電話する女性

不倫関係になりやすい職場ではどんなに気をつけていても、まわりの人に二人の関係がバレてしまうことは多いでしょう。

職場は不倫関係になりやすい状況がたくさんありますが、そもそも不倫をしようと思う人はかぎられています。

逆に一度不倫にハマッてしまえば抜け出せずに、懲りずに社内不倫を繰り返す人もいるようです。

そこで職場で不倫が始まるきっかけや不倫にハマりやすい人の特徴を紹介します。

職場不倫をするうえで気をつけるべきポイントも紹介するので、ぜひ社内不倫の参考にしてください。

目次

職場不倫が起こる状況と始まるきっかけ

同じ仕事をしてトラブルになったことがきっかけ

スーツ姿の女性
職場不倫が始まるきっかけとして、同じ仕事をしたことが結果的に不倫の始まりになるケースは多いでしょう。

しかも仕事をしている時にトラブルが多くなるほど、二人の連帯感が強くなるので、不倫のきっかけにもなりやすいといえます。

仕事ではトラブルは当たり前のようにありますが、どんなトラブルでも対処して納期に間に合わせることが大切です。

そのためには多少無理をしたり、あるいは自分の持てるすべてを注ぎ込んで仕事に集中しなければなりません。

この日々の積み重ねが力となり、自分のスキルアップに繋がっていくのです。

仕事のトラブルを解決するには、自分一人の力だけではどうすることもできないことはたくさんあります。

そんな時に一緒にトラブル対応してくれたことがきっかけで、急接近することは珍しくありません。

これは異性だからではなく、同棲でも相手との距離が縮まれば、同僚として仲良くなることもできるでしょう。

それだけ仕事のトラブルを解決することは難しいことでり、同じ苦労を分かち合った者同士でなければ絆は生まれません。

男女では強い絆が時には恋愛に結びつくことがあり、相手のことが3割増しで好感を持つこともあります。

同じ苦労を乗り越えたことは二人だけの絆なので、困難な状況になるほど絆もつよくなり、相手に対する評価も上がっていくのです。

二人だけで長時間一緒に仕事をするようになった

窓際で電話する女性
職場不倫のきっかけとして、長時間二人きりで一緒に仕事をすることが挙げられます。

いくら仕事とはいえ男女が一緒にいることが多くなれば、お互いの存在を意識することは間違いありません。

もちろんお互い仕事だと割り切って接していたとしても、ふとした瞬間に張りつめていた緊張の糸が弾けることがあるでしょう。

たとえば休憩時間や軽い雑談をすることがあれば、その時は仕事モードではなく男女の関係になるのです。

職場では恋愛を意識することはないものの、仕事以外の会話によって相手を異性だと再認識することもあるでしょう。

そうなれば一緒にいる相手に対して好意を持ちやすくなるため、いつの間にか恋愛対象として相手を意識してしまうのです。

好感を持ちやすい理由は心理学でも証明されており、自分の目に映る頻度が多くなるほど相手に好感を抱きやすくなります。

そもそも嫌いな人のことは見たくもありませんし、逆に好きな人や仲が良い人ほど、相手を見る回数は多くなるのは自然な流れでしょう。

二人だけで一緒にいる時間が長いほどお互いだけを見る頻度が多くなるため、他の人よりも好感度が高くなりやすいといえます。

いくら仕事でも嫌いな人とずっと一緒にいるのは嫌ですが、仲が良い人なら苦ではありませんよね。

この好感度が高くなることによって二人の関係も良くなり、不倫の始まるきっかけになるのも時間の問題です。

先輩・後輩の関係で相談に乗ってもらった

浜辺でまったりするカップル
恋愛では相談に乗ってもらった相手のことを好きになるケースはありますが、職場でも同様なことは起こり得ます。

先輩と後輩という関係性では、仕事のことで相談に乗ってもらうことも多いでしょう。

先輩のことを尊敬できる相手だと思えるようになれば、仕事ぶりだけでなく生き方や所作に至るまで憧れる存在になることもあります。

職場で後輩ができると先輩としての自覚が生まれてくるため、後輩に仕事ができないと思われないように努力するはずです。

これが好循環となれば先輩としての威厳を保てますし、後輩の面倒を見る自覚も生まれてくるでしょう。

職場では信頼関係も大切なことですが、先輩と後輩でも信用できる人とできない人はいるものです。

職場の先輩として相談に乗ってもらったことがきっかけで、よりお互いの関係が良くなることもあるでしょう。

これが男女であれば仕事だけでなく、先輩への憧れから恋愛に発展するケース珍しくありません。

後輩が先輩に憧れを抱くようになれば、仕事の悩みを相談することもあるでしょう。

ズバッと解決策を提示してくれれば、さらに好感度が増して好意を持つようになります。

先輩としてもかわいい後輩に慕われるようになれば、後輩に対して他の人とは違う特別な思い入れをするようになるはず。

本来であれば職場の先輩と後輩という立場で終わりですが、いつしか好感度が好意に変わり、不倫にまで発展してしまうのです。

男女の恋愛は年齢や肩書など関係ないので、お互いを知るきっかけさえあれば距離を縮めることができます。

職場では相談に乗ってもらったことがきっかけで、不倫に発展することもあるので気をつけたいですね。

職場では見せない意外な一面を見た時

踊る男性
職場では当然仕事モードの顔になっていますが、これは誰でも同じことでしょう。

仕事とプライベートではまったく違うという人も珍しくありませんし、意外な一面を垣間見せる人も多いものです。

職場ではいつも怒鳴ってばかりの人が、プライベートになると何も言えずにおとなしい性格なる人もいます。

また、真面目に仕事をしているのに、プライベートではだらしない生活を送っているという人もたくさんいるはず。

仕事とプライベートで見せる顔が違うため、職場だけでは本当の相手を知ることができません。

プライベートが本当の顔であり、職場は仮の姿という人が圧倒的多数でしょう。

そんなプライベートの一面を見ることができれば、思わぬギャップにドキッとしてしまうケースも珍しくありません。

仕事業務の合間にプライベートな一面を見せることもありますが、例えば食事や外出先でも行動です。

意外にケチだった、優しい言葉をかけてくれた、先輩がダメ人間だった、仕事はできないけど常識があったなど、どんなことも職場では見せない姿にドキッとするものです。

その人の意外な一面を見たことによって相手を意識するようになり、二人の関係が急接近するきっかけになることもあります。

相手の弱い部分を見た時

雨の中を歩く男性
職場で弱い一面を見せることはできませんし、誰もが必死で仕事を頑張っています。

もちろん仕事への愚痴やストレスもあれば、弱気になって嫌になることもあるでしょう。

そんな素振りは同僚や仕事仲間に見せることはできないため、それぞれが自分なりに解決するしかありません。

だからこそ仕事ができる人や先輩の立場では、弱い部分を見せることができないので、常に仕事モードで気を張っているはずです。

しかし、いつまでも弱みを隠し通すことは難しいことでしょう。

仕事ができる人が悩んでいる姿を見ると、いつもの強気で自信を持って仕事をしているのに、そんな弱い部分があったことに驚くはずです。

ギャップがあるほど印象的になり、同時に相手に対して優しい気持ちになれます。

助けてあげたいという思いになれば、距離を縮めるきっかけにもなりますし、お互いの好感度も上がって関係性もよくなるはずです。

自分の弱い部分を見せると足元をすくわれるといわれる一方、素直に弱さを見せることで助けてもらうこともできます。

不倫関係が始まるきっかけとしても、相手の弱い部分を見て助けてあげたという思いから急接近することもあるでしょう。

仕事ができるカッコイイ男性に憧れるだけでなく、逆に弱い一面を見せてくれる男性に母性を感じ、不倫関係になることもあります。

普段弱い部分を見せない人ほど、相手の印象も大きく違ってくるので、普段は自立して仕事を何でもこなせるように努力しましょう。

職場不倫を繰り返す男性の特徴

若い女性を特別扱いする男性

微笑む女性
職場不倫を繰り返す男性の多くは、若い女性を特別扱いするという特徴があります。

不倫相手の彼女選びとして、若い女性をターゲットにすることは多いでしょう。

年齢的に若い方が恋愛に対して奔放であったり、たまには冒険して不倫をしてみたいという願望を抱く人もいるかもしれません。

また、年上男性や上司は仕事ができる男性として尊敬しやすいため、職場の関係性をそのまま不倫関係に繋げることもしやすいといえます。

経験豊富な女性になると不倫の大変さやリスクを知っているため、どんなにいい男でも職場恋愛はしないと決めている人もいるでしょう。

そのため若い女性の方が不倫相手にしやすいため、距離を縮めて気に入られるために特別扱いすることも多くなります。

あからさまな特別扱いではなくピンチの時にサッと助けてあげるなど、自分の好感度を上げるような対応をします。

仕事ができる男性から誘われると、自分の評価も上がったような気になるので、つい不倫関係に手を出してしまう女性もいるようです。

そんな若い女性をターゲットにするため、普段から若い女性の好感度を上げるためにコソコソ動いているのです。

社内で仲の良い同僚や味方がいない

遠くを見つめるイケメン
職場不倫を繰り返す男性の特徴として、職場には自分の味方がいない傾向が高いです。

職場で仲が良い同僚がいれば、不倫をしていれば必ず止めてくれるはず。

不倫をしている時は二人が燃え上がっている状態なので、正直まともな判断はできないでしょう。

仲の良い同僚がいれば正常な判断として、バレる前に不倫関係を解消することをすすめてくるはずです。

しかも職場での不倫関係は仕事を失うリスクも高いため、しっかりと助言をしてくれる人がいることは非常に助かります。

不倫を繰り返す男性は職場どころか、身近に助言をしてくれるような人がいないため、自分が不倫をしていることがどれだけリスクがあるか判断できないのかもしれませんね。

不倫相手の女性が職場にいれば、自分もしくは彼女のどちらかは会社を辞めることになるのが一般的です。

不倫をしている時はバレるワケないと思っているため、バレた時のリスクなど考えないのでしょう。

今までバレたことがなければ、余計に職場不倫を繰り返すことも多くなります。

それだけ男性が魅力的で女性から慕われやすいのかもしれませんし、不倫という火遊びにドキドキしたい女性もいるのかもしれません。

ターゲットになるのは若い女性が多いため、あまり仕事にこだわりを持っていない人も多いでしょう。

そのため職場不倫をしてどんなリスクがあるか、今後の仕事がやりにくくなることなど一切考えていないはずです。

職場に仲の良い同僚や味方がいれば、自分だけでなく不倫相手の女性のこともなだめるでしょう。

大人になると自分の行動を否定したり怒ってくれる人も少なくなるので、自分の行動が悪いと指摘してくれる人もいなくなります。

不倫は誰にも迷惑をかけていないと、心の中で思っているかもしれません。

結局バレた時には自分だけでなく、まわりにも多大な迷惑がかかりますが、そんなことよりも自分の意見を優先してしまうのが不倫男の特徴です。

その行動を止めてくれる仲間や同僚がいないので、何度も不倫を繰り返してしまうのです。

仕事ができて憧れられる存在

電話するだ根氏
職場不倫を繰り返す男性の特徴は、女性社員から憧れの対象となるくらい仕事ができる男性です。

そもそも仕事ができる男性がモテるのはごく自然なことで、多くの女性から好感を持たれることも多いでしょう。

仕事ができる男性と一緒になれば将来も安泰ですし、考え方や行動もテキパキしているので、しっかりリードしてくれるというイメージがあります。

会社での仕事歴が少ない女性ほど、仕事ができる男性に憧れやすいため、3割増しで良く見えるのは間違いありません。

もちろん仕事ができるからといって、男としての魅力があるかは別ですし、なにより男女の恋愛では相性が重要なポイントです。

仕事ができる男性は自己中心的な人も多く、自分を上に見ている人も少なくありません。

そのためリードしてくれる男性を望む女性にとっては、すべてを率先してリードしてくれる男性に魅力を感じやすくなるのです。

仕事ができる男性が職場不倫をしてしまう理由は、女性社員の方から近づいてくるパターンが多いといえるでしょう。

どんなに仕事ができる人でも、プライベートで女性の方から近づいてくることはほぼありません。

あくまでも憧れは職場の中だけですが、仕事しか接点がないため次第に惹かれていきます。

既婚男性にとって奥さん以外の女性との接点があることは嬉しいですし、若い女性から憧れられたら調子に乗る人もいるでしょう。

とりあえず誘ってみたら不倫関係になれたというのが現実かもしれませんが、女性を口説こうとする男性はやはり根っからの遊び人です。

仕事を頑張った反動で思いきり遊ぶ人も多いですが、その遊びが女性との不倫遊びであり、バレないように関係を続けるスリルを楽しんでいるのかもしれませんね。

性欲が強くて男性としての魅力がある

ダンディーな横顔
職場不倫をする人の大きな特徴として、やはり性欲が強い男性は当てはまりやすいといえます。

女性からモテるのは男性として魅力的なのは間違いありませんが、それだけ女性と恋愛慣れしていたり、女性との不倫を楽しみたいと思っているのでしょう。

性欲が強いので不倫関係であっても、バレなければ楽しい時間が過ごせるという思いがあるのかもしれません。

実際に不倫関係の方が燃え上がるので、性欲の強い男性にとってはより興奮できるかのかもしれませんね。

奥さんとの夜の営みだけでは満足できないのか、あるいは飽き性で新しい女性と関係を持ちたいと思っている可能性もあります。

男性によっては一度抱くと満足してしまうため、一夜限りで女性を求める人もいます。

さすがに既婚惰性や不倫関係では飽き性の男性はリスクが高いので、職場不倫では自分のフェチを満足させてくれる女性を探しているのかもしれません。

時には普段と違ったプレイを楽しみたいと思う人もいますが、奥さんに断られてしまうパターンもあるでしょう。

不倫相手ならば身体の関係を重視して付き合えるので、自分のフェチプレイも楽しませてくれる女性を見つけられるかもしれません。

女性も不倫という特別な関係は誰にもバレないため、二人だけになれば普段しないようなプレイもやってみようと思うこともあるはず。

不倫で燃え上がっているからこそ、ノーマルなエッチでは盛り上がれないことも考えられるため、性欲の強い男性にとっては嬉しい状況です。

性欲を満たすだけなら風俗店に行けば済みますが、普段真面目に働いている女性社員が淫らな行為をしていることに興奮する男性もいます。

特に会社では自分だけしかその淫らな姿を知らないため、優越感を持って接することができるのも、不倫男にとって楽しみのひとつかもしれません。

いずれにしても性欲が強くてモテる男性ほど、社内不倫ではフェチ願望を叶えるために、何度も不倫を繰り返してしまうことも珍しくありません。

危険!職場不倫にハマりやすい女性とは

自分を好評価してくれる男性に弱い

大好きな彼とベンチに座る女性
不倫をしやすいのは男性だけでなく、女性も不倫にハマりやすい人はいます。

女性は自分を評価してくれる相手に好意を持ちやすく、特に男性から好かれると次第に惚れてしまうケースは少なくありません。

第一印象が悪かった男性からずっと言いようられると、相手の良いところを見るようになって最後は付き合ってしまうパターンです。

今までモテたり褒められた経験が少ない女性ほど、積極的な男性に惚れやすい傾向があります。

仕事では自分なりに頑張っても、誰からも評価してもらえないのが一般的。

そんな自分の頑張りを見ていてくれる男性がいると、キュンとすることもあるでしょう。

自分のことを見ていてくれる男性や高評価をしてくれる人には、自分の心を開きやすくなるので急接近します。

これが職場だと不倫関係のきっかけになりますが、不倫のリスクよりも自分の気持ちを優先してしまい、結果的に職場不倫にハマッてしまうのです。

職場不倫になればお互いが秘密を共有するため、より強い絆で結ばれることになるでしょう。

このドキドキ感や特別な日常生活は、自分を評価してくれた男性としか味わえない景色のひとつです。

一度味わってしまうとなかなか日常生活には戻りたくないため、職場バレのリスクを覚悟してでも職場不倫にハマってしまうのです。

求められることに悦びを感じる女性

花束を渡す男性と照れる女性
職場不倫にハマりやすい女性は、自分を求めてくれる男性がいると悦びを感じてしまう女性がハマりやすい特徴のひとつです。

そもそも既婚男性が他の女性を求めること自体おかしいので、普通の女性は避けるはずです。

しかも職場で不倫しようと誘ってきたら、他の女子社員に口コミで広まってしまうでしょう。

そのため職場不倫をすることはハードルが高いといえますが、中には相手が既婚者でも自分を求めてくれるのであれば、悦びを感じてしまう女性もいます。

愛に飢えていたり性欲が強いというよりは、自分を必要としてくれる男性がいることが嬉しいのです。

人に尽くすことで自分も満足したり、男性から誘われたら断れない性格で流れに身を任せてしまう女性もいるでしょう。

相手は職場の男性なので、はっきり断ると仕事にも影響があるかもしれません。

しかし嫌ならはっきり断れるはずですが、断らないでなし崩し的に関係が進んでしまうのは、求められることに悦びを感じるM女の可能性は高いでしょう。

男性が求めてくれば拒まず悦びを感じるため、相手が飽きるまで関係は続いていきます。

一度不倫関係になれば簡単には関係解消はしないので、結局は不倫も長い期間続くことになるでしょう。

既婚男性にとってお互い相思相愛なのか、あるいは身体だけの関係なのかはどちらでも構いません。

自分が求めた時に素直に受け入れてくれる女性であるほど都合もいいですし、より二人の関係も進んでいくことになるでしょう。

求められることで自分の存在価値や存在意義を感じている女性も少なくないため、結局はお互いを求めているのかもしれませんね。

近くに頼れる相手がいない

振り向く美女
不倫にハマりやすい女性は身近に頼れる相手がいないため、正しい判断ができずに不倫にハマッてしまう可能性もあります。

親友や仲の良い友達がいれば、不倫をしようとすれば全力で止めるはず。

たとえ既婚男性のことが好きでも、不倫をすればどうなるか説明し、全力で不倫関係にならないように止めるのが本当の友人でしょう。

恋愛では好きになってしまえば、たとえ親友から止められても言うことを聞かないことはあります。

しかし不倫の代償は恋愛とは違うため、わざわざ親友が辛い思いをするのを見過ごすワケにはいきません。

既婚者を好きになった時点で相談できる相手が身近にいれば、不倫を経験しなくても済んだかもしれませんね。

常に一人ぼっちで生活していたり、相談できるような人が身近にいないケースでは、少しくらいならと不倫に手を出してしまうこともあるでしょう。

もちろん二人の相性が悪ければ不倫関係はすぐに解消しますが、お互いがバレてはいけないという共通認識の下で会うため、恋愛よりも強い信頼関係が生まれます。

結果的に不倫というドキドキ感やスリルにハマッてしまい、職場不倫から抜け出せなくなってしまうケースもあるので気をつけたいですね。

身近に相談できる相手がいることは、人生においても重要なことなのかもしれません。

職場不倫は雰囲気でわかる!バレるきっかけ

アイコンタクトでやり取りしたのを見られた

見つめる赤い服の女性
職場不倫がバレるきっかけとして多いのは、アイコンタクトでやりとりしているのを目撃した時です。

仲間数人で会話をしている時にふと二人が一瞬だけ目が合い、何かを察したかのようにアイコンタクトをすることがあります。

アイコンタクトはカップルですることが多く、独特な雰囲気をまわりに感じさせる行為です。

本人たちは周囲にバレていないと思っていても、何となく雰囲気で周囲にバレます。

独特な雰囲気が二人から伝わってくるので、感がいい人ならすぐに二人の関係に気づくことができるでしょう。

そもそも同僚とアイコンタクトすることはありません。

そのため目が合う回数がおおかったり、一瞬でも目を合わせて察するような行動をした時はすぐにバレてしまうでしょう。

お揃いのアイテムを持っているのを気づかれた

スマホをいじる二人
不倫は誰にもバレてはいけないので、二人の関係を話すことができません。

そのため職場では二人だけが他人と違うという証が欲しくなります。

お揃いのアイテムを一緒に持つことで他の人との差別化を図ることは、特別な関係の男女がよくする行為のひとつです。

職場不倫であればお揃いのアイテムを持つことは限られているので、目ざとい人ならすぐに気づけるでしょう。

ボールペン、スマホケースのアクセサリー、付箋など、職場では文房具などでお揃いアイテムを使うことがあります。

たまたま一緒だったという言い逃れもできますが、今まで持っていなかったのに急に持ち始めたのであれば、周囲にはすぐにバレてしまいます。

お揃いアイテムを持つことは職場不倫のあるあるですが、バレるきっかけにもなりやすいので気をつけましょう。

仕事中にお互い機嫌を出してしまった

言い争うカップル
不倫関係を続けているうちに、どうしてもケンカをしてしまうこともあるでしょう。

「なかなか会ってくれない」「職場で他の女性に優しくしていた」など、嫉妬によるケンカは職場不倫でもよくあることです。

二人のケンカは周囲の人も敏感に感じやすいため、何かったと気づきます。

普段から仲が悪い社員同士ならいつものことで済みますが、不倫関係になるくらいなので、今までは仲良く仕事をしていたはずです。

職場では仕事でイライラしても、できるだけ機嫌を出さないようにするのが大人のマナーです。

そのため少しでも二人が機嫌悪く仕事をして微妙な空気感になっていれば、もしかしたらと気づくきっかけになります。

有休を同じ日にとっていた

芝生でくつろぐカップル
職場ではちょっとしたことで不倫バレするきっかけになりますが、有給休暇を同じ日に取得すれば一発で怪しまれてしまので注意しましょう。

今では有給休暇を取得することは当たり前になってきましたが、同僚が仕事を負担しなければなりません。

これは全員が同じ状況になるため、助け合いながら何とか仕事をこなすはずです。

問題なのは同じ日に休みを取ることで、どんな理由であっても二人の関係を疑う人はいるでしょう。

職場では常にバレないような行動をとり、仕事終わりから家に帰る前のほんのひと時を二人で過ごすしかできません。

そのため、たまには有給休暇を使って同じ日に休み、1日ゆっくり過ごしてみたいと思うこともあるでしょう。

既婚男性も不倫をしているため、奥さんよりも彼女のことを優先するはずです。

同じ日の休み取得はどんなに鈍感な人でも、不倫を疑うきっかけになる可能性もあるため、できるだけ避けた方がいいでしょう。

SNSで同じような内容を投稿していた

スマホチェックする女性
個人でSNSを活用している人は多いですが、そのSNSが原因で不倫がバレてしまうケースは多々あります。

SNSで活用されるのはTwitterやインスタグラムですが、誰でも手軽に投稿することはできます。

たまにはどこか出掛けたいと思った時、ふと気が緩んで二人とも写真を撮影してしまうこともあるでしょう。

もちろん二人のツーショット写真などはアップしないモノの、同じ場所に行ったり内容が酷似していることを発見すれば、すぐに不倫バレする可能性は高くなります。

職場の人には誰にも教えていないと思って油断しているかもしれませんが、職場の人をSNSで見つけるのが好きな人もいるようです。

職場不倫の落とし罠は、職場以外の場所ではハメを外してしまうことです。

普段は職場で気を張っているので、二人きりになれる状況だと気が緩んでしまうので、SNS経由でバレてしまう危険性があるので気をつけたいですね。

またSNSでは確証はないものの、二人の関係が怪しまれることが大きな問題です。

なぜならSNSで特定した人が職場不倫を確信していれば、二人に対して直接報告する可能性があります。

しかし、確信が持てずに二人の関係が怪しい程度だと、同僚に伝えて判断してもらうケースもあるでしょう。

そうなれば職場不倫の確証がなかったとしても、怪しいと思われている時点で二人の関係はさらにギクシャクしてしまいます。

外で会おうとしても、もしかしたら同僚に出会うかもしれないと思えば、今後は部屋で会うことしかできなくなるでしょう。

SNSではカップルが同じ内容を投稿したり、わざと恋人がいることを匂わせるような写真を投稿する人もいます。

職場では噂話が出るだけでも面白がる人はいるため、職場不倫をするならSNSはやめた方がいいかもしれませんね。

職場不倫がばれないために気を付けるべきポイント

職場の人は信頼できないと思って相談はしない

コーヒーを飲む女性
職場不倫がバレるきっかけとして多いのは、自分たち以外から関係がバレてしまうことです。

信頼できる相手に相談したとしても、当事者以上に周囲に気を遣って行動することはありません。

ちょっとした会話の中で二人の関係を匂わせるような発言をしてしまったり、相談された内容をポロっとしゃべってしまうこともあるでしょう。

相談した相手がいくら口が堅くても、お酒の席でしゃべってしまうケースもあります。

職場不倫をする時には誰も信頼しないで、二人だけの秘密にしておいた方が無難かもしれませんね。

目線ひとつでバレるので相手を見ない

不満そうな顔の女性
職場不倫のバレるきっかけとして、二人のアイコンタクトで気づかれるケースは多々あります。

そのため職場では一切目を合わすことなく、できるだけ会話をすることもないようにしましょう。

職場でまったく接点がなければ不倫を疑われることはありませんし、お互いを意識することもないため、不倫を匂わせる行動をすることもありません。

職場では仕事以外のことを話さないようにすることで、不倫バレのリスクを下げることができます。

火のない所に煙は立たぬと言われますが、二人が話をすることする場面さえ見せないように気をつければ、職場不倫もバレることはないでしょう。

退勤時間の行動に気をつける

待ち合わせする女性
職場不倫ではお約束のように、仕事終わりに会うようになります。

二人が会える時間は限られているので、少しでも長く一緒にいるためには、退勤時間を調整したくなるでしょう。

しかし今までと違う行動をとることで不倫バレするリスクが高まるため、退勤時間を調整するだけでも職場不倫を気づかれるケースはあります。

職場では意外と自分よりも早く帰る人のことは覚えているものです。

これは自分も他の人の行動を把握しているはずなので、お互い様だといえるでしょう。

そのため普段とは違った行動をとるようになれば、何かあったのかもしれないと気になります。

例えばいつも同じ時間の退勤していたのに、少し退勤時間が遅くなったり、逆に急いで帰ることが多くなるケースです。

普段と少しでも違う行動をとることで、周囲の人には大きな行動変化となるため、不倫バレのきっかけになります。

職場不倫バレを防ぐためにも、できるだけ二人の出勤や退勤時間を変えないことがポイントです。

二人にしかわからないルールを決めておく

笑顔で遠くを見つめるカップル
職場不倫がバレないようにするには、二人にしかわからないルールを決めておくのも有効な手段のひとつです。

電話やメールは仕事中利用しにくいため、仕事終わりの待ち合わせ場所を決めるのも大変でしょう。

二人がわかりやすい暗号や特定キーワードを会話に盛り込むことで、仕事終わりの待ち合わせ場所を決めることもできます。

あるいは慎重を期して話をしないようにしているのであれば、お互いのデスクに目印をなるものを置いておくのもいいでしょう。

パソコンに付箋を1枚貼っていればカフェ、2枚なら直接部屋に行くなど、二人だけにしかわからないルールを決めておきます。

職場不倫がバレないようにするには、職場での接点も無くした方がいいので、より分かりにくい方法を自分たちで考えましょう。

こういった二人だけの暗号や秘密を考えることも、二人の絆を深めることにもなります。

二人の関係を公言できないのは不倫では仕方ないことなので、逆に二人だけの秘密の関係を楽しめるように、二人だけのルール作りは不倫バレにも有効です。

スマホに証拠は残しておかない

スマホチェックする女性
職場不倫がバレないための対策として、スマホに証拠を残さないこととは大切なポイントです。

スマホはプライバシーがたくさん詰まっているので、他人のスマホを覗き見することはタブー視されています。

しかしたまたまスマホ画面を見えてしまった時、写真や名前を見られてしまえば一発でバレてしまうでしょう。

特にSNSを個人で活用している人は、思わぬところから不倫関係がバレてしまうケースもあります。

例えばTwitterにアップしている写真が、同じ場所からの投稿だと特定されてしまえば不倫バレも簡単にされてしまうでしょう。

普段はしないようなミスを1つでもすれば、職場不倫も簡単にバレてしまうため、不倫中はスマホに証拠を残さないことが大切です。

職場不倫はバレるとリスク高!細心の注意を払って行動する

ベンチで寄り添うカップル
職場不倫は一般的な不倫よりもバレるリスクが高く、しかも仕事を失う危険性まであるかもしれません。

不倫バレしてそのまま働くにしても、まわりからの評価は下がるため、今まで通りに仕事をすることも難しくなります。

お互い不倫バレしないように気をつけていても、勘が鋭い同僚はいるので気づかれてしまう危険性もあります。

職場不倫はバレるリスクが非常に高いため、細心の注意を払いながら二人の絆を深めていきましょう。

おすすめの記事