頭を抱える女性

既婚女性が独身男性と不倫関係になったとしても、いつまでも不倫を続けられるとはかぎりません。

いろいろな理由で別れることもありますが、不倫関係を解消するにはリスクも伴います。

不倫関係は恋愛と同じで別れたとしても、相手のことが忘れられずに復縁したいと思うこともあるでしょう。

そこで既婚女性が独身男性との上手な別れ方やリスクについて紹介します。

また、復縁するための方法や辛い気持ちを昇華させる方法も併せて紹介するので、ぜひ参考にしてください。

目次

既婚女性が独身男性と別れを決意するときとその本音を分析

夫との結婚生活を捨てたくないという気持ちが強くなった

振り向く女性
既婚女性が独身男性と別れを決意する時は、夫との結婚生活を捨てたくないという気持ちが強くなったことが本音にあります。

そもそも不倫関係を始めるきっかけになったのは、夫との関係が悪くなったことが要因でしょう。

いくら独身男性のことが好きになったとしても、夫との関係が良好であれば、独身男性への気持ちを抑えることができるはずです。

なぜなら夫は一生一緒にいることを決意した相手なので、他に魅力的な男性が現れたとしても、簡単には心が揺らぐものではありません。

もちろん結婚していてもカッコいいと思う男性はいますし、夫も同じようにかわいいと思う女性はいるでしょう。

しかし離婚してまで一緒になりたいと思わないのは、どんなに魅力的な相手が現れたとしても、一緒にいたいと思える相手が夫や妻しかいないという気持ちがあります。

この夫婦の絆にほころびが出てくることによって、不倫をするケースが増えるのです。

既婚女性にとってはまさに夫との関係が悪くなったことが、不倫のきっかけになったはず。

しかし夫との結婚生活を捨てたくないという気持ちがあるので、離婚しないで不倫を選択しているともいえます。

いくら夫との関係が悪くなったとはいえ、将来的なことまで考えると夫と別れたくないという想いがあるはずです。

また男女間の恋愛や気持ちの変化は、その時によって変わることもあります。

初対面では最悪だと思っていたのに、結婚したという事例は典型的なパターンのひとつです。

夫との夫婦生活に嫌気が差して不倫をしたにもかかわらず、時間が経ったことで気持ちに変化が生じ、今の結婚生活を捨てたくないという思いが芽生えてきたのでしょう。

この気持ちの変化の中には夫への愛情だけではなく、老後や経済的な問題も隠れているかもしれません。

しかし総合的に考えると夫との結婚生活を捨てることができないという気持ちが強くなったことで、独身男性との不倫関係を解消したい気持ちが芽生えてくるのです。

初めから夫への気持ちが冷めていたのであれば離婚するはずなので、不倫を選択した時点で夫への愛情はどこかに残っていたことは間違いありません。

時間の経過や気持ちの変化によって、不倫をしたことが改めて夫婦関係を見直すきっかけになったのです。

独身男性のためを思って別れを決意した

寄り沿って見つめ合う男女
不倫関係を続けることにより、独身男性が恋愛する機会を奪っているという罪悪感を感じることがあります。

既婚女性にとっては夫というパートナーがいますが、独身男性にとってのパートナーは既婚女性ではありません。

いくら不倫関係になったとしても、不倫と恋愛では一緒にいる意味合いがまったく違います。

不倫関係が長く続いたとしても、ほとんどのケースでは一緒になることはできません。

つまり不倫が長く続くほど、独身男性が恋愛する機会を奪っているといえます。

もちろん大人同士が自分の考えによって不倫を続けていますが、既婚女性側に離婚して一緒になりたいという意思がなければ、罪悪感はさらに増していくでしょう。

独身男性も好きだからこそ不倫を続けていますが、叶わぬ恋にいつまでもしがみついているほど虚しくなります。

今は良くても後から思い返した時に、不倫をしていたことを後悔するかもしれません。

不倫という叶わぬ恋にのめり込んでしまったことで、結婚を逃してしまったり、新たな恋のチャンスを奪ってしまうことは、本人が納得していても相手にとっては気になります。

自分にはパートナーがいるのに、関係を続けて彼がずっと独り身になってしまうと考えるほど責任を感じるからです。

「私と別れればちゃんとした恋愛ができる」という気持ちから、独身男性との別れを決意することもあります。

これはいくら独身男性のことが好きでも一緒になれないと思っているため、相手の幸せを願って別れを決意しているのです。

恋愛ではいくら好きでも一緒になれない恋も多々ありますが、不倫関係では特に難しいことばかり。

彼を好きになるほど恋愛の機会を奪ってしまうことは、好きな相手に対して申し訳ない気持ちでいっぱいになるでしょう。

相手のことが好きだから身を引くという美談に聞こえますが、根底には「離婚してまで一緒になりたい相手ではない」という本音が見え隠れしています。

離婚してまで一緒になりたいと本気で思っているなら、すぐにでも別れて一緒になるはず。

離婚しないのは結婚生活を捨ててまで一緒になりたいと思える相手ではないと思っているので、彼のために身を引くと自分の心に言い聞かせているのです。

本気になる前に別れた方がいいと思った

肩に手を置く男性
お互い好き同士で不倫関係になったとしても、相手のことが好きになり過ぎてしまえば、トラブルに発展する可能性が高くなるので注意が必要です。

彼のことは好きでも、これ以上本気で好きになる前に別れようと決意することもあります。

本気で好きになるともっと会いたい気持ちが強くなりますし、離婚して一緒になりたい気持ちも芽生えてくるでしょう。

好きならば会いたいと思うのは当然ですが、不倫関係では会う頻度が多くなるほど不倫バレするリスクも高まります。

しかも本気で好きになると会う時間も長くなりやすいので、夫に怪しまれる可能性も高くなるかもしれません。

彼のことを本気で好きになることにより、不倫バレするリスクが高まることは大きな問題です。

自分は別れれば済むかもしれませんが、独身男性は慰謝料を払わされるかもしれませんし、場合によっては仕事を失うリスクも考えられます。

好きな相手が自分とのトラブルで最悪な結果になってしまうことは、なんとしてでも避けたいと思うのが心情でしょう。

自分が本気で彼のことが好きになれば別れたくない気持ちも強くなるので、いずれは不倫バレして彼を傷つけてしまうことにもなりかねません。

そのため本気で彼のことを好きになる前に別れていた方が、お互いの心の傷だけでトラブルになることはないでしょう。

この気持ちには自分が相手にのめり込んでしまうことで、自分自身がどうなってしまうかわからないという不安があります。

恋愛とは違って不倫で本気になれば、離婚や慰謝料など厄介な問題が出てきます。

不倫にハマッたことによる結末はほとんどのケースは最悪なので、好きな彼には辛い思いをさせたくないという本音が垣間見えます。

独身男性との未来を想像して今の生活と比べてみた

見つめ合うカップル
独身男性との別れを決意した本音には、将来的な生活のことを考えて別れを決意したのかもしれません。

独身男性の彼と不倫関係を続け、略奪婚で一緒になったことを想像します。

今の生活と彼との生活を比べた時に、どちらが自分にとっていいのか、いろいろな要因を考えながら決断したのです。

男性よりも女性は打算的に考えることも多く、気持ちよりもお金の方が大事だという人も少なくありません。

一番は相思相愛で経済力があることが理想ですが、次に大事なのは好きな気持ちよりも経済力を優先します。

いくら男女平等になったとはいえ、まだまだ男性の方が稼ぎがいいので、将来を考えて経済力のある男性と一緒にいたいと思うのは当然かもしれませんね。

夫のことが嫌いなら即離婚をしているはずですが、不倫を続けている時点で夫への気持ちはまだ残っているということです。

夫への気持ちよりも彼に対する気持ちの方が勝っていたとしても、安易に離婚して一緒になることはしません。

特に今の結婚生活で経済的に困ることがなければ、今の生活を続けたいと思うのはごく自然でしょう。

愛よりもお金だというかもしれませんが、既婚女性にとっては愛があってもお金がなければ現実的に生活できないと思っています。

結婚生活が長くなればお互いの絆は深まっていく反面、愛情が薄れていくことは仕方のないことです。

この愛情が恋愛とは違う夫婦の固い絆となっていきますが、時に物足りなさを感じることで不倫をしてしまう人もいます。

もしも夫との結婚生活の中で夫婦関係だけ不満を抱いていたり、ちょっとしたドキドキ感を味わいたいと思っている程度であれば、夫と別れることはしません。

もちろん独身男性の方があきらかに稼ぎが良く、確かな経済力や将来性があれば、離婚して一緒になることも考えるはずです。

いずれにしても独身男性との別れを考えたのは、夫との生活と将来の彼との生活を比べてみた結果、夫との生活を選んだことが考えられます。

夫が自分のことをどれだけ好きか知るきっかけがあった

寄り添うカップル
不倫関係を始めたきっかけが夫とのすれ違いによるものであれば、夫婦関係が良好になることで別れを決意することもあります。

夫婦のすれ違いはちょっとしたことで起こりますが、お互いが意地になることでさらに関係が悪くなってしまうものです。

仕事が忙しくて一緒に食事ができなくなれば、寂しい食事をすることになります。

仕事だから仕方ないということはわかっていても、愚痴をいう相手はパートナーしかいないため、ついポロっと相手に嫌味をいってしまうこともあります。

仕事だから仕方ないことを理解してくれているものだと思っていたのに、嫌味を言われたことでショックを受けます。

相手と気持ちが通じ合っていないと思うようになり、結果的にほんの些細な嫌味から夫婦のすれ違いが決定的になってしまうのです。

普段ならサラッと謝れば済むことでも、すれ違いが決定的になると謝ることもできなくなってしまいます。

これでは不倫をするのも仕方ありませんが、ふとした時に夫からの愛を感じることもあるでしょう。

「体調が悪い時に身体を気遣ってくれた」「好きな物を買ってきてくれた」「記念日を忘れずに祝ってくれた」など、夫からの愛を感じるきっかけはいろいろあります。

今まですれ違いが続いていた夫婦関係なのに、ちょっとしたきっかけによって元通りになることも珍しくありません。

やはり夫婦には他の人にはわからない特別な絆で結ばれているので、きっかけさえあれば関係修復もあっという間です。

独身男性との不倫を続けている時に夫からの愛を感じるようになれば、すぐにでも不倫関係を解消しようとするでしょう。

不倫バレすれば夫を失う危険性がありますし、夫への罪悪感が増すので一刻も早く不倫を解消しようとするはずです。

既婚女性が独身男性と上手に別れる方法や言葉と態度、タイミング

少しずつ会う頻度を減らしていく

スマホを見る女性
独身男性との不倫関係を解消するためには、時間をかけてゆっくり別れることをおすすめします。

不倫関係を解消する時に一番困ることは、不倫したことをバラすと脅されてしまうことでしょう。

円満に別れるためにはお互いが納得した別れ方をしなければいけないので、焦って一方的に別れを切り出そうとするほどトラブルになりかねません。

特に既婚者側が別れを切り出すとなれば、相手が納得しないとトラブルになる可能性は高くなります。

別れるなら少しでもトラブルにならないように、細心の注意を払わなければ自分の結婚生活もすべてうしなってしまうので気をつけましょう。

独身の彼と別れるには少しずつ会う頻度を減らしていくことで、会わないことが当たり前のようになるように仕向けます。

元々不倫関係では会う頻度は少ないですが、さらに会えなくなれば興味も薄れてくるものです。

そして久しぶりに会った時に相手の態度があまり嬉しそうでなければ、敏感に反応を感じ取ることができるはずです。

あまり会うことが乗り気ではないとわかれば、無理をして会おうとはしないですし、そのまま自然消滅のような形で別れることもできるかもしれません。

いきなり会う頻度を減らしてしまうと、相手の気持ちが冷めるよりも会いたい気持ちの方が勝っているので、逆効果となってしまう可能性があるので気をつけましょう。

少しでも早く不倫関係を解消したい気持ちはわかりますが、自分自身も不倫だとわかっていて関係を持ったことは責任をとらなければなりません。

安易に別れられると思っていたのであれば、かなり浅はかな考え方だったといえるでしょう。

不倫を始めることは簡単でも、別れる時には細心の注意を払わなければ、一生後悔することにもなりかねません。

すぐに別れたいという気持ちを抑えて、徐々に会う頻度を減らしていき、お互いの気持ちが冷めたことを確認してから別れを告げましょう。

「二人の将来について真剣に考えたい」とストレートに伝える

スマホをいじる赤い服の女性
独身男性との不倫関係を解消する時には、ストレートな気持ちを伝える方法もあります。

「二人の将来について真剣に考えたい」と独身男性の彼に一言伝えることで、本気で一緒になるか別れるかを考えるきっかけになるでしょう。

不倫関係を成就させて一緒になることもできますが、そのためには大きな壁がいくつもあります。

若い頃の恋愛とは違って大人の不倫関係で結ばれるのは、様々な要因やハードルをクリアしなければいけないので、彼にその強い気持ちがあるかを確かめるのです。

既婚女性に離婚して一緒になりたいと本気で思っているなら、気持ちだけではなくお金も必要です。

さらには世間体や身内にも説明をすることも必要になるかもしれないので、いろいろな問題も出てきます。

今は不倫関係を続けているので本気で好きかもしれませんが、この気持ちが一生続くとはかぎりません。

特に不倫はドキドキ感や二人だけの秘密という特別な関係性に酔いしれるので、相手との絆が強いと勘違いすることもあります。

不倫愛を成就させていざ一緒になったのに、あっさり別れてしまう夫婦も珍しくありません。

不倫も恋愛も形は違えど、結局は本気で相手のことが好きなのかが問題です。

また既婚者と付き合いを続けるには、すぐに結婚をすることも珍しくないため、独身男性にその責任や覚悟があるかを問いただします。

二人の将来について考えるきっかけを与えることで、お互い本音で話し合うことができるはず。

この時いつまでも不倫関係を続けることはできない旨を伝えれば、彼も気持ちの整理をつけて別れを決意してくれるかもしれません。

彼と上手に別れるためには離婚して一緒になるか、別れることも考えるかを問いただすことは有効な手段のひとつだといえるでしょう。

具体的に一緒になるための準備やお金の話をする

待ち時間にスマホを見る女性
独身男性の彼がこのまま安易に不倫関係を続けていき、いずれは結婚したいと考えているのであれば、具体的に一緒になる方法を伝えておきましょう。

彼が本気になっていれば別れられなくなるため、一緒になるためには大きなハードルがあることを伝えるのです。

離婚するためには慰謝料請求をされることは明白であり、生活費以外にも慰謝料を何年も払い続けなければなりません。

彼にとって経済的に余裕がなければ、この時点で別れることを考えるはずです。

いくら好きでも経済的に厳しい状況であれば、別れなければいけないのが大人の恋愛なので、無理をして不倫関係を続けようとはしないでしょう。

また既婚女性を離婚させてまで一緒になるなら、自分が彼女と結婚して責任をとらなければなりません。

ただ付き合いたいから離婚させたというのでは、一緒になることは到底難しいことはわかっているはずです。

結婚すれば相手の親にも挨拶に行かなければいけませんし、馴れ初めを聞かれることもあるでしょう。

もしも不倫していたことがバレてしまえれば、相手の親だけではなく身内からも厳しい言葉を投げかけられることは間違いありません。

不倫は自分が思っている以上に、世間や身内にも大きな問題なのです。

独身男性にとって不倫からの略奪婚は恋愛と同じだと思っているかもしれないので、一緒になるには大きなハードルがあることを伝えましょう。

もちろん始めは本気で一緒になりたいと思っていたかもしれませんが、現実を考えた時に、思い直すかもしれません。

彼の気持ちが少しでも揺らげば、あっさり別れることができる可能性はあります。

今は別れるしかない?独身男性と別れた後に復縁するための冷却期間

突発的な別れなら1ヶ月の冷却期間が必要

スマホを活用する女性
別れてから復縁した気持ちが強くなることもありますが、別れ方によっては冷却期間も変わってくることがあります。

突発的なことが原因で別れてしまった時は、1ヶ月くらいの冷却期間があれば復縁できる可能性もあるでしょう。

ほんの些細なことがきっかけで喧嘩をしてしまったり、会う頻度が少なくなってわがままを言ってしまったようなケースでは、突発的に別れることもあります。

不倫関係を継続させるためには、お互いが細心の注意を払って会っているので、これ以上我慢したくないという思いが芽生えることもあるのです。

そんな時に相手の態度にイラっとすれば、愚痴を言ったり口喧嘩になってしまうこともあるでしょう。

後で考えれば何でもないようなことが、その時には妙に腹が立つことは誰にでもあります。

突発的に別れてしまった時はすぐに連絡したい気持ちを抑え、1ヶ月くらいしてから連絡しましょう。

すぐに連絡するとまだ喧嘩した時の怒りが収まっていないため、復縁どころか声も聞きたくないと思っています。

ある程度の冷却期間を設けることによって、口喧嘩程度であればすっかり忘れてフラットな気持ちで会うこともできるでしょう。

些細なきっかけで別れてしまうことは勿体ないことですが、すぐに連絡するよりも1ヶ月ほどは待ってから連絡した方が復縁しやすいといえます。

どちらかの気持ちが冷めてきた時は3ヶ月の冷却期間が必要

くつろぐ男性
不倫の別れたきっかけがどちらかの気持ちが冷めてきたのであれば、ある程度長い冷却期間は必要でしょう。

気持ちが冷めてくるのはマンネリの関係になった時に感じやすく、冷静になって相手への気持ちを考えた時に、それほど一緒にいたいくないと思うこともあります。

特に不倫関係の場合は不倫すること自体リスクがあるので、ドキドキ感を感じやすい恋愛です。

普段の生活に刺激がなくて退屈している独身男性にとって、バレたらマズイ不倫にハマってしまうこともあるでしょう。

始めは二人だけの秘密の関係にドキドキしながらも、次第にバレないようにするための行動がめんどくさいと思うようになります。

そして時間が経つにつれてドキドキ感も薄れることで、相手への気持ちが冷めてくるのは不倫の典型的なパターンのひとつ。

一方の気持ちが冷めてしまうことは恋愛でもよくありますが、すぐに復縁を迫っても難しいでしょう。

そこで冷却期間として3ヶ月は様子を見ることをおすすめします。

些細なことがきっかけの喧嘩では1ヶ月程度でも、気持ちが冷めてきた時には1ヶ月では気持ちの整理ができていません。

約3ヶ月ほど連絡をとらなくなれば、相手もすっかり気持ちが冷めてきたいことすら忘れてしまうはずです。

また落ち着いた気持ちで客観的に考えることにより、冷めた気持ちではなく前向きに付き合うことを考えるケースも出てきます。

これは3ヶ月の間に新たな彼女がいないことで、寂しい時間を過ごしているからです。

復縁すれば寂しさを紛らわすことができますし、ダメならまた別れればいいという気持ちも芽生えてくるので、復縁するなら3ヶ月の冷却期間を設けてみてもいいかもしれませんね。

夫に不倫を疑われていそうなら6ヶ月の冷却期間が必要

唇に手を寄せる
不倫関係を解消した理由が不倫バレが関係しているなら、半年はおとなしくしておきましょう。

不倫をすれば必ず今までとは行動が変わるので、細かくチェックすれば不倫していることなどすぐにバレてしまいます。

しかし彼への気持ちが強く残っているのであれば、毎日の生活に支障が出てくることも考えられるでしょう。

不倫バレを恐れて別れたのであれば、彼よりも夫を取ったことになるので、今の生活が落ち着くまでは何もしないことが大切です。

もし夫に不倫を鵜方割れているのであれば、冷却期間半年は何もしないでそっとしておきましょう。

不倫関係を復活させるためには、絶対に夫にバレてはいけないので、念入りに時間的余裕を持って行動するべきです。

独身男性との別れから復縁を目指すためにすべきこと

別れた原因を探って直すことができるか考える

不満そうな顔の女性
独身男性との復縁を目指すなら、まずは別れた原因を探ることが大切です。

これは不倫に限らず恋愛でも復縁する時には必要なことで、別れの原因を直すことができれば復縁できる可能性も高くなります。

会う頻度やお互いの嫌なところが理由で別れたのであれば、いくらでも直せるはずです。

逆に好きな気持ちだけで復縁しても、嫌な部分が見えた時点でまた別れるかもいしれません。

どうせ復縁するなら長く関係を続けたいと思うので、別れの原因を探ってから直しておきましょう。

相手も嫌な部分が無くなれば付き合わない理由がなくなりますし、自分のために改善してきたことは素直に嬉しいことです。

復縁するなら別れの原因を探ってから目指しましょう。

将来起こりうるリスクも考えて備えをしておく

本を開いて見つめてくる女性
独身男性と復縁するなら、当然ながらリスクがあることも考えておかなければなりません。

不倫関係で別れた相手と復縁するということは、それだけ結婚を意識するほと相手が好きな可能性も高いでしょう。

そのため復縁するためには将来起こりうることを含め、リスクまで考えておくことも必要です。

離婚して一緒になるために必要なことや、二人で生活することになった時のことなど、いろいろ考えることは山ほどあります。

不倫関係を復活させるということはリスクも当然あるため、離婚した時のことや将来の生活を考えておくことも大切です。

大変なことなどすべてを踏まえてから、それでも一緒になりたい気持ちが強ければ本気で復縁することを考えましょう。

不倫関係の復縁はただ好きな気持ちがあるだけではなく、将来的なリスクを考えることも必要です。

夫とのすれ違い時間をさりげなく増やしておく

遠くを見つめながら座る美女
本気で復縁を決意するためには、事前に夫とのすれ違い時間を増やしておくことも必要かもしれません。

夫婦仲が悪いからこそ復縁したい気持ちが強くなっているはずですが、今まで通りの生活を送っていれば、復縁した時に時間を作ることは難しくなります。

いくら夫婦仲が悪いといっても、不倫バレすれば一方的に悪くなるのはこちら側です。

好きな彼と会うための時間を作るには、復縁する前から自分の時間を作っておくと不倫をしやすくなります。

復縁していきなり外に出掛ける用事が増えれば、不倫バレするリスクも高くなるため、あえて復縁前からお互いの時間を確保するように仕向けましょう。

習い事をするために外に出れば、夫と離れている時間も長くなりますよね。

家にいる時間をできるだけ少なくしておくことにより、復縁した後も彼との時間を過ごしやすくなります。

夫とのすれ違い時間はどんな理由でも構いませんが、できるだけ自然で無理のない程度にしておきましょう。

逆に夫との時間を作ることも大切で、週に1回は必ず一緒に食事をとるだけでも、不倫バレを防止できるかもしれません。

いずれにしても夫との距離感はつかず離れずの関係であるほど、復縁した後でも不倫関係を継続しやすくなるはずです。

とりあえず友達関係を続けてチャンスを待つ

ベンチに座るカップル
独身男性との復縁を目指すためには、とりあえず連絡を取り合っていることも大切です。

これは自分の気持ちを落ち着かせる効果もありますが、まずは友達関係を続けておくことできっかけを待つことができます。

完全に連絡を絶った状態からいきなり連絡をしても、相手は戸惑ってしまう可能性は高いでしょう。

友達関係として連絡だけは取り合っていれば、彼の気まぐれによって復縁できるチャンスが巡ってくる可能性もあります。

特に一人寂しい時間を過ごすことが多くなるほど、身近にいる女性を求める男性は少なくありません。

友達関係を続けていれば、どんなきっかけで復縁するかわからないのが男女の恋愛です。

とりあえずという安易な気持ちでもいいので、復縁したい気持ちがあるうちは、別れてからも友達関係を続けられるようにしておきましょう。

独身男性に振られて彼への気持ちを忘れられないときには?

いつでも連絡だけは取り合うようにしておく

スマホチェックする女性
独身男性にフラれてしまった時はなりふり構わず、彼の元に行って復縁したい気持ちを伝えたいと思うかもしれません。

不倫関係では恋愛とは違い、誰にも相談できずにすべてを決めなければなりません。

フラれたことのショックは夫には当然隠さなければいけませんし、普段通りの生活を送ることも必要でしょう。

しかし不倫関係でもフラれたことのショックは大きく、彼のことが好きなほど何事もなかったように過ごすことは難しいものです。

そこでフラれたことで完全に連絡を絶つのではなく、彼とは連絡を取り合うようにしておきましょう。

恋愛ではいくら好きでも一緒になれないこともありますが、いずれ時間が解決してくれるものです。

誰にも相談できずに頼れる人もいない状況では、彼への気持ちを癒してくれるのは彼しかいません。

彼への気持ちを忘れられない時は無理をするのではなく、連絡したい時には気軽に連絡を取り合うようにお願いしておきましょう。

いずれ気持ちの整理ができる日が来るはずなので、それまでは連絡を取り合う関係のままでいることも、彼を忘れるためのひとつの方法です。

恋愛では誰かに相談したり、フラれたことのショックを態度に出すことができます。

不倫関係ではフラれたことなど態度に出せないため、気持ちが落ち着くまでは彼と連絡を取り合うことも必要なのです。

夫との夫婦生活を見直して良好な関係を目指す

騎乗位の体勢
独身男性への気持ちを忘れられない時には、改めて夫婦関係を見直すきっかけにしましょう。

不倫をしている時点で夫への気持ちが残っているはずですが、彼への気持ちが強くても結局は夫を選択しているから不倫をしているはずです。

彼のことが好きならすぐにでも離婚しているはずなので、離婚をしていないこと自体が夫への愛が残っていることになります。

自分でも離婚に踏み切れない理由がわからないかもしれませんが、改めて夫婦関係を見直すことで彼のことを忘れるきっかけにできるかもしれません。

彼との不倫関係では肉体関係だけでなく、精神的な繋がりを求めていたはずです。

夫との夜の営みを変えたり、あるいはもう少し一緒にいる時間を増やすことで、結婚当初のような関係性に戻れるかもしれません。

夫婦問題の多くはマンネリが関係していることが多いので、ちょっとした環境の変化でも夫婦仲がガラッと改善することがあります。

一緒に過ごす時間が少なくてすれ違いが多いと感じていれば、食事は必ず一緒に食べたり、同じ趣味を始めてみるのも有効な手段のひとつです。

特に一緒の趣味を楽しめれば、夫婦仲も改善しやすいでしょう。

夫婦の関係が良好になるほど独身男性のことなど忘れてしまいますし、不倫していたことがいい経験だったと思えるようになるはずです。

これからの将来を考えれば夫婦関係が良い方がいいに決まっています。

不倫相手への気持ちを忘れられない時ほど、夫婦関係を見直して自分の将来をより良い方向へ導きましょう。

彼の幸せを願って自分も新たなスタートを切る

泣いている女性
彼のことが忘れられないほど好きな気持ちが強くても、恋愛では一緒になれないことなどたくさんあります。

恋愛では上手くいかないことばかりで、誰でも失恋した経験はあるはずです。

失恋直後は不安な気持ちに押しつぶされそうになりますが、時間が経つにつれて気持ちも落ち着いてくるものです。

今となっては過去の失恋もいい思い出になったと思える人もいるでしょう。

不倫相手の彼との恋愛も同じで、今は忘れられないほど好きでも数年経てば気持ちも落ち着くはずです。

しかし失恋したことを態度や気持ちに出すことができないため、普通の恋愛よりも辛いことは確かです。

そんな時は好きな彼の幸せを願って、お互いが新しいスタートを切れることを願いましょう。

不倫をしている間は彼が恋愛できるチャンスを奪っていることになります。

彼の幸せを願うのであれば不倫関係を続けるよりも、好きな人と普通の恋愛をして結婚してもらった方がいいはずです。

純粋に好きな相手の幸せを願って別れを決意することは難しいものですが、既婚女性には夫がいます。

彼には誰もいないことを考えれば、いつまでも不倫関係を続けて彼を縛りつけるよりも、幸せを願って別れた方が彼も幸せなはず。

これが将来的に一緒になることを考えていたのであれば話は変わりますが、彼の方から別れを告げてきたということは、彼との将来はありません。

彼にとってはあくまでも既婚女性との不倫関係を続けていただけなので、略奪婚までは考えていなかったはずです。

彼の気持ちを考えればいつまでも不倫をしていてはいけないので、別れを決意した可能性もあります。

いずれにしてもお互いの幸せを願うのであれば、無理に復縁を願うのではなく、きっぱり別れることも必要です。

大人の恋愛には辛いことや別れも必要!今は上手に別れて復縁も考える

腰かけて見つめてくる女性
不倫関係は普通の恋愛とは違い、いくつもの制約や辛いことなどたくさんあります。

そのため不倫へのモチベーションが下がってしまうこともありますし、好き同士でも不倫バレのリスクを恐れて別れることもあるでしょう。

不倫関係になるには相当な覚悟が必要なので、すぐに次の人に乗り換えることも難しいでしょう。

大人の恋愛では辛いことや別れも必要なことも多いため、とりあえず今は成り行きに任せて、いずれ復縁を狙うのもありですよ。

おすすめの記事