言葉には彼女への未練と共に、彼女の幸せを願う純粋な気持ちも込められているのです。

「彼女には幸せになってもらいたい」

ダブルピースする女性
不倫の結末は往々にして、二人が幸せになることは少ないものです。

理由としてはどのような結果になっても、誰かが傷ついてしまう可能性が高いからでしょう。

傷つくのは不倫相手の奥さんだけでなく、彼と奥さんの身内も辛い思いをすることになります。

そのため「彼女には幸せになってもらいたい」という言葉が出てきたときには、別れた彼女への未練は相当残っているといえます。

彼女を好きになって不倫関係になったとはいえ、奥さんの存在がいるので結婚することもできませんし、いずれは別れを決意しなければなりません。

不倫を始めるきっかけは一刻の気持ちの高ぶりによって、男女の関係から不倫に発展することはよくあります。

このときお互い惹かれ合っていれば、今が楽しければいいという軽い気持ちで関係を持ったはずです。

しかし、秘密の関係を共有する時間が長くなるほど、恋愛感情とは違った信頼や絆を感じるようになります。

お互いの絆が強まっていくほど、将来に対する不安な気持ちも比例して大きくなってしまうものです。

彼が離婚しない限りは二人のハッピーエンドは永遠に訪れません。

彼女の中で幸せになりたいという気持ちが芽生えると、彼を本気にさせたいと願うようになります。

一方、既婚男性が離婚を決意するのは彼女への気持ちよりも、奥さんとの関係性が大きく影響することが多いものです。

自分の中でまだ離婚の考えがないと、彼女の気持ちに応えられないことに罪悪感を感じることになります。

特別な関係になれたからこそ彼女の幸せを願えるようになり、彼女の幸せを願う言葉の中には、「自分と別れた方が彼女のためになる」という未練がありありと伝わってきます。

既婚男性が未練を残す女性になる!復縁したくなる女性の特徴とは

いつも自分の意見を尊重して尽くしてくれる女性

色気のある女性
既婚男性が未練を感じる女性の特徴として、自分の意見をいつでも尊重してくれる女性のことはなかなか忘れることはできません。

不倫をするきっかけは奥さんとの関係が悪化したことだとすれば、自分の考えや意見を通すことは難しいでしょう。

そんなときに不倫相手が自分の意見を尊重して尽くしてくれる女性であれば、心惹かれるのは仕方のないことです。

既婚男性にとって尽くしてくれる女性との時間は、不倫というリスクを冒してでも一緒にいたいと思えたのでしょう。

それだけ彼女との時間に癒されていたことが容易に想像できます。

彼女と別れたとしてもいい女と一緒にいられた時間を忘れることができず、未練が残ることはよくありますよ。

そして元の結婚生活に戻った時に実感するのが、彼女と比べたときの奥さんの態度に嫌気を感じてしまうのです。

奥さんとの結婚生活が長くなるほどお互い気を遣わなくなりますが、親しき中にも礼儀ありは必要でしょう。

夫婦関係がマンネリになってくると、自分の意見を押し通したり文句を言ったり、一緒にいるのが嫌に思えてくることもあります。

そんなときに思い出すのが別れた彼女の存在であり、「もしも彼女と結婚生活を送っていたら」という幻想を抱くようになるかもしれません。

男性は家庭に癒しを求める人は多いので、彼女のように自分の意見を尊重して尽くしてくれる女性は理想に近いといえるでしょう。

奥さんとの生活よりも彼女と一緒にいる時間に癒されていれば、復縁したくなる気持ちを抱くのは当然です。

自立している女性

見つめる美女
自立した女性に憧れる男性は多く、付き合って自分のモノにしたいという狩猟本能を掻き立てる存在でもあります。

別れた彼女が自立した大人の女性であれば、復縁したくなる気持ちはすぐに芽生えてくるでしょう。

自立した女性は自分の意見や考えをハッキリ言えますし、自分の意識によって行動します。

そのため不倫関係になったのも場の雰囲気や情に流されたのではなく、恋愛感情があったから不倫をしたと推測できるでしょう。

結婚しているとわかっていながら付き合ったということは、それだけ惚れていたことがわかります。

魅力的に感じる自立した大人の女性に惚れられたということだけでも、男として自信に繋がるはず。

自分と別れたことによって他の男たちが彼女を狙うのは必至なので、急にライバル意識や嫉妬心を持つようになります。

これは一度自分のモノになったという自信から、もう一度自分がその気になれば付き合えるという自信があるのかもしれませんね。

魅力的な女性に惚れられたという経験が自信となり、手放してしまったことを後悔して復縁したい気持ちが強くなるのです。

不倫関係でも本気で愛してくれた女性

横たわって見つめる美女
今までの人生で自分のことを本気で愛してくれた女性は、指で数えるくらいしかいないでしょう。

既婚男性には奥さんがいますし、過去の恋愛でも愛してくれた女性はいるはず。

しかし恋愛では付き合ったからといって、本気で愛しているとは限りません。

「好き」と「愛してる」には大きな違いがありますが、不倫していた彼女が明らかに本気で愛してくれていたと思えれば、別れてからも未練が残るのは仕方ありません。

奥さんの本気の気持ちを受け止めたことが結婚に繋がり、一緒に人生を歩もうと決意したはず。

しかし、自分のことを奥さん以外で本気で愛してくれる女性がいれば、心を揺れ動かされてしまう気持ちもわかります。

人から愛されることは自分の自信になりますし、同時に相手を本気で愛するきっかけにもなるでしょう。

彼女と出会ったときに独身でいれば、彼女と結婚していた可能性は十分あります。

結婚はタイミングだという人もいますが、出会った順番が違えば今とは違った未来になっていた可能性を考えてしまうもの。

しかも自分のことを本気で愛して尽くしてくれたり、一緒にいる時間が楽しかったと思えるほど、復縁したい気持ちが強くなります。

「不倫関係だから本気になれない」という気持ちが初めからあれば、別れたことを後悔するはず。

なぜなら奥さんとの関係が良くなければ、離婚して彼女との未来を考えることもできるからです。

その根底にあるのが彼女の気持ちであり、本気で愛してくれたからこそいつまでも忘れられなくなってしまうのです。

何でもポジティブに全力で頑張っている女性

スマホチェックする女性
不倫相手の女性の特別な感情を抱くようになるのは、それだけ相手のことが気になる存在だからです。

中でも何でも全力で頑張っている女性には、男性も気持ちを揺れ動かされてしまうことは多いでしょう。

不倫だとわかって全力で愛してくれたり、自分のために全力で尽くしてくれる女性には、好感を抱くのは自然なことです。

さらには自分磨きを頑張る、いつも尽くしてくれる、仕事を一生懸命頑張るなど、何でも全力で頑張る女性はそれだけで魅力的に見えます。

ポジティブな女性と一緒にいると、自分まで頑張ろうという気持ちになれるはず。

そんな彼女と別れてしまえば、彼女のいない生活に物足りなさを感じるのは当然です。

しかも奥さんの性格が彼女とはまったく別であるほど、彼女を失ったという喪失感は大きくなるはず。

彼女の存在によってポジティブになれたり楽しい生活だったと思えるほど、別れてから彼女の存在の大きさに気づくものです。

不倫関係なのでいつかは別れなければいけないとわかっていても、別れた後の喪失感までは考えることはありません。

「一緒になれない相手」「別れなければいけない存在」だとわかっていても、いざ彼女がいなくなると寂しくなるものです。

それだけ人が全力で何か行動をしていることは、他の人にも影響を与えているということですね。

彼女の全力が彼にとってポジティブな存在であり、明るい生活の一部となっていたのでしょう。

元の落ち着いた生活に戻ると、彼女とのかけがえのない時間を思い出してしまい、復縁したくなる気持ちが強くなるのです。

未練を残すためには別れ方がポイント!彼が未練を残す別れ方

別れるときも大好きアピールを欠かさない

振り向く美女
彼に未練を感じさせるためには、別れるときも好きアピールを欠かさないことがポイントです。

男性は一度深い関係になった女性には、いつまでも特別な感情を抱くもの。

彼女が自分のことを好きなまま別れたとなれば、その記憶はいつまでも彼の記憶の中に残っています。

別れてから落ち着いた生活に戻ると、ふと彼女のことを思い出すことがあるはずです。

なぜなら不倫という刺激的な生活を送っていたので、平穏な生活に戻ると物足りなさを感じることでしょう。

そんなときに奥さんとの関係が悪くなったりケンカでもすれば、ふと彼女と不倫をしていた記憶が蘇ります。

別れるときも自分のことを好きでいてくれた彼女なら、もう一度関係を持てるかもしれないという考えが頭をよぎれば、復縁まで時間の問題でしょう。

どんなきっかけで彼女のことを思い出すかわかりませんが、自分のことを好きでいてくれたという印象はいつまでも残っているものです。

奥さんとの関係が悪くなったときに、きっと彼女のことを思い出して未練を感じるはずです。

「いつでも連絡してきて」とさりげなく伝える

スマホをいじるカップル
別れはいつも寂しいものですが、恋愛での別れは一生会わなくなる可能性もあります。

不倫関係も同じで大人に事情によって別れなければいけないため、二度と会わない覚悟で別れを切り出しているはずです。

たとえ好き同士でも一緒になれないのが不倫関係であり、何らかの事情で別れることになれば未練だけが残るのは仕方のないこと。

彼に対して別れ間際に「いつでも連絡してきて」とさりげなく伝えることで、「私はあなたのことを好きなので待ってます」というメッセージを伝えることができます。

大人の関係は好きだから一緒になれるとは限らないため、彼に「別れたくない」と言いたくても我慢するしかありません。

彼も苦渋の決断で別れを決意しているとわかるため、せめて自分の気持ちを伝えることで、彼に未練を残させることができます。

彼に未練を残させるためには、まだ気があることを伝えることは有効な手段のひとつです。

別れるときの最後の一言は印象に残りやすいので、連絡してもいいと彼に思わせることができれば未練を残させることができます。

「やっぱり奥さんが一番大事だよね」と寂しい気持ちを伝える

見つめてくる美女
「やっぱり奥さんが一番大事だよね」という言葉には、彼を好きな気持ちと奥さんを思いやる健気な女性のイメージを彼に植え付けることができます。

「やっぱり」という言葉には彼が本気になっていないという皮肉の意味もありますし、「私を本気で好きでないのはわかってた」という気持ちを伝えることもできます。

奥さんのことが好きなのは当然でも、やはり不倫するなら自分のことを一番に見てもらいたいのが女性の心理でしょう。

それでも一緒にいてくれた彼女には、本当に自分のことを好きでいてくれたという気持ちは伝わっています。

別れるのがどんなに嫌でも、彼が別れを意したときに気持ちを覆すことは難しいでしょう。

そのため別れは素直に受け入れた方が彼の印象も良くなりますし、最後にサラッと自分の気持ちを伝えることで復縁チャンスを狙うことができます。

彼の目を見て何も言わずに黙って受け入れる

白ニットの美女
別れるときは自分の気持ちを素直に伝えることができますが、あえて何も言わないことで彼に未練を残させることもできます。

「目は口程に物を言う」という言葉は本当で、何も言わなくても彼の目をジッと見つめて受け入れるだけで、自分の気持ちを彼が察してくれるはず。

寂しい表情で何も言わずに見つめられたら、何か言いたい気持ちを押し殺していることはわかるでしょう。

不倫関係なので自分がここで別れたくないと言えば、彼の迷惑になることはわかっています。

彼も彼女が何か言いたいのを我慢していることはヒシヒシと伝わってくるので、「別れたくない」と言いたいのを我慢しているのもわかるはず。

別れた後に彼が気になるのは「彼女は何を自分に言いたかったのだろう?」ということ。

思い出はだんだんと美化されていくものなので、彼女が別れ間際に言いたかったことは「別れたくない」だと勝手に想像するはずです。

こうなれば彼がふとした瞬間に彼女を思い出すことで、復縁できるかもしれないという気持ちが芽生え、未練を残させることができます。

不倫相手の彼が未練を残している?復縁のタイミングとポイント

1ヶ月後にさりげなく連絡した履歴を残す

電話チェックする女性
既婚男性が別れた彼女に連絡するのはあまり期待できないので、復縁したいならこちらから連絡することは必要でしょう。

お互い嫌いになって別れたのでなければ、不倫という関係性に対して彼女に罪悪感を抱いているはずです。

いくら好きでも離婚することができないので、彼女が本気になるほど傷つけてしまうと考えていることでしょう。

そのため彼の方から復縁を迫ってくることは考えにくいので、自ら連絡するしかありません。

タイミングとしては、まず別れてから1ヶ月目くらいがおすすめです。

別れた直後に連絡しても彼は強い決意をもって別れたはずなので、連絡すれば逆にしつこい女だと思われるかもしれません。

1ヶ月くらいすればある程度気持ちも落ち着いてきますし、日常生活に物足りなさを感じてくる頃でしょう。

そんなときに連絡したいところですが、いきなり電話をするのはやめた方がいいですね。

別れてから彼の状況は変わっているはずなので、生活サイクルも変わっているかもしれません。

万が一のことを考えて、メールやワンコールで切るなど履歴を残すだけにしましょう。

履歴さえあれば彼も連絡するきっかけになりますし、彼からの連絡を待つことで気持ちがあるかを探ることもできます。

彼のSNSをチェックして奥さんとの関係を探る

スマホを見つめる女性
復縁を狙うなら彼のSNSをチェックして、奥さんとの関係が悪化したときを狙って連絡するのもおすすめです。

別れてからしばらくは彼の気持ちは奥さんに向いているはずなので、復縁を迫ったとしてもフラれてしまう可能性が高いでしょう。

奥さんに対する罪悪感から、夫婦関係を改善しようと努力しているはずなので、別れた直後は難しいことが予測されます。

しかし、一度は奥さんとの夫婦関係が嫌になり不倫をしたので、いずれまた不満に思うことも出てくるはず。

今まで彼が不満やストレスを感じたときは、不倫相手の彼女のところに行くことができました。

それができなくなったとなれば、彼が不満を吐き出すのはSNSくらいでしょう。

妻への不満をSNSで発信することで、誰かに共有してもらいたいという気持ちになるはずです。

彼が日常の不満や愚痴をSNSで発信するようになったときを見計らって、復縁を狙って連絡してみます。

「SNS見たけどストレス溜まってるの?」「久しぶりに飲みに行かない?」など、気軽にメールするだけでもいいでしょう。

奥さんに対する不満が溜まっているときこそストレス発散したくなるもの。

相手が彼女であれば気軽に会うこともできますし、久しぶりに会うことで気分転換にもなると考えるはずです。

復縁のタイミングは奥さんとの関係にヒビが入りそうなときを狙って、効果的に連絡しましょう。

偶然を装って外で会う

笑顔が素敵なメガネ女子
別れた彼としばらく経ってから街で偶然会うと、久しぶりで懐かしく感じるでしょう。

時間が経つほど別れたときの感情よりも、思い出の方が記憶に残りやすいもの。

男性は特に男女の関係になった相手には特別な感情を抱くので、いつまでも良き思い出として記憶の片隅にあるはずです。

不倫していた頃はお互いが禁断の恋に燃え上がっていたときなので、より相手のことを信頼していたのは間違いありません。

不倫関係が長くなるほどお互いの絆も深まっていくので、別れたとしても不倫をしていた頃の記憶は強烈な思い出となっていることでしょう。

その記憶が偶然街で出会った瞬間に思い出されるので、復縁するきっかけになることも少なくありません。

別れた理由よりも一緒にいたときの記憶の方が鮮明に思い出されるので、相手に対しては良い印象を抱きやすいものです。

しかも会わない時間が長くなるほど相手の近況も気になるものなので、話をするきっかけを作ることもできるはずです。

街で偶然出会うのは不倫関係のときにはなかなかできなかったことなので、より新鮮な気持ちにもなれるでしょう。

別れてから復縁を狙うには始めのきっかけ作りがポイントですが、偶然を装うことで運命的な出会いを演出することもできます。

別れた男女が偶然出会うなんて、何かしらの縁があると思う人は多いでしょう。

しかも彼の気持ちの中で少しでも別れたことを後悔していれば、偶然出会ったことでテンションも上がっているはずです。

復縁のきっかけ作りで誘うなら絶好のチャンスなので、まずは気軽にカフェをする程度から始めましょう。

彼の気持ちを復縁する方向に揺れ動かすには、まだ気持ちがあることを伝えることもポイントです。

「今度はゆっくり会いたい」「久しぶりにいつものお店に行ってみない?」と積極的に誘うことで、気持ちがあることを伝えることができます。

不倫していたときには会わなかった場所で偶然出会った方が、運命的なものを感じやすいのでおすすめです。

彼が未練を残しているのなら復縁する?かタイミングを見計らって行動しよう

話し合う二人
彼が別れたことを後悔して未練が残っていることは、態度や様子をチェックすれば容易に気づくことはできるはずです。

元の生活に物足りなさを感じていれば、彼の元気がなくなっていくはずですし、奥さんへの不満も募るばかり。

復縁を狙うなら夫婦生活が悪くなったときを狙うのがポイントなので、SNSをチェックするのも有効な手段となります。

きっかけさえ作ればとんとん拍子に復縁を狙えるので、彼の気持ちを探って一気にアタックすることで、彼の未練につけ込んで復縁を狙えるはずです。

おすすめの記事