イケメン

年下の男性から言い寄られたとき、本気で誘われているのか気になるでしょう。

人生の先輩としては大人の女性として振舞いたいものですが、本気かどうかもわからない相手にはどうすればいいか迷ってしまいます。

そこで年下男性が本気になっているのかを探る方法を紹介します。

思っているよりも大人の女性は人気があるので、かわいいと思われている瞬間も紹介するので参考にしてください。

年下男性が年上の女性を可愛いと思うとき

しっかりしてそうでドジな行動をとった

しかめっ面の女性
年下男性が年上女性のことをかわいいと思う瞬間は、ドジな一面を見てしまったときです。

大人の女性としてマジメなタイプだと思っていたのに、実はドジな一面があると知れば、ギャップ萌えしてかわいいと思うでしょう。

真面目そうなのに実は面白かったり、怖そうなのに実は女の子らしい一面があるなど、ギャップに男性は弱い傾向があります。

特に年上女性は人生経験が豊富なだけでなく、恋愛経験も豊富だと思っているので、年下男性のことを軽くあしらう気量を持っていると思われているかもしれません。

ただ年上というだけでも大人のいい女として見られやすいのに、人生や仕事でも経験豊富になることですべてにおいて余裕が生まれます。

仕事も慣れれば余裕を持って作業することもできますし、恋愛では男性を優しくリードすることもできるでしょう。

そんなしっかり者の女性が実はドジだとわかれば、ギャップ萌えしてかわいいと思うのは当然です。

男性が女性のことを意識するのは、見た目がかわいいだけでなく、しぐさや行動がかわいいと思うことも意識するポイントですよ。

年上女性というだけでもハードルが上がっていますが、そんな年上女性がドジな一面を見せると、親近感が涌いてかわいいと思うこともあります。

子供っぽい一面を見たとき

画面を見て怒る女性
年下男性が知っているのは、普段大人の女性として魅力を醸し出している姿でしょう。

もしもそんな魅力的な大人の女性の子供っぽい一面を見たとなれば、ギャップ萌えしてかわいいと思うはずです。

見た目は化粧をしてキレイに魅せたり、ダイエットを頑張ってスタイルを良く魅せようとしているかもしれません。

しかしいくら外見を磨いたとしても、中身が伴わなければ大人の女性になることは難しいでしょう。

そのため普段からキレイで憧れている年上女性なのに、子供っぽい姿を見るとかわいいと思って意識してしまいます。

みんなでゲームをやったときに、負けず嫌いで本気になってプレイする人もいますよね。

必死で何かに取り組むことは大切ですが、ゲームで楽しくプレイするよりも勝敗にこだわることが子供っぽいと感じることもあります。

大人になると何かに熱中することも少なくなりますが、ゲームでも必死でプレイする人は、羨ましいとさえ感じるかもしれません。

必死になって頑張る姿を見ることで、子供っぽいと感じて女性をかわいいと思ってしまうのです。

決して頑張ることが子供っぽいのではなく、「こんなことにも全力で?」と思うことが大人と子供の差だといえます。

また怒りっぽい性格の人は、まわりから子供っぽい性格だといわれることもあるでしょう。

自分の思い通りにいかないと、すぐにわめいたり泣いたりする人もいます。

大人になれば我慢することを覚えますが、子供は自分の感情を優先してしまいます。

そのため大人になってからも我慢できず、衝動的に行動するような人は子供っぽいと思われることも多いでしょう。

「大人の女性なら我慢できるでしょ」と思えるようなことでも、自分の気持ちを優先しようとする年上女性は、わがままというよりもかわいいと思ってしまうことがあります。

無防備に寝ている姿を見たとき

白ニットの女性
男性は女性の無防備な姿を見るとかわいいと思うことがあります。

普段は自分をキレイに見せるために化粧を頑張ったり、ダイエットして努力していることでしょう。

自分がキレイになりたいという願望は、人からキレイだと思われたいという気持ちがあるからです。

そのため普段から見られることを意識することも多く、気を遣っている部分も男性よりも多いはず。

しかしふとした瞬間に気が緩んでしまうこともあるため、人には見せたくないような一面を見せてしまうこともあります。

例えば人の寝顔は無防備な部分であり、誰にも見せたくはないでしょう。

特に同僚や知り合いにはいくら仲がいいとはいえ、無防備な姿を見せたくはないものです。

そのため普段はキレイで大人っぽい年上女性なのに、無防備な寝顔を見たときはかわいいと思われてしまうでしょう。

女性にとって恥ずかしい寝顔も、男性にとってはかわいいと思う瞬間のひとつ。

なぜなら大人になってから彼氏や友達など、距離感が近い人以外にはなかなか寝顔を見せることがないからです。

たとえ友達でも寝顔を見たことがない人はたくさんいるはずなので、よほどの機会がなければ寝顔を見ることはできないでしょう。

男性は女性の寝顔だけでなく、すっぴん姿やドジな一面をかわいいと思うこともあります。

女性が恥ずかしいと思うようなことが男性にとってはかわいい瞬間であり、普段見ることができないからこそ貴重だという気持ちもあるでしょう。

年上の大人の女性が普段はキレイで憧れる存在なのに、寝顔を見た瞬間に親近感を覚えてかわいいと思ってしまいます。

「この寝顔を何度も見たい」という気持ちから、恋心に発展している可能性もありますよ。

一人だと思って歌ったり独り言をしゃべっていたとき

おもいきり笑う女性
普段一人で家にいるときは気を許しているので、つい独り言をしゃべったり歌を歌ったりすることもあるでしょう。

プライベートで一人の時間は、自分が一番リラックスして気を許しているときです。

そのため自分の気持ちやテンションによって行動も変わってくるので、つい人前ではしないようなことも無意識のうちにしてしまうことがあります。

独り言や歌を歌うことは気を許しているときに、ついやってしまう行動のひとつですが、そんな場面を見られるのは恥ずかしいものです。

しかし年下男性にとっては独り言や歌を歌っている瞬間を見たとき、かわいらしいと思うことの方が多いでしょう。

なぜなら子供のような一面があると思えるので、無防備というよりも無邪気な一面を垣間見たからです。

誰もいないと思って独り言を話していたのに、会話を聞かれていたら恥ずかしいと思いますよね。

歌を歌っているのも同じで、自分では誰もいないと思っているからこそ、普段の姿を見せてしまうのです。

実はすべて見られていたというのは、気恥ずかしい気持ちになりますが、そんな女性の姿を男性はかわいいと思います。

男性にとってしぐさや見た目がかわいいというよりも、恥ずかしがるような行動をとっているときの女性をかわいいと思う瞬間は多々ありますよ。

好意のある視線で脈があるか知る方法

目が合う頻度が多い

秘密を共有
年下男性からのアプローチされたとき、好意があるかを判断する基準はいろいろあります。

好きな相手のことはつい見てしまうので、目が合う頻度が多いほど相手が好意を持っているといえるでしょう。

たまたま同じ人と目が合うこともありますし、相手が見ているからこちらもつい見てしまうと思っているかもしれません。

そのため目が合う回数が多いからといって、必ずしも相手に好意があるとはいえないでしょう。

目が合うだけでは必ずしも相手が好意があるとはかぎらないので、勘違いしないようにしたいですね。

逆に相手も「よく目が合うから好意があるかもしれない」と思っているかもしれません。

自分ではまったく好意もなければ意識していないのに、たまたま何度か目が合っただけで好きだと思われるのは嫌ですよね。

目が合うだけでは勘違いしやすいので注意しましょう。

見つめてくる時間が長い

花束を後ろに隠す男性
目が合うだけでは相手が好意があるとはいえませんが、長く見つめてきたら好意を持っているといえるかもしれません。

たまたま目が合うこともありますが、普通ならすぐに目を逸らしますところを、そのまま見つめてくるのは相手を意識しているからです。

自分の気持ちを伝えたいという想いから、相手に自分のことを意識してもらうために見つめようとすることもあります。

まったく気にならない相手の目を見つめることは、普通の生活の中でも会話をするときくらいでしょう。

もちろん会話しているときは相手の目を見て話しますが、何も会話していない状況で相手が見つけてきたときは、好意がある可能性が高いといえます。

なぜ好意があると確定できない理由としては、単純にボーっとしていたり逆に見つめられたからこちらも見ているという可能性もあるからです。

何気なくボーっとしているときは、目の焦点が合わないまま一点を見つめてしまうこともあるでしょう。

たまたま見ていたところが相手の目線近くだったため、見つめられたと勘違いすることもあります。

また相手がジーッと見つけてきたから、何かあると思って自分も見つめ続けているという場合もあるでしょう。

見つめているだけで相手の好意を確定することはできませんが、かなりの高い確率で好意があるといえます。

なぜなら何とも思っていない相手や嫌いな人を、ジーッと見つめることはないからです。

相手が好きな人だからこそつい見つめてしまう気持ちがあるので、見ていたときにたまたま目が合ってしまうことがあります。

好きな人とならいつまででも見つめ合っていたいものなので、つい気持ちが行動に出てしまい、見つめてしまう時間が長くなってしまうのです。

目が合ったらすぐに逸らしてしまう

男性の顔アップ
好きな人と目が合った瞬間にテンションが上がってしまうので、恥ずかしい気持ちから目を逸らしてしまうこともあるでしょう。

恋愛しているときはつい好きな人のことを見てしまいますが、ずっと見つめ合いたいという願望がありながらも恥ずかしい気持ちがあるでしょう。

そのため目が合った瞬間に逸らしてしまいますが、恥ずかしい気持ちは態度にしっかり出ているものです。

普通の生活の中でも見知らぬ人と目が合うこともありますが、意識することなく目を逸らすでしょう。

しかし相手を意識しているときは自然に目を逸らすことができずに、目が泳いだり固まってしまうこともあります。

好きな人に見られたら自然体でいることができずに、ぎこちなくなることもありますし、緊張するほど目が泳いでしまうものです。

そんな姿はいくら隠そうとしても相手にバレバレなので、ちょっと様子がおかしいと察することができます。

目を逸らしたときに挙動不審になっていれば、自分のことを意識しているとすぐにわかるので、好意があるかもしれないとわかるでしょう。

これは自分が好きな人ができたとき、誰もがやってしまう行動のひとつなので、恋愛に鈍感な人でも相手の気持ちに気づくことはできるはずです。

特に相手が年下男性であれば、憧れる年上女性に緊張してしまい、挙動不審のような態度になることも珍しくありません。

年下男性だからこそ恥ずかしがる素振りを見せやすいため、目を逸らしたときの態度をチェックすれば好意に気づくことができるはずです。

積極的?脈があるときの行動や態度ははっきりしている

話をする距離感が近い

ベンチでくつろぐカップル
年下男性が積極的になっているときは、相手の態度をチェックすれば好意に気づくことができます。

そのひとつに話をする距離感が近いほど相手の好意を感じとりやすいですし、脈ありな行動だと判断してもいいでしょう。

男女の距離感は夫、恋人、友達、同僚、他人でそれぞれ違っています。

ほんの数センチの距離感の違いですが、知らぬ間に誰もが同じような距離感で接しているものです。

パーソナルスペースは自分と相手との関係性によって、距離感も変わってきます。

そのため少しでも距離感が違うと思えば好意を感じたり、逆に不快感を感じることもあるでしょう。

友達の距離感からいきなり恋人の距離感に変われば、嫌悪感を抱きくことは必至です。

逆に恋人が友達の距離感で接してくれば、違和感を感じて愛が冷めてきたと感じるかもしれませんね。

お互いの関係性と距離感は決まっているため、少しでも距離感が違うと違和感を感じるものです。

もしも年下男性が距離感を少し縮めてきたときは、友達や同僚の立場から恋人になりたいという気持ちの表れかもしれません。

もちろん恋人になる前に距離感を縮めるのは嫌がられますが、好きな気持ちが距離感を縮めてしまったのでしょう。

誰でも好きな人とは近づいていたいと思うので、気持ちが行動に表れたことで距離感が近くなることもあります。

年下男性にとって憧れている年上女性に対するアピールとしては、かなり積極的だといえるでしょう。

女性が嫌がれば自分のことを好きではないと判断できますし、逆に受け入れてくれればチャンスありだと思うはずです。

距離感を縮めることは単純なようですが、恋の駆け引きではかなり大胆な行動だといえます。

二人きりで話をすることが多い

ツーショット写真
男女が二人きりで話をする機会が多いほど、お互い意識するようになるものです。

好きな人と二人きりになりたいと思うのは、恋愛では至極当然な行動だといえるでしょう。

一人でいるときに年下男性が話しかけてくることが多いのは、ただの偶然ではなく一人でいるときを見計らっているのかもしれません。

二人きりで話をすれば相手は必ず自分のことを意識してくれるので、距離を縮めやすいことをわかっているのです。

特に二人で話をすることに違和感を感じなくなれば、一緒にいることが当たり前になっているので、相手に好感を抱いているといえます。

知らぬ間に年下男性の術中にハマッている可能性がありますが、二人きりで話をするのは恋愛の駆け引きではよく使われる行動のひとつですよ。

好きな人とは二人きりで話をしたいと思いますが、友達なら二人きりでなくても、何人か集まったときに話をするのもいいでしょう。

相手と二人きりで話をする機会が多いと感じたときは、年下男性が積極的に一人のときに話しかけてきているからです。

二人きりで話をするというよりは、二人きりになっている状況が多いといえるので、かなり脈ありだといえるでしょう。

褒めたり持ち上げてくれる

笑顔でスマホをいじる女性
誰でも他人から褒められれば嬉しいですし、褒めてくれた相手には好感を抱くでしょう。

大人になると人から褒められることも少なくなりますが、好きな相手を口説くときには褒めるテクニックを駆使することもあります。

褒めることで相手の機嫌が良くなれば、自分に好感を抱くようになるので、いずれ恋愛感情が芽生えてくるかもしれません。

仕事でも褒めてくれる上司には好感を抱きやすいですし、褒められた方が仕事へのモチベーションも高くなります。

人から好かれたければ相手を褒めろと言われることもありますが、褒められて嫌な気持ちになる人はいないでしょう。

しかし誰でも気軽に褒めることはしないので、褒めるのには何かワケがあるはずです。

相手から好意を持たれたいから褒めたり、モチベーションを上げて仕事をしてもらうために褒めることもあります。

年下男性が自分のことを褒めてくれるのは、純粋に好意を持たれたいと思っている可能性が高いですよ。

女性は褒められるほどテンションが上がるので、恋愛でもいい効果を発揮することもあります。

狙っている女性を褒めるのは男性がよく使う手のひとつですが、褒められて気分になることはないので、お互いにとって良い状況だと言えるのかもしれませんね。

いつも楽しい話しかしない

窓際で電話する女性
男性は好きな女性ができたとき、いつでも笑顔で笑っていて欲しいと願っているものです。

自分と一緒にいるときに楽しいと思ってくれた方が、自分にとっては嬉しい気持ちになります。

そのため年下男性と一緒にいるときに、常に楽しい話題しか話してこないときは、脈ありの可能性もありますよ。

もちろん普段から楽しい話をするのが好きな人や、楽しい空間が好きな人もいるでしょう。

それは自分と他の女性と話をしているのを比べれば、一目瞭然でわかるはずです。

年下男性が自分と一緒にいるときだけ、いつも楽しい話題しか話さなければ、意識して盛り上がる会話にしていると判断できます。

好きな人とは常に楽しい時間を過ごしたいと思っているので、あえて暗い話題を話さないようにしているのでしょう。

とにかく自分と一緒にいると楽しいと思ってもらうために、明るい話題で気をひこうとしているのです。

恋愛ではよくあるパターンですが、年下男性だからこそできる行動でもあります。

大人の関係になるとつい身体を求めてしまったり、恋愛に関係ある話をしようとしてムードを作ろうとするものです。

年下男性は恋の駆け引きではなく、純粋に好きな人から好意を持ってもらいたいと思っているため、明るい話題で二人の時間を楽しもうとしているのかもしれませんね。

これは女性にとって脈あり行動だといえるので、素直に楽しい時間を過ごしたいものです。

プライベートなことを聞きたがる

微笑む女性
好きになった人のことは何でも知りたいと思うものなので、話をしているとつい質問ばかりしてしまうこともあるでしょう。

それだけ相手に興味があるということなので、恋愛では脈あり行動のひとつとされています。

さらにプライベートな内容を聞かれることが多いのは、それだけ普段の生活のことも知りたいと思っているからでしょう。

年下男性にとって自分が知っている年上女性の姿だけでなく、自分が知らない姿を知りたいと思っているため、プライベートなことまで聞いてくるのです。

今まで知らなかったことを少しでも知ることができれば、それだけ距離を縮めることができたと思えます。

好きな人のことはどんな些細なことでも知りたいと思うものなので、逆に質問してこなければ脈なしだといえるのかもしれませんね。

プライベートな情報といえば休日の過ごし方、趣味やハマっているもの、好きなものなど、聞きたいことはたくさんあります。

そのため質問が多いほど相手のことを知りたいという気持ちの表れなので、好意を持たれていると判断して間違いありません。

逆に年下男性のことが気になれば、質問すれば何でも答えてくれるでしょう。

プライベート情報は一緒にいるか、直接相手から聞き出さなければ知ることができない情報です。

ただの友達や同僚では知ることができない情報を、自分だけが知っているという優越感もあるかもしれません。

いずれにしても好きな人のことを質問攻めにしたくなる気持ちは、恋愛ではよくある行動のひとつなので、脈ありの態度だといえるでしょう。

年下の彼が本気な時の言葉やラインの内容、連絡頻度とは

本気になるほど冗談ぽく誘ってしまう

花束を隠す男性
年下男性にとって憧れの年上女性を口説くとき、自分とは釣り合わないかもしれないという気持ちがあります。

なぜなら自分よりも大人の男性との恋愛をしている可能性が高いので、自分は相手にされないという想いがあるから。

年上女性にとって自分はかわいい年下の男の子だと思われていては、本気で恋愛してくれるとは思えないでしょう。

はっきり言えば自信がないので、本気で告白してもフラれるかもしれないという気持ちしかありません。

自分も大人の男になっているという自負はあっても、年齢の壁を超えることはできないため、なかなか年上女性と対等になることは難しいものです。

そのため本気で好きになるほど熱く愛を語るのではなく、逆に冗談ぽく誘ってしまうことがあります。

冗談ぽく告白すればダメでもあっさり断りやすいですし、お互い気まずい雰囲気になることもありません。

もしも本気で告白してフラれてしまえば、今後普通に話しかけることすらできないと思っているのでしょう。

大人同士なのでフラれても普通に接することはできますが、それすらできないほど本気で好きになっているともいえます。

大人になると若い頃のように玉砕覚悟で告白することができなくなるので、できるだけ自信を持ってから告白したいと思っているはず。

それだけ恋愛経験を積んできていても、いざ告白するときになればフラれるかもしれないという気持ちの方が勝ってしまいます。

もしも年下男性から冗談ぽく誘われたときは、かなり本気で誘っている可能背があるので、軽くあしらうよりも様子を見た方がいいかもしれませんね。

LINEでは近況報告をすることが多い

スマホチェックする女性
年下男性から用もないのに近況報告をしてくるときは、本気になっている可能性もありますよ。

好きな人には自分のことを知ってもらい気持ちと、自分に興味を持ってもらいたいという想いがあります。

そのためLINEで自分の近況を報告することで、会わないときでも自分のことを思い出して欲しいと思っているのでしょう。

直接会ったり電話をするのは、気もない相手だとめんどくさいと思いますが、LINEならしょうもない内容でも気軽に送ることができます。

あえてLINEで自分が今何をしているのか、どんなことに興味があるのかなどを送ることで、自分に興味を持ってもらいたいのです。

これでやり取りが続けば嬉しいですし、逆に返信がなくても既読さえつけば見てもらえたという安心感があります。

本気になると自分アピールをするために、いろいろなLINEを送ることもありますよ。

LINEよりも声が聞きたいと用事もないのに連絡してくる

電話する女性
LINEで自分のことをアピールしたい気持ちはありますが、やはり好きな女性の声を聞きたいと思うのは自然なことでしょう。

そのため年下男性から用事もないのに電話してきたときは、本気で好きになっている可能性があります。

付き合っていれば用もないのに連絡することもありますし、素直に「声が聞きたかった」と言えば相手も嬉しいと思うでしょう。

しかし友達や同僚から用事もないのに連絡がくれば、ちょっとキモイと思うかもしれません。

連絡頻度が多くなるほど相手が遠ざかってしまう可能性はありますが、それでも声が聞きたいと思うのは心情でしょう。

友達関係なら頻繁にLINEを送るのもありですが、電話してくるのは迷惑になります。

それを承知で用もないのに連絡してきたときは、本気だからこそ電話してしまったと解釈してあげましょう。

年上女性の器量の広さを見せてあげることで、恋愛に発展していく可能性もありますよ。

恥ずかしい!勘違いしそうになる年下男性の態度

いつも優しくしてくれる

座って話し込むカップル
大人になると恋愛経験が豊富になるので、相手が自分を好きかもしれないと察することもできるでしょう。

しかし思わぬ勘違いによってうぬぼれてしまい、恥ずかしい思いをするかもしれないので気をつけたいものです。

年下男性が優しく接してくれたときは、自分に気があるかもしれないと勘違いする女性も多いでしょう。

好きな人には優しくするものなので、自分にだけに優しくしてくれると勘違いすることが原因です。

基本的に優しい男性はすべての女性に優しくしているので、特別優しくしているワケではありません。

たまたままわりにいる女性に優しくしているところを見たことがないだけで、自分にだけ優しくしていくれたと勘違いすることもあるので注意しましょう。

優しくしただけで好きだと思われるのは、それだけ男性が魅力的だと思っているからです。

普段から何とも意識したことがない男性に優しくされても、惚れられているかもしれないと勘違いすることはないでしょう。

年下男性に対して普段から好感を持っているほど勘違いしやすいので、優しくされたくらいで好きだと決めつけないようにしたいですね。

自分だけ勝手に浮かれてしまうので、気づいたときには一人で恥ずかしいと思うはずです。

かわいいと褒めてくれるなどモチベーションを上げてくれる

話が盛り上がるカップル
男性が女性を褒めるのは好きな相手だけとはかぎらないので、年下男性から褒められても勘違いしないようにしましょう。

女性はいつもキレイでいたい願望があるので、人から褒められると素直に嬉しいともいますよね。

女性同士で褒め合うこともありますが、やはり男性からキレイだと褒められるとテンションも上がります。

自分のことをキレイだと褒めてくれた男性に対して好感度が上がるので、相手のことを意識してしまうこともあるでしょう。

これが勘違いに発展するきっかけとなりますが、男性が女性を褒めるのは挨拶程度にしか思っていない人もいますよ。

男性が褒めるのは好きな相手や気がある女性だけだと思っているかもしれませんが、これは日本人男性があまり女性を褒めないからです。

男性の中には会ったときに「今日の洋服かわいいね」「髪型に合っているよ」などと褒めることを挨拶にしている人もいます。

かわいいと褒めてくれたからといって浮かれていれば、一人で勝手にテンションが上がって盛り上がってしまうので気をつけましょう。

特に大人になると女性は褒められると嬉しいということがわかっているので、年下男性も気軽に褒めてくることもあるかもしれません。

また女性のテンションが低いときには、元気を出してもらいたいがために褒めることもあるでしょう。

女性の態度によって男性も気を遣って褒めてくれる可能性もあるので、勝手に勘違いして盛り上がらないように気をつけたいものです。

彼氏がいるか聞いてくる

花束を渡す男性と照れる女性
何気なく年下男性から彼氏がいると聞かれたとき、思わず自分のことを狙っているかもしれないと思うかもしれません。

好きな人ができたときにまず確認することは、好きな人がいるのか彼氏がいるのかでしょう。

恋愛では好きな人に彼氏がいるのか聞くことは定番ですが、大人になると必ずしも好きな相手だから聞くとはかぎりません。

会話の流れで彼氏がいるか聞いたり、話をする内容がなくなったことで聞くこともあるでしょう。

大人のなるとプライベートなことを隠す人もいますし、職場つプライベートではまったく違う印象の人もいます。

普段は地味なのに実は男性からモテているかもしれないので、年上女性が恋愛を楽しんでいるのか気になるのかもしれませんね。

いずれにしても彼氏がいるか聞かれたからといって、自分のことを狙っているとはかぎらないので勘違いしないようにしましょう。

何気ない会話の中でため口で話をしてくる

スマホをいじるカップル
年下男性が普段年上女性に対して敬語を使うことはありますが、何気ない会話の中でタメ口で話をすることもあるでしょう。

すると敬語よりも二人の距離感が縮まった気がしますし、何となく意識的に距離を縮めていると感じるかもしれません。

年上女性を狙っていれば対等な関係になることで、恋愛もスムーズにできると思うでしょう。

そのためにも年齢差を感じさせないためにタメ口で話をすることもありますが、必ずしも二人の距離を縮めたり狙っているからだという理由ではありません。

たしかに敬語からタメ口に変われば距離感が縮まっていきますが、恋愛感情から二人の関係を縮めているワケではないので注意しましょう。

友達感覚になるほどタメ口になりますし、そもそも年上女性のことをリスペクトしているワケではありません。

若い世代ほどタメ口がOKな人も多いので、つい社会に出てもタメ口で話してしまうクセがあるのかもしれませんね。

大人になれば自然と敬語ができるワケではなく、教育としてタメ口で話してもいいと思っている世代の若者が多いということでしょう。

確かにタメ口の方が相手との距離を縮めやすいメリットはありますが、不快感を感じるデメリットもあります。

しかし恋愛ではタメ口の方が距離を縮めやすいメリットの方が強いので、急にタメ口で話してくると男を出してきたと思うかもしれません。

年下でも一人の男として年上女性と話しているので、自分を恋愛対象として見てもらいたい気持ちが態度に表れることあります。

タメ口は距離を縮める効果を狙っているのではなく、クセで出てしまうこともあるので、あまり意識しない方がいいかもしれませんね。

年上女性や熟女好きだと公言してくる

振り向く美女
年下男性があからさまに年上女性が好きだと公言してきても、必ずしも自分のことを狙っているとはかぎらないので勘違いしないようにしましょう。

普通なら狙っている年上女性に意識してもらいたいために、目の前で年上が好きだと公言するものですが、これが勘違いのきっかけになるかもしれません。

なぜなら年上女性というのはまわりにたくさんいるので、自分だと思うこと自体がうぬぼれているといえるでしょう。

確かに恋愛ではあえて本人に直接告白できないので、遠回しに告白するように伝えることもあります。

「年上女性が好き」「ロングヘアが好き」「メガネをかけている女性が好き」など、年上女性に当てはまることを言うことで遠回しに好きだと告白することもあるでしょう。

しかしただ年上が好きだと目の前で言われたからといっても、必ずしも自分とはかぎらないので注意したいですね。

なぜなら自分ではなく他に好きな年上女性がいるので、恋愛アドバイスをしてもらいたいと思っている可能性もあるからです。

女性のことは女性に聞けと思っているので、年上女性が好きになれば年上女性にいろいろ話を聞きたいと思っているのでしょう。

これは勘違いしやすい状況ですが、もしも遠回しに告白しているのであれば、もっと自分に当てはまることを言うはずなので、年下男性の言葉に一喜一憂しないように気をつけてください。

年下男性の真意を見抜いて大人の恋愛を楽しもう

女性を抱き寄せる男性
大人になっても年下男性の行動はかわいいと思うことも多いですが、それだけ恋愛経験を積んで大人の女性になっているという証拠です。

余裕のある恋愛を楽しめるようになれば、相手が年下でも上手く対処することもできますし、より良い関係を築くこともできるでしょう。

男女の恋愛はいつどんなタイミングがきっかけとなるかわかりませんが、うぬぼれて一人で勘違いしないように気をつけたいものです。

年下男性の行動や発言を冷静に判断すれば、きっと大人の恋愛を楽しめるはずです。

おすすめの記事