上を向くイケメン

既婚者の彼との会話の中で、嫁の話を一切しない彼の気持ちを知りたいと思うこともあるでしょう。

本当に嫁との関係が悪くて不倫をしているのか、あるいは遊びの関係だから私には話したくないのか気になるところです。

そこで一緒にいるときには嫁の話をしない男性心理について紹介します。

また嫁の話ばかりするのをやめてもらう方法も併せて紹介するので、ぜひ参考にしてください。

目次

遊びの関係なら絶対に嫁や家族の話をしない理由

自分のプライベートなことを詮索されたくない

見つめる男性
彼が遊びの関係だと思って不倫をしているときは、自分のプライベートなことは話したくないと思うでしょう。

そのため嫁との関係や夫婦生活については、遊び相手の彼女には一番知られたくないと思っているはずです。

家族の話をしないのはプライベートなことを詮索されるのが嫌いなので、二人で一緒にいる時間を普通に楽しみたいと思っているからでしょう。

一度でもプライベートを話してしまうとキリがなくなりますし、いろいろ聞かれたくないことまで聞いてくるかもしれません。

少しくらいなら仕方ないと思いながらも、聞いてきたときにヘンな空気になるかもしれないので、一緒にいる時間を楽しめなくなってしまいます。

男性は女性と違って自分のことをペラペラ話すのが嫌いな人が多いので、もしかしたら彼もプライベートなことには触れて欲しくないのかもしれません。

話したくなったら彼の方から話題を振ってくるので、それまでは何も聞かないで二人の時間を楽しんだ方がいいでしょう。

本気の恋愛をしているときは、逆に自分のプライベートなことをもっと知って欲しいと思うようになります。

これからずっと一緒にいるのは二人だけの時間を楽しむことだけでなく、プライベートでは何をしているのか、どんな共通点があるのかを知りたいからです。

本気の相手だからこそ包み隠さずプライベートなことまで話ができるので、遊び相手には一切何も話したくないと思っていることでしょう。

元々プライベートなことを話したくないタイプなのか、遊び相手だからプライベートを知られたくないと思っているのかは、不倫関係を続けていけばいずれわかることです。

無理にプライベートなことを聞こうとすれば関係性も悪くなるので、彼の方からプライベートな話をしてくれるのかチェックするもいいでしょう。

好きな相手でも自分のテリトリーには入れたくない秘密主義者

途方に暮れる男性
人によっては自分だけのスペースを確保したいという気持ちが強いため、どんなに仲の良い人でも自分の部屋には入れたくないという人もいるでしょう。

これは夫婦関係になってからも同じで、どんなに小さなスペースでもいいので、自分だけの空間を作りたいと思っています。

決して奥さんには触れて欲しくないモノやスペースを作ることは、こだわりの強い男性にはありがちです。

プライベートな情報や自分のことについても、一切話をしないのは自分のテリトリーには入れたくない思いがあるのかもしれませんね。

完全に現実世界と不倫とを分けて考えているので、自分の生活圏内に足を踏み入れて欲しくないと思っています。

逆に彼女と会うときはリアルな日常を一切持ち出さないで、非日常を楽しみたいと思っているのかもしれませんね。

不倫は遊びだと思っていても、不倫バレによるリスクは高いので危険な遊びだといえます。

そのため自分の中では不倫のことはリアルに持ち込まないことがルールであり、彼女にプライベート情報や嫁のことを話すことも考えていないのです。

不倫はあくまでも非日常体験なので、嫁のことを話してしまえばリアルな現実と同じになってしまいます。

そうなると不倫関係は非日常的な体験ではなく、ただの遊び相手となってしまうのです。

彼にとって不倫は非日常から抜け出すための方法のひとつなので、リアルな現実世界のことは持ち込まないようにしているのでしょう。

秘密主義だからこそ不倫にハマることはありませんし、不倫をとことん楽しもうとしているはずです。

遊びなので二人の時間を楽しめればいいと思っている

抱き合うカップル
不倫関係の末に一緒になりたいという気持ちがあるほど、彼がどう思っているのか気になるでしょう。

遊び相手なら一緒にいる時間を楽しめればいいので、プライベートなことまで話をする必要はないと思っているなずです。

そもそも不倫関係は奥さんがいてもいいから、一緒に楽しい時間を過ごしたいと思っているはず。

いつしか彼に対する気持ちが強くなることで、彼の奥さんのことやプライベートなことまで聞きたくなるものです。

彼にとっては初めから遊び相手だと思っていれば、どれだけ長く不倫関係を続けていたとしても、嫁のことまでは話すことはないでしょう。

二人が会って楽しむことに嫁の話題はいらないですし、逆に気分が盛り下がってしまうので話したくないと思うはずです。

二人の時間を楽しもうとしているのに、リアルな現実世界の話題を話せば、嫁への愚痴ばかりでてくるかもしれませんね。

嫁の愚痴を言うために不倫バレを冒してでも会いに来ているワケではないので、余計なことは話したくないと思っているはず。

貴重な彼女との時間を思いっきり楽しみたいので、余計なことは話したくないというのが本音でしょう。

別れたときのトラブルを避けるため情報は教えたくない

言い争うカップル
不倫関係を初めから遊びだと思っている彼にとって、いつかは別れることも考えているはずです。

遊び相手なら飽きたら別れればいいと思っているので、できるだけ自分の情報は伝えたくないと思っていることでしょう。

男女の恋愛では別れることはよくあるので、急に別れを切り出して彼女を振ることもできます。

しかし不倫関係では別れるときに彼女がゴネると、思わぬトラブルに発展するかもしれません。

不倫の別れで多いトラブルは、彼女が別れることに納得しないため不倫関係をバラそうとすることです。

既婚男性にとって不倫バレは一番最悪なケースですし、遊び相手の女性に人生を台無しにされたくはないと思っていることでしょう。

そのため遊び相手の彼女にプライベート情報を教えなければ、不倫バレを警戒する必要がなくなります。

思わず嫁の話題や仕事のことを話してしまうと、家や職場に押しかけてくるかもしれませんよね。

事細かに住所まで教えることはないにしても、職場や最寄り駅などのヒントを話してしまうことも多いため、別れてから彼女に付きまとわれる可能性もあります。

彼女にとっては本気の恋愛だったのに、遊ばれていたとなれば仕返ししたくなるのは当然でしょう。

彼を困らせるには嫁に不倫していた事実を伝えて、家庭を崩壊させることが最も有効な手段だと考えるはず。

そのため遊び相手には嫁の話や仕事など、プライベート情報は一切話さないことが賢明です。

逆に自分のプライベートなことまで事細かに話してくる彼なら、本気で将来一緒になることを考えている可能性も高いでしょう。

自分が本気で好きになった人には、もっと自分のことを知ってもらいたいと思うものです。

プライベート情報を話す彼は本気で不倫している可能性が高く、嫁の話などプライベートを一切話さない彼なら遊びの可能性があります。

別れた時のトラブルを避けたいと思う気持ちから、トラブル回避のために自分の情報を教えたくないという気持ちが目立っているのでしょう。

奥さんや家族は日常!不倫は非日常だから忘れたい

リアルな日常から抜け出すために不倫をしている

抱き合うカップル
彼が不倫をしている理由のひとつに、非日常生活を送るために不倫をしているのかもしれません。

奥さんとの結婚生活や仕事をしているのはリアルな生活であり、何かしらの不満やストレスが溜まっていることでしょう。

結婚生活のストレスや不満が溜まることは誰にでもよくありますが、ある程度耐えられるからこそ離婚するまでには至っていないでしょう。

しかし自分のストレスのはけ口がないため、リアルな日常から抜け出したいという気持ちが芽生えているはずです。

そんなときに出会ったのが不倫相手の彼女であり、彼女との時間はリアルな日常を忘れて非日常的な時間を過ごしている気持ちになれます。

そのため彼女と一緒にいるときはリアルな日常を一切持ち込むことなく、非日常的な生活をおもいっきり楽しみたいと思っていることでしょう。

彼女には日常生活のことは一切話すこともなければ、彼女のプライベートを聞きたいとも思いません。

非日常的な時間を大切にしたいので、この二人だけの時間をどうやって楽しむかしか考えていないのです。

もしも彼女に嫁の話題を話してしまえば、一気に非日常的な時間は崩れ去ってしまい、リアルな現実へと引き戻されてしまうでしょう。

彼にとってリアルな日常生活から抜け出すための不倫なのに、現実世界の延長線上になってしまえば不倫バレのリスクを冒して付き合うメリットはありません。

非日常体験ができるからこそ不倫をしているのに、彼女との時間がリアルな日常になってしまえば、魅力を感じない可能性もあります。

それだけ奥さんとの時間を嫌だと思いながらも、離婚する勇気が出ないため、不倫という非日常生活へと現実逃避しているのでしょう。

自分が好きだと思える人と違った時間を過ごすことが目的

浜辺で見つめ合う二人
奥さんと彼女と過ごす時間は、彼にとってはそれぞれ楽しみ方が違うのかもしれません。

結婚した奥さんとの生活はリアルな現実世界として、自分の生活の中心になっていることは間違いないでしょう。

仕事と家庭の両方を上手くこなしながら、一生一緒にいたいと思える奥さんとの生活にもいろいろなことがあります。

いくら愛しているからといってすべてが上手くいくワケではないので、夫婦生活でも不満が溜まっていることでしょう。

これは夫婦にしかわからないことなので、ストレスや不満が溜まれば自分で何とか解消するしかありません。

いろいろなことを踏まえたすべてがリアルな現実生活なので、ときには逃げ出したくなることもあるでしょう。

不倫相手の彼女との時間は彼にとって、リアルな現実世界から逃げ出せる場所だと思っているのかもしれません。

そのため彼女と一緒にいるときは現実的な話はしたくはありませんし、二人の時間を楽しむことしか考えていないでしょう。

奥さんと彼女のそれぞれ好きな気持ちがあるので、どちらかを選ぶということができないのです。

奥さんと別れることは離婚などいろいろ大変ですし、奥さんと別れてまで彼女と一緒にいたいかは疑問です。

彼女のことは好きで一緒にいたいなら、すぐにでも離婚しているはずなので、どちらか一方を選べないのかもしれませんね。

不倫関係を続けていれば、自分が好きな奥さんと彼女の両方と楽しい時間を過ごすことができます。

彼にとってはどちらか選ぶというよりも、二人それぞれの時間を楽しみたいと思っているのかもしれません。

奥さんとの日常生活と彼女といる非日常生活は、彼にとって欠かせない存在であり、今のまま二人との関係を続けていきたいと思っていることでしょう。

非日常的な体験をすることでリアルな生活の幸せを実感できる

手を繋いで歩くカップル
彼にとって非日常的な時間を過ごす彼女との時間は、よりリアルな現実である奥さんとの時間の幸せを実感するために不倫している可能性もあります。

不倫関係になること自体があまり現実的ではありませんし、多くの人も不倫はしたくないと思っているはずです。

たまたま好きになった相手が既婚者だったという理由でも、ほとんとのケースでは好きな人を諦めようとするでしょう。

それだけ不倫関係になることを避けたいと思っている人が多い反面、非日常的な時間を過ごすことで幸せを感じる人もいます。

何気ない結婚生活を送っていると、つい退屈で平凡な生活は嫌だと思うことがあるかもしれません。

不倫関係になれば毎日がドキドキした生活となり、不倫バレのリスクなどスリルを味わう生活を送れます。

非日常的な体験はたまにするからいいものであって、不倫関係のように毎日ドキドキしながら生活するのは嫌なものですよ。

それでも奥さんとの生活では不倫を経験したからこそ、何気ない会話や結婚生活が幸せだと気づくことができます。

いくら好きな女性ができて不倫関係になったとしても、そこから結婚して今の幸せな時間を過ごすまでには時間がかかりますし、平凡で幸せな生活が送れる保証はないでしょう。

幸せは失ってから気づくことが多いものですが、彼にとって奥さんとの結婚生活が幸せだと感じていないだけかもしれません。

不倫をすることで退屈だと思っていた奥さんとの時間が、幸せだったと気づくために不倫をしたり、より幸せを実感したくて不倫を続けているのかもしれませんね。

いずれにしても非日常的な体験をすることによって、リアルな現実生活の幸せに気づくことができるはずです。

嫁の話をあえてしないのは不倫相手を不安にさせたくないから

二人の時間を大事にしたいからあえて嫁の話はしない

距離が近い男女
彼が一緒にいるときに嫁の話をしないのは、遊び相手だからではなく彼女に気を遣っている可能性も考えられます。

彼にとって彼女との時間は非日常的な時間であり、二人だけの時間を楽しむことしか考えていないのでしょう。

一緒にいるときに嫁の話を持ち出せば、せっかく楽しい時間が愚痴を言うだけで終わってしまいます。

二人の時間を大切にしたいからこそ、リアルな現実である嫁の話題は一切出したくないと思っているのです。

嫁の話をしたところで楽しい時間を過ごせないことはわかっているため、あえて話さないようにしているのでしょう。

なぜなら彼女の前で嫁の良いところを話せば、彼女に対して申し訳ない気持ちになるからです。

本気で嫁のことが嫌いなら愚痴しか出てきませんが、離婚しない理由はどこかで愛している気持ちがあるからでしょう。

彼女にそんな気持ちを探られてしまえば、不倫関係が遊びだと思われてしまうかもしれません。

本気で彼女のことが好きなことと、離婚問題は彼の中では別物として考えているはず。

だからこそ二人の時間を楽しむために、奥さんの話題を一切出さないようにしているのです。

奥さんと離婚する気がないとわかれば、彼女との関係も終わってしまうかもしれませんよね。

不倫関係では会える時間もかぎられているので、二人の時間を有意義に過ごしたいと思うので、余計な愚痴や不安な気持ちを話さないようにしているはずです。

好きな女性の前で他の女の話はしたくない

見つめ合うカップル
男性によっては女性が目の前にいるのに、他の女性の話をすることは失礼に当たると考えている人は多いでしょう。

お互い好きだからこそ不倫関係を続けているので、少なくとも彼女は自分に興味を持っていることをわかっています。

それなのに彼女にとって最大のライバルである嫁の話をすることは、彼女に対して非常に失礼だと考えているのでしょう。

実際に好きな人が自分の目の前で他の女性の話ばかりしてきたら、気分も悪くなりますし彼への気持ちも薄れてくるはずです。

彼にとっても好きな女性を前にして他の女の話をすることは、男としてやってはいけないとわかっているはず。

そのためいくら嫁の話とはいっても、彼女の前では話さないようにしているのかもしれませんね。

彼女にとっては好きな彼のことはすべてを知りたいと思っているので、奥さんの話題でも聞きたいと思っているはず。

しかし実際に彼が嫁の話ばかりしてきたら、自分のことよりもやっぱり奥さんが好きだと思ってしまうので、別れを決意するかもしれません。

彼は好きな彼女に気を遣っているからこそ、あえて嫁の話題に触れないようにしているのでしょう。

本来ならば嫁との関係もそこまで良いとはいえないので、愚痴のひとつでも言いたいはずです。

好きな女性に他の女性話をするのは彼にとってあり得ない行動なので、一切嫁の話はしないようにしていることが伺い知れます。

好きだからこそいろいろ知ってもらいたいと思うのではなく、好きな人には知られたくないという気持ちがあるのかもしれませんね。

他の女性の話をさると嫉妬心が芽生えるかもしれないから

喧嘩中のカップル
夫婦喧嘩は犬も食わぬといいますが、女性同士がライバル心むき出して戦う姿は身動きすらできなくなってしまうでしょう。

彼が不倫関係を続けるうえで最悪なパターンは不倫バレすることですが、それ以外に女同士が本気でライバル心を剥き出しにする争いを見たくないと思っているのかもしれません。

奥さんにとっては不倫相手の女性は愛する夫を奪おうとする敵であり、既婚男性を誘惑する尻軽女だと思っていることでしょう。

彼女にとって奥さんの存在は、彼が嫌だと思っているのに別れようとしないめんどくさい存在でしかありません。

どちらも彼にとって自分が一番ふさわしい存在であり、一緒にいることが彼の幸せでもあると確信しているはずです。

だからこそ奥さんも結婚を決意したはずですし、既婚者でも諦めず不倫関係になっても会いたいと思うのは、それだけ彼にゾッコンだということです。

こんな女性二人が争うことになれば、男性は生きた心地がしないでしょう。

彼女の前で奥さんの話題を出したとき、顔では平静を保っていたとしても内心では怒りが込み上げているかもしれません。

奥さんがいなくなれば一緒になれるのにと思っているはずですし、奥さんからすれば大切な夫を狙う悪者でしかないでしょう。

彼女の前で嫁の話をするほど彼女が本気で彼のことが好きなら、沸々と嫉妬心が芽生えているのは当然です。

女同士の戦いは一度火がついてしまうと止めることは難しいですし、不倫バレのリスクがかなり高まるといえます。

奥さんが彼女に嫉妬すれば、慰謝料を請求してからきっぱりと別れを決意するかもしれません。

逆に彼女が奥さんに嫉妬すれば、早く離婚させようといろいろと工作するようになるでしょう。

最悪なのは二人が同時に会う約束をすることで、トラブルを避けられない状況になってしまいます。

彼にとって常に不倫関係は平穏無事でいたいと思っているため、嫉妬心が芽生えるのを極力抑えているのかもしれませんね。

実は嫁とうまくいっていない?不倫に執心な男性の特徴

いつ離婚するかわからないので一人になるのが不安

落ち込む男性
不倫関係を求める男性は奥さんとの関係が悪いことが要因で不倫することはありますが、その原因が奥さんだけにあるとはかぎりません。

夫婦の問題はいろいろありますが、夫の稼ぎが悪い、相性の不一致、将来の生活についての意見の相違など、様々な要因が挙げられます。

不倫をしていることが原因で別れるのではなく、それ以前に夫婦間で問題があれば、彼とすればいつ離婚してもおかしくはない状況だといえるでしょう。

そんな状況ではいつ奥さんから離婚を突きつけられるかわからないため、常に捨てられる覚悟を持って生活することになります。

離婚するときは自分から別れを切り出した方が精神的にも楽なものですが、別れを切り出されるのはいつも突然なので気持ちの整理がついていません。

ひとりでいることが寂しくて不安に思う人ほど、誰かと繋がっていたいという気持ちがあるでしょう。

男性も若いうちはすぐに付き合うことができるかもしれませんが、ある程度の年齢になると気軽に付き合うこともできませんし、そもそも出会い自体激減します。

そんな状況で不倫相手の彼女がいれば、奥さんと離婚したときにすぐ一緒になれる相手としてキープすることができます。

キープという言い方は悪いですが、一人になってから相手を見つけようとしてもなかなか付き合えないものです。

そのため奥さんとの関係が悪いことを理由に、不倫相手を見つけることで一人になるかもしれないという不安を払拭できます。

彼女にとっては離婚すればすぐ一緒になれる可能性が高いですし、彼にとっても信頼して一緒にいられる相手なので、結婚願望を抱いても不思議ではありません。

彼が不倫に固執する理由としては万が一離婚したときに、すぐに次の相手を見つけておきたいという理由があるのかもしれませんね。

若いときの恋愛とは違って気軽に付き合えなくなりますし、信頼できる相手でなければ結婚することもできません。

不倫相手ならばお互いを信頼しなければ関係性が成り立たないため、彼にとって奥さんの次に結婚したい相手となれる存在です。

奥さんとの関係が本当に悪いからこそ、不倫相手に執心を抱いてしまうのです。

嫁よりもいい女と一緒になって結婚生活をやり直したい

花束を後ろに隠す男性
人生において結婚生活は大きなターニングポイントとなりますが、失敗してやり直したいと思うこともあるでしょう。

結婚したいと思えるほど愛した女性との結婚生活が、これほど大変だとは思わなかったはずですし、選んだ相手を失敗したとさえ思っているかもしれません。

愛している者同士が結婚しても、時間と共に気持ちにも変化が生じるため、マンネリ関係や愛情が薄れることはよくあります。

それを乗り越えるからこそ夫婦の固い絆が生まれるのですが、好きでも相性が良くなければ長く関係を続けることは難しいでしょう。

結婚生活を経験したからこそ、今度は嫁との結婚生活よりも幸せになりたいと思う気持ちが強いのかもしれません。

経験すれば失敗したことを反省して次に活かすことができるので、不倫相手の彼女との生活は幸せになれるという自信があるはずです。

不倫関係を続けるために絆も深まっていますし、お互いを信頼する気持ちも芽生えているため、結婚相手としても申し分ないという気持ちがあるのでしょう。

少なくとも嫁との結婚生活よりは幸せになれる自信があるため、本気で結婚生活をやり直すために不倫に執心を抱いているのかもしれません。

結婚は何度失敗しても構いませんが、結婚する強い意思を持たなければ一緒になることは難しいでしょう。

結婚は恋愛とは違って一生一緒にいたいと思える相手とするものなので、本気で嫁との人生を考えていたはずです。

しかしいつしか気持ちが薄れてしまい、二人の関係も悪化していったことで結婚生活をやり直したいと思ったのかもしれません。

今振り返れば二人の関係が悪化する要因がいくつか見当がつくので、上手く対処していれば良好な関係でいられたはず。

いつも最善の考えで行動できるとはかぎらないので、二人の関係が悪化する出来事を上手く対処していればと思うのは、結局たらればでしかありません。

だからこそ次は幸せな結婚生活を送るために、不倫相手に執着して結婚相手を探しているのかもしれませんね。

不倫に執心しているだけではなく、幸せな結婚生活に執着していることが容易に想像できます。

嫁のことを悪く言って彼女をその気にさせる

落ち込むカップル
嫁との関係が悪い男性の特徴としては、嫁の嫌な部分を彼女に聞いてもらうとします。

しかし嫁の悪口ではなく、あくまでもどうすることもできない問題提起のように愚痴を言うことが多いですね。

なぜなら嫁の悪口を言う男性は、結局彼女がいない場所では彼女の悪口を言う生活だと見抜かれてしまうからです。

どんなに好きな相手でも、人の悪口を言う人とは生活が合わないと思う人は多いでしょう。

悪口を言う人と一緒にいてもつまらないので、好きな気持ちも冷めてしまいます。

彼が嫁のことを言うのは理想的な結婚生活を送りたいのに、嫁の行動に不満を抱いてしまうということです。

たとえば料理の腕を磨いてもらいたいと思っても、なかなか言い出せないことを悩みとして彼女に伝えます。

奥さんの悪口というよりも二人の関係を修復するためには、どうすればいいか彼女に助言してもらうのです。

一見すると逆効果のように思いますが、彼女にとっては彼の理想的な生活を知ることができますし、奥さんよりも勝ちたいという気持ちに火をつけることができます。

嫁との関係がどんなに悪くなっても、決して悪口を言うことなく、彼女のライバル心に火をつけて一緒になりたいという想いをたきつけているのかもしれませんね。

そうすれば嫁との関係が上手くいかなくても、彼女がいれば一人になることはないと考えているのでしょう。

家に帰りたがらないで頻繁に会おうとする

窓際で電話する女性
嫁との関係が悪い男性は家に帰ろうとしないので、不倫相手と一緒にいる時間が長くなります。

彼にとって家は安らげる場所であり、癒されるために家に帰りたいと思っているはず。

しかし嫁との関係が悪いと自分の家でも居場所がなく、居心地の悪さを感じることでしょう。

彼女と一緒にいれば優しく気遣ってくれるので、居心地の良さからずっと一緒にいたいと思う気持ちが強くなります。

嫁との関係が悪くなるほど家に帰りたくないと思うのは必然なので、容易に夫婦関係の良し悪しを探ることができるでしょう。

だからといって不倫相手と一緒にいる時間が長くなれば、不倫バレのリスクが高まるので注意が必要です。

不倫に執心する人ほど彼女と一緒にいる時間が長くなるので、会う頻度をチェックすれば夫婦関係が本当に悪いのかを探れるはずです。

嫁の話をしてほしくない!家族や嫁の話をやめてもらう方法

嫁と家族の話をしたら不安な態度を見せる

悩んでいる女性
不倫関係ではプライベートを話さないことが多い反面、たまには愚痴を聞いて欲しくなっていろいろと話してしまうこともあるでしょう。

しかし彼女にとっては彼の嫁話は辛いことばかりで、どんなに彼が愚痴を言ってものろけ話にしか聞こえません。

本当に嫁のことが嫌だと思っているなら、すぐにでも離婚して一緒になって欲しいと持っているからです。

そのため嫁や家族の話をする彼に対してやめて欲しいと思ったときは、あからさまに不安な表情を見せましょう。

彼はちょっとした愚痴を聞いてもらいたいと思っているだけかもしれませんが、彼女の不安な表情を見れば聞きたくない話だということは察しがつきます。

もし不安な表情を見ても気にせず話してきたら、奥さんに嫉妬しているとはっきり伝えましょう。

はっきりと奥さんの話は聞きたくないと言って怒るのもいいかもしれませんね。

嫉妬することで彼女の機嫌を取り戻すため、嫁の話はしなくなるはずなので、不安な表情を見せるか奥さんの話は嫌だとはっきり伝えるのはおすすめですよ。

自分も他に彼氏がいると嘘をついてみる

照れ笑いをする女性
彼が嫁や家族の話ばかりするようになったときは、ワザとこちらも彼氏がいると言って話をしてみるのもいいかもしれませんね。

不倫関係であれば他に男を作っても文句を言われる筋合いはないですし、本気で彼女のことが好きなら彼は嫉妬するはずです。

自分が彼女の前で嫁の話をすることが、どれだけ彼女の心を傷つけているか想像すらしていないでしょう。

結婚していることを承知で不倫関係になっているので、嫁の話をしても平気だと思っているのかもしれませんね。

女心を理解していないというか、最近嫉妬することがないことが要因かもしれません。

そこで彼を嫉妬させるために、嘘をついて彼氏がいることを話してみましょう。

始めは平静を装って話を聞いてくれるかもしれませんが、そのうち話を聞きたくないというか、あからさまに不機嫌になるかもしれませんね。

彼にとって不倫相手の彼女の存在は、嫁と同じで自分のモノだという意識があるため、他の男に取られることを嫌うはずです。

もちろん最後はネタ晴らしをしますが、「奥さんの話ばかりしたから嫉妬させたくて嘘ついちゃった」とでも言えば、彼も嫁の話をすることもなくなるでしょう。

しかも彼が嫉妬する様子が見られればそれだけ好きだという証拠でもあるので、嬉しい気持ちになれるはずです。

彼の話を話し半分で聞いてそっけない態度を示す

美人
嫁の話をする彼氏は彼女の表情などあまり見ていない可能性があるので、話半分に聞いてそっけない態度をとってみるのもいいでしょう。

彼女に奥さんについて話をするのは愚痴を聞いて欲しいか、あるいは何を話しても聞いてくれると思っているので、つい嫁の話をしてしまったのかもしれません。

女心を理解していればもっと夫婦関係も上手くいくはずなので、彼に女心を理解しろといっても難しいかもしれませんね。

そんな彼のことを好きになってしまったのは自分なので、これからは彼を自分の思い通りにコントロールするスキルを磨くことも必要ですよ。

彼に嫁の話をさせない方法はいくらでもありますが、言葉でやめて欲しいとお願いする方法もあれば、そっけない態度で不機嫌な態度を見せる方法もあります。

彼にとって言葉で言われるよりも、彼女が不機嫌になる態度の方が効果は高いので、彼の話を話半分に聞いてそっけない態度をとってみましょう。

そうすれば彼もマズイ話をしてしまったと気づくことができるので、彼女には嫁や家族の話がNGワードだと理解してくれるはずです。

言葉ではっきりと「奥さんの話はしないで」と言うのもいいですが、彼は彼女の態度を敏感に察することができます。

女性は起伏が激しい人もいますが、結婚生活の中でも嫁が態度をコロコロ変えることは経験しているはず。

女心と秋の空は変わりやすいと言われますが、彼女のそっけない態度に気づけばいけない話だと敏感に反応して気づいてくれるのでおすすめです。

「奥さんとはうまくいっていない」の嘘も見極めて!

メガネ女子
彼が「奥さんとはうまくいってない」というのは、不倫関係のきっかけ作りをするときに用いるフレーズです。

実際に夫婦関係が悪化しているから不倫しようと思っているのかもしれませんが、本当に夫婦関係が悪ければとっくに離婚しているはず。

離婚しないで女性を口説こうとするのは、それだけ魅力的な女性を見つけたのか、あるいは遊び目的の可能性があるので気をつけたいですね。

男性の嘘を見抜く力を養って、嫁の話をしないから関係が悪いとは決めつけず、しっかりと見極めて関係を続けるか判断しましょう。

おすすめの記事